夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:スロープ

0720_DSC02712_1
芝川脇にある埼玉県地方食肉卸売市場。道路はさんだところにバス停がある。なんだか映画のシーンな風景。手前の芝川緑地帯のスロープも美しい。(住所:埼玉県川口市領家4丁目7-18近辺)

     0718_DSC02767_1
荒川を渡る環七の鹿浜橋と高速の立体交差。その下をスロープ歩道橋が通る。スロープなので踊り場水平面があるが、長さのためかい直線に見える。背の高い立体交差に負けない一直線の歩道橋が伸びる。(住所:東京都足立区鹿浜1丁目5-15近辺)

0526_DSC01257_1
石神井川の支流のエンガ堀、大谷口支流の地形は面白い。二つのスロープと手前の暗渠階段でジグザグになっている。微高低差の東京23区では珍しい風景。

0526_DSC01252_1

     0526_DSC01258_1
(住所:東京都板橋区大谷口2丁目36−2近辺)

0430_DSC00956_1
小菅水再生センター屋上駐車場には、もう一つのスロープ、ループ型スロープがある。センターの人専用の車路で、それなりに急な勾配のよう、外側から見えるくねりがいい。

0430_DSC00953_1
(住所:東京都葛飾区小菅1丁目2−1近辺)

0425_DSC00931_1

0425_DSC00943_1
小菅水再生センターの屋上、小菅西公園へのスロープ。車路の幅で意外と広く、昔は車が通っていたようだ。4往復半スロープは途中でコンクリートから鉄骨に変わり、最後は長さも変わる。スロープのためのスロープにみえるから面白い。
0425_DSC00936_1

0425_DSC00923_1

0425_DSC00940_01
(住所:東京都葛飾区小菅1丁目2−1近辺)

0224_DSC08792_01
ここ面白い、蛇崩川五本木支流の暗渠道、段差に階段スロープで分割。通りは車が通れないのでスロープの流れで自転車用、階段の流れで歩行者用と白線で三分割になる。

0224_DSC08788_1
(住所:東京都目黒区上目黒4丁目18−22近辺)

0124_DSC06908_1
葛西橋通りを潜る横十間川親水公園のところ、道路を潜る歩道の流れも美しいが、その上に歩道にある木が街灯で美しく輝いていた。何の木だろう、丁度真ん中あたり、向こうとこちらに、光輝きまるでオブジェか彫刻にもみえる。(住所:東京都江東区南砂2丁目8−9近辺)

DSC06167_1
本当は旧海軍工廠造兵部(現:東芝ライテック)の建物を見るためだった。小学校へのスロープを上がった先に目を奪われる。電線とスロープが影になった先に、今も自衛隊基地がある田浦港が霞んで見えた。凄い景色、夜散歩の最高。地元の人だろうか、何組か散歩していた。(住所:神奈川県横須賀市船越町7丁目66近辺)

DSC06178_01
旧軍港、今は各所に海上自衛隊、横須賀米軍施設がある田浦港。雨あがりの霞んだ風景は最高だ。湾のような入江に施設の灯り、海上に浮かぶ施設、背後に取り囲むような山々と幻想的に。(住所: 神奈川県横須賀市船越町1丁目284近辺)

     1218_DSC05084_1
のこぎり屋根のさくらファクトリーの下にあるスロープ階段。スロープなのか階段かわからなくなるところもあるが、いい曲りのスロープ階段だ。路面の継ぎ接ぎもカワイイ。

     1218_DSC05078_1

      1218_DSC05079_1

1218_DSC05089_1
(住所:東京都青梅市千ヶ瀬町5丁目579−7近辺)

1206_DSC04597_1
狭山丘陵の東大和市湖畔2丁目、地形的にオモシロイ。諏訪山橋は切通しみたいな立体交差の橋。スロープと段々階段の両側、真ん中が道路が潜る、不思議な構成になる。

1206_DSC04606_1

1206_DSC04615_1

  湖畔町切通し_01
(住所:東京都東大和市湖畔3丁目1158-1近辺)

1111_DSC02979_1
西府駅近く、新府中街道が南武線をくぐる立体交差。そこのある階段スロープの姿がいい。電車を潜る道路は後からが多く、歩道は階段で下がって潜る、スロープもあって難しさも含めて構築物的にカッコいい。

1111_DSC02981_1

1111_DSC02980_1
(住所:東京都府中市本宿町1丁目47−10 近辺)

     1013_DSC08717_1
若木にある全体にクランクしている階段通り、途中スロープも入る、比較的長い通り。階段もオモシロイが途中曲がるところで、空地があり風景も広がり、斜面地が見えるところもある。それぞれの場所で景色がかわる。

      1013_DSC08704_1

      1013_DSC08714_1

      1013_DSC08721_1

      1013_DSC08722_1
(住所: 東京都板橋区若木2丁目19−15近辺)

   1012_DSC09963_1
白子川が削った台地突端、牛房八雲神社がある西側、曲がった変形Y字路に、スロープと階段が同居する通り。斜面地の苦労がカタチに表れてオモシロイ。階段なのかスロープなのかもちょっと判らないところも。

   1012_DSC09960_1

   1012_DSC09968_1
(住所:埼玉県和光市白子2丁目3−62近辺)

     0918_DSC07740_1
中町にある大久保墓地の坂、国分寺崖線のこのあたりにはオモシロイ階段が多い。都心化が進みすぎず、不思議なカタチでそのままな感じだ。この大久保墓地の階段坂も、階段の途中にスロープが横切り、不思議な立体になっている。上から眺める国分寺崖線の緑が残る風景もいい。

      0918_DSC07727_1

      0918_DSC07730_1

      0918_DSC07739_1

0918_DSC07714_1
(住所:東京都小金井市中町4丁目16近辺)

0514_DSC10003_1
国分寺崖線の貫井神社あたり、緑地帯の斜面風景は面白い。途中から勾配が急になるスロープ。奥のほうにもスロープが見える。(住所:東京都小金井市貫井南町3丁目8−7近辺)

0328_DSC00997_1
1929年竣工し、1966年に使用を停止した荒玉水道の野方給水場に作られた「野方配水塔」。足元は公園で良く見えるが近すぎで、離れた地上道路からのベストポイントがいがいと少ない。ちょっと変わった組合わせでが、この立体駐車場のスロープからみえる姿が一番よかった。

0328_DSC00975_1

      0328_DSC00977_1
(住所:東京都中野区江古田1丁目3−1近辺)

      0216_DSC07543_1
板橋区の大山金井町の山手通り、高低差があり、階段で繋いでいる。おそらくあとから付けたスロープが狭い所に併設、降り口は階段を立体交差する。なんだかカッコいい。

      0216_DSC07544_1
(住所:東京都板橋区大山金井町11−8近辺)

1121_DSC02680_1
この独立階段、何かおかしい。わざわざこの高さで必要か?よく見ると擁壁の間知石は道路の勾配が変わって埋められている。おそらくこの独立階段も同じように埋めれ、のこった部分階段。なんともいえない立ち姿をしている。

      1121_DSC02682_1
(住所:東京都新宿区高田馬場2丁目5-27近辺)

   0918_DSC09293_01
新宿駅西口広場の立体交差を小田急百貨店のガラス越しにみる。夜の暗さによって見え方はかわるが、立体交差のスロープが美しい。右と左で外側の円弧の違いが上からみて初めて分かる。(住所:東京都新宿区西新宿1-1-3近辺)

      1119_DSC09909_1
稲付谷の谷間途中の路地には面白い風景がある。狭い路地に階段も階段とスロープと玄関通路。段差がある地形、広がらないだけに狭いところにうまく収まっている。

      1119_DSC09908_1
(住所:東京都北区上十条5丁目40−14近辺)

↑このページのトップヘ