夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:ガード下

0320_DSC09789_1
総武線、中央線の外苑西通ガード下。構造体の筋交いのXから見える世界。緑色のガードに街の色と車のライトの色が反射する。歩道と車道の三層構成。(住所:東京都渋谷区千駄ケ谷1丁目33-1近辺)

DSC08501_1
耐震補強中の東武伊勢崎線のガード。源森橋横には幾つか古いのが残っている。ガードの鉄骨トラスアーチの支柱もカッコいいが、その先の古い壁の表情がいい。コンクリ壁が鉄骨のさびで化粧されている。

DSC08470_1

DSC08468_1

DSC08472_1

DSC08506_1
(住所:東京都墨田区向島1丁目2-13近辺)

DSC08370_1
首都高速7号小松川線のガード下。この辺りが「すみだ錦糸町河内音頭大盆踊り」が行わるところ。連続するフレーム、ガード下の灯り、遠方の橋が通るところで色が変わる。両側の街灯りとの対比もいい。

DSC08359_1
もう少し西側に行くと、ガード下の灯りも変わる。そして灯りなしの影も混じる。

DSC08357_1
(住所:東京都墨田区江東橋2丁目1−5近辺)

0118_DSC08355_1
首都高速7号小松川線の錦糸町料金所へ向かう階段。ガード下灯りが暗いこともあり、上へ上がる鉄骨の階段、ブリッチがこんなに美しいとは思わなかった。照明で鉄骨の線が輝き、上からの漏れた光と灯りの段階が見える。

DSC08363_1
(住所:東京都墨田区江東橋5丁目11-8近辺)

0116_DSC07321_1
有楽町駅の隣、第2有楽町橋高架橋の角は鋭角のY字路部分になっている。高架上の電車の色、丸の内側の街の灯り、 第2有楽橋架道橋のガード下の灯りと様々な色が交差、豊かな色合いに。(住所:東京都千代田区有楽町2丁目4−5近辺)

0113_DSC07301_1
第3有楽町橋高架橋、有楽町駅中央口のところ。古いレンガアーチのコンクリ補強でコンクリ面の光が綺麗。手前の鉄骨の増築部分、幾つも色んな素材が対比する。(住所:東京都千代田区有楽町2丁目8-4近辺)

      0817_DSC02150_1
池上線のガード下、五反田桜小路。蛇行道で見通せないガード下横丁。新しい黒い金属の外壁店舗ながら、界隈空間を生み出しそうな予感もする通り。

      0817_DSC02140_1

      0817_DSC02141_1
(住所:東京都品川区西五反田1丁目12-1近辺) 

0809_DSC02421_1
中央線の大久保駅の改札を抜けるとガード下に。道路が鋭角に交差するのでカドが鋭角でいい感じだ。右に抜ける駅と高架のコンクリ壁の流れていく感じもいい。(住所:東京都新宿区百人町1丁目19−5近辺)

     0722_DSC02771‗1
荒川を渡る環七の鹿浜橋と高速の立体交差。一般道の鹿浜橋へと降りてくるガードの下。一般道ということもあって人がすぐ近く、真下に入れる。こちらにグッとむかってくる感じがいい。(住所:東京都足立区鹿浜1丁目5-15近辺)

   0630‗DSC02198_1
総武線の浅草橋駅階段のガード下。構造体の力強さもあるが、駅ホームが重たい感じ。片持ちもあるが、頭が重い感じのプロポーションはあまり見かけないバランス。

   0630‗DSC02175_1
(住所:東京都台東区浅草橋1丁目16、17近辺)

0627_DSC02176_1
利用している人は見慣れているだろうが、浅草橋駅ガード下、オーバーハング梁の夜の姿はどこの国かという感じの風景だ。それぞれの色の違いもあるが、夜の光の具合で色とりどり無国籍風景が広がる。

      0627_DSC02185_1

0627_DSC02173_1
(住所:東京都台東区浅草橋1丁目16、17近辺)

0624_DSC02131_1
東急池上線、五反田~大崎広小路駅の池上線五反田高架下。前面ガラスと黒金属で統一された区間があり、夜風景がとてもいい。低い庇のラインと店前の通路もいい構成。

0624_DSC02135_1

0624_DSC02134_1
(住所:東京都品川区西五反田1丁目15−6近辺)

0515_DSC01539_001
南千住駅日比谷線のガード下。貨物鉄道を渡る跨線橋に自転車用トラックスロープ、階段、エレベータ―がぶつかっているかのような多方向な線が混在する。階段下には公衆トイレまである。まるでクロスプログラミングな世界。

0515_DSC01543_1

0515_DSC01546_1
(住所:東京都荒川区南千住4丁目3−1近辺)

0506_DSC00859_1
東武伊勢崎線の牛田駅、駅ホームの低いガード下。この辺りは低地平坦なのだけれども、川の土手、鉄道土手が境界をつくる。背の低いガードを潜ると世界は広がる。(住所:東京都足立区柳原1丁目35−7近辺)

0428_DSC00863_1
京成関谷駅のすぐ横にあるガード下。ガードよりも左右の擁壁が妙に有機的でカッコいい。その先の四角いガード部分と対比がいい。額縁のようで、その先の見える景色も変わってみえる。(住所:東京都足立区千住曙町5−7近辺)

0427_DSC09752_1
二子玉川駅近くの国道246号の高架、ガードの下風景はいい。等々力崖線の段差高さがそのまま、高架の高さになる。下の駐車場には重機があったり、歩道橋あがあったりと面白い景観になっている。

0427_DSC09751_1
(住所: 東京都世田谷区玉川2丁目28−6近辺)


      0421_DSC00869_1
京成本線のガード下、道路と斜めに交差して鉄骨がカッコいい。その先に見える倉庫などの街並み風景もいい。夕焼け空に良く似合う。

   0421_DSC00873_1
(住所:東京都足立区千住曙町16-3近辺)

0419_DSC00604_1
首都高速7号小松川線のガード下。道路が斜めに交差して、ガードの凸凹の表情、流れが美しい。

0419_DSC00603_1
(住所:東京都江戸川区篠崎町2丁目59-15近辺)

0408_DSC00213_01
東急電鉄の大井町駅の高架下、敷地高低差があり、道路側と裏側の風景が変わる。道路側の商店は1層だが、裏側から見ると2層、3層になっている。ホームで広がった四角い柱が連続する奥に集落のように並んでいる。

0408_DSC00231_1

0408_DSC00219_1

0408_DSC00235_1
(住所:東京都品川区大井1丁目1−16近辺)

DSC08716_1
大橋ジャンクションの上を利用した公園「目黒天空庭園」。地上35mの9階から11mの3階へ、ループ状に24m下がる。途中でトンネルを潜り、ガード下庭園になる。この景色の対比もオモシロイ。

DSC08710_1

DSC08713_1
(住所:東京都目黒区大橋1丁目9-2近辺)

↑このページのトップヘ