夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:ガード下

0923_DSC07872_1
東小金井駅を東に少しいったところにあるヒガコプレイス。新しい計画で白いフレームが境界をつくりその奥に路地とボックス店舗といいデザインだ。しかし夜は開いている店舗がなく寂しい。駅からのアプローチもまだ未整備なとこもあるからか、昼間しかの店舗しか入っていないから。もう少し成長をまとう。

0923_DSC07870_1

0923_DSC07871_1

0923_DSC07868_1
(住所:東京都小金井市梶野町5丁目10-58近辺)

0920_DSC08175_1
風が強く、ピンボケ防止とたたかっていた江北ジャンクション。三脚もって撮っていた人もいた。形は堀切ジャンクションと近いが、ガードとの距離が近く、力強い。丁度真ん中から一筋の不思議な光が斜めにおちていた。ガード下の街灯りの映り込みも美しい。

0920_DSC08180_1

   0920_DSC08170_1

   0920_DSC08153_1

0920_DSC08147_1

0920_DSC08186_1

   0920_DSC08165_1
(住所:東京都足立区江北2丁目 4-10近辺)

0911_DSC06749_1
山手方向から海岸低地をみる。山手地区の山の北側に沿うように流れる中村川、その上の首都高速神奈川3号狩場線が都市境界となっている。光の漏れ方も美しい。この日は横浜スタジアムから上がった花火のあとで、少し靄っていた。(住所:神奈川県横浜市中区石川町3丁目115−2 近辺)

0911_DSC06645_1
三吉橋の上から見る。高速道路のズレるガードからの光が斜めに入る。かつ水面に映りこみ、連続が倍になって綺麗にみえる。(住所:神奈川県横浜市南区中村町3丁目187-7近辺)

0827_DSC02033_1
代々木駅南側にある立体交差ガード。下を埼京線・湘南新宿ラインが通り、上を代々木駅から曲がって中央線が通ってゆく。ガード下の黒光りが美しく、鉄骨や配管の線が美しい。(住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目18−1近辺)

      0827_DSC02032_1
反対側のほうも遮断機があり、そこからも覗ける。

0705_DSC04676_1
移設工事中の渋谷駅銀座線ガード下は面白い。仮設塀がじゃまだが覗ける。仮設用のトラス構築物、右側のコンクリ梁の切断状態なんてなかなか拝めない。さすがに見慣れない形態だ。(住所:東京都渋谷区渋谷2丁目20−8 近辺)

0703_DSC02151_01
荒川、中川を渡る新船堀橋、荒川と中川の間に首都高速中央環状線が通る。一般道から交流口のガード下は美しい。ヴィトルヴィウスの「建築十書」で述べられた建築の三大要素の「強・用・美」が見事に調和している。(住所:東京都江戸川区東小松川4丁目1−1近辺)

0621_DSC04136_1

北千住駅の南側にいったところ、東武伊勢崎線の低い「せぬしガード」。北千住駅の南側にいったところ、東武伊勢崎線の低いガード。確かに低く頭をさげて通る感じだ。低く光が綺麗に通らないため、エリア別で光っている。両入口も少し離れたところからスポットライトなので、劇的な雰囲気となっている。

0621_DSC04151_1

0621_DSC04167_1

0621_DSC04145_1

0621_DSC04172_1
(住所:東京都足立区千住東1丁目24-7近辺)

0619_DSC04125_1
踏切や架道橋から見る駅舎風景はいい。ここ北千住駅、南側の踏切、ガード下はやや広いめの空間に常磐線、日比谷線、東武線に新しいつくばエクスプレスと色んな路線が混在する。その先の駅灯りが美しい。(住所:東京都足立区千住東1丁目22−10近辺)

0602_DSC02149_1
荒川を渡る新大橋通りの新船堀橋手前の歩道橋。夜の照明と影の美しさもあるが惹かれた。ガード下の鉄骨階段、その向こう緑と鉄塔、丸い照明もなんだか意図的にさえ見えてくる。(住所:東京都江戸川区小松川1丁目6-2近辺)

   0413_DSC07944_1
以前からちょっと気になっていた、西船橋駅のJRの総武線と武蔵野線の立体交差。武蔵野線の高架が高すぎて、なんだかカッコイイ。

   0413_DSC07948_1
(住所:千葉県船橋市西船4丁目27−2近辺)

0116_DSC04882_1
大宮駅から少し北にいった大栄橋の道路高架。駅からきてここを潜った先は歓楽街になる。ちょっと怪しい光が、どこかわからない感じのいいゲートになっている。(住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町1丁目27近辺)

0126_DSC04856_1
写真、右側の歓楽街への道。ここの路地雰囲気もいい感じだ。

0115_DSC04853_1
大宮駅から少し北にいったところに、鉄道を越える大栄橋の高架道路がある。そのガード下に住居が綺麗に並んでいる。鉄道を越えるため高架道路もだんだん低くなってく。その下の住居もだんだんと背が低くなっている。

0115_DSC04854_1
(住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町1丁目27近辺)

      1220_DSC00705_1
耐震補強で古いタイプのガードがどんどん工事中になっている第1有楽町橋高架橋。ここは煙横丁と有楽町産直飲食街を結ぶ横丁通り。提灯だらけのお店があったのだが、今は工事中。しかし実に工事中風景や天井配管がまさにガード下の影の部分がうまく出ている。

      1220_DSC00703_1
(住所:東京都千代田区有楽町2丁目1−1近辺)

DSC00346_1
神田駅から御茶ノ水駅へ曲がる中央線のガード、黒門橋高架橋。アーチ型の古いタイプで、曲がり具合がいい感じに遠くまでみえる。

DSC00345_1
(住所:東京都千代田区鍛冶町2丁目11-7近辺)

DSC00363_1
神田駅から秋葉原駅の途中にある第二柳町高架橋。ここは倉庫が多いが、柱と梁の線が綺麗な高架橋が続く。

DSC00359_1
(住所:東京都千代田区神田須田町2丁目5-2近辺)

      1102_DSC00668_1
新橋駅と有楽町駅の間のガード下「内山下町橋高架橋」。アーチ型の高架橋でこのあたりは続々と耐震補強で店が閉店している。オレンジ色のライトもあるが、こんな都心真ん中なのに、かなり昔にタイムスリップした感じの雰囲気がでている。

1102_DSC00666_1
(住所: 東京都千代田区内幸町1丁目7−8近辺) 

1023_DSC00296_1
もうすぐ耐震補強で壊されるガード下の今川小路。低いガード下に2階建ての店舗群。1階と2階の高さ比率があまり見たことない感じ。2階が高いというより1階が低い。雨のよけの庇の高さも関係しているか。

1023_DSC00302_1

   1023_DSC00299_1

   1021_DSC00307_1

  1021_DSC00311_1
(住所:東京都中央区日本橋本石町4丁目2−8近辺)

   1021_DSC00281_1
もうすぐ耐震補強で壊されるガード下の今川小路にある建物。やはり斜めガードと建物、路地の関係が素晴らしい。この不思議なマッチングはなくなる前に。

   1021_DSC00326_01

   1021_DSC00277_1

1021_DSC00292_1

     1021_DSC00274_1

   1021_DSC00331_1
(住所:東京都千代田区鍛冶町1丁目1−10近辺)

      1016_DSC00335_1
もうすぐ耐震補強で壊されるガード下の今川小路にある建物。まずは今川小路に入るアプローチ。ガードサイドのアプローチ空間もなかなか。雨が降り水溜りに看板がうつる。

      1016_DSC00337_1
(住所:東京都千代田区内神田3丁目1-6近郊)

      1017_DSC00280_1
少し離れ遠くから見る。ここはガード下(白幡橋架道橋)なのが良くわかる。さらにこの通りは龍閑川暗渠で中央区と千代田区の境目。幾つものオモシロイ要素が重なるところ。

      1017_DSC00262_1
(住所:東京都中央区日本橋本石町4丁目2−8近辺)

      DSC08528_1
駅のガード下にある八丁畷ショッピングセンター。道が通る架道橋と2つの高架橋からなるが、一つはライトもついていない。ところがその暗い方のガードの陰影がとても美しい。そこからみた明るい方のガードもいい。

      DSC08533_1

DSC08539_1

   DSC08542_1

   DSC08527_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区池田1丁目13-18近辺)

↑このページのトップヘ