夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:アーケード街

1031_DSC01417_1
新小岩駅前からのびるアーケード街「ルミエール」、今はきれいなアーケードだが、アーケードの横穴、横道に続くところがオモシロイ。ここは上部は穴をふさぐために左右から空中ドッキングしたような増設部分。下のテントはまさに左右から攻めて間の隙間を塞いで雨樋までついている。ここもある意味空中ドッキングだ。

1031_DSC01424_1

1031_DSC01430_1

1031_DSC01408_1

1031_DSC01447_1
(住所:東京都葛飾区新小岩1丁目51−3近辺)

      1028_DSC01382_1
新小岩駅前からのびるルミエールのアーケード街。明るい照明だが一本脇道に入ったほうがいい雰囲気の路地がある。暗い路地から段々明るくなり、色々な看板があるこの路地通りはいい風情をしている。

1028_DSC01364_1
(住所:東京都江戸川区松島3丁目15-8近辺)

1025_DSC01346_1
元は自転車屋だったようだが、今は違う使い方みたいだ。ルミエールのアーケード街は古い建物がどんどん少なくなっている。オレンジ色の色塗りはさておき、カタチは角に立つ多角形の看板建築。脇道のほうから高さが三段かわる動きがある。

1025_DSC01351_1

1025_DSC01350_1
(住所:東京都江戸川区松島3丁目14−8近辺)

      1023_DSC01393_1
新小岩駅前からのびるアーケード街「ルミエール」。終わりのほうは江戸川区にある。アーケード末端と路地、ちょうどここから雰囲気が変わるところでもある。こちら側の路地は丁度、区の境界でもある。エッジや境界はそうみるとオモシロイ。

1023_DSC01407_1
(住所:東京都江戸川区松島3丁目40−1近辺)

1006_DSC09672_1
国立市だが谷保駅に近い方にある、ダイヤ街。国立周辺のアーケードはこういったスッキリ綺麗なデザインされたもの多い気がする。しっかりした街並みが影響しているのだろうか。このダイヤ街は2つの通りで双子のようだ。

1006_DSC09649_1

      1006_DSC09643_1

1006_DSC09664_1

1006_DSC09689_1
(住所:東京都国立市富士見台1丁目8−36近辺)

      1020_DSC10125_1
十条仲通り商店街は、途中からアーケード通りになる。夜はないところから見えるアーケードの光がとても美しくみえる。光の対比はモノを美しくみせる。(住所: 東京都北区上十条3丁目29−17近辺)

   1018_DSC03171_1
赤羽の飲屋街はエリアは面白い。一番街、シルクロード、明店街、OK横丁と各通りがある。その中で唯一アーケードがある「シルクロード」。前に見た時は天井のテントが黄色だったような気がしたが・・・。飲屋は昔よりも増えて日曜日だったがそれでも活気がある通りになっている。(住所: 東京都北区赤羽1丁目22−10近辺)

↑このページのトップヘ