夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

タグ:アーケード

   0621_DSC03413_1
18時前後になると活気あるアーケード街、赤羽の一番街シルクロード。昼間から飲んでいる人もいるくらいだが、この時間帯の少し煙った感じで、アーケードの細い骨組みとテントがカッコいい。

      0621_DSC03521_1

   0621_DSC03422_1

0621_DSC03426_1





(住所:東京都北区赤羽1丁目23−3 近辺)

      0616_DSC02066_1
三茶三角地帯で屋根のあるところ「エコー仲見世商店街」。通路天井は金属パネルだが、隙間からよく見るとどうも木造屋根がみえる。商店街にある店舗のそれぞれ新しくなっているとこもある。

   0616_DSC02073_1

0616_DSC02236_1

0616_DSC02237_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目13-11近辺)

      0521_DSC01660_1
大森駅近くにあるウィロード山王の屋根つき通路。真ん中がズレてそこに蛍光灯のラインが走る。単純なんだけ繋がって見える光のラインが綺麗。天井面の金属パネルの反射もいい。

      0521_DSC01665_1
(住所:東京都大田区山王3丁目1-15近辺)

   0425_DSC10036_1
芦花公園の駅前通リから少し離れた旧甲州街道に面する丸美ストア―。くの字に曲がるアーケード、お店のデザインもなかなかでいい商店街。

   0425_DSC10026_01

      0425_DSC09943_1

   0425_DSC09979_1
一番奥の銭湯がなくなり、アーケードの片側が空地になってるため、微妙な光加減になり、アーケード天井が美しい。

   0425_DSC10001_1

   0425_DSC10023_1

0425_DSC09927_1
(住所:東京都世田谷区南烏山3丁目24-7近辺)

   0108_DSC04773_01
高度成長期にできた通りアーケードの屋根、所沢のかなやま通り。周囲は変わり残されたところは今となっては骨董品みたいな屋根だ。屋根天井のカタチもオモシロイし、古びた金属バリバリがむしろいい。

      0108_DSC04765_1
(住所:埼玉県所沢市金山町13−13近辺)

1016_DSC00224_1
田園都市線の藤が丘駅前にある藤が丘ショッピングセンター。後ろ側から入って知った建物だが、なかなか面白い。駅前なんだけど70、80年代の高速道路サービエリア建物の要素が満載。外側テントがそう思わせるのか、中廊下のトップライトもいい感じだ。

1016_DSC00230_1

1016_DSC00218_1

   1016_DSC00213_1

1016_DSC00190_1

  1016_DSC00198_1
(住所:神奈川県横浜市青葉区藤が丘2丁目5−27近辺)

0924_DSCN0107_01
ニイミ洋食器店の巨大顔型看板が有名な合羽橋道具街。約1キロ続く商店街は夜になるとまた別の趣がある。わずかに蛇行している道、アーケード屋根の下の旗や照明が繋がる、その上のビルが暗いのも対照的。道具街の一つの特徴的風景をなしている 。(住所:東京都台東区松が谷2丁目25−8近辺)

   0917_DSC09018_01
大山駅の線路、歩道橋が出来て、その後にアーケードといった具合か。不思議な重なり具合、このぶつかり具合にポジティブな動きが生まれそうだ。(住所:東京都板橋区大山町4−4近辺)

0820_DSC09156_1
旧川越街道でもある大山ハッピーロード。アーケードも新しいが道の骨格は古く、ところどころ鋭角で他の道と交差する。屋根があるところとオープンはY字路での対比、なかなか面白い。(住所:東京都板橋区大山町31−5近辺)

0820_DSC09168_1
アーケード出口、大通りと鋭角に交わる。(住所:東京都板橋区大山町24−8近辺)

0630_DSC09159_1
赤いテントの通路がある豊島中央通り商店街にある「豊島湯」。銭湯玄関の唐破風屋根に合わせて曲面テントになっている。その玄関先にみえるのはトラの置物、この異風な光景、なんともいえずいい。ちょっと北区豊島は面白いぞ。

0630_DSC09153_1


   0630_DSC09152_1
(住所:東京都北区豊島3丁目19−7)

  0220_DSC05046_1
活動が昼間と夜が逆の築地場外。今は夜でもやっている店がぽつぽつあるが、23時という時間は終わる時間帯じゃなくて、そろそろ始まる時間だったりする。新大橋通りに面するこちら側、そろそそ始まる感じが光や照りもでているようだった。

0220_DSC05057_1
(住所東京都中央区築地4丁目9−14 近辺)

   0219_DSC04994_01
昼間はテントが出ていたり、人が賑わっていて見えなかった、築地場外の建物上部。夜初めて気がついた、キリンとカツオが向かいあって戦っていた。カツオはまだしもキリンは何でだろう。(住所東京都中央区築地4丁目9−14 近辺)

      0129_DSC03508_1
三軒茶屋にある世田谷通りと国道246に挟まれたエリア、通称・三角地帯。ここはとても面白い。屋根があるほうの商店街の交差点。上を見上げれば、天井のパネルなんて取れていて、配線どころか屋根の下地までみえる。しかし暗くて写真には写らない。それぞれの店舗の看板文字も面白いなり。(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目 13−9近辺)

      0107_01
吉祥寺にあるハモニカ横丁は様々な通りがある。

     0107_02
01、仲見世通り
東側から一番目の通り「仲見世通り」は屋根は木製、通りはクの字に曲がる。ハモニカ横丁のイメージとちょっと違うが、ここが駅出口からは一番近い。

      0107_03

      0107_04

     0107_05
02、中央通り
ここは新しいフレームと屋根が架かっている。意外と天井が高く、路地ながら解放感がある。この通りには2階席やテラス席の店がある。上から眺めてみたい。

     0108_01
03、朝日通り
ここは入口付近には屋根があるが、途中から屋根がなくなり各店舗の後付テントで通路風景が構成されている。各通りを真ん中でつらぬく横道との交差点の上部風景もいい。

      0109_01

   0109_02

   0109_03
04、のれん小路
ここは本当に隙間にできたような小路。人とすれ違うにのギリギリ。さらにお店が出ていたり、屋根がかぶさり、豊かな空間体験ができる。

      0109_04
05、祥和会通り
この通りものれん通りに負けないくらいに狭い通りだ。よく見ると床に2本の黄色い線、ここよりでないように。でも出ているところが面白い。(住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目1−1近辺)

     1201_DSC00125_1
野方には駅から少し行ったところに不思議なアーケード街がある。名前の「ヤッホーRORD」からしてどうしてこうなったのか?みたいなところだ。このアーケードはY字型の通りで、真ん中にY字路がある。天井もやや高く、決して古くはないのだが、なかなかいいY字路アーケードだ

     1201_DSC00145_1

   1201_DSC00152_1
アーケードの看板がさらにわからないデザインだが、それを打ち消すように入口出口の建物が面白い。駅からのほうの前門の虎は、崩れそう外壁の雑貨屋さん、ちゃんと営業していた。後門の狼は、丸正食品の看板だ。

1201_DSC00021_1
(住所:東京都中野区野方5丁目24-1近辺)

1222_01
東武練馬の駅近くにある北町アーケードショッピングセンター。表門は旧川越街道に面しているが、その脇道に面する裏門の造形が実にいい、立体的に面白い。

      1222_02
アーケーの天井はトップライト、蛍光灯がくの字に配置され、単純ながらオモシロイ効果だったりする。

1222_03
金属天井もその時代を感じさせる使い方、なかには2階に青い出窓、雨があたらないためか、いい加減な作りだったりする。

1222_04
通りには自転車が多く止まっている。看板の乱立ぐあいが凄い、通りの真ん中ぐらいまででているものもある。

1222_05
L字の通り、曲がり角のデザイン。2階は金属板の外壁が続いているが、1階はそれぞれの店で工夫している。

   1222_06
こちらが旧川越街道に面する表門。中の天井の照明が綺麗にみえる。(住所:東京都練馬区北町2丁目17-10近辺)

   1117_DSC00512_1
大宮駅の東口にほぼ面する「すずらん通り」。赤い鉄骨の骨組みに屋根がつくタイプながら、なかなかいい雰囲気をかもちだす。場所柄で通り抜ける人も多く、にぎわっていた。(住所:さいたま市大宮区大門町1−20−1近辺)

  1109_DSC03767_1
三ノ輪橋商店街のアーケードには、脇道の路地がけっこうある。路地入口の上に金属板が張られていて、潜ると別世界の路地空間になる。

      1109_DSC03781_1
そのなかで駅に近い方、そのまま行くと日光街道にあたる、この路地は豊かな空間になっている。特に路面の縁石が川のように蛇行して美しい形をかもちだす。(住所:東京都荒川区南千住1丁目15−16近辺)

  DSC03105_1
京成立石駅前にある、仲見世商店街。青色の木造アーケードもいい感じだが、そこにサクラの飾りがはえる。
入口の緑壁と照明の黄色もあり、色合いが物凄く豊かだ。

DSC03063_1


DSC03067_1

      DSC03070_1

  DSC03074_1
幾つかある飲屋さんは18:30で満杯で行列だったりする。21:00で閉まる店もあるぐらいだから、早くから飲めるいい飲み屋街だ。

DSC03079_1

      DSC03087_1

DSC03100_1
(住所:東京都葛飾区立石1丁目17~20エリア)

      0109_101_0129_1
JR西荻窪駅、南口の駅前にある、西荻南口 仲通街。アーケードに何故かピンクの像が吊るされているのが有名だか、駅の反対のアーケードの門が面白い。

      0109_101_0129_2
柱がクランクしているし、建物隅切りに合わせる柱の位置も涙ぐましい跡が見られる。道途中の折れ曲がりと相まって、いったいどこに線に合わせているか、わからない。むしろ不思議にうまくハマっている?(住所:東京都杉並区西荻南3丁目9−10近辺)

1121_101_0091_1
伊勢崎町から黄金町を目的無しに歩いていたところにある。暗い道すがら突如光るすご~く長い(360m、140店舗)アーケード発見、それが横浜橋通商店街だった。

1121_101_0091_2
アーケードは新しいのだが、歩いてみるとココの面白さがわかる。他の店はしまる時間だったが、このお魚屋さん道を2メートルくらい占用している。他の店も結構出ている。関東でこいったアーケード商店街はみたことない。これだけでも元気な商店街だとわかる。

      1121_101_0091_3
ネットで調べると歴史も古いし、「怪しい・・・」という言葉もでてくる。真ん中あたりに右下写真のような横道(横浜橋市場)がある。内臓類を扱う肉屋、韓国食材店の看板がみえる、それなりに国際色が豊かな商店街だ。
さすが横浜と感心してしまいました。(住所:神奈川県横浜市南区高根町1−4近辺)

↑このページのトップヘ