夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:くの字階段

      0122_DSC06393_1
徳丸1丁目30の谷間窪地に降りる階段。緩やかなにくの字に曲がる。その先の谷間窪地はビルで埋まっているが、対岸にも階段がみえる。上がり口の両側にある、隅切り建物の建ち構えもいい。

0122_DSC06383_1

      0122_DSC06387_1

      0122_DSC06381_1
(住所:東京都板橋区徳丸1丁目31−12近辺)

      1228_DSC04692_1
崖地にそってある松の川緑道、暗渠。その脇にあった、くの字階段がいい感じだ。優雅な曲り姿、上部のマンフォールに削られている感じもいい。

      1228_DSC04697_1

      1228_DSC04686_1

      1228_DSC04696_1
(住所:神奈川県横浜市港北区下田町1丁目13−1近辺)

      1026_DSC07912_1
代官山の八幡通りからキャッスルストリートに降りる細道路地の階段。家や店舗、塀が迫ってくる路地。その代官山の少し隠れた雰囲気の路地階段がいい。

      1026_DSC07909_1

      1026_DSC07917_1
(住所:東京都渋谷区代官山町14−7近辺)

1011_DSC08019_1
目黒の淀橋台地側のマンションの間にある幅広階段。幅広で綺麗な階段だが下のほうでくの字に曲り、擁壁もあり立体的にも面白い。上から眺める目黒川の低地、向こうの目黒台地の風景もいい。

1011_DSC08027_1

      1011_DSC08024_1
(住所:東京都目黒区三田2丁目10−55近辺)

      DSC07836_1
国分寺崖線にある、名前がオモシロイ坂。由来は坂道途中に加藤某という哲学者住んでいて、近所の若者が夜に勉学に通ったところから、呼ぶようになったと。今は横に公園階段があるが、少し高いところか覗ける階段併用の坂。

      DSC07832_1

      DSC07818_1
(住所 東京都小金井市東町5丁目21-1近辺)

      0814_DSC00844_1
道路やビルでなかなか樹木谷が見えずらいが、このくの字の階段、わりとあるタイプではあるが、いい階段だ。階段脇の排水溝の存在が階段を浮きだたしている、そこがいい。(住所:東京都港区高輪1丁目25−8近辺)

      1107_DSC06158_1
東雪谷の台地上から呑川の谷間に向うくの字階段。その先の武蔵小杉の高層ビルが借景になっている新風景。ゆったりな幅の階段が引き込むような感じだ。(住所:東京都大田区東雪谷5丁目30−2近辺)

      0926_DSC09584_1
東大井3丁目のヘルマン坂の横を下る階段、手摺がカクカクで面白い。階段はくの字だが手摺が色々角度がついていて、動きがうまれている。上から眺める風景もいい。

   0926_DSC09588_1
(住所:東京都品川区東大井2丁目23−1近辺)

↑このページのトップヘ