夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

タグ:いいビル

  0516_DSC01194_01
江古田駅から少しいったところでみつけた美容院。角入口タイプで左右面の上下連続アーチ型。なんとなく左側上は、塗り込んでつぶした感じ、かえってキュビズムぽい、キュビズム、いや立体変形な感じかな。(住所:東京都練馬区栄町37−8近辺)

0325_DSC09548_1
本所のタカラコーポラス、エントランスデザインがいい。片側が壁のない壁庇、その先の壁は左にズレて壁モノ斜めに。シルバーの柱、看板、照明の位置と実に絶妙なバランスデザイン。(住所:東京都墨田区本所1丁目11−15近辺)

   DSC09090_1
中野新仲見世商店街に面する通称「蜂の巣ビル」のワールド会館。階段も蜂の巣型でいろんな方向にいくので迷宮になっている。商店街の奥の方に雑居ビル感満載で建っている。(住所:東京都中野区中野5丁目55 -6近辺)

   0306_DSC08832_1
祐天寺の駅前にある高坂ビル。コーナーの斜め壁が黒いタイルで壁画がある。鋭角な三角形と丸の構成。抽象なのか具象なのか。(住所:東京都目黒区祐天寺2丁目1−5 近辺)


0226_DSC08728_1
ヨコ線デザインで、上下でバルコニーの形がズレる中銀マンシオン東山。個のデザイン、配置の違いでリズミカルになる。壁の不思議な模様も時代を感じる。設計会社:中銀建築設計事務所 。(住所:東京都目黒区東山2丁目7−18近辺)

0428_DSC07431_1
凄いスキップフロア型の住棟がある、大谷田一丁目団地。夜は縦空間の階段、横空間通路の照明の色も違って際立つ。

  0216_DSC07395_1
さらに凄いのが、車道と歩道を分けた人口地盤、アプローチ歩行空間の構成。上から眺めると中庭的世界が見える。(住所:東京都足立区大谷田1丁目1-2近辺)

DSC06879_1
広く緩やかな江東南砂団地。建物棟もいくつもあり、有機的に45度でギザギザしているとこがあり、1階に店舗が入っている。その店舗と関係するよにオープンスペースに独立店舗群もある。

DSC06877_1

DSC06884_1

DSC06868_1
(住所:東京都江東区南砂2丁目3−16近辺)

0206_DSC08026_1
国道20号の甲州街道、首都高速4号新宿線に面する横断歩道橋の上から、ホテルブーゲンビリア新宿。ひきがなく4枚変形合成。連続する壁が上部で尖頭アーチ型にくりぬかれ、さらに前面にはね出る、オモシロイタイプ。夜の暗さでいい感じの中世表情がでている。

0206_DSC08024_1
(住所:東京都渋谷区笹塚1丁目61−8近辺)

0126_DSC06894_1
東陽町駅から少しいったところにある江東南砂団地。かなり敷地が広く緩やかな構成。真ん中にツインコリダー棟が4棟あり、外側の角度ある棟が蛇行道みたいに繋がり真ん中をひょうたん型のように囲う。輝かしい未来が少し見える計画だ。

0126_DSC06891_1

0126_DSC06903_1

DSC06897_1
(住所:東京都江東区南砂2丁目3−8 近辺)

      0121_DSC07369_1
東綾瀬にあったビル。階段が45度ズレて階段面のギザギザが特徴なビル。階段室タイプで、光り方も階段が美しくみえる。

0121_DSC07368_1

      0121_DSC07362_1
(住所:東京都足立区東綾瀬2丁目16−8 近辺)


0111_DSC06888_1
東陽町駅から少しいったところにある江東南砂団地の直線棟。広く幾つのタイプの建物で全貌がつかめないが、この光の漏れ方が美しい。高めの腰壁パネル、上下左右のスリットが幾つかのパターンで光っていて、何かの機械基盤のようだ。

   0112_DSC06857_1
滑り台はタコのメタファーか、オブジェみたくてカッコいい。

   0112_DSC06860_1
(住所:東京都江東区南砂2−3−14近辺)

  1117_DSC02410_1
夜の1,2階の灯りで三階バルコニーが面白く見える和楽ビル。腰壁付の曲面バルコニーが連続、光の具合で斜めに見えて、モコモコしていて有機的で面白い。(住所: 東京都江東区富岡1丁目14−15 近辺)

   0804_DSC06373_1
大平で見つけたビル「伊勢彦ビル」。外部通路部分に、六角穴が真ん中で切れるような部位のようなデザインで出っ張る。連続して最上階は通路ぬけじゃなくて壁となる。どこかマシーンチックな感じなデザイン。1階店舗は赤い壁で改築されているが、いいバランスとなっている。

      0804_DSC06379_1
(住所:東京都墨田区太平4丁目18−5近辺)

      0222_DSC07763_1
梵寿綱設計「ラ・ポルタイズミ/和泉の木戸(1989年)」、夜はその門扉が美しい。暗い所と明るい所、照明の生かし方がうまい。奇抜な外観の差異は夜はそれほどないなかで。

      0222_DSC07770_1

      0222_DSC07769_1

0222_DSC07768_1
(住所:東京都杉並区和泉1丁目4−8近辺)

0227_DSC02464_1
東池袋にある豊島郵政宿舎の建物、夕焼け時のいい時間帯からそう見えたのか。実にカッコいい。低層の3層は事務所のようなデザインで交差点街角がアールになっている。上層階がセットバックしていて緑地があり、宿舎部分のデザインがホツ窓、スリットと抑えめながら立体が美しくみえるモダンだ。(住所:東京都豊島区東池袋3丁目18−1)

   0221_DSC07491_01
ある時期のガソリンスタンドの立体は凄い。どうしてここまでと言う感じでカッコいい場合がある。色の計画や看板などの宣伝が立体を見えづらくしている。ここ池袋の「ENEOS セルフ池袋SS」、隣地道路からのほうが立体が良く見える。(住所:東京都豊島区池袋一丁目16-28)

      0204_DSC04891_1
大宮の宮町にある「ニコニコ堂大宮本店ビル:1991年」。もう少し古いと思ったが90年代の建物だった。正面の菱形フレームは構造体とは考えられないので、デッカイ格子ということになる。夜はその中の部屋からの光の漏れ方が美しい。

      0204_DSC04894_1
(住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町1丁目40)

0422_DSC09906_1
大山顕さんが「カワイイビル」の表紙で取りあげていたビル。やはり窓やタイルがカワイイ。旧甲州街道にめんしてるビル。旧街道にはいい感じの、いいデザインのビルが残っている。

      0422_DSC09912_1

      0422_DSC09924_1
(住所:東京都世田谷区南烏山4丁目12-14近辺)

      0905_DSC00270_1
道路側から眺めるよりも中庭に入り、上を眺めると違ってみえる。意外と広いオープンスペースだ。都心のいいぬけた空間がここにある。

      0905_DSC00277_1
(住所:東京都渋谷区渋谷1丁目3−18)

   0731_DSC00196_1
猿楽町にある代官山コーポラス(1957年)、もう築59年だ。四角い建物の1階の一角に管理棟らしき円形壁がある。街角としても、建物角としても効果あるいいデザインだ。(住所:住所:東京都渋谷区猿楽町12−1)

↑このページのトップヘ