夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

カテゴリ:静岡県 >  静岡市

   0212_DSC05554
昨年にいった静岡駅近くの徳川慶喜の屋敷跡手延の浮月楼。今は結婚式場となっているが、繁華街にこれだけの庭園が残っているのは貴重だ。夜も入れるところがありがたい。冬季により葉っぱが落ちて、周辺のビル群が見えすぎで雰囲気が作りづらいが、池に突き出たお茶室が美しかった。金箔の板戸も少し光っていい感じだ。(住所:静岡県静岡市葵区紺屋町11-1)

0222_DSC05468

静岡市葵区両替町でみつけたビル「桃太郎ビル」。
名前もチャーミングだが、1階2階の階段と通路、
その上の壁の円弧のデザインが口をあけたように見え面白い。


0222_DSC05475

上部の桃太郎の文字、そして丸い桃太郎の絵のバランスもいい。



0222_DSC05480

1階から2階の階段だけ曲面で残った所が黄色いシャッター部分のお店になっている。
(住所:静岡県静岡市葵区両替町2丁目3−5)

0216_DSC05533_1

静岡駅近くで見つけた八木専ビル。


0216_DSC05531_1

正面よりも斜め、またはサイド面のほうがなんかいい。


0216_DSC05539_1

1階部分が凹んでいて、上下曲面の庇が飛び出ている。
一回凹ましてから出す、これぞモダンニズムの空間構成の好例だ。


0216_DSC05543_1

近づいてみると正面の1階部分の凹んだところはレリーフのような梁や柱が美しい。
(住所:静岡県静岡市葵区常磐町2丁目1−3)


0213_DSC05498
両側にズラッとおでん屋が続く、青葉おでん街。
表にある看板は、通り名、提灯型でお店の名前、その下に本当の提灯という三段式だ。


0213_DSC05500

大きめの暖簾に特徴があって、中が見えない。
古いのか新しいのかわからないが、なかなかいい雰囲気。
この他にも新しい横丁がある、それが静岡市の街の特徴であるかもしれない。


0213_DSC05509

そこで暖簾の端だけあげて見えるようにする。それがこのあたりの風習のようだ。
静岡黒おでんを食べたかったが、時間がなく見るだけで帰る。
(住所:静岡県静岡市葵区常磐町2丁目3−6近辺)

0212_DSC05522_1

途中下車した静岡駅から少し離れたところに幾つか横丁がある。わりと新しくできたのか、昔あったのが新しくなったのか判らないが、これがなかなかよい。


0212_DSC05526_1

新しい看板にお店の外壁も金属板、一部ある屋根も金属だ。
長屋形式でおでん屋が続く。


0212_DSC05518_1

それでもデカめの提灯・暖簾で雰囲気をつくっている。
看板も新しいがオモシロイ形で建物に取り付いている。
(住所:静岡県静岡市葵区常磐町1丁目8−7近辺)

↑このページのトップヘ