夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ: 埼玉県

0408_DSC00150_1
人込みを避けて、一人の夜散歩。先日の雨あがり、東川の新しい護岸の側面がかなり濡れていた。遠方は旧商店街の高層ビル群、対比的な東川にその灯りが映り込み美しい。(住所:埼玉県所沢市西新井町19−26近辺)

      0406_DSC00110_1
人込みを避けて、一人の夜散歩。所沢市の牛沼、東川の溝がある支流。雨上がりで水路に提灯の赤い色がのびる向こうにあるサクラよりも一筋の水路が美しい。(住所:埼玉県所沢市牛沼316近辺)

   0404_DSC00130_1
一人で誰もいないところ、21~22時の夜散歩。実家近くの東川、昔はドブ川の思い出しかなかったところ。満開すぎて散り際、しかもライトアップはマダラ状。ところがところどころのこのライトアップが逆に、いい段階の灯りを生んで幽玄に。

      0404_DSC00117_1

0404_DSC00138_1

      0404_DSC00146_1
(住所:埼玉県所沢市東新井町266−1近辺)

0402_DSC00108_01
満開を逃しての雨上がり、何気ない公園のブランコ下、散る桜効果でこんな美しい。まるで池泉庭園・浄土庭園の池にもみえてくる。(住所:埼玉県所沢市こぶし町9近辺)

0315_DSC09734_1
所沢市の旧商店街にある秋田家(井筒屋)の町屋の横路地。うねる塀は不動沈下で傾いているようにみえるが、下がった地形にあわせて作ったデザインの珍しい塀。町屋ヨコガオからつながるうねる塀、カッコいい。(住所:埼玉県所沢市寿町29 -7近辺)

     0912_DSC04635_1
昨日の大雨が降ったあと、所沢航空公園の池を囲むメタセコイヤ。湿度は94%でレンズも少し曇り、湿気も映る。米軍基地跡のこの池も人工だし、植林で育ったものだが、その中でもメタセコイヤの背の伸びは、他の木から頭出ている。(住所:埼玉県所沢市東新井町256-1近辺)

0720_DSC02712_1
芝川脇にある埼玉県地方食肉卸売市場。道路はさんだところにバス停がある。なんだか映画のシーンな風景。手前の芝川緑地帯のスロープも美しい。(住所:埼玉県川口市領家4丁目7-18近辺)

   0715_DSC02732_1
芝川が新芝川に合流するところの水門。鉄骨でトラス構造の脚が長く、その上に金属壁の小屋がのる。川の緩やかな曲がりの先に堂々と建つ。水面は風でぼやけているが美しい。(住所:埼玉県川口市領家5丁目14−25近辺)

      0702_DSC02359_1
所沢の古い通りにできた盃横丁。周囲は旧商店街だったところに高層マンションが立ち並び対比するところ。通り真ん中に昔の建物時に鉄骨が片持ち出ていて、その上に船のオブジェと面白い横丁。

      0702_DSC02362_1

0702_DSC02354_1

      0702_DSC02358_1
(住所:埼玉県所沢市御幸町3-9近辺)

   0101_DSC06719_GB_01
謹賀新年、今年もこの「夜散歩のススメ」をよろしくお願いします。
畑や山林に囲まれた牛沼の神明神社。参道の提灯が、畑のトンネルアーチと対話しているようだ(住所:埼玉県所沢市牛沼390-1近辺)

1115_DSC09955_1
白子川が削った台地突端、牛房八雲神社がある西側の坂。上から見ると曲がった先に見える低地風景が美しい。角に立つ2本電柱と街灯の近景と遠景との対比もいい。

      1115_DSC09949_1

      1115_DSC09954_1
(住所:埼玉県和光市白子2丁目3−53近辺)

1106_DSC05630_1
川越の蔵造り一番街商店街の駅からの手前に位置する川越名店街。色々な時代の商店街ある川越の昭和商店街通り。古いアーケードがところどころ撤去だが、残された部分、狭い歩道、店の看板サインなど、いい時代のモノが残っていて好きな通り。

1106_DSC05636_1

      1106_DSC05647_1

1106_DSC05638_1
(住所:埼玉県川越市連雀町9−2近辺)

      1024_DSC09930_1
和光市白子を上がる台地にある百段階段。かなりの高低差、通りからは細道で階段を上がる。途中の階段曲りから振り返ってみると、交差点の灯りが美しい。

      1024_DSC09921_1

      1024_DSC09926_1

      1024_DSC09939_1
(住所:埼玉県和光市白子2丁目5−12近辺)

   1012_DSC09963_1
白子川が削った台地突端、牛房八雲神社がある西側、曲がった変形Y字路に、スロープと階段が同居する通り。斜面地の苦労がカタチに表れてオモシロイ。階段なのかスロープなのかもちょっと判らないところも。

   1012_DSC09960_1

   1012_DSC09968_1
(住所:埼玉県和光市白子2丁目3−62近辺)

      0909_DSC05589_1
川越市内を囲むように流れる新河岸川、美しい水路だ。高澤橋の川と町の風景もいい。中正屋の古い建物がちょうど見えて、信号機や車のライトがいい具合に演出している。(住所:埼玉県川越市石原町1丁目2−1近辺)

   0904_DSC05567_01
川越蔵造りの街には、各年代のいろいろな建物が残っている。この町屋は比較的広い通りに面しているが、途中に後ろに道(芸者横丁)に抜ける中通路があり、なかなかいい空間だ。幾つかのブログで、通って怒られたと記述あり、私道らしいので眺めるだけに。惹かれる中通路だ。

      0904_DSC05568_1

0904_DSC05567_1
(住所:埼玉県川越市元町近辺)

0813_DSC05423_1
本丸御殿はもとはもっと大きく、明治の廃城令で解体、現在残る建物は玄関・大広間部分と家老詰所のみ。本丸御殿大広間は他に高知城にしかなく貴重とあるが、使われ方の変容がオモシロイ。
・入間県県庁、入間郡公会所
・煙草専売局淀橋支局川越分工場へと転用
・1933年には川越武道奨励会の修練道場
・戦後は川越市立第二中学校(現在は初雁中学校)の校舎や屋内運動場
・1967年(昭和42年)、県指定有形文化財指定。
そんな使われ方の歴史を眺めてきた、夕焼けバックの本丸御殿玄関。

0813_DSC05427_1
(住所:埼玉県川越市郭町2丁目13−1近辺)

DSC05542_1
川越市役所交差点前に建つ手打ちそば百丈(旧湯宮釣具店)。木造3階建ての看板建築、各階でデザインが変わるアールデコともいえるデザイン。少し離れた電柱からのライトが近くて強く、立体が浮かび上がるランドマークになり、凄く目立つ。

      DSC05544_1
(住所:埼玉県川越市元町1丁目1−15近辺)

      0722_DSC05515_1
ここ数年、川越氷川神社は「縁むすび風鈴」として風鈴だけじゃなく、花火などや他もライトアップして全体として夜楽しめるようにしている。縁結びと風鈴を結び付け、それを木質フレームに展示して光を当てる。実にうまいやり方。夜の活用法は観光地ながら夜は閉まってしまう川越にはぴったり。

      0722_DSC05472_1

      0722_DSC05473_1

0722_DSC05477_1

0722_DSC05489_1
(住所:埼玉県川越市宮下町2丁目11−3)

0721_DSC05480_01
日本の神社境内は夜入れるところは多いが、積極的にイベントをやるところは、少ない。観光地だけど夜は人がいなくなる川越で、川越氷川神社は「縁むすび風鈴」として風鈴だけじゃなく、花火などや他もライトアップして全体として夜楽しめるようにしている。夕暮れ時、木々の後ろに赤い夕陽、手前の境内、正面の神楽殿が美しい。

0722_DSC05527_1
その他本殿やその周りに様々なライトアップがあり、これがなかなかいい感じだ。氷川会館との間の回廊なんて、結婚写真の撮影中だったが、照明計画や水面壁などいいデザインだ。

   0722_DSC05521_1

0722_DSC05536_1

0722_DSC05487_1
(住所:埼玉県川越市宮下町2丁目11−3)

↑このページのトップヘ