夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

カテゴリ: 埼玉県

      1004_DSC09162_1
摘発を受けて粛清されたとあるが西川口駅の北西エリアにはそれなりに面白いビルが、綺麗な照明なびるがのこっている。

1004_DSC09157_1

      1004_DSC09155_1

1004_DSC09153_1

1004_DSC09152_1
(住所:埼玉県川口市西川口1丁目10、13、 埼玉県蕨市南町3丁目24エリア)

   0920_DSC09165_01
西川口の外国人エリアなんだろう、いきなり行くとわからないところも多い、もっと凄いと思っていたらそうでもない。それでもこの駅前大通りという商店街に面する「仁志第二クイーンコーポ」の1階店舗並び、そういった雰囲気がにじんでいる。

0920_DSC09169_1
(住所:埼玉県川口市西川口1丁目22−1近辺)

0914_DSC09130_1
西川口駅東口ロータリーに面する、店舗群のウラ側。表側は普通の店舗長屋ですましているが、一皮むくと凄い。表側から見ると長屋でくっついているように見えるが、各店舗ごと隣との間には壁が建っている、表の看板建築の壁がそのまま横にといった感じか。

0914_DSC09141_1
(住所:埼玉県川口市並木3丁目11-7近辺)

0831_DSC01423_1
蕨駅近くのぶぎん通り商店街。高度成長期にありがちな、とっても華美で饒舌な看板ゲート。対比的に通りの街灯がオレンジ色でいい雰囲気なので、ギラギラが目立つ。(住所:埼玉県蕨市中央1丁目33−1近辺)

0731_DSC07912_1
車はあまり通っていない、ここに歩道橋が必要か?と思ったら、幼稚園と関連施設を繋げている歩道橋みたいだ。歩道橋が門フレームとなり、その先に見える幼稚園の光具合がとても美しく見えた。(住所:埼玉県所沢市下安松487近郊)

0719_DSC07882_1
所沢市の航空記念公園は、昔米軍基地だった。今でも何割かは返却されず米軍の管制塔が残っている。その脇にある国土交通省東京航空交通管制部、いつの間にか何の用途かわからないが鉄塔が建っていた。そんな意味など知らず、夕焼けがとても美しかった本日 。(住所:埼玉県所沢市並木1丁目12近辺)

0713_DSC01325_1
蕨市の旧中山道から、蕨中央商店街―蕨中央一番街―蕨ピアロードと3つ名前の商店街が蕨駅前まで一直線で繋がっている。駅から通り旧中山道のほうにオモシロイ建物が多いが、通りの雰囲気も違う。なかでもこの「風月菓子舗御殿」の建物、不思議なプロポーションの城になっている。

0713_DSC01303_1

0713_DSC01317_1

0713_DSC01322_1

   0713_DSC01330_1
(住所:埼玉県蕨市中央4丁目11−18近辺)

0518_DSC01419_01
良く見るとカッコいい、蕨駅。モダン建築の要素がばりばりだ。右側のエレベータ増設がじゃまだが、均質ラーメン構造の柱から、3階部分の横デザインが突き出た形、各ユニットのデザイン、透かし格子のデザインがいい。(住所:埼玉県蕨市中央1丁目23-1)

0517_DSC01396_01
蕨駅近くの蕨名店街共同ビル、その横顔・側面が凄い。通路が3階レベルしかなないので、各住居・店舗内に階段がある。それで側面がこうなっている。なぜこうしたのか、内部の繋がりもイマイチわからないがとてもカッコいい。(住所:埼玉県蕨市中央1丁目3−4近辺)

   0516_DSC01411_1
蕨駅近くにある蕨名店街。その共同ビルの横側も大変面白くなっているが、まずは蕨名店街。ビルの間の3階レベルが通路屋根になっていて、その下に1.5層吹抜けの商店街。天井の金属パネルと蛍光灯ラインが美しい。

  0516_DSC01372_1

0516_DSC01345_1

   0516_DSC01414_1

  0516_DSC01355_1

      0516_DSC01399_1
(住所:埼玉県蕨市中央1丁目3−4近辺)

      0405_DSC09640_1
子供のころの昔はドブ川とバカにしていた東川、こんなに桜が綺麗だったとはビックリ。橋からみると近景から中景、遠景へ、渦巻きみたいに凄いサクラ。(住所:埼玉県所沢市西新井町5−18近辺)

      0405_DSC09684_1
水路にうつるサクラ、実のサクラよりも美しい。(住所:埼玉県所沢市西新井町5-18近辺)

      0405_DSC09674_1
水路にうつるサクラ、周囲の色々も美しい。(住所:埼玉県所沢市西新井町10-11近辺)

0308_DSC06798_1

川越の蔵造り一番街商店街は夜がいい。ビュンビュンと車や自転車が通るが、重たい屋根の凸凹が、群青色の空との境界が美しい。

0308_DSC06814_1
(住所:埼玉県川越市幸町5−2近辺)

0305_DSC06904_01
川越の商店街の面白さは、年代別の商店街としてのこっているところ。この立門前商栄会の商店街は昭和時代の自然な感じで残っている。大正ロマン通りと交差することもあり、少し大正ぽい建物が混在するところもいい感じだ。照明がなんと難しい緑色だが、通りのさきの蓮馨寺(れんけいじ)本堂のオレンジ色の照明がいい対比になっている。(住所:埼玉県川越市連雀町15−1 近辺)

0304_DSC06682_1
昨年だったか、一部火事で焼けてしまった菓子屋横丁。工事中のところもあるがくの字のこちら側は大丈夫。観光地の川越、閉まるのは早い、夕暮れが過ぎるとこんな感じ、それはそれで自然な感じでいいが。

0304_DSC06674_1


0304_DSC06685_1
(住所:埼玉県川越市元町2丁目11-6近辺)

  0228_DSC06847_1
川越の蔵造り一番街商店街、この通りの夕暮れ時はいい。空がブルーから群青色に変わる時間帯。バスや車や自転車がビュンビュン通って、段差のない歩道だと危ないところ、ただひたすらに撮る。

      0228_DSC06765_1

  0228_DSC06777_1

0228_DSC06850_1

   0308_DSC06729_1
(住所:埼玉県川越市幸町7、8近辺)

0227_DSC06870_1
以前はこんなディプレイはなかったような。メインの通りからはずれた長屋の一部に綺麗な格子引戸。その向こうには大きな壺と生け花。漏れる光、みえる生活の一部、通りや町に潤いをあたえる。

0227_DSC06868_1
(住所:埼玉県川越市元町1丁目12−1近辺)

   0226_DSC06891_1
蔵造が並ぶ蔵造り一番街の交差点から見るのではなく、この鐘つき通りからみる姿の方がいい。時の鐘の塔と通り、さらには町とのかかわりがみえるてくる。古くから水平線の町並みが多い日本では、垂直方向の塔が良くきいている町がすくない。(住所:埼玉県川越市幸町15−7近辺)

0224_DSC06911_1
蔵造りの川越だが、周辺にも色々な時代の建物が残っている。この旧鶴川座は、明治後期の芝居小屋(築100年以上の木造建築)。内部には、芝居小屋の遺構で「木製車輪のまわり舞台、奈落から花道方向へ続くレンガ通路」などが残っているとある。一番上の様式調、真ん中横に伸びる金属部分、一階の凹みスペースの三層構成の建物。手前のオープンスペースの増築部分とのかかわりもオモシロイ。

0224_DSC06915_1
(住所:埼玉県川越市連雀町8-3近辺)

0109_DSC04758_1
所沢の旧商店街、かなやま通りにある武蔵野銀行所沢支店。一番上横ライン以外はアルミの縦格子の昔の銀行らしいスタイル。カッコいいのはその手前のアーケード屋根。ここだけ違う形が残されているが、力学、応力図ラインでできた屋根がカッコいい。(住所:埼玉県所沢市金山町12−13近辺)

↑このページのトップヘ