夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

カテゴリ:東京都 >  中野区 

   0913_DSC09435_1
S字道路は全部は見えないが、高低差があり向こうが下がって谷間になっているので、なんとなくS字を感じられる道路。住宅にはいる右の階段もいい(住所:東京都中野区中野2丁目13−2近辺)

0907_DSC09387_1
中野で見つけたY字路にたつ建物。出窓の下線がアール、ボコボコデザインで鼻らしき線にも見え、目と口があり顔建築にみえてきた。目立つY字路の立ち姿もいい。(住所:東京都中野区中野3丁目15−5 )

   0829_DSC09397_01
美しい、おもわず立ち止まった。
8月最後の日曜日だからか、高円寺から東中野を雨の中散歩したら、幾つかの町内祭りにであった。公園を利用した町内祭りの花火、おそらく最後のナイアガラの滝的花火。直線に並べた花火で美しかったが長く、周囲が煙だらけ、まるで火事のようだった。煙の中で透ける傘の絵も美しい空間だった。(住所:東京都中野区中野3丁目29-4近辺)

0707_DSC09220_1
新井薬師駅近くの商店街にある、建物。看板建築で木造かよくわからないが、柱と窓の連続が、街角のカドとしてきいている。看板には歯科、キク薬局とかいてあるが、今は何に使われているのやら。(住所:東京都中野区松が丘1丁目15−7近辺)

   0706_DSC09198_1
はじめて夜歩いた新井薬師前の商店街。22時近くに開いている果物屋がある商店街はいい通りだと思う。それも建物角、街角、光る色が通りに潤いをあたえている。(住所:東京都中野区松が丘1丁目2−20近辺)

   0705_DSC09212_1
新井薬師駅前に昔からある「薬師駅前協同ビル」。駅ロビーと反対側だが、2通路と挟まれた階段部分がオモシロイ。矢印看板も含めてどこか不思議な感じがする。(住所:東京都中野区上高田3丁目41−7近辺)

   0416_DSC02590_1
東中野駅近くにあるシャトー11。階段廊下の曲面壁に丸窓、それだけでなんか船を思い出すデザインだ。1階の階段位置も面白い、とゆうか頭が当たりそうな低さ、屋上の手摺壁デザインや階段も美しい。(住所:東京都中野区東中野5丁目6−9)


      0113_DSC03157_1
弥生町の台地段差の下に、ある屋台置き場基地。元締めの事務所が近くにあるのか、坂下や崖下がゴミ置き場になる原理と一緒か、ならんでいるところ。でもそれは昼間の話で、夜は出動しているのか、はたまたもうここには置いていないのわからないが、2度目も1台しか置いていなかった。ところがこの1台はペンキで塗りたくられ、ディテールが消えてなんだかとってもオブジェな感じ。崖と屋台の取り合わせとてもいい。(住所:東京都中野区弥生町1丁目1−5近辺)

      0112_DSC03139_1
弥生町1丁目に神田川に浸食された台地がある。この中腹の細道に面白い階段がある。おそらくは個人邸のものだが、作った時期の問題か、細い道路に少し食い込んでいる。危ないから黄色い色で落ちないようにしているが、このタイプの階段はとても珍しい。

      0112_DSC03133_1
(住所:東京都中野区弥生町1丁目3近辺)

     1212_DSC00269_1
中野北口飲屋街のふれあいロードと狸小路の交差点にある建物。3階コーナーをバルコニーが回っていて、なかなか面白い。コーナーのデザインって結構重要だな。(住所:東京都中野区中野5丁目56−16近辺)

      1210_DSC00280_1
名前のある商店街だけでも10をこえる中野北口の飲屋街。横道のような三番街をサンモールアーケードから撮る。三角の街灯が3個づつある、その形も綺麗だが、真ん中に歩く人がなんともいえず、いい感じだった。

   1210_DSC00182_1
サンモールアーケードと並行して通る、ふれあいロード。表通りのアーケードに対していわば裏道、しかもアーケードよりも長く、裏通りなんだけど妙に賑やかだ。万国旗がよく似合う。(住所:東京都中野区中野5丁目59−11近辺)

     1204_DSC00195_1
中野の飲み屋街エリアにある通称蜂の巣ビルの「ワールド会館」。2つの階段がさらに枝階段がついていて、図形的構成なのに迷路になっている。同じようで少し違うそれぞれの表情、なかなかめぐると楽しい。ファサードデザインはそのまま階段の構成で蜂の巣状のデザインになっている。今はアニメ関連の看板に浸食されつつあるが、この雑居感はなかなか調和されているが面白い。

     1204_DSC00238_1

1204_DSC00236_1

     1204_DSC00225_1

     1204_DSC00228_1
(住所:東京都中野区中野5丁目55−6)

     1201_DSC00125_1
野方には駅から少し行ったところに不思議なアーケード街がある。名前の「ヤッホーRORD」からしてどうしてこうなったのか?みたいなところだ。このアーケードはY字型の通りで、真ん中にY字路がある。天井もやや高く、決して古くはないのだが、なかなかいいY字路アーケードだ

     1201_DSC00145_1

   1201_DSC00152_1
アーケードの看板がさらにわからないデザインだが、それを打ち消すように入口出口の建物が面白い。駅からのほうの前門の虎は、崩れそう外壁の雑貨屋さん、ちゃんと営業していた。後門の狼は、丸正食品の看板だ。

1201_DSC00021_1
(住所:東京都中野区野方5丁目24-1近辺)

1124_DSC00035_1
西武線で通っていたが、あまり降りたことがなかった野方駅。その野方駅近くにものすごい「野方文化マーケット」が残されている。文化マーケットいう時代を感じさせる名前だが、表の通りから全景を合成してみる。二つの通路があり、その脇に店舗。背丈も比較的高いし、どんどん増築でだんだん集落化していて、一つの世界をつくりだしている。

   1124_DSC00036_1

   1124_DSC00037_1

      1124_DSC00041_1

   1124_DSC00039_1
内部通路の交差点。Y字路でもあるが、交差するのは通路だけじゃない、天井の形が複雑に重なりあう。ところどころの透明トタンもその複雑さを生んでいる。表通り以外の店はほぼ閉まっている感じだが、置き忘れた郷愁感も複雑に絡んで美しい。

   1124_DSC00040_1
(住所:東京都中野区野方5丁目30-5近辺)

  1108_DSC08580_02
桃園川暗渠緑道の脇で見つけた民家。玄関と両脇の建物が立ち姿がいい。よく見ると後ろに寄棟屋根の建物が四軒あり、長屋のようにくっついている不思議な古民家だ。手前は玄関以外は増築ぽい。今ではかなり珍しい長屋だ。塀のトタン板の塗装が剥げかかっていて緑と青の何といえない美しさだ。(住所:東京都中野区中央2丁目27−10)

0203_DSC02985_1

東京工芸大学中野キャンパスの2号館(設計:坂倉建築研究所)を道路からみる。
上が植栽テラスになっている天井が斜めに上がっていて、反射する天井材に写り込むでいる。
すると柱などが斜めに写り込むで不思議な雰囲気を作っている。
全体に白く柱もあまり目立たず、浮いているような感じにも見えていい。
(住所:東京都中野区本町2丁目9−5)

0123_01

中野坂上駅から神田川の西側段差をみていた。
この辺はあまり高低差がないと思っていたらトンでもない、
凄い絶壁・擁壁がある。


0123_02

しかもその上に建物も建っている。
さらにその前にある幅広のくの字階段がいい。


0123_03

そして曲がった階段のさきの道も少し勾配がありいい。


0123_04

下の階段は扇状に階段面が膨らんでいる。
擁壁とのセットでいい風景を作り出す。
(住所:東京都中野区中央1丁目17−3近辺)

0107_DSC02561
東中野駅近くの通り裏にある細道、いい感じの美しいブロック塀がある。高さの低い開口のある市松模様のブロック塀。塀の向こうのブロック壁もいいし、その先の建物姿もいい。でももっと凄いのはその先だった。

      0107_DSC02573
なんじゃこれ、そんな梯子のような鉄骨階段がおいてある。段階的になっていて、下は梯子のような鉄骨階段。いちおう固定されているが、すごい仮設な感じだ。

      0107_DSC02577
その上には土に踏み石置いただけの階段だ。よく見ると土に鉄筋を打ち込んで踏み石がズレないようにしている。置いただけの階段なのだ。

      0107_DSC02578
こりゃ凄い、東京23区の駅近くにこんな階段が残されているとは。階段上がって上から眺める。こりゃ暗渠だな、段差のある所から流れていたのだな。それが暗渠になって階段つけて生活道路になったのだろう。(住所:東京都中野区東中野1丁目45−10近辺)

   0702_DSC05141_1
近くの神田川の浸食によるものか、このエリアにはいい高低差の台地がある。そこに車の通れない細い直線坂道がある。

   0702_DSC05122_1
その上からの風景がなかなかよかったりする。擁壁も凄いが、坂道から続く道も面白い。(住所:東京都中野区弥生町1丁目3−12近辺)

   0716_DSC09313_1
JR中野駅の北口、サンモール商店街とふれあいロードの間にある一角に中野新仲見世商店街がある。ここは道路の具合で接合点が広場のようになっている。その広場に大きな木があり、いいオープンスペースになっている。左側の「川二郎」はこの時間から人が並んでいる人気居酒屋。(住所:東京都中野区中野5丁目55−10近辺)

↑このページのトップヘ