夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 墨田区 

   0903_DSC06320_1
東京人 2018年6月号特集「アジアンタウンTokyo」で特集ページにでてきた錦糸町のASIAやおしょう。「隆盛を極めたタイ人街は、多国籍なまちへと進化中」、それが錦糸町らしい。駅から近いこの建物の一階の感じがいいマーケットで、段々と路地にでてきている。裏道少しいったところには荷捌き市場のようなところもあった。

0903_DSC06331_1

0903_DSC06339_1

0903_DSC06343_1
(住所:東京都墨田区錦糸1丁目4-11近辺)

DSC06394_1
ほぼ全てが雨戸や目隠しで見えなくなった建物。夜の光もあるがその分に壁の色が幾つかあって美しい。バックのスカイツリー借景のこの辺りならではの風景。
DSC06393_1

DSC06388_1
(住所:東京都墨田区横川4丁目5−10近辺)

0901_DSC06511_1
京成曳舟駅から少しいった明治通り沿いの古い長屋建物。幾つかありそれぞれお店や事務所に改築していたり、通り反対側からみてもいい感じの雰囲気をしている。窓や欄間も凝っていたり、ある時代の文化がいい感じに利用されているエリアだ。

0901_DSC06513_1

  0901_DSC06519_1
(住所:東京都墨田区八広2丁目45 -12、47 -14近辺)

   0830_DSC06473_1
向島橘銀座商店街、一般的にはキラキラ橋商店街と呼ばれる約450mの商店街。惣菜・乾物等の商店が多く、墨田区内でも1〜2番の有力な商店街。街灯が一変してしまって、少し明るく白色すぎる感じもするが、店の閉まった時間でも人がいる感じの東京でも元気な商店街。

   0830_DSC06468_1

0830_DSC06476_1

0830_DSC06475_1

  0830_DSC06479_1
(住所:東京都墨田区京島3丁目49−1近辺)

DSC06448_1
不思議な文化スタイルな建物。トタン看板建築なのだけれども、Y字路に面して角に玄関があり、見えずらいが扉両側に様式柱スタイルだ。珍しい複合タイプだ。
DSC06445_1

DSC06444_1
(住所:東京都墨田区文花3丁目7−1近辺)

   0829_DSC06402_1
そんな高級なマンションではなかったが、入口のデザインがうまい。2階への階段と1階への部屋の入口。上部角のアールがきいている。さらに少し出る庇壁もアールで2重になる。(住所:東京都墨田区業平5丁目10−1近辺)

   0827_DSC06456_1
京島には古い民家、長屋がある時代のまま残っている。この長屋と民家の間の道、裏側は行き止まりの道に長屋が続く。向かいあう壁面はトタンと下見板張り、壁の間の空間が美しい。表の長屋と民家の並びもいい感じだ。

0827_DSC06463_1

0827_DSC06461_1

0827_DSC06453_1
(住所:東京都墨田区京島3丁目62-7近辺)

0822_DSC06431_1
十間橋通りのY字路、建物がオモシロイ。ダンメンとして三角のトタンがのこり、手前に駐車場、その上の味わい深いモルタル壁もいい。右道は十間橋通りの曲り、左道も曲がってゆき、建物の顔がみえ、両通りの対比もいい。(住所: 東京都墨田区押上3丁目50−12近辺)

0819_DSC06387_1
自動車工場のウラガワ開口部から見える世界。人がいないのに空いている窓。その先に工具が見える、そして透明波板の屋根が色んな色を拾って美しい。箱庭的世界がそこに。(住所:東京都墨田区横川5丁目1-11近辺)

      0815_DSC06470_1
キラキラ商店街に面する空地から見えた風景。片持ちのトタニズム建物、その下のヌケがいい。さらに横には隣のビル外部階段。隣地で接しているだけの関係だけど、街の隙間の出会いがオモシロイ。(住所:東京都墨田区京島3丁目43近辺)

   0814_DSC06424_1
長屋をリノベーションした「長屋茶房天真庵」。スカイツリーが建つ前から、十間橋通りに面して存在していた。この通りもなかなか夜はいい感じの通りだた、この建物の表情も、普通サッシにステンドだったり、ネット植栽だったり、元の長屋をうまく生かして、豊かな表情をしている。

   0814_DSC06426_1

0814_DSC06417_1
(住所:東京都墨田区文花1丁目6−5近辺)

      0813_DSC06496_1
キラキラ商店街の裏路地、古い路地と民家の京島3丁目エリア。面白い路地をみつけた。人の通る路地のため、白線と一時停止のマークある路地交差点。おそらく自転車と人のぶつかり防止のため、このエリアの人達が書いた生活デザイン。

0813_DSC06504_1

      DSC06497_1
その先のリアル路地は、キラキラ橋商店街の路地裏。京島3丁目の路地は美しい。路面に出る植栽や自転車、バルコニーなど。路地先の街灯もいい感じの位置にある。

      DSC06502_1jpg
(住所:東京都墨田区京島3丁目近辺)

0811_DSC06526_1
広い道路、狭い道路のつなぎ方、ちょこっと鋭角に敷地が出る。離れ平行な道路白線と歩道曲面縁石からくる曲線の合体。さらに横断歩道の線が混じり、不思議なえになる。交差点は実態じゃない、何かを表したところもオモシロイ。(住所:東京都墨田区立花6丁目2−15近辺)

   0808_DSC06364_1
錦糸町駅から少し行ったところにあるトタニズム建物。トタンの素材のバランスも素晴らしいが、それよりも開口部のバランス、間に詰めたような収納つきの出窓なのか、この出っ張りがオモシロイ。

   0808_DSC06362_1
(住所:東京都墨田区太平3近辺)

      0804_DSC06406_1
墨田区琴平の日常風景は、スカイツリーが出てくると一変する。通りから一本入った、民家の壁が並ぶリアル墨田路地。その軸にきれいにあうようにスカイツリーが入る。電柱電線はきれいに重なる。水路軸とか道路軸と写真が多いなか。このギャップがなんだかいい。(住所:東京都墨田区業平5丁目13−6近辺)

   0804_DSC06373_1
大平で見つけたビル「伊勢彦ビル」。外部通路部分に、六角穴が真ん中で切れるような部位のようなデザインで出っ張る。連続して最上階は通路ぬけじゃなくて壁となる。どこかマシーンチックな感じなデザイン。1階店舗は赤い壁で改築されているが、いいバランスとなっている。

      0804_DSC06379_1
(住所:東京都墨田区太平4丁目18−5近辺)

1012_DSC09730_1
鳩の街商店街の通りの北東側にはいい感じの路地がある。少し残った旧遊廓街の建物や狭い路地などが雰囲気がのこっている。

   1012_DSC09721_1

1012_DSC09715_1

      1012_DSC09735_1

   DSC09712_1
(住所:東京都墨田区東向島1丁目エリア)

1010_DSC09674_1
鳩の街商店街の奥、5差路かどうかわからないぐらい細かい道に分かれるところのY字路。道の曲りのまま建物も曲がってゆく、不思議な交差点。左にいった先を右にいくと鳩の街商店街にはいるところ。(住所:東京都墨田区向島5丁目48−3 近辺)

  1002_DSC09682_1
昭和3年設立の寺島商栄会から続く、90年近くの古い商店街「鳩の街商店街」。道幅も戦前のままだが、やはりポツポツ新しい家が下がって建って雰囲気が変わりつつある。それでも夜は提灯あかりや、商店店舗のあかりでいい雰囲気な路地通り。

     1002_DSC09699_1

   1002_DSC09697_1

1002_DSC09677_1
(住所:東京都墨田区向島5丁目49−3近辺)

  0928_DSC09711_1
遊びの要素が多かったのもあるが、遊廓建築のデザインは優れている。鳩の街商店街近辺にのこる遊廓建築、木造で劣化しているが随所にキラッと光るデザインが。

      0928_DSC09725_01
庇や壁のアールもいいが、この開口部、なかなかでございます。(住所:東京都墨田区東向島1丁目近辺)

↑このページのトップヘ