夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 江戸川区

0617_101_0425_1
新川の横、比較的開けたところに面する家。植栽スペース、なんの植物だろうか、円形状に広がる葉っぱ。スポットライトでさらに広がる、影が拡張している。スポットで照らす植栽は難しいなか、これはこれで成功している感じだ。(住所:東京都江戸川区東葛西1丁目14−3近辺)

0611_101_0413_1
東京23区唯一の自然島という妙見島。防波堤に囲まれて幾つかの会社があるだけで、島の中では旧江戸川に浮かぶ島とは感じられない。川の護岸上から見る島の北側先端部分。ここからは船のように横たわる島の姿みえる。(住所:東京都江戸川区東葛西3丁目17−1近辺)

0610_101_0489_01
水上バスの船着き場かと思った、後で調べるとどうやら屋形船の船宿あみ達の船着き倉庫スペースといったところか。対岸から水辺の低いところに屋根と柱、中にプレハブ倉庫や、工具などが見える。高さの関係で防波堤上の町並みと連続しているように見える。

0610_101_0488_1
(住所:東京都江戸川区西瑞江4丁目11−53近辺)

0607_101_0374_01
東葛西の長島香取神社の境内から、隣の東善寺本堂の壁。夜は光っている街灯がうつるのは珍しい。本堂真壁のグリットと大木に葉、街灯、墓のシャドーが虚実が混じる切り絵のようだ。(住所:東京都江戸川区東葛西2丁目34−20近辺)

101_0463_1
新中川が旧江戸川に繋がる手前の水門「今井水門」。工事中で赤と青の信号光が美しい。ここ水門と合流地点の間にも瑞江大橋があり、水門が正面に見え、上流方向の遠景がきれいに見える。

0606_0606_101_0461_1
(住所:東京都江戸川区江戸川4丁目8-20近辺)

   DSC01595_01
小岩駅南口、放射状に広がる商店街で、おそらく一番古いタイプの商店街、サンロード。ゲートもキラキラだし、歩道の幅が狭く、通路屋根も特徴的。区役所の方まで続く通りで、屋根のタイプはいろいろ変わって面白い。

DSC01697_1

      DSC01698_1

DSC01695_1

DSC01594_1
(住所:東京都江戸川区南小岩7丁目26-19近辺)

DSC01628_1
小岩駅北口に面する一街区、北口通りに面するところに倉庫のような六軒ぐらいの長屋が並んでいる。背後はビルに囲まれ都市の隙間がある。駅前なのに珍しい、小岩らしい界隈空間。

DSC01627_1
(住所:東京都江戸川区西小岩1丁目23−11近辺)

      DSC01725_1

      DSC01724_1
江戸川を渡る京成本線の鉄道橋。電車の橋、鉄骨造の床なしなので真っ暗。下から眺めると電車が通った時だけ光る。下りが左側を通った時は右が光り、上りが右側を通った時は左側光る。なんだか不思議な写真に。

DSC01717_1

DSC01718_1
(住所:東京都江戸川区北小岩3丁目24−1近辺)

0527_DSC01688_01
東小岩の国道14号を歩いていて出くわした、コーナーの木製出窓。木製の細さが美しい、中の展示も、酒屋さんだった。離れてみると街角の看板建築での木製出窓。店構えも素晴らしい酒屋さんだ。

0527_DSC01690_1

0527_DSC01689_1
(住所:東京都江戸川区東小岩5丁目26−1近辺)

0525_DSC01648_1
小岩駅から放射線状にのびる幾つか商店街。ほぼ真ん中に近い昭和通りの商店街。駅から遠いほうの通り商店街看板門もいいが、途中のY字路、駐輪場になった空きからみえる商店のダンメンが面白い。
0525_DSC01654_1

0525_DSC01652_1

0525_DSC01642_1
(住所:東京都江戸川区南小岩7丁目29 -8近辺)

0524_DSC01707_1
江戸川を渡る三つの橋。二つは京成本線と総武線の鉄道橋。真ん中の市川橋は千葉街道だけライトアップ。二のガードの真ん中から斜めに広がる影が落ちる。トラス橋もいいがこの影が美しい。

      0524_DSC01712_1

0524_DSC01709_1

0524_DSC01713_1
(住所:東京都江戸川区北小岩3丁目26−16近辺)

      0522_DSC01608_1
小岩駅前にある小岩地蔵中央通り。駅地近くの古い商店街の電線の重なりはすごい。夜だと見えすらくもあるが、交差点の動きと電線の重なりでわかる。

      0522_DSC01605_1

      0522_DSC01603_1

      0522_DSC01602_1
(住所:東京都江戸川区南小岩7丁目26−4近辺)

DSC01675_1
南小岩にあったクリーニング&美容室。木製サッシ壁が美しい。増築ぽい建て方だが、しっかりとした作りの木製は珍しいし、腰壁も綺麗だ。街角の立ち姿もいい。

DSC01670_1

DSC01676_1

DSC01672_1
(住所:東京都江戸川区南小岩3丁目16−13近辺)

0425_DSC00577_1
江戸川の篠崎水門から北を見る。川が蛇行していた左側は江戸川区の土手がなれて京葉道路の江戸川大橋、そして右側が千葉県市川市。2つのタワマンが総武線の市川駅前。街灯の灯りが水面に伸びて、河というよりも湖みたいだ。(住所:東京都江戸川区東篠崎1丁目11-1近辺)

     0424_DSC00563_1
江戸川と旧江戸川の分岐にある篠崎水門、その横にある「江戸川河川事務所 江戸川河口出張所」。鉄塔と事務所なんだけど、どうも基地にしか見えない。いろいろな計器類もみえて、いった何しているのか。(住所:東京都江戸川区東篠崎1丁目11-1近辺)

0415_DSC00580_1
江戸川と旧江戸川の間にある篠崎水門。住所を調べていてビックリ、ここは途中で東京都江戸川区と千葉県市川市の区市境界未定地だった。確かに地図で途中から境の線が消える。水門の塔の連続、光の微妙な違いの連続がカッコいい。

0415_DSC00597_1

0415_DSC00569_1

0415_DSC00566_1
(住所:東京都江戸川区東篠崎1丁目11-1近辺)

0415_DSC00551_1
江戸川と旧江戸川の間にある篠崎閘門。閘門とは水量を調節して船舶を昇降させる2つの対の門。これほど機能と境界がカタチに現れるものもない。そしてランドマークになる。

0415_DSC00587_1

      0415_DSC00584_1

0415_DSC00583_1
(住所:東京都江戸川区東篠崎1丁目11-1近辺)

DSC00548_1
脇にある土手のサクラも美しかったこの日。

   0408_DSC00473_1

0408_DSC00479_1
古くは小合溜井(現在の都立水元公園内)を水源、長かった東井掘の用水路。途中のから親水緑道、その始まりが円形の噴水。途中の段差分水もオモシロイし、歩く緑道部分と水路と植栽の3層構成が蛇行しながら、いい緑道で散歩に最適である。桜も綺麗な時期でした。

0408_DSC00483_1

      0408_DSC00486_1

DSC00497_01

0408_DSC00502_1
(住所:東京都江戸川区南篠崎町3丁目27−5近辺)

      0407_DSC00512_1
江戸川区に20近くある親水緑道のなかで、花見では1,2の感じな篠田堀親水緑道。それでもこのあたりだと夜の花見はまだまだ数グループで、混んでいなくて散歩にもいい。数年で一杯になりそうだが。

      0407_DSC00517_1

0407_DSC00509_1

0407_DSC00505_1

0407_DSC00504_1
(住所:東京都江戸川区東篠崎2丁目3−2近辺)

↑このページのトップヘ