夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 江戸川区

   0713_DSC02611_1
緑道越しに見える脇窓がいい菅原湯。配置が面白く、小松川境川親水公園と千葉街道に挟まれて正面がみえず、横向きに建つ。玄関が両側にあり、正面性が高い銭湯のヨコガワが楽しめる。

0713_DSC02613_1

0713_DSC02615_1
(住所:東京都江戸川区南小岩7丁目26−8近辺)

   0711_DSC02748_1
小岩駅近く地蔵通り、看板建物のウラガオが見える駐車場。商店街ウラガワは時代による増築で面白い。3軒分建物がくっついた感じの多様な表情。手前は赤と黄色ペイントの塀、背景は高層に囲まれるエリア。(住所:東京都江戸川区南小岩7丁目26−8近辺)

DSC02714_1
小岩駅南口から放射状に広がる商店街の一つ、昭和通り商店街。駅と反対側のいわゆる出口は変形五差路になっている。この出口門と黄色いテント建物の姿がいい。

DSC02709_1

DSC02721_1
(住所:東京都江戸川区南小岩8丁目26−1近辺)

DSC02696_1
新中川の土手沿いの幼稚園、アスレチック遊具。河川土手と園庭の広がりのなかで、背が高い屋根付き建物にドカン滑り台。環境のなかでの立ち姿がいい。

DSC02677_1
(住所:東京都江戸川区松本2丁目近辺)

0110_DSC06706_1
斜めに走る今井街道、中川近くのほうに六差路がある。ここに残された建物がなかなかユニーク。昭和5年建設の洋館造りの今井医院、看板建築の宮万商店、花屋たちばなや、古民家の花屋たちばなや。それぞれの文化が香る幅広な交差点。

0110_DSC06689_1

0110_DSC06699_1

0110_DSC06704_1

0110_DSC06701_1
(住所:東京都江戸川区西小松川町26−1近辺)

DSC06797_1
小松川境川親水公園脇のトタン工場、立ち姿がいい。正面トタンのブルーラインも気になる。緑道植栽越しの景色もいい。

DSC06800_1

DSC06795_1
(住所:東京都江戸川区松島1丁目33−14近辺)

0103_DSC06775_1
小松川境川親水公園が境川橋を斜めに潜るところ。橋が白く塗装されて、斜めにいろいろなものが衝突している感じだ。潜るところが低く、川の水になった気分になれる。

0103_DSC06773_1

0103_DSC06777_1
(住所:東京都江戸川区松島1丁目32−20 近辺)

DSC06829_1
小松川境川親水公園、江戸川区の数ある親水公園の中でも長いだけじゃなく、水路護岸の美しさは散歩だけでも楽しい。なかでも遊具、オブジェが凄い。水路にはいる滑り台、木製の船、岩の塊のような噴水と。これだけのものはあまりない。それぞれ昔の状態を残している橋もなかなか面白い。

DSC06808_1

 
  DSC06816_1

1230_DSC06763_1

1230_DSC06859_1
(住所:東京都江戸川区中央4丁目11−4 近辺)

DSC06819_1
小松川境川親水公園、江戸川区の数ある親水公園の中でも長いだけじゃなく、水路護岸の美しさは散歩だけでも楽しい。

DSC06753_1

      DSC06824_1

1230_DSC06745_1

      1230_DSC06836_1
(住所:東京都江戸川区松島1丁目37−1近辺)

1223_DSC06839_1
小松川境川親水公園が分かれるところにあるV字路。親水公園につながりY字路になるところ。真ん中には残地に樹木が立ち、V字路建物と左右の建物も路地に面していて壁面のズレが左右に見えていい表情。

1223_DSC06847_1
(住所:東京都江戸川区本一色1丁目2−1近辺)

DSC06712_1
江戸川区西小松川町26と27の間、おそらくは暗渠。その細暗渠道を西から入って東に抜ける。その出口、中間、入口の風景がそれぞれ違う。出口は赤い増築建物と暗渠細道の対比がいい。中間は緑のトンネルに豊かな色合い、入口は右側に塀か橋跡なのかわからない石積み。地盤のせいか少し斜め。

      DSC06709_1

DSC06708_1
(住所:東京都江戸川区西小松川町26−13近辺)

1217_DSC06727_1

1217_DSC06680_1
あまり見たことがないタイプだと思っていたら、2019年12月1日開通の小松川ジャンクション。単純な十字交差でもあとから増設合流なので片側が妙に高い。複数の緩やかなスロープの塊が、船のような線の流れに見える。

1217_DSC06664_1

1217_DSC06743_1
(住所:東京都江戸川区西小松川町16−2近辺)

1210_DSC06641_1
少し斜めに狭まるガードの構造部材、そこにあとから繋がる感じの歩道橋。両方とも青い塗装にオレンジ黄色の街灯が豊かに絡む。美しい構造部材と豊かな街灯色。ここガードも反対側の歩道橋の絡みも面白い。
      1210_DSC06684_1

1210_DSC06639_1
(住所:東京都江戸川区小松川3丁目13-1近辺)

1208_DSC06632_1
平井浅間神社、旧逆井村の富士塚。周囲を駐車場に囲まれたために、富士塚のカタチ、シルエットが綺麗に見える。旧中川越しのビル灯りで浮かんでいるかのよう。頂上の祠は背後のビル群と不思議な融合。

1208_DSC06620_1

1208_DSC06622_1

1208_DSC06634_1

1208_DSC06626_1
(住所:東京都江戸川区平井3丁目2−2近辺)

0617_101_0425_1
新川の横、比較的開けたところに面する家。植栽スペース、なんの植物だろうか、円形状に広がる葉っぱ。スポットライトでさらに広がる、影が拡張している。スポットで照らす植栽は難しいなか、これはこれで成功している感じだ。(住所:東京都江戸川区東葛西1丁目14−3近辺)

0611_101_0413_1
東京23区唯一の自然島という妙見島。防波堤に囲まれて幾つかの会社があるだけで、島の中では旧江戸川に浮かぶ島とは感じられない。川の護岸上から見る島の北側先端部分。ここからは船のように横たわる島の姿みえる。(住所:東京都江戸川区東葛西3丁目17−1近辺)

0610_101_0489_01
水上バスの船着き場かと思った、後で調べるとどうやら屋形船の船宿あみ達の船着き倉庫スペースといったところか。対岸から水辺の低いところに屋根と柱、中にプレハブ倉庫や、工具などが見える。高さの関係で防波堤上の町並みと連続しているように見える。

0610_101_0488_1
(住所:東京都江戸川区西瑞江4丁目11−53近辺)

0607_101_0374_01
東葛西の長島香取神社の境内から、隣の東善寺本堂の壁。夜は光っている街灯がうつるのは珍しい。本堂真壁のグリットと大木に葉、街灯、墓のシャドーが虚実が混じる切り絵のようだ。(住所:東京都江戸川区東葛西2丁目34−20近辺)

101_0463_1
新中川が旧江戸川に繋がる手前の水門「今井水門」。工事中で赤と青の信号光が美しい。ここ水門と合流地点の間にも瑞江大橋があり、水門が正面に見え、上流方向の遠景がきれいに見える。

0606_0606_101_0461_1
(住所:東京都江戸川区江戸川4丁目8-20近辺)

   DSC01595_01
小岩駅南口、放射状に広がる商店街で、おそらく一番古いタイプの商店街、サンロード。ゲートもキラキラだし、歩道の幅が狭く、通路屋根も特徴的。区役所の方まで続く通りで、屋根のタイプはいろいろ変わって面白い。

DSC01697_1

      DSC01698_1

DSC01695_1

DSC01594_1
(住所:東京都江戸川区南小岩7丁目26-19近辺)

↑このページのトップヘ