夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 江戸川区

0425_DSC00577_1
江戸川の篠崎水門から北を見る。川が蛇行していた左側は江戸川区の土手がなれて京葉道路の江戸川大橋、そして右側が千葉県市川市。2つのタワマンが総武線の市川駅前。街灯の灯りが水面に伸びて、河というよりも湖みたいだ。(住所:東京都江戸川区東篠崎1丁目11-1近辺)

     0424_DSC00563_1
江戸川と旧江戸川の分岐にある篠崎水門、その横にある「江戸川河川事務所 江戸川河口出張所」。鉄塔と事務所なんだけど、どうも基地にしか見えない。いろいろな計器類もみえて、いった何しているのか。(住所:東京都江戸川区東篠崎1丁目11-1近辺)

0415_DSC00580_1
江戸川と旧江戸川の間にある篠崎水門。住所を調べていてビックリ、ここは途中で東京都江戸川区と千葉県市川市の区市境界未定地だった。確かに地図で途中から境の線が消える。水門の塔の連続、光の微妙な違いの連続がカッコいい。

0415_DSC00597_1

0415_DSC00569_1

0415_DSC00566_1
(住所:東京都江戸川区東篠崎1丁目11-1近辺)

0415_DSC00551_1
江戸川と旧江戸川の間にある篠崎閘門。閘門とは水量を調節して船舶を昇降させる2つの対の門。これほど機能と境界がカタチに現れるものもない。そしてランドマークになる。

0415_DSC00587_1

      0415_DSC00584_1

0415_DSC00583_1
(住所:東京都江戸川区東篠崎1丁目11-1近辺)

DSC00548_1
脇にある土手のサクラも美しかったこの日。

   0408_DSC00473_1

0408_DSC00479_1
古くは小合溜井(現在の都立水元公園内)を水源、長かった東井掘の用水路。途中のから親水緑道、その始まりが円形の噴水。途中の段差分水もオモシロイし、歩く緑道部分と水路と植栽の3層構成が蛇行しながら、いい緑道で散歩に最適である。桜も綺麗な時期でした。

0408_DSC00483_1

      0408_DSC00486_1

DSC00497_01

0408_DSC00502_1
(住所:東京都江戸川区南篠崎町3丁目27−5近辺)

      0407_DSC00512_1
江戸川区に20近くある親水緑道のなかで、花見では1,2の感じな篠田堀親水緑道。それでもこのあたりだと夜の花見はまだまだ数グループで、混んでいなくて散歩にもいい。数年で一杯になりそうだが。

      0407_DSC00517_1

0407_DSC00509_1

0407_DSC00505_1

0407_DSC00504_1
(住所:東京都江戸川区東篠崎2丁目3−2近辺)

      1028_DSC01382_1
新小岩駅前からのびるルミエールのアーケード街。明るい照明だが一本脇道に入ったほうがいい雰囲気の路地がある。暗い路地から段々明るくなり、色々な看板があるこの路地通りはいい風情をしている。

1028_DSC01364_1
(住所:東京都江戸川区松島3丁目15-8近辺)

1028_DSC01366_1
松島3丁目には丸健カフェー街があったが、今はほとんどわからない。その一角のようなスナック街の路地。こんな細いところでも抜けられる。面する2つの店構えもいいが、右手前の新築建物が下がって見える風景だった。

      1028_DSC01368_1

      1028_DSC01372_1

1028_DSC01375_1
(住所:東京都江戸川区松島3丁目15−2近辺)

1025_DSC02153_1
船堀稲荷神社の脇にある船堀西児童遊園。その片隅にある水神社。川の近くによくある神社。横の路地から参道が横から見える。水神社参道のうしろに児童公園遊具、船堀稲荷神社、背後にビルの風景が興味深い。(住所:東京都江戸川区船堀1丁目1-6近辺)

1025_DSC01346_1
元は自転車屋だったようだが、今は違う使い方みたいだ。ルミエールのアーケード街は古い建物がどんどん少なくなっている。オレンジ色の色塗りはさておき、カタチは角に立つ多角形の看板建築。脇道のほうから高さが三段かわる動きがある。

1025_DSC01351_1

1025_DSC01350_1
(住所:東京都江戸川区松島3丁目14−8近辺)

      1023_DSC01393_1
新小岩駅前からのびるアーケード街「ルミエール」。終わりのほうは江戸川区にある。アーケード末端と路地、ちょうどここから雰囲気が変わるところでもある。こちら側の路地は丁度、区の境界でもある。エッジや境界はそうみるとオモシロイ。

1023_DSC01407_1
(住所:東京都江戸川区松島3丁目40−1近辺)

1020_DSC02118_1
荒川と旧中川を結ぶ閘門(こうもん)の荒川ロックゲート。両側が階段型護岸は観客席になっていて、いい感じの公園にもなっている。しかし夜は入れず眺めるだけだった。(住所:東京都江戸川区小松川1丁目2近辺)

DSC06563_1
中華屋さんの階段のよう、もともとは外部階段だったのを囲ったようだが、形態も含めて不思議な形であり、そのほかの立体構成も不思議。光の具合でもあるが、少しウネリまで出てきている感じの形態。

DSC06566_1
(住所:東京都江戸川区平井3丁目27-13近辺)

0818_DSC06550_1
小さな建物があった、2階建てだけどほとんど1.5層くらいの仕事場か倉庫みたいだ。少ない要素がモダンにつまっている。左側からみるとY字路になっていていい感じの風情だ。三角部分の赤いポストがきいている。

0818_DSC06551_1
(住所:東京都江戸川区平井6丁目13−14近辺)

0818_DSC06537_1
装飾テントが取れてしまった、看板平屋建築。看板部分のアルミ金属板が建て並びに美しさを感じる。その下のジルに縦横線のキチッとしたデザインの理容室。

0818_DSC06538_1
(住所:東京都江戸川区平井6丁目16 -5近辺)

0817_DSC06561_1
平井駅に限らず、江戸川区の駅前にある鉄仮面型の自転車地下置き場入口。どういった経緯で江戸川区の駅に多いかはわからないが、ロータリー広場においてあり、邪魔にもならず、いいデザインな感じがする。(住所: 東京都江戸川区平井3丁目30−2近辺)

0815_DSC06570_1
平井駅南側、少し行ったところに古い建物、商店街エリアがある。そこにあるY字路、右側の通りが少し曲がって流れていゆく。その曲りに沿って建物壁面も曲がってゆく。正面建物の角のバルコニーに勝手口扉も正面性的要素。(住所:東京都江戸川区平井3丁目27−13近辺)

0805_DSC06534_1
ほどよいスケールの旧中川に架かる平井橋。すぐわきに架構スタイルが違う、水道橋が2つ。この3つの並びがここの景観をつくる。水道橋の柱脚は2段の架台のようだ。水位の上下にあわせてか?と勘繰りたくなるが、武骨ながらカッコいい。

0805_DSC06535_1

0805_DSC06533_1
(住所:東京都江戸川区平井6丁目17-11近辺)

   0803_DSC06543_1
小さな富士塚ながら、照明の光が鳥居手前と向うで色が違い、なかなか不気味な色合いな平井の富士塚。併設の平井諏訪神社の光具合も美しい。

0803_DSC06549_1

0803_DSC06548_1
(住所:東京都江戸川区平井6丁目17-37近辺)

↑このページのトップヘ