夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 葛飾区 

0912_DSC03830_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。川の手通りと平行しながら蛇行する西井堀跡の道。残るトタン工場や木造建物と塀の様相も堀跡に向かって顔をむけているエリア、なかなかいい川景観。

0912_DSC03833_1

0912_DSC03832_1

0912_DSC03836_1
(住所:東京都葛飾区堀切5丁目24−11近辺)

DSC03712_1
川の手通りと平和橋通りの交差点、北東角の商店街の中通路が面白い。おそらく西井堀跡の絡みでで不思議な配置になったエリア。建物も水路脇ぽい作り方で、はね出しや斜め部分がある。交差点から遠い方からの建物や水路跡風景もいい。

DSC03726_1

DSC03723_1

DSC03824_1
(住所:東京都葛飾区堀切5丁目23−8近辺)

     0711_DSC03695_1
堀切菖蒲園駅近く、川の手通りに面する商店長屋群。北側の平和橋通りの方も面白い。脇道には地面に橋跡と手摺、使われていないスペースもあり、最北は西井堀の蓋暗渠と進入禁止ポールとなる。

0711_DSC03690_1

      0711_DSC03688_1

0711_DSC03705_1

0711_DSC03696_1

      0711_DSC03708_1
(住所:東京都葛飾区堀切5丁目5−1近辺)

   DSC03655_1
堀切菖蒲園駅近く、川の手通りに面する商店長屋群の脇道が凄い。西井堀跡の上に縞鋼板(チェッカープレート)、並びには建物も建っている。向こうの家の雰囲気も凄い。

     DSC03653_1

      DSC03676_1

      DSC03644_1

DSC03684_1
(住所:東京都葛飾区堀切5丁目3−2近辺)

DSC03603_1
堀切菖蒲園駅近く、川の手通りに面する商店長屋群。表は連なる感じ、裏側は西井堀暗渠も絡み、橋の入り口、脇道とバラック感あふれ、路地としてもいい。途中で裏通りは行き止まりになる。

DSC03682_1

DSC03663_1

DSC03660_1

      DSC03657_1

      DSC03656_1
(住所:東京都葛飾区堀切5丁目4−1近辺)

0628_DSC03635_1
堀切菖蒲園駅近くの西井堀暗渠の元宮橋、北側の暗渠上長屋に目を奪われがちだが、南側の建物も凄い。お魚屋さんの裏側、かつての用水路に向いた柱方杖え構造の箱、はね出し。河川や土手、地盤の悪いところの建て方。かつての水景がみえてくるようだ。

0628_DSC03665_1

0628_DSC03637_1
(住所:東京都葛飾区堀切5丁目1−5近辺)

0628_DSC03666_1
堀切菖蒲園駅近くの西井堀暗渠の元宮橋、長屋店舗群の横に片側に欄干が残る。道路にも橋の跡があり、この長屋は半分は堀上に建っている。増築ぽい形態建つ姿も水路景観としてもいい。

0628_DSC03609_1

0628_DSC03672_1

0628_DSC03614_1
(住所:東京都葛飾区堀切5丁目3−1近辺)

0625_DSC03768_1
三角街区の抜け道みたいな水路跡道。道路工事跡かと思うような黒いアスファルト、対比的な白いタイル道。どうも前からで所有の問題で素材が違う。細道ながら幾つかの段階の境界があり豊か道。

0625_DSC03769_1

0625_DSC03779_1

0625_DSC03793_1
(住所:東京都葛飾区堀切2丁目56−2近辺)

DSC03798_1
堀切菖蒲園駅から少し離れたラッキー通り。交差点の手前にある水路跡通りとの交差。看板も面白いラッキー通り、そこからの水路跡Y字路の出会い方もいい。

   DSC03796_1

DSC03803_1
(住所:東京都葛飾区堀切2丁目56−1近辺)

0619_DSC03597_1
堀切4丁目にある水路跡道、両側に鉄網製作所がある。建物の周囲を青いトタンで囲み、屋根は仮設パイクと面白い。青いトタン外壁に赤茶色の扉や引き戸の構成もいい。

0619_DSC03593_1

0619_DSC03594_1

0619_DSC03592_1

0619_DSC03595_1
(住所:東京都葛飾区堀切4丁目61−21近辺)

DSC03584_1
堀切4丁目綾瀬川から堀切菖蒲園駅方面にある水路跡道。自然な蛇行が残る通り。その先に進入禁止ポールがあり、お寺と学校の間の細道へ。ぬけた先にも魅力的なとトタン倉庫が。

DSC03585_1

DSC03589_1
(住所:東京都葛飾区堀切4丁目61−21近辺)

      0530_DSC03879_1
蛇行しながら川の手通りについたり離れたりする西井掘の暗渠道。その暗渠道がメインアプローチの吉野湯。玄関のスケールが暗渠道街並みによくあう。川の手通りとの間の長屋隙間からも、看板があって正面アプローチできる。

0530_DSC03877_1

0530_DSC03883_1

0530_DSC03872_1
(住所:東京都葛飾区堀切6丁目33−5近辺)

DSC03754_1
京成本線の堀切菖蒲園駅、入口は西側道路にあるだけで、ガードサイドは土手上にホームがたつ。二つのトンネルがあり南北へ、黄色いトンネルが綺麗だ。周囲に閉じた感じだけど、土手上に独立して建ち、直線に伸びるデザインと緑化と面白い表情。

DSC03749_1

DSC03616_1

DSC03757_1

DSC03813_1
(住所:東京都葛飾区堀切3丁目8−7近辺)

0522_DSC03941_1
街角のマンションの1階店舗のコーナー、黄色い花。何の花かわからないが、背景の深い青色の釉薬タイルが黄金色に反射していて、凄い雰囲気になっている。

0522_DSC03939_1
(住所:東京都葛飾区小菅4丁目14−13近辺)

0511_DSC00873_1
一直線に伸びる千代田通り商店街。統一された看板デザインで繋がる。時短で閉まるのが早いが、真ん中あたりの食品店舗灯りがいい。路面にせり出す感じもいい雰囲気。北側にもあるゲートは江戸川区に入る。

0511_DSC00884_1

0511_DSC00887_1

0511_DSC00889_1

0511_DSC00898_1
(住所:東京都葛飾区鎌倉4丁目34−6近辺)

0511_DSC00862_1
通りの一部は江戸川区に入る、葛飾区の千代田通り商店街。統一テント上の看板ラインが繋がっている商店街。時短で閉まるのが早く食品関係以外灯りがないが、なかなかいい表情。テントの出し入れで境界も変わり面白い。

0511_DSC00868_1

0511_DSC00869_1

0511_DSC00879_1

0511_DSC00864_1
(住所:東京都葛飾区鎌倉4丁目39−2近辺)

DSC00934_1
畑の横にある建物、表は畳屋と書いてあったが、裏側の様相はまるで秘密基地だ。赤や青のトタン増築がそうさせるのか、箱がズレながら構成された感じがそう見えるのか。

   DSC00939_1

   DSC00943_1

DSC00932_1
(住所:東京都葛飾区鎌倉4丁目8−11近辺)

DSC00912_1
柴又街道に残る建物、街角のスナックだったような飲食店。テントに看板がある看板建築群や長屋店舗がポツポツと、かつて繁栄していた街道筋の雰囲気がのこる。

DSC00952_1

DSC00956_1
(住所:東京都葛飾区鎌倉3丁目48−7近辺)

0414_DSC00948_1
柴又街道の脇道から看板建築をみる。街道街並みのアイストップになっている。柴又街道は今は閉まっているところ多いシャッター商店街のようだが、いい雰囲気をもった街道筋。

0414_DSC00949_1

0414_DSC00953_1
(住所:東京都葛飾区鎌倉3丁目54−10近辺)

0319_DSC00913_1
柴又街道の変形五差路のY字路部分。白い建物の前に町内会の倉庫みたいな建物、その前に進入禁止ポール。三段階の高さの鋭角カド。(住所:東京都葛飾区鎌倉3丁目54−8近辺)

↑このページのトップヘ