夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 大田区 

0418_DSC00376_1
角地に建ち、2方向の看板建築「パーマアミー」。謎なのがバッテンレリーフと、黒い渦マーク、パーマアミ―の文字。後からのようだけど面白い生かし方。

0418_DSC00374_1

      0418_DSC00381_1
(住所:東京都大田区東糀谷4丁目10-20近辺)

DSC00397_1
数え方にもよるが、写真左側奥より五軒、四軒、四軒、八軒と長屋が続く。産業道路に面する合計21軒長屋だ。しかも個々がバラバラな感じながらどこか似ているところが面白い。ウラガワの通りも凄い。東京23区でも周辺は凄いものが残っている。

DSC00394_1

   DSC00399_1

DSC00400_1

DSC00395_1
(住所:東京都大田区大森南1丁目15−10近辺)

0410_D0SC00333_1
左右違う道なのにどこか相似形になっているY字路。建物がそうさせているのか。さらに左側の植栽が凄く長い。細い余った場所に植栽の鉢で流れをつくる。

   0410_DSC00341_1

0410_DSC00337_1

      0410_DSC00339_1
(住所:東京都大田区西糀谷1丁目11-16近辺)

   0409_DSC00356_1
糀谷のおいで通りに面する理容ハセ川。1階の壁が円弧がある看板建築で、少し下がって2階部分がたっている。文字も消え始めて日々もある看板部分がなんとも言えない質感になっている。

0409_DSC00361_1
(住所:東京都大田区西糀谷4丁目4-24近辺)

0407_DSC00331_1
京急蒲田駅から商店街をいった先にある五差路のY字路部分。多角形な建物で鈍角なY字路にみえる。手前の歩道白線もいい感じな関係。(住所:東京都大田区南蒲田1丁目3−9近辺)

0405_DSC00353_1
ギャンブレ屋根の変形と思ったら、むしろ半切妻屋根の変形、どちらにしても左右袖壁部分の折れ曲がり屋根が特徴、中華料理屋の朋友。1階の凹み部分と開口の模様、看板もオモシロイ。

0405_DSC00352_1

0405_DSC00355_1
(住所:東京都大田区西糀谷1丁目19−2近辺)

DSC00368_1
高架の糀谷駅あたりから、糀谷商店街のゲート、環八、ゲート、そして続く商店街を見る。ゲートもいいが、向こうの個々の街灯が浮いている感じで、美しい商店街。幾つもの層の空間が重なる。

DSC00369_1

DSC00364_1
(住所:東京都大田区西糀谷4丁目13−18近辺)

   0401_DSC00450_1
どうしたのか、と言う感じの色使い。ところが周囲の色がなくなる夜は、いい感じになる、内川にかかる内川橋。ちょうど桜も咲いて華やかが協調していた。

   0401_DSC00453_1

0401_DSC00457_1

      0401_DSC00458_1
(住所:東京都大田区大森東2丁目2−11近辺)

   0309_DSC07647_1
等々力崖線の岬に立つ、多摩川浅間神社。4層の建物がはまっている。最上階には社殿が建っている。一番上はやはり気持ちがいい。建物上が最上から少し上がるテラスになっていて、その先の借景が美しい。

0309_DSC07639_1

0309_DSC07640_1

0309_DSC07649_1
(住所:東京都大田区田園調布1丁目55−12)


0309_DSC07621_1
等々力崖線の岬に立つ、多摩川浅間神社。地形段差に4層の建物がはまっている。下からは鳥居参道が見上げられる。途中階の中間テラスからの多摩川、その先の武蔵小杉ビル群が美しい。

0309_地形01

DSC07634_1

DSC07664_1
(住所:東京都大田区田園調布1丁目55−12)

      1228_DSC04282_1
大田区羽田3丁目、6丁目にのこる路地。漁港町のなごりか、それぞれおおしろい。道なのか通路なのか、私道なのか、通れるか悩みながら。

      1228_DSC04289_1

      1228_DSC04304_1

      1228_DSC04313_1
(住所:東京都大田区羽田3丁目、6丁目近辺)

1227_DSC04208_1
内側の高さが下がる、堤防高さが段々と上がっているのかもしれない。段差、高低差がある風景はオモシロイ。そのなかでも鉄骨階段がならぶ堤防風景はとてもいい。

1227_DSC04200_1
その先の高低差風景もいい。

1227_DSC04202_1
(住所:東京都大田区羽田6丁目12−8近辺)

1227_DSC04209_1
もうなくなったと思っていたが、多摩川の船泊建物。船がある風景だけじゃなくて、増殖していく船泊建物のバラックぶりがカッコいい。後ろの風景とのギャップもある。

1227_DSC04211_1
(住所:東京都大田区羽田6丁目33−6近辺)

1226_DSC04356_1

1枚に絶対収まらないと思っていたら、なんとか入る七差路「東六郷の七辻交差点」。1917年に始まった耕地整理により七辻になった交差点。7方向から撮っていると、それなりスピードで自転車が交差点を突っ切ってゆく。地元の人はなれているみたいだ。

1226_DSC04381_1

1226_DSC04332_1

1226_DSC04335_1

1226_DSC04341_1
(住所:東京都大田区東六郷1丁目16−10近辺)

      1223_DSC04234_1
羽田3、6丁目に残る旧レンガ堤のある通り。階段がついていたり、さまざまな痕跡がオモシロイ。うねる堤の曲線が昔の海岸線、壁があるこで不思議な領域や使い方を生んでいる。

1223_DSC04239_1

1223_DSC04227_1

      1223_DSC04268_1

1223_DSC04215_1
(住所:東京都大田区羽田3丁目35−4近辺)

     1220_DSC04191_1
多摩川と海老取川の合流地突端から川に飛び出る「五十間鼻無縁仏堂」。高さある護岸を上がって下がり、一直線のブリッチのアプローチ。

1220_DSC04180_1

1220_DSC04188_1

1220_DSC04194_1
(住所:東京都大田区羽田6丁目11−5近辺)


1220_DSC04185_1
その反対側の堤防風景、鳥居もある。

↑このページのトップヘ