夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 大田区 

DSC03670_1
中央5丁目のスリバチ地形を望む坂道。両側に部分的に階段が残る、どこか不思議な一直線の坂道。手摺の線も一直線に下る視線を強調していて、美しい。(住所:東京都大田区中央5丁目26−4近辺)

DSC03676_1
荏原台の先端で斜面がみえる太田神社境内。右側はずっと低地が広がる。参道階段は緑が多くみえずらい、隙間から見える広大な景色。

DSC03678_1

      DSC03677_1

      DSC03686_1

太田神社_01
(住所:東京都大田区中央6丁目3−24近辺)

     DSC03620_1
東馬込2丁目になある、クランク路地の真ん中が斜めの階段路地。蛇行していて隣接する建物、路地植栽もいい感じ。近くのビル看板の青色を拾う、どこか集落的路地だが、不思議なライトアップ。

      DSC03609_1

      DSC03611_1
(住所:東京都大田区東馬込2丁目18-17近辺)

0821_DSC03591_01

0821_DSC03588_1
複雑な谷間がある、下末吉面の荏原台に位置する堂寺児童公園。ここからの景色はいい。児童公園には珍しく登るがけ地もあって最上部にあまり手摺がない。手前の凹みから前方の地形を囲むような。
0821_DSC03528_1

0821_DSC03534_1

0821_DSC03583_1

0821_堂寺児童公園_1
(住所:東京都大田区東馬込1丁目43−16近辺)

0820_DSC03695_1
駅舎やホームがどんどん改築されるなか、大森駅ホームはまだ木造だった。ちょうど、日本考古学発祥の地の碑の土器オブジェがあり、入れて撮る。架構も洋小屋で柱と梁の接合ぶは方杖えの構造。(住所:東京都大田区大森北1丁目6−16近辺)

   0819_DSC03573_1
台地ならびにいい階段が幾つかあるところ。ここはやや幅広で、踊り場なしの急勾配が特徴。進入禁止、注意ポールもある。そして街灯位置との関係で影が綺麗に落ちる。通常自分の影が映るところは撮らないが、なんかいい感じの影になった階段。

0819_DSC03564_1

      0819_DSC03562_1

0819_DSC03569_1
(住所:東京都大田区東馬込1丁目41−6近辺)

0816_DSC03641_01
南馬込でみつけた古いマンション。外側に飛び出た階段がいいデザイン、どうも少しアールになっている。一番上の柱照明が消えていたが柱梁が十字に綺麗にみえる照明。半階上りの真ん中階段もいい。(住所:東京都大田区南馬込4丁目近辺)

0811_DSC03475_01
幹線道路の立体交差で日本最初、環状七号線と第二京浜国道の松原橋ジャンクション。1940年完成という古さのわりに、繋ぐ円形スロープが幅もあり、わりと自然な感じで収まっている。円形スロープの残地も森のような植栽。片側で絡むI+Y字型横断歩道橋とも融合している。

0811_DSC03466_01

0811_DSC03456_01

0811_DSC03463_01
(住所:東京都大田区北馬込2丁目30−3)

      0810_DSC03544_1
東馬込1丁目の谷間、ここの階段風景素晴らしい。程よい空間の谷間住宅地の向こうの対岸、品川区西大井の岬地形には如来寺がたつ。屋根がいい感じの借景に。

0810_DSC03536_1

      0810_DSC03546_1

0810_東馬込1_1
(住所:東京都大田区東馬込1丁目43−5近辺)

0808_DSC03620_1
交差点のY字路部分だが、その先の信号機の赤い光があたり、Y字路建物が輝く。よく見るとどこからかの青い光も混じる、街灯りの面白さがここに。(住所:東京都大田区南馬込4丁目8−3近辺)

      1107_DSC05460_1
山王厳島神社の弁天池へと降りてゆく階段。曲って先が見えないが谷間を感じられるいい風景。階段道と周辺建物関係も面白く、右側のアパート通路は2階からもアプローチできる。段差のあるところの空中通路は面白い。
      1107_DSC05463_1

      1107_DSC05457_1

      1107_DSC05455_1

      1107_DSC05456_1

      1107_DSC05459_1
(住所:東京都大田区山王4丁目23−1近辺)

      1024_DSC05467_1
緑が被さる細坂道を下る、その先の左側に谷間、谷頭風景が広がる。この谷頭、谷間にの左先に厳島神社の弁天池があるところ。狭いところか広がる谷頭、谷間風景はいい。

1024_DSC05465_1

      1024_DSC05468_1
(住所:東京都大田区山王4丁目30-10近辺)

      1019_DSC05474_1
高低差があり、4段階で降りてゆく階段。手前の踊り場長く、省いて切り取ったほうが階段の谷間風景が美しく見える。それにしても一番上から少しはなれた向こうの住宅地風景は、絶壁に落ちてゆく階段を感じさせる。

1019_DSC05471_1

     1019_DSC05473_1
(住所:東京都大田区山王4丁目21−1近辺)

      1017_DSC05475_1
山王の木原山と呼ばれる台地突端にたつ熊野神社。参道を上から見下げる、緑が多く隙間から見える街灯りが、あまり見えないのがかえって綺麗な段差風景。(住所:東京都大田区山王3丁目43−11近辺)

      0807_DSC02974_1
放射状の田園調布の街、西側にある宝来公園谷へ降りる階段。この周辺の階段の特徴を表す。落下防止のポール、三角階段、伸びる道の先の住宅街と緑。階段は古い感じだけど周辺がきっちりした住宅街。

      0807_DSC02979_1

      0807_DSC02980_1
(住所: 東京都大田区田園調布3丁目47近辺)

DSC02997_1
多摩川台公園、スリバチ状の植物園とテラス庭園の間のブリッチ。光の関係で影が複数、先の真ん中大木の影ともあいまって面白い。少しトリックアート的でもある。テラス庭園、大木、ブリッチ、植物園の向こうに古墳がみえるところ。

DSC02995_1

DSC03002_1
(住所:東京都大田区田園調布1丁目63-1)

DSC02992‗1
多摩川台公園、旧調布浄水場跡につくった植物園。その名残か、一段土手状に上がって、スリバチ状に下がる水辺の世界。雨で遠景の多摩川、武蔵小杉のビル群が霞み、内的世界を作る。

DSC02988_1
(住所:東京都大田区田園調布1丁目63-1)

0802_DSC02982_1
放射状の田園調布の街、西側外周にある宝来公園の谷。台地上の空き地からいい感じで見える。反対側に見える建物の屋根とその先の多摩川台公園の古墳といい、ここならではの地形が見える。(住所:東京都大田区田園調布3丁目48-9近辺)

0801_DSC02958_1
放射状の田園調布の街、西側にある谷間。その斜面に位置する宝来公園。谷底には池があり、中之島があり神池・神島の構成をとっている。道路を挟んだ先は高級な住宅街が面する、不思議な静けさと清楚さがある公園の池。

0801_DSC02956_1

0801_DSC02955_1
(住所:東京都大田区田園調布3丁目31−1近辺)

0730_DSC02962_1
放射状の田園調布の街の外側に宝来公園の谷間がある。あまり使わない古い階段なんだろう、平面的に斜め階段、そして踏面の水平面も斜めになっている。2段階に分かれる階段、それぞれ谷間とその向こうの緑地と街並みの見え方がちがって面白い。

      0730_DSC02967_1

0730_DSC02963_1

      0730_DSC02970_1
(住所:東京都大田区田園調布3丁目46−1近辺)

↑このページのトップヘ