夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 千代田区

  0916_DSC03771_1
西神田に残る古い看板建築、開口部が面白い。2階は雨戸タイプの水平窓、1階は1.5層な高さで欄間部分の開口部が珍しい。コの字型で袖壁と庇が出ているのも美しい。

  0916_DSC03769_1
(住所:東京都千代田区西神田2丁目1近辺)

DSC03835_01
靖国神社と江戸城の田安門前堀に挟まれてある九段坂公園。かつて靖国神社にあった高燈篭(常燈明台)、かつて国会前庭北地区洋式庭園あった元帥大山巌銅像 、いづれもウラガワから先の方向をみる。光の具合か、横断歩道橋が一番美しくかがやいていた。

DSC03834_1

      DSC03836_1
(住所:東京都千代田区九段南2丁目2−18近辺)

      0815_DSC03761_1
千代田区はオレンジライト街灯が多く、夜は一変する。この村松ビルの横、消火器ポールの影が壁面に落ち、配管類絡み合って不気味な模様に見えてくる。へぎそばの字も少し怖くなる。出窓でいい感じビルも昼みると印象が違う。

0815_DSC03760_1
(住所:東京都千代田区神田三崎町2丁目11−3近辺)

0122_DSC07308_1
有楽町駅の東側、ガード脇にあるフルーツ百果園のY字路。後から出来たような柱脚の新幹線ガードがうまくはまりこんでいるが、ここのY字路は都心の面白いY字路の一つ。

0122_DSC07318_1
(住所:東京都千代田区有楽町2丁目8-4近辺)

0116_DSC07321_1
有楽町駅の隣、第2有楽町橋高架橋の角は鋭角のY字路部分になっている。高架上の電車の色、丸の内側の街の灯り、 第2有楽橋架道橋のガード下の灯りと様々な色が交差、豊かな色合いに。(住所:東京都千代田区有楽町2丁目4−5近辺)

0113_DSC07301_1
第3有楽町橋高架橋、有楽町駅中央口のところ。古いレンガアーチのコンクリ補強でコンクリ面の光が綺麗。手前の鉄骨の増築部分、幾つも色んな素材が対比する。(住所:東京都千代田区有楽町2丁目8-4近辺)

     DSC05594_1
第1有楽橋高架橋のアーチ、横の架道橋が狭いため、こちらが有楽町コンコースという飲み屋街で通路に。街灯りを拾う反射の金属外壁が、アーチ金属天井の反射光と違って対比が美しい。日比谷側と銀座側で、外壁反射光も違う色に。

DSC05600_1

DSC05566_1
(住所:東京都千代田区有楽町2丁目4−1近辺)

0420_DSC08801_1
駅前ロータリー整備が終わって、東京駅丸の内の軸が遠目からみても美しい。一つ気がついたのは、街灯の高さは一緒だから、よく見るとミチテラスの地面レベルが途中から下がっている。何かによって地形は読めることがある。

0420_DSC08800_1
(住所:東京都千代田区丸の内2丁目3-2近辺)

   0318_DSC00890_01
地上のトンネル大岡山の駅の日差しの影が美しかったのを思い出して、電車のライトの灯りと同じではと思って撮ってみた地下鉄国会議事堂前のトンネル。ライトの光が曲面壁や、レールに伸びてきて美しい。電車に迷惑にならないように気をつけて。

   0318_DSC00891_01
(住所:東京都千代田区永田町1丁目6−3 近辺)

0309_DSC08790_1
夜の天気、空の状態にもよるが、この日の皇居外苑ではココからの景色が一番良かった。手前の蛤濠が前庭園にも見え、左に坂下門、右奥に宮内庁庁舎が見える。1935年に建てられたこの宮内庁庁舎は、戦後の昭和27年から44年まで3階が仮の宮殿として使われていた。(住所: 東京都千代田区千代田1−1 近辺)

0309_DSC08796_1
少し北東にいったところ、桔梗濠からみえる巽櫓と奥に見える本丸の富士見櫓がみえる。ここが一番江戸城らしいともいえる。

      0224_DSC08488_1
内山下町橋高架橋と高速道路高架橋の間、車道のバックヤード空間がある。下がった谷間のような空間がずっと続く。ここは都市の隙間だ。歩くもよし、撮るもよしだが、少し離れて撮ると、一つの世界が撮れた感じだ。ちなみこの道が千代田区と中央区の境界。(住所:東京都千代田区内幸町1-7、中央区銀座6丁目2近辺)

      0220_DSC08742_1
赤坂の日枝神社、境内奥にある猿田彦神社の北側、裏参道階段。表に比べて少し不気味な感じなところ。旗に導かれ、樹木から見える街の姿もいい。

      0220_DSC08743_1
(住所:東京都千代田区永田町2丁目10−7近辺)

      0219_DSC08738_1
赤坂の日枝神社、境内奥にある猿田彦神社への千本鳥居の階段。夜は不思議な感じになる、登っても下っても異界への続く感じだ。階段には踊り場があるので、千本鳥居の並びも踊り場部分で不均質になる。その不均質さがさらに不思議な雰囲気を作り出す。

      0219_DSC08731_1

      0219_DSC08733_1
(住所:東京都千代田区永田町2丁目10−7近辺)

   0218_DSC08775_01
外側の高麗門(こうらいもん)と内側の渡櫓門(わたりやぐらもん)の二重構造になっている桝形門の外桜田門。(内桜田門は桔梗門のこと)。単に桜田門と言うとこの外桜田門を指す。ここ皇居マラソンで普通に人が走っているが、夜は暗い。外側の渡櫓門からは通称桜田門の警視庁がみえる。

0218_DSC08777_1
こちらは桝形型の内側から見る、渡櫓門(わたりやぐらもん)。

0218_DSC08778_1
(住所:東京都千代田区皇居外苑1-1)

0217_DSC08755_1
最近だと、デモの人の多さで出てくる国会議事堂。夜のライトアップがいがいと綺麗だった。国会開催中なので警官が多かったのですが、遠目から綺麗にとれた。少しどこかの寺院にも見える。

0217_DSC08751_1
後ろの山王坂から、上ってゆくとだんだん見えてくる姿もいい。(住所:東京都千代田区永田町1丁目1 -1近辺)

      0212_DSC08747_1
山王切通坂の風景がこんな綺麗だったとは知らなかった。坂の向うに見えるプルデンシャルタワーの立ち姿が美しく、それよりも右に横たわる、都立日比谷高校の影になった立体姿の流れが美しい。(住所:東京都千代田区永田町2丁目10−6近辺)

      1220_DSC00705_1
耐震補強で古いタイプのガードがどんどん工事中になっている第1有楽町橋高架橋。ここは煙横丁と有楽町産直飲食街を結ぶ横丁通り。提灯だらけのお店があったのだが、今は工事中。しかし実に工事中風景や天井配管がまさにガード下の影の部分がうまく出ている。

      1220_DSC00703_1
(住所:東京都千代田区有楽町2丁目1−1近辺)

      1129_DSC00682_1
有楽町の山下橋架道橋にある有楽町産直飲食街。各地方のお店がならぶガード下飲食店街、レトロ調の新しい店だったのだが、半分工事中で合板張りになっている。これがオモシロイことに良く似合っていて、ガード下ってこうじゃなきゃとどこかで思っている。

      1129_DSC00693_1

      1129_DSC00687_1
(住所:東京都千代田区有楽町2丁目1-7近辺)

DSC00346_1
神田駅から御茶ノ水駅へ曲がる中央線のガード、黒門橋高架橋。アーチ型の古いタイプで、曲がり具合がいい感じに遠くまでみえる。

DSC00345_1
(住所:東京都千代田区鍛冶町2丁目11-7近辺)

DSC00363_1
神田駅から秋葉原駅の途中にある第二柳町高架橋。ここは倉庫が多いが、柱と梁の線が綺麗な高架橋が続く。

DSC00359_1
(住所:東京都千代田区神田須田町2丁目5-2近辺)

↑このページのトップヘ