夜散歩のススメ

上野タケシがススメる夜散歩。

カテゴリ:東京都23区 >  千代田区

   0318_DSC00890_01
地上のトンネル大岡山の駅の日差しの影が美しかったのを思い出して、電車のライトの灯りと同じではと思って撮ってみた地下鉄国会議事堂前のトンネル。ライトの光が曲面壁や、レールに伸びてきて美しい。電車に迷惑にならないように気をつけて。

   0318_DSC00891_01
(住所:東京都千代田区永田町1丁目6−3 近辺)

0309_DSC08790_1
夜の天気、空の状態にもよるが、この日の皇居外苑ではココからの景色が一番良かった。手前の蛤濠が前庭園にも見え、左に坂下門、右奥に宮内庁庁舎が見える。1935年に建てられたこの宮内庁庁舎は、戦後の昭和27年から44年まで3階が仮の宮殿として使われていた。(住所: 東京都千代田区千代田1−1 近辺)

0309_DSC08796_1
少し北東にいったところ、桔梗濠からみえる巽櫓と奥に見える本丸の富士見櫓がみえる。ここが一番江戸城らしいともいえる。

      0224_DSC08488_1
内山下町橋高架橋と高速道路高架橋の間、車道のバックヤード空間がある。下がった谷間のような空間がずっと続く。ここは都市の隙間だ。歩くもよし、撮るもよしだが、少し離れて撮ると、一つの世界が撮れた感じだ。ちなみこの道が千代田区と中央区の境界。(住所:東京都千代田区内幸町1-7、中央区銀座6丁目2近辺)

      0220_DSC08742_1
赤坂の日枝神社、境内奥にある猿田彦神社の北側、裏参道階段。表に比べて少し不気味な感じなところ。旗に導かれ、樹木から見える街の姿もいい。

      0220_DSC08743_1
(住所:東京都千代田区永田町2丁目10−7近辺)

      0219_DSC08738_1
赤坂の日枝神社、境内奥にある猿田彦神社への千本鳥居の階段。夜は不思議な感じになる、登っても下っても異界への続く感じだ。階段には踊り場があるので、千本鳥居の並びも踊り場部分で不均質になる。その不均質さがさらに不思議な雰囲気を作り出す。

      0219_DSC08731_1

      0219_DSC08733_1
(住所:東京都千代田区永田町2丁目10−7近辺)

   0218_DSC08775_01
外側の高麗門(こうらいもん)と内側の渡櫓門(わたりやぐらもん)の二重構造になっている桝形門の外桜田門。(内桜田門は桔梗門のこと)。単に桜田門と言うとこの外桜田門を指す。ここ皇居マラソンで普通に人が走っているが、夜は暗い。外側の渡櫓門からは通称桜田門の警視庁がみえる。

0218_DSC08777_1
こちらは桝形型の内側から見る、渡櫓門(わたりやぐらもん)。

0218_DSC08778_1
(住所:東京都千代田区皇居外苑1-1)

0217_DSC08755_1
最近だと、デモの人の多さで出てくる国会議事堂。夜のライトアップがいがいと綺麗だった。国会開催中なので警官が多かったのですが、遠目から綺麗にとれた。少しどこかの寺院にも見える。

0217_DSC08751_1
後ろの山王坂から、上ってゆくとだんだん見えてくる姿もいい。(住所:東京都千代田区永田町1丁目1 -1近辺)

      0212_DSC08747_1
山王切通坂の風景がこんな綺麗だったとは知らなかった。坂の向うに見えるプルデンシャルタワーの立ち姿が美しく、それよりも右に横たわる、都立日比谷高校の影になった立体姿の流れが美しい。(住所:東京都千代田区永田町2丁目10−6近辺)

      1220_DSC00705_1
耐震補強で古いタイプのガード下がどんどん工事中になっている第1有楽町橋高架橋。ここは煙横丁と有楽町産直飲食街を結ぶ横丁通り。提灯だらけのお店があったのだが、今は工事中。しかし実のこの工事中風景や天井配管がまさにガード下しての影の部分がうまく出ているので、おススメです。

      1220_DSC00703_1
(住所:東京都千代田区有楽町2丁目1−1近辺)

      1129_DSC00682_1
有楽町の山下橋架道橋にある有楽町産直飲食街。各地方のお店がならぶガード下飲食店街、レトロ調の新しい店だったのだが、半分工事中で合板張りになっている。これがオモシロイことに良く似合っていて、ガード下ってこうじゃなきゃとどこかで思っている。

      1129_DSC00693_1

      1129_DSC00687_1
(住所:東京都千代田区有楽町2丁目1-7近辺)

DSC00346_1
神田駅から御茶ノ水駅へ曲がる中央線のガード、黒門橋高架橋。アーチ型の古いタイプで、曲がり具合がいい感じに遠くまでみえる。

DSC00345_1
(住所:東京都千代田区鍛冶町2丁目11-7近辺)

DSC00363_1
神田駅から秋葉原駅の途中にある第二柳町高架橋。ここは倉庫が多いが、柱と梁の線が綺麗な高架橋が続く。

DSC00359_1
(住所:東京都千代田区神田須田町2丁目5-2近辺)

      1102_DSC00668_1
新橋駅と有楽町駅の間のガード下「内山下町橋高架橋」。アーチ型の高架橋でこのあたりは続々と耐震補強で店が閉店している。オレンジ色のライトもあるが、こんな都心真ん中なのに、かなり昔にタイムスリップした感じの雰囲気がでている。

1102_DSC00666_1
(住所: 東京都千代田区内幸町1丁目7−8近辺) 

     1027_DSC00376_1
秋葉原駅西側の総武線ガードの御成街道架道橋、そのさらに西側にある架道橋。名前がわからないが、ここカッコイイ。アーチ型だが柱から片持ち張りが出ていて、真ん中は別部材。その接合部がカッコイイ。おそらくはピンローラーの接合だろうけど、マシーンチックな接合部だ。(住所:東京都千代田区外神田1丁目4-4-11近辺)

1023_DSC00296_1
もうすぐ耐震補強で壊されるガード下の今川小路。低いガード下に2階建ての店舗群。1階と2階の高さ比率があまり見たことない感じ。2階が高いというより1階が低い。雨のよけの庇の高さも関係しているか。

1023_DSC00302_1

   1023_DSC00299_1

   1021_DSC00307_1

  1021_DSC00311_1
(住所:東京都中央区日本橋本石町4丁目2−8近辺)

   1021_DSC00281_1
もうすぐ耐震補強で壊されるガード下の今川小路にある建物。やはり斜めガードと建物、路地の関係が素晴らしい。この不思議なマッチングはなくなる前に。

   1021_DSC00326_01

   1021_DSC00277_1

1021_DSC00292_1

     1021_DSC00274_1

   1021_DSC00331_1
(住所:東京都千代田区鍛冶町1丁目1−10近辺)

      1016_DSC00335_1
もうすぐ耐震補強で壊されるガード下の今川小路にある建物。まずは今川小路に入るアプローチ。ガードサイドのアプローチ空間もなかなか。雨が降り水溜りに看板がうつる。

      1016_DSC00337_1
(住所:東京都千代田区内神田3丁目1-6近郊)

      1017_DSC00280_1
少し離れ遠くから見る。ここはガード下(白幡橋架道橋)なのが良くわかる。さらにこの通りは龍閑川暗渠で中央区と千代田区の境目。幾つものオモシロイ要素が重なるところ。

      1017_DSC00262_1
(住所:東京都中央区日本橋本石町4丁目2−8近辺)

   1015_DSC00372_1
線路が十字路で立体交差する秋葉原なので、正面がどちらかもわからないので、とりあえずヨコガオとしたが、剥き出しになったこの面、カッコイイ。昔の秋葉の姿がここに露出。

1015_DSC00374_1
(住所: 東京都千代田区外神田1丁目15-9近辺)

   0315_DSC05824_1
有楽町の山下橋架道橋にある有楽町産直飲食街。各地方のお店がならぶガード下飲食店街。路地奥の多くの提灯と配管類が共演している。

      0315_DSC05815_1

   0315_DSC05813_1
(住所:東京都千代田区有楽町2丁目1-7近辺)

  0306_DSC05839_1
有楽町のガード下第1有楽町橋高架橋の「けむり横丁」。排気設備など貧弱なためアーチトンネルの煙が充満するのでけむり横丁。その真ん中に吹き抜けみたいところがある。正確に言うともともとは奥のガードがあり、手前はその後の増設路線。その間の空間には表札や街灯も外部にあるもの。少しタイムスリップできるところでもある。

0306_DSC05862_1


  0306_DSC05850_1
(住所:東京都千代田区有楽町2丁目1−10近辺)

↑このページのトップヘ