夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 北区  

     1104_DSC08042_1
十字型歩道橋の溝田橋交差点の横断歩道橋。4つの階段のうちの一つがエグイことになっている。一つの踊り場に2つ階段で降りて、さらに地上に分かれて降りる。それぞれが曲面で、洋館の踊り場階段のようになっている。(住所:東京都北区豊島2丁目1−2近辺)

1103_DSC08346_1
赤羽台に立つ赤羽団地からみる、赤羽西の谷間。こちら側、団地側の手摺の曲面の流れが綺麗で、谷間の空間を包み込む。向こうの台地の斜面住宅もほどいいスケール、右側に流れていく感じの地形だ。(住所:東京都北区赤羽台2丁目1−38 近辺)

1030_DSC08475_1
十字型街区構成になっている桐ヶ丘中央商店街。十字の通り側をメインとするとこちらはウラガワだ。2階バルコニーの手すりの錆びた雰囲気の感じもいいが、新しい建物の妖しい色の照明の感じもいい。そんな通りになっている。

1030_DSC08479_1

1030_DSC08489_1

1030_DSC08494_1
(住所:東京都北区桐ケ丘1丁目9 -1-6近辺)

DSC08058_1
色んなタイプがある豊島五丁目団地。1、2、5、6号棟のデザインを改めてみる。HPC工法(鉄骨プレキャストコンクリート造)で作られたとある。バルコニーの腰壁パネルと縦桟が美しい。コアがある妻側のデザインもまるでビルのデザイン。塔屋のデザインもカッコいい、しっかりしたデザイン団地だ。

     DSC08064_1

DSC08066_1

DSC08053_1

DSC08090_1
(住所:東京都北区豊島5丁目5近辺)

1023_DSC08506_1
都営桐ヶ丘アパートの間に位置する桐ヶ丘中央商店街。広大な敷地で5000戸を抱える1953年に作られた商店街。建物間の中庭的街区構成が興味深い。夜は何店舗かあいているが、夜の雰囲気は素晴らしい。

1023_DSC08513_1

   1023_DSC08523_1

1023_DSC08420_1

1023_DSC08454_1
ピロティを抜けた先に通路、庇、店の3構成で街区をつくる。それぞれの空間がとてもいい。

1023_DSC08434_1

1023_DSC08458_1

1023_DSC08469_1
(住所:東京都北区桐ケ丘1丁目9 -2近辺)

     0926_DSC08397_1
赤羽西4丁目にある蛇坂、坂に途中を横断する階段がある。その交差点に建つ白い建物の立ち姿がいい。上から見る蛇坂を横断している階段、風景もオモシロイ。

      0926_DSC08381_1

0926_DSC08405_1

  0926_DSC08387_1
(住所:東京都北区赤羽西4丁目37-1近辺)

  1028_DSC00196_1
店が閉まっている日曜日だったのに、この賑やかさは赤羽1丁目のなせるところ、赤羽中央街。ここは小学校が隣接している。万国旗や街灯の効果もあるが、町全体がいい感じの夜の街なんだよな。(住所:東京都北区赤羽1丁目38-2近辺)

1019_DSC00167_1
駅近くの飲屋街が凄い赤羽1丁目。少し離れたところも街は元気、日曜日でこれだけのところは少ない。街区も綺麗な道路だが五差路があったり、街角・Y字路がいい。駅からは離れたところがが、思月園の1階開口部、光が美しい。(住所:東京都北区赤羽1丁目33-6近郊)

1019_DSC00163_1

真ん中にお菓子の種屋、右の赤羽中央街と左の灯りの差も面白い。(住所:東京都北区赤羽1丁目29-10近郊)

1019_DSC00181_1

街角に建つ隅切り建物。右側の通りは駐車場で抜けているが、左側の通りは建物がバラバラながら連なる。(住所:東京都北区赤羽1丁目35−8近辺)

      0807_DSC03404_1
東口広場から道路越しに見える、赤羽の自由の女神。男性専用のカプセルホテル「サウナ&カプセル 錦城」の看板で、自由の女神像から「ニューヨーク=入浴」を想像となるらしい。サウナ自体は2016年いっぱいで閉店だが、なんとか残っている。(住所:東京都北区赤羽1丁目3−7近辺)

0705_DSC01357_1
赤羽一番街の飲屋街、OK横丁の先にあるのが明店街。無造作な提灯が通路の上にある。カドの飲屋さんがとても元気。夕暮れ時はいい感じの飲屋街通りだ。

      0705_DSC03511_1
(住所:東京都北区赤羽1丁目20-3近辺)

0702_DSC03627_1
赤羽の台地には幾つの川跡谷間があり、住宅地の間や隙間からいきなり凄い遠景がみえる。赤羽自然観察公園と赤羽駅を結ぶ川跡の谷間風景は美しい。くの字に曲がる階段が手前に入ることによって左側台地と谷間の段差がわかる。右側の台地と谷間の段差は緑地ラインでわかる。

  0702_DSC03617_1
(住所:東京都北区赤羽西4丁目20-10近辺)


DSC08363_1

DSC08365_1
(後日、2018年9月の写真)

      0629_DSC03573_1
赤羽駅から少し離れた、赤羽飲屋街と少し雰囲気が違った路地がある。この路地はとても看板が綺麗にみえる。東側の方からだと看板が綺麗にズレてほぼすべてみえる。

      0629_DSC03579_1

      0629_DSC03563_1
(住所:東京都北区赤羽1丁目63-1近辺)

0628_DSC03588_01
赤羽駅から少し離れたところにある「焼豚米山」。中も人が一杯、路上で飲んでいる感じがとてもいい。調べると結構な有名店。赤羽エリアの奥の深さは凄いなと感じつつ。建物と路地、それに使い方がとてもいい。

      0628_DSC03586_1
(住所:東京都北区赤羽1-64-7近辺)

0626_DSC03484_01
赤羽の飲屋街はエリアは面白い。一番街、シルクロード、明店街、OK横丁といろいろな通りがある。そのOK横丁の脇道で、東口のロータリーにつながるT字路地がある。駅方面の路地は2階が繋がって、下を潜ることができる路地。いい体験ができる。

      0630_DSC03493_1
建物が2階で繋がり、下をくぐるところ。その先が駅前空間につながる。(住所:東京都北区赤羽1丁目16−4近辺)

   0622_DSC03444_1
赤羽の一番街シルクロードのアーケードには脇道がある。脇道なのだけれども天井がアーケードよりも高く、それが不思議なプロポーションで、どこか市場的なワイルドさがある。出口は街にあいた穴みたいだ。

   0622_DSC03450_01

   0621_DSC03430_1
(住所:東京都北区赤羽1丁目22−4近辺)

   0621_DSC03413_1
18時前後になると活気あるアーケード街、赤羽の一番街シルクロード。昼間から飲んでいる人もいるくらいだが、この時間帯の少し煙った感じで、アーケードの細い骨組みとテントがカッコいい。

      0621_DSC03521_1

   0621_DSC03422_1

0621_DSC03426_1





(住所:東京都北区赤羽1丁目23−3 近辺)

0614_DSC03656_01
本当は赤羽台のマンションから、自然観察公園の窪地を撮りたかった。11階からだともっと遠くの世界、下がった5階からでも広大な景色だった。手前の窪地谷間よりも遠くに日暮里崖線が写った。美しい街灯りと左から崖を削り、右にながれてゆく道が動脈のようにも見えた。(住所:東京都北区赤羽台2丁目近辺)

0610_DSC03604_1
三日月のような流れを撮り込めた。てっきり逆さの曲りが由来だと思っていた三日月坂。実は坂を上に三日月茶屋があって、それが由来だった。それでも美しい流れ、そこから見える谷間の風景がいい。(住所:東京都北区赤羽西1丁目24−3 近辺)

      0112_DSC09834_1
上十条の稲付谷にある細く長い階段。何人かの人がFBにあげていて場所がわかり、ここあたりの地形を見たときにみる。夜にここ下るのはかなり勇気がいる。私道というか人の家に入っていく感じだ。でもその隙間からみえる谷間の風景、見上げた階段が続く風景はなかなかだ。

      0112_DSC09845_1
(住所:東京都北区上十条5丁目29−10近辺)

↑このページのトップヘ