夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 台東区 

0501_DSC01948_1
ガード下の賃貸契約の違いか、何スパンか同じデザインのところが。特に2階の壁少し出ていて、柱からよけて水平の連続窓の壁面が美しい。

0501_DSC01950_1
(住所:東京都台東区上野5丁目27−1近辺)

      0427_DSC01741_1
谷中よみせ通りの脇道、奥行きが深いバルコニーが向いあう路地。その先の夜店通り、入り口の蛇行道路もいいところ。

0427_DSC01758_1

0427_DSC01744_1
(住所:東京都台東区谷中3丁目2-8近辺)

0423_DSC01975_1
時短要請で早い店じまいのアメ横出店、路地にでている街並みがいい。看板や街が明るいのに店が閉じ始める、その対比が灯りにでる、街のコントラストが面白い。

0423_DSC01980_1

0423_DSC01987_1
(住所:東京都台東区上野6丁目10−7近辺)

0419_DSC01973_1
アメ横の摩利支天徳大寺下の店舗群、ここだけ何故か縦看板。アメ横が閉まりかけるこの時間帯、縦看板の並びの陰影が美しい。(住所:東京都台東区上野4丁目6−12近辺)

   0413_DSC01917_1
ガード下店舗群「2k540 AKI-OKA ARTISAN」横の緩やかなカーブ、ガード柱の連続が美しい。アキオカはほぼ閉まっていて、所々黄色光が漏れる。奥の御徒町方面ガードは色々な街灯りを拾って賑やかな色に。(住所:東京都台東区上野5丁目9−3近辺)

DSC02067_1
上野駅近くの首都高速1号の下、横断歩道の真ん中から。この辺りの高速ガードは暗いイメージだったが、不思議な光。赤・オレンジ・黄色の灯りが混じりかつテカっていて面白い光の線が見えた。(住所:東京都台東区上野6丁目7−15近辺)

DSC01754-1_1

DSC01760-1_1
三崎坂の下方から通称ヘビ道への入り口。角の看板建物が誘っているような夜気を放つ。信号の赤を拾って、青を拾って色は変わっても誘い続ける。ここから見る左側に緩やかに上がる三崎坂の風景もいい。

DSC01761_1

DSC01765_1
(住所:東京都台東区谷中2丁目18−6近辺)

1219_DSC07078_1
花街だった柳橋、船宿も老舗が多い。河や護岸越しの小松屋、井筒屋、あみ春のバラック立ち姿が、船宿越しの神田川柳橋の姿がいい。営業を終えた静かさな街灯りのなか。

1219_DSC07077_1

1219_DSC07084_1

1219_DSC07091_1
(住所:東京都台東区柳橋1丁目2−3近辺)

1117_DSC07142_1

1117_DSC07153_1
隅田川の蔵前橋下のライトアップが一番いい。灯りが光るのではなく構造体が間接照明的に浮かび上がる。黄色の橋が黄金になる。バランスとして難しいのが橋上のブルーライト、ないほうがいい場合もある。イベント時はもっとカラフル。

1117_DSC07160_1

1117_DSC07211_1

DSC07171_1

1117_DSC07125_1

1117_DSC07203_1
(住所:東京都台東区蔵前1丁目3-37近辺)

DSC07137_1
隅田川に架かる橋のライトアップがそれぞれ変わってきている。何色にもライトアップされすぎるところあるが。ちょうど川の曲がりもあり、蔵前橋の黄色アーチの下に、厩橋の緑色アーチ、駒形橋の青アーチと吾妻橋の赤アーチが入れ子状にはいる。

DSC07132_1
(住所:東京都台東区蔵前1丁目3−37近辺)

DSC07122_1
もう少し下流の隅田川テラス、どんどん綺麗に整備され歩けるところに。ランニングの人や釣り人が多いが、散歩する人もふえてきた。(住所:東京都台東区蔵前1丁目1−8近辺)

0220_DSC07779_1
お店と工房と住まいが、路地と座敷でつながる「上野桜木あたり」。3軒民家の路地がコミュニティースペースになっている。みんなの路地にパーゴラ屋根できていた。囲まれたエリアが一つの世界に。

0220_DSC07781_1
(住所:東京都台東区上野桜木2丁目15−6近辺)

0209_DSC07764_1
上野公園からみる不忍池弁天堂。キラキラ光って美しい。公園段差の階段、弁天堂は離れたほうが近く見え、階段を入れて撮ると逆に距離を感じる。借景の妙。

0209_DSC07763_1

0209_DSC07760_1
(住所:東京都台東区上野公園1−29近辺)

0206_DSC07810_1
緩やかな勾配で、幾つか曲がり建物がそれぞれ魅力的にみえてくる三崎坂。面する店舗の脇路地、バックヤードみたいな感じだが生活感あふれていい路地だった。

      0206_DSC07809_1
(住所:東京都台東区谷中3丁目2−3近辺)

0128_DSC07789_1
谷中の路地、古い民家に世継ぎ地蔵尊の祠と隙間路地。タイムスリップしたようなエリア、周辺の植栽もいい感じ紅葉していた。ここはNHK連続テレビ小説「はっさい先生」のロケ地。

0128_DSC07787_1

      0128_DSC07784_1
(住所:東京都台東区谷中6丁目近辺)

DSC07792_1

DSC07791_1
三崎坂上の通りに面する「初音六地蔵」。イルミ時期だが光方、灯り具合が負けてないくらい美しい。通り少し横に面する建物も綺麗にライトアップ。下がりかける三崎坂までのところ。

DSC07795_1

DSC07805_1

(住所:東京都台東区谷中5丁目2−5近辺)

0929_DSC01527_1
山谷地区の角地に建つ、簡易宿泊所の正徳館。両側にある穴あきブロック塀の上に屋根がつき、倉庫なのか、はたまた内部からの収納か。わからないけど道路と建物間にうまく収まり、柄もおもしろくカッコいい建物に。(住所:東京都台東区清川2丁目16−1近辺)

0910_DSC02271_1
元浅草にある4連長屋。時代により増築はあるものの、これほど完璧な長屋スタイルが残っている珍しい。ここは真ん中に後ろに抜けられる私的な通路がある。通路は暗く見えづらいが、夜のこの表情がとてもいい。周囲をみるとどんどん無くなっていきているので、ここもそんなにはもたないな。

0910_DSC02269_1
(住所:東京都台東区元浅草2丁目7近辺)

      0816_DSC02278_1
東上野の下谷神社、東側に南北をぬける抜け道がある。裏側からみる路地の雰囲気が少し濡れた石といい、いい感じだ。

      0816_DSC02279_1
(住所:東京都台東区東上野3丁目29−8近辺) 

0723_DSC02329_1
キムチ横丁にある焼肉「大門」。食品のサンプルケースが長く美しい。昨今これだけ立派なサンプルケースは珍しい。上の看板も長く、2階の灯りと3層構造になっていて美しい。(住所:東京都台東区東上野2−15−6近辺)

  0719_DSC01524_1
台東区清川にあるビル、名前は山田紙業となっている。周辺は簡易宿泊施設が多く、その影響か2段窓が多い。たぶん3階建てなのだけど、二段窓で階数がわからない。

0719_DSC01521_1
(住所:東京都台東区清川2丁目5−7 近辺)

↑このページのトップヘ