夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 台東区 

      0816_DSC02278_1
東上野の下谷神社、東側に南北をぬける抜け道がある。裏側からみる路地の雰囲気が少し濡れた石といい、いい感じだ。

      0816_DSC02279_1
(住所:東京都台東区東上野3丁目29−8近辺) 

0723_DSC02329_1
キムチ横丁にある焼肉「大門」。食品のサンプルケースが長く美しい。昨今これだけ立派なサンプルケースは珍しい。上の看板も長く、2階の灯りと3層構造になっていて美しい。(住所:東京都台東区東上野2−15−6近辺)

  0719_DSC01524_1
台東区清川にあるビル、名前は山田紙業となっている。周辺は簡易宿泊施設が多く、その影響か2段窓が多い。たぶん3階建てなのだけど、二段窓で階数がわからない。

0719_DSC01521_1
(住所:東京都台東区清川2丁目5−7 近辺)

      DSC02305_1

      DSC02309_1
東京都内で最も長い歴史があるコリア・タウン「キムチ横丁(旧国際親善マーケット)」。十字に通る路地風景がいい。十字路地の短いほうがさらに奥でL字に曲がって路地裏に。ここにも店舗があり、いい雰囲気をつくる。
      DSC02299_1
手前の中路地の風景。

DSC02323_1
そして街区の外側から見る。(住所:東京都台東区東上野2丁目15-8近辺)

      DSC02310_1
東京都内で最も長い歴史があるコリア・タウン「キムチ横丁(旧国際親善マーケット)」。建物間にある路地に直行する形の真ん中路地がある。お店のような入口、交差して、振り返ると建物と屋根テントと路地の関係が見える。
DSC02326_1

      DSC02301_1

      DSC02311_1
(住所:東京都台東区東上野2丁目15-4近辺)

      0710_DSC02321_1
東京都内で最も長い歴史があるコリア・タウン「キムチ横丁(旧国際親善マーケット)」。この間の火事が気になったが隣も含めて綺麗に直されていた。しかも中路地は健在、店舗路地とサービススペースの融合で、街路地の雰囲気がいい。

      0710_DSC02316_1

      0710_DSC02322_1

      0710_DSC02295_1

      0710_DSC02287_1

  DSC02337_1
(住所:東京都台東区東上野2丁目15−3近辺)

   0706_DSC02344_01
上野駅正面口から北へ行ったところにある、看板だらけの路地。以前より左側の店が変わったり、床置き看板が少なくなったが、路地として多い看板。秀吉看板が路地を支配しそうだ。

      0706_DSC02349_1
(住所:東京都台東区上野7丁目3−6近辺)

DSC02276_1
六角形と菱形の模様の看板建築。昼間見ると少し柄が勝ちすぎた感じだったが、夜は街灯の色もあるが怪しい感じの面白い見え方、お勧めになる。(住所:東京都台東区東上野3丁目2−6近辺)

   0630‗DSC02198_1
総武線の浅草橋駅階段のガード下。構造体の力強さもあるが、駅ホームが重たい感じ。片持ちもあるが、頭が重い感じのプロポーションはあまり見かけないバランス。

   0630‗DSC02175_1
(住所:東京都台東区浅草橋1丁目16、17近辺)

   0629_DSC02230_1
鳥越おかず横丁の脇道、すごい路地がある。バルコニーやテントが両脇で向いあい、路地の外側を作っている。生活デザインが表にでているのに美しい路地。電線の込み合い具合や、視点奥の工事現場もどこか調和している。

      0629_DSC02222_1

      0629_DSC02236_1

      0629_DSC02220_1
(住所:東京都台東区鳥越1丁目近辺)

0627_DSC02176_1
利用している人は見慣れているだろうが、浅草橋駅ガード下、オーバーハング梁の夜の姿はどこの国かという感じの風景だ。それぞれの色の違いもあるが、夜の光の具合で色とりどり無国籍風景が広がる。

      0627_DSC02185_1

0627_DSC02173_1
(住所:東京都台東区浅草橋1丁目16、17近辺)

   0625_DSC02227_01
鳥越おかず横丁を少しいった路地、トタニズム建物と路地の影と光。建物はよく見ると2段窓と高く、木桟のデザインもいい。トタンのいろいろな色が影と光でなお美しい。(住所:東京都台東区鳥越1丁目近辺)

      0619_DSC01516_1
橋場の住宅密集地、建物間の一階通路がカッコいい。その先に住宅がある綺麗な路地に続く。途中から天井が半分斜めになる、トンネル路地。

      0619_DSC01378_1

      0619_DSC01517_1
(住所:東京都台東区橋場2近辺)

0609_DSC01373_1
清川2丁目街区内の東西方向の通り。もっと行くと玉姫公園、簡易宿泊施設と山谷らしいところ。手間の町並みは飲食店、喫茶店、質屋が混じる住宅街。オレンジ色の街灯の街並み、通りが美しい。(住所:東京都台東区清川2丁目9-9近辺)

0128_DSC04754_1
松屋浅草前の地下入口看板が新しくなってしまった、浅草地下街。地下街入口階段の曲り、広がり具合もいい。店が閉まった深夜近くだが、その分この地下街通りの構成が良くわかる。銀座線からの曲り道、古い店構えに新しい店舗。やはり天井の配管の凄さに目が奪われる。

     0128_DSC04726_1

      0128_DSC04740_1

0128_DSC04742_1

0128_DSC04750_1
(住所:東京都台東区浅草1丁目1-12近辺)

0110_DSC04568_1
山谷地区の夜散歩で好きなところがある、それが「いろは会商店街」。何度か通っているがアーケード撤去と聞いてみたが、昨年11月末時点では部分撤去だった。ここは、路地で寝ている人が多いところで、冬でも40人くらいいた。いろいろ問題もあるのかもしれないが、商店街の許容力、都市の優しさを感じるところだったりする。

0110_DSC04575_1


   0110_DSC04572_1
(住所:東京都台東区日本堤1丁目29-3近辺)

0104_DSC04606_1
山谷地区エリアの旅館登喜和。2階バルコニー腰壁の「トキワ」穴がオモシロイ。バルコニーが曲面で少し出ていて、立体的にもいいが、その他のデザインもキッチリしている。

0104_DSC04610_1

0104_DSC04609_1

0104_DSC04611_1
お隣の若葉荘もベットハウス(簡易宿泊施設)特徴の2段窓で、この2つの建物セットで面白い。(住所:東京都台東区日本堤2丁目1−8近辺)

1207_DSC04592_1
いろは会商店街アーケードの横道、日本堤1丁目いわゆる山谷地区にはまだまだ面白いベットハウス(簡易宿泊施設)が多くある。この建物は高さが高めの2階建て? 3層分くらいの高さだが窓から判断すると4階ぽいデザインになっている。バナキュラーデザインの凄さここにあり。

   1207_DSC04587_01
(住所:東京都台東区日本堤1丁目20−1近辺)

1228_DSC04600_1
その近くにも新しいかんじだが、これも2階建てなのに各階窓が2つで4階建にもみえるが、玄関などをみているとだんだんわかってくる。窓近くの壁付室外機も乱立ながらどこか秩序たっている。(住所:東京都台東区日本堤1丁目39-11近辺)

   0324_DSC09019_1
隅田川の吾妻橋から桜橋までほぼ1kmの桜並木、桜なんか咲いてなくても水面にサクラが。提灯の桜色が水面の波効果なのか、綺麗だった。もう咲いている雰囲気をかもちだしていた。(住所:東京都台東区今戸1丁目1−10近辺)

↑このページのトップヘ