夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 世田谷区

0831_DSC03042_1
窓から漏れる灯りがいい団地、大蔵住宅。エリアは国分寺崖線の斜面でもあり、団地の敷地間に斜面を通るバス通りがある。つなぐブリッチからの風景もいいところ。

0831_DSC03118_1

0831_DSC03038_1
(住所:東京都世田谷区大蔵3丁目5−30近辺)

0828_DSC03161_1
今井兼次設計のカトリック成城教会。成城駅近くだが、成城駅からよりも逆に駅へ向かうほうから歩く。通り沿いにいきなり鐘塔とステンドグラスが現れる。通り沿いは均質にならぶ樹木とステンドガラスが同化する。入口側は少しライトアップが強すぎて白い。

0828_DSC03165_1

0828_DSC03170_1
(住所:東京都世田谷区成城2丁目21−16近辺)

   0827_DSC03136_1
国分寺崖線のマンションの間にある、不思議な通行禁止階段。さらに向こうに上がる緑地帯への階段も禁止。絶壁の擁壁の上は個人住宅。大通り側から見上げても、地上だけどダンジョン感がある。一番奥の高い位置にあるのは、学校テニスコートの緑のフェンス。

0827_DSC03142_1
(住所:東京都世田谷区成城1丁目9−1近辺)

DSC03072_1

DSC03054_1
世田谷通りの立体Y字路、日大商学部の交差点にたつ横断歩道橋。もともと世田谷通り側のスロープ付き横断歩道橋があり、それより高くもう一つ側に歩道橋を増設した感じ。斜面地でのスロープに螺旋階段、増設と不思議な形態に変化している。

DSC03087_1

DSC03101_1

   DSC03079_1

DSC03114_1
(住所:東京都世田谷区大蔵3丁目5−30近辺)

0724_DSC03126_1
国分寺崖線の面白い風景。段差約8mの三層ぐらいの建物撤去、崖部分を壊さず仮設階段が一列残る。まるで上の建物ためのような階段。この状態は珍しく、踊り場がないのでほぼ一直線で怖い。(住所:東京都世田谷区成城1丁目7−2近辺)

      0714_DSC03152_1
成城通りの病院坂、高低差も凄いし横の崖・擁壁も凄い。曲がった下り、世田谷通りとの交差点、変形五差路で先の真ん中に鉄塔が建つ。背景には低地の街が広がるスケールもデカい。

0714_DSC03153_1

0714_DSC03154_1
(住所:東京都世田谷区成城1丁目19−3近辺)

0712_DSC03014_1
台地上で夕焼けが美しく見える大蔵運動公園。中心にある世田谷区総合運動場体育館の正面前にある池とオブジェ。体育館の玄関前の地下階段壁がちょうどオブジェのキャンバスになっている。夕日の色、近隣夜間照明、建物の照明と豊かな色が混ざり美しい。

0712_DSC03023_1

0712_DSC03025_1

0712_DSC03019_1
(住所:東京都世田谷区大蔵4丁目6−1近辺)

0521_DSC00464_1
人込みを避けての夜散歩。淡島通りの池尻4丁目33あたりの交差点。斜面地の計画道路途中で遠方までの景色がみえた。調べたらこの都道420号線鮫洲大山線は、環状六号線山手通りと環七通りの中間、補完する通りだった。(住所:東京都世田谷区池尻4丁目33−15近辺)

      0521_DSC00407_1
人込みを避けての夜散歩。池尻に広がる台地の高低差。建物の間の階段風景、隙間先の風景。その先には遠景が見える。段差のある隙間風景は面白い。

      0521_DSC00406_1
(住所:東京都世田谷区池尻4丁目2−23近辺)

0505_DSC00435_1
人込みを避けての夜散歩。池尻に広がる台地、かつて騎兵第一連隊が駐屯していたので騎兵山とよばれていた。約9mの段差を3折り返し階段。折り返しだがそれぞれ平行ではなく角度があって、間に三角形の植栽スペース。新緑の季節でカチッとした階段が華やいでいた。

0505_DSC00426_1

0505_DSC00428_1

   0505_DSC00432_1

0505_DSC00434_1

0505_DSC00437_1
(住所:東京都世田谷区池尻4丁目23−11近辺)

DSC00412_01
人込みを避けての夜散歩。池尻に広がる台地、かつて騎兵第一連隊が駐屯していたので騎兵山とよばれていた。約9mの段差を3折り返し階段。幅も広く公園のような階段ながら豪快。そこから見える低地の街並みも豪快。

DSC00421_001
(住所:東京都世田谷区池尻4丁目3−11近辺)

0502_DSC00466_01
人込みを避けての夜散歩。昼間見るのとかなり印象が違う、都営代沢一丁目アパートの外廊下のエレメント。幾つかの細いスリットから漏れる灯りが美しい。連続するカタチと光がいい。(住所:東京都世田谷区代沢1丁目24−3近辺)

0430_DSC00408_1
人込みを避けての夜散歩。目黒川削った台地、崖線が見える。斜面の緑が残りずっと繋がっているように見える。このあたりでこれだけ遠景、地形が見えるところが珍しい。

0430_DSC00411-1
(住所:東京都世田谷区池尻4丁目2−20近辺)

0423_DSC00452_1
人込みを避けて、一人の夜散歩。夜でも緑道は走る人ばかり。北沢川緑道(暗渠)の四ツ目橋、影になると二つ目の格子が美しい。少し斜めに配置され、水路と緑道も交差、道路とも交差する。

   DSC00445_1
(住所:東京都世田谷区三宿2丁目5−6近辺)

0110_DSC05810_1
北沢川支流の溝ヶ谷、緑道みたいな公園「北沢1丁目公園」。ここは京王井の頭線が分断してダムのようになっている。緩やかなながら囲まれた感じがどこかいい谷間地形風景。

0110_DSC05817_1

0110_DSC05834_1
(住所:東京都世田谷区北沢1丁目2−6近辺)

1215_DSC05866_1
下北沢駅から商店街を下り、六差路にあるY字路店舗。下北沢西支流の商店街からに面するところ、暗渠道かと思ったら地形のヘリでできた通りのようだ。細い商店街のY字路構えの姿がいい。

1215_DSC05873_1

1215_DSC05872_1
(住所:東京都世田谷区代沢5丁目33−3近辺)

DSC05858_1
北沢川緑道に向いている南斜面に建つ北澤八幡神社。高低差の上から見る風景、階段下から見上げるきらめく社殿。どちらの風景もいい。

DSC05861_1
(住所:東京都世田谷区代沢3丁目25−3近辺)

      1127_DSC05822_1
北沢川支流の溝ヶ谷、小さな谷だが向い合う階段スロープがいい。両方の階段スロープ上から見る景色もそれぞれ違っていい。階段脇の勾配線が地形を補足して少し曲面な流れが見える。

      1127_DSC05840_1

      1127_DSC05826_1

      1127_DSC05838_1
(住所:東京都世田谷区代沢2丁目48-34近辺)

1126_DSC05878_1
下北沢駅から商店街を下り、ここで通りが広くなり雰囲気も変わる。賑やかな人通りに北澤庚申堂がひっそりとある。。南口商店街はかつての下北沢本村への道に開かれた商店街だった。 ここはその出口にあたるところ。(住所:東京都世田谷区北沢2丁目14−1近辺)

1118_DSC05854_1
日本聖公会東京教区 東京聖三一教会、玄関の門がシンプルなんだけど、とてもいいデザイン。壁で門構え、天井に二つに割れた円の穴デザイン。左側に塀と照明看板、上に十字架。プラスマイナスのデザインがいい。

1118_DSC05855_1

1118_DSC05852_1
(住所:東京都世田谷区代沢2丁目10−11近辺)

↑このページのトップヘ