夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

カテゴリ:東京都 >  世田谷区

      0624_DSC02177_1
三茶三角地帯の奥のほうは路地が狭い、狭い路地が交差点でさらに狭くなる。

      0624_DSC02148_1
この交差点、その先の一番細い路地がオモシロイ。こんな狭くてもちゃんと店が面している。

      0624_DSC02162_1

      0624_DSC02229_01

      0624_DSC02182_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目14-18近辺)

0623_DSC02139_1
三茶三角地帯の奥で、一番ディープなところ。路地も狭くなり、建物も密集している。まずは路地の角に建つ建物。それぞれいい表情だ。路地もいい感じせ狭い、歩いているだけでオモシロイ。

   0623_DSC02150_1

   0623_DSC02154_1

0623_DSC02163_01

      0623_DSC02200_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目14-18近辺)

   0617_DSC02094_1
三茶三角地帯の三茶三番街は賑やかな通り。路地の向うに高層ビルが綺麗に借景になる。ここから商店脇道を通ってエコー仲見世商店街りにも、路地をまがってゆうらく通りにもいける。

      0617_DSC02083_1

   0617_DSC02088_1

   0617_DSC02086_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目13-10近辺)

      0616_DSC02066_1
三茶三角地帯で屋根のあるところ「エコー仲見世商店街」。通路天井は金属パネルだが、隙間からよく見るとどうも木造屋根がみえる。商店街にある店舗のそれぞれ新しくなっているとこもある。

   0616_DSC02073_1

0616_DSC02236_1

0616_DSC02237_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目13-11近辺)

   0611_DSC02104_1
三軒茶屋二丁目の再開発の話がある、ここもいつまであるのやら、三軒茶屋の三角地帯。左が平行に並ぶ路地の三番街、右がゆうらく通りで、奥はもっとディープな世界になってゆく。その角の建物が切り立つ。照明の色も右と左で違っていて世界の違いがわかる。

      0611_DSC02121_1

  0611_DSC02129_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目13-10近辺)

0429_DSC00661_1
撤去が決まった下北駅前食品市場だが、もう4年くらい通路は補強されて何件か営業している。飲み屋の「てっちゃん」がいよいよ5月に新店オープンと看板があった。補強されながら、完全撤去まだまもう少しここは生きていそう。

     0429_DSC00670_1

0429_DSC00647_1

      0429_DSC00640_1

0429_DSC00649_01
(住所:東京都世田谷区北沢2丁目24−4)

   0428_DSC00144_1
京王線の下高井戸の駅前にある「下高井戸駅前市場」。電車からもみえる屋上手摺の看板、増築された複雑な立ち姿もいい。

0428_DSC00133_01
表と裏の入口看板、屋上の手摺の看板がカッコいい。

   0428_DSC00161_1
入口通路を通るとほぼ十字になるように中通路がある。この十字に交差する空間がとてもいい。もうしまった魚屋さんなど店舗も元気なところ

0428_DSC00155_1

0428_DSC00154_1

   0428_DSC00165_1

   0428_DSC00177_1

0428_DSC00133_1
(住所:東京都世田谷区松原3丁目42−4)

   0425_DSC10036_1
芦花公園の駅前通リから少し離れた旧甲州街道に面する丸美ストア―。くの字に曲がるアーケード、お店のデザインもなかなかでいい商店街。

   0425_DSC10026_01

      0425_DSC09943_1

   0425_DSC09979_1
一番奥の銭湯がなくなり、アーケードの片側が空地になってるため、微妙な光加減になり、アーケード天井が美しい。

   0425_DSC10001_1

   0425_DSC10023_1

0425_DSC09927_1
(住所:東京都世田谷区南烏山3丁目24-7近辺)

      0410_DSC00092_1
上北沢駅少し行ったところにある、斜めな桜並木通り。ライトアップがされていなところが暗くなって、街灯で明るいところとの対比がとても美しい。(住所:東京都世田谷区上北沢3丁目18−7近辺)

   1029_DSC09698_1
三茶の太子堂で見かけた古い商店跡。営業しているのわからないが、玄関のトラス鉄骨の向うに彩どりのケースに目を奪われる。よくみるとビールケースか?あまり最近は見かけなくなったが、色がいろいろで照らされたかんじが美しい。(住所:東京都世田谷区太子堂3丁目15近辺)

      1007_DSC09692_1
太子堂、茶沢通りの交差点。そこから夕焼けがとても美しくみえた(10月4日)。空の青と濃紺、街並みの灯りの対比が美しい。(住所:東京都世田谷区太子堂5丁目15−14近辺)

0322_DSC04393_1
はじめて営業しているところみた、三軒茶屋三角地帯にある千代の湯。周囲をトタン壁で囲まれて、通路が玄関前にぬけられるようになっている。その通りが面白い。

      0322_DSC04380_1

      0322_DSC04392_1
通路反対側から玄関をみる。こちら側も狭い通りになっている。

   0322_DSC04386_1
玄関前に謎の通せんぼ壁がある。とても不便、玄関に入る前板はとても謎だ。玄関前通路を素通りするのを禁止している壁かな?

   0322_DSC04384_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目12−7 )

0209_DSC04315_1
三軒茶屋の三角地帯商店街、屋根がない路地。いろいろな素材に光が回って、豊かな路地商店街となっている。土曜日だったこともあり人も多く賑わっていた。

      0209_DSC04327_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目13−10近辺)

      0211_DSC04359_1
そして奥に行けばいくほどディープになる。屋根があるところかない所、そして狭い路地、ほとんど裏動線みたいな路地。でもちゃんと抜けられる。そんな面白い三角地帯。(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目13−5近辺)

0207_DSC04412_1
三軒茶屋駅近くにある、すずらん通りの看板門。あまりセンスの良くない絵の看板の下、隅が少しアールがついてアーチ門ぽくみえる。それに提灯があるだだけで、別世界にみえる。(住所:東京都世田谷区太子堂4丁目23−4近辺)

      0129_DSC03508_1
三軒茶屋にある世田谷通りと国道246に挟まれたエリア、通称・三角地帯。ここはとても面白い。屋根があるほうの商店街の交差点。上を見上げれば、天井のパネルなんて取れていて、配線どころか屋根の下地までみえる。しかし暗くて写真には写らない。それぞれの店舗の看板文字も面白いなり。(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目 13−9近辺)

1209_DSC00843_1
場所は代田橋近く、玉川上水緑道が環七と交差するところのトンネル型連絡通路。入口出口の薄い屋根の構造も夜見ると美しいが、進むと不思議な場面に遭遇する。まずは階段部分の上に不可解な局面梁なのか、床面がある。これだけでも珍しいが通路部分は配管の下を潜る。まるで既存の設備があるところを掘った感じのトンネルだ。普通のようで普通じゃない。

      1209_DSC00849_1
後に、この不思議な局面梁は、かつての玉川上水に掛かっていた橋の下部のアーチの残りとの情報あり。なるほどの納得です。

      1209_DSC00864_1

      1209_DSC00867_1

1209_DSC00868_1
(住所:東京都世田谷区大原2丁目11−9近辺)

   0514_DSC03569_1
国分寺崖線の尾山台あたりは幾つもの谷間がある。写真右の籠谷戸の窪地は、台地に三方囲まれた町という感じがいい。その坂ににあるコーナーの階段、急な坂だったころの名残か、面白い形で残っている。(住所:東京都世田谷区尾山台1丁目11−1近辺)

      0511_DSC03532_1
丸子川という名であるが、もともとは六郷用水の下流部分。国分寺崖線の下を流れる緩やかな川だ。水面までは実際に距離があるが、夕暮れ時は水面に空が映りこむ。町並みとあいまって美しい時間帯でもある。(住所:東京都世田谷区玉堤2丁目13−8近辺)

0509_DSC03599_1
周囲で一番高い所にある田園調布の玉川浄水場。施設の一部にフタをして造られた芝生の「ぽかぽか広場」。高台の上さらに盛り上がった広場の上に、夜なんだけどとても空が綺麗だ。写真の妙もあるが、とても東京の田園調布の風景には見えないな。(住所:東京都世田谷区玉川田園調布1丁目19−11)

↑このページのトップヘ