夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 世田谷区

0211_DSC08206_1
代田橋駅北口の不思議なオープンスペース。その前に面する長屋の横側の建物。この面し方もどこか不思議な感じ。その左向うにある建物は提灯で明るい建物、この落差も不思議な駅前。

0211_DSC08217_1
(住所:東京都世田谷区大原2丁目27−34近辺)

0210_DSC08210_01
代田橋駅南口の代田橋光栄会の門、今では珍しい古いタイプ。その先の商店街の見え方もいい。反対側からみると、駅改札への階段入口と対比して光っている。この対比も美しい。

0210_DSC08214_1
(住所:東京都世田谷区大原2丁目17−11近辺)

0206_DSC08187_1
代田橋北口駅前のあるL字商店街。テント商店が並ぶオモシロイ通り。伸縮テント、常設のテントと両方あり、界隈空間になっている。駅前の近道でもあるようで人通りも多い。駅前には時に不思議な通りが残っている。

   0206_DSC08179_1

      0206_DSC08169_1

   0206_DSC08173_1
(住所:東京都世田谷区大原2丁目26-4近辺)

  0205_DSC08161_1
代田橋駅近くの看板長屋建築。その看板部分の繋がり、微妙な色の違い、並びが美しい街並み空間をつくる。駅への近道路地入口もいい。

   0205_DSC08165_1
(住所:東京都世田谷区大原2丁目26-5近辺)

0301_DSC09635_1
神社は夜入れるところが多いが、寺院は山門などで閉めてほとんど入れない。ここ喜多見にある慶元寺、23時近いのに入れる珍しいお寺。三重の塔もあるし、喜多見城跡の地でもあったり由緒ありそうなところ。しらべたらいろいろあった。

      0301_DSC09637_1

0301_DSC09640_1

0301_DSC09644_1
「創建は平安時代で江戸氏によって現在の皇居周辺に造られた寺院。江戸氏が室町時代、現在の喜多見の地に転居したのを契機に寺も移転。江戸時代の1636年には徳川三代将軍徳川家光から朱印状を賜り、格式ある寺院。現存する本堂は1716年の建築で、世田谷区にある寺院建築物では最古。」

0301_DSC09664_1
外側から、ビニールハウス越しに光る三重塔、とても新鮮な風景。(住所:東京都世田谷区喜多見4-17-1)

   0627_DSC02225_1
ええ、ここ通れるの?と思いながら一番細い路地を抜けるとここに出る。この店は完全にバラックづくり、しかも透明テントとなんかとてもいい。平屋の上の空がとても青かった。(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目13−4 近辺)

      0624_DSC02177_1
三茶三角地帯の奥のほうは路地が狭い、狭い路地が交差点でさらに狭くなる。

      0624_DSC02148_1
この交差点、その先の一番細い路地がオモシロイ。こんな狭くてもちゃんと店が面している。

      0624_DSC02162_1

      0624_DSC02229_01

      0624_DSC02182_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目14-18近辺)

0623_DSC02139_1
三茶三角地帯の奥で、一番ディープなところ。路地も狭くなり、建物も密集している。まずは路地の角に建つ建物。それぞれいい表情だ。路地もいい感じせ狭い、歩いているだけでオモシロイ。

   0623_DSC02150_1

   0623_DSC02154_1

0623_DSC02163_01

      0623_DSC02200_1

   DSC02141_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目14近辺)

   0617_DSC02094_1
三茶三角地帯の三茶三番街は賑やかな通り。路地の向うに高層ビルが綺麗に借景になる。ここから商店脇道を通ってエコー仲見世商店街りにも、路地をまがってゆうらく通りにもいける。

      0617_DSC02083_1

   0617_DSC02088_1

   0617_DSC02086_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目13-10近辺)

      0616_DSC02066_1
三茶三角地帯で屋根のあるところ「エコー仲見世商店街」。通路天井は金属パネルだが、隙間からよく見るとどうも木造屋根がみえる。商店街にある店舗のそれぞれ新しくなっているとこもある。

   0616_DSC02073_1

0616_DSC02236_1

0616_DSC02237_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目13-11近辺)

   0611_DSC02104_1
三軒茶屋二丁目の再開発の話がある、ここもいつまであるのやら、三軒茶屋の三角地帯。左が平行に並ぶ路地の三番街、右がゆうらく通りで、奥はもっとディープな世界になってゆく。その角の建物が切り立つ。照明の色も右と左で違っていて世界の違いがわかる。

      0611_DSC02121_1

  0611_DSC02129_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目13-10近辺)

0429_DSC00661_1
撤去が決まった下北駅前食品市場だが、もう4年くらい通路は補強されて何件か営業している。飲み屋の「てっちゃん」がいよいよ5月に新店オープンと看板があった。補強されながら、完全撤去まだまもう少しここは生きていそう。

     0429_DSC00670_1

0429_DSC00647_1

      0429_DSC00640_1

0429_DSC00649_01
(住所:東京都世田谷区北沢2丁目24−4)

   0428_DSC00144_1
京王線の下高井戸の駅前にある「下高井戸駅前市場」。電車からもみえる屋上手摺の看板、増築された複雑な立ち姿もいい。

0428_DSC00133_01
表と裏の入口看板、屋上の手摺の看板がカッコいい。

   0428_DSC00161_1
入口通路を通るとほぼ十字になるように中通路がある。この十字に交差する空間がとてもいい。もうしまった魚屋さんなど店舗も元気なところ

0428_DSC00155_1

0428_DSC00154_1

   0428_DSC00165_1

   0428_DSC00177_1

0428_DSC00133_1
(住所:東京都世田谷区松原3丁目42−4)

   0425_DSC10036_1
芦花公園の駅前通リから少し離れた旧甲州街道に面する丸美ストア―。くの字に曲がるアーケード、お店のデザインもなかなかでいい商店街。

   0425_DSC10026_01

      0425_DSC09943_1

   0425_DSC09979_1
一番奥の銭湯がなくなり、アーケードの片側が空地になってるため、微妙な光加減になり、アーケード天井が美しい。

   0425_DSC10001_1

   0425_DSC10023_1

0425_DSC09927_1
(住所:東京都世田谷区南烏山3丁目24-7近辺)

      0410_DSC00092_1
上北沢駅少し行ったところにある、斜めな桜並木通り。ライトアップがされていなところが暗くなって、街灯で明るいところとの対比がとても美しい。(住所:東京都世田谷区上北沢3丁目18−7近辺)

   1029_DSC09698_1
三茶の太子堂で見かけた古い商店跡。営業しているのわからないが、玄関のトラス鉄骨の向うに彩どりのケースに目を奪われる。よくみるとビールケースか?あまり最近は見かけなくなったが、色がいろいろで照らされたかんじが美しい。(住所:東京都世田谷区太子堂3丁目15近辺)

      1007_DSC09692_1
太子堂、茶沢通りの交差点。そこから夕焼けがとても美しくみえた(10月4日)。空の青と濃紺、街並みの灯りの対比が美しい。(住所:東京都世田谷区太子堂5丁目15−14近辺)

0322_DSC04393_1
はじめて営業しているところみた、三軒茶屋三角地帯にある千代の湯。周囲をトタン壁で囲まれて、通路が玄関前にぬけられるようになっている。その通りが面白い。

0915_DSC02221_1
トタン壁と銭湯の窓灯り の対比も美しい。

      0322_DSC04380_1

      0322_DSC04392_1
通路反対側から玄関をみる。こちら側も狭い通りになっている。

   0322_DSC04386_1
玄関前に謎の通せんぼ壁がある。とても不便、玄関に入る前板はとても謎だ。玄関前通路を素通りするのを禁止している壁かな?

   0322_DSC04384_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目12−7 )

0209_DSC04315_1
三軒茶屋の三角地帯商店街、屋根がない路地。いろいろな素材に光が回って、豊かな路地商店街となっている。土曜日だったこともあり人も多く賑わっていた。

      0209_DSC04327_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目13−10近辺)

      0211_DSC04359_1
そして奥に行けばいくほどディープになる。屋根があるところかない所、そして狭い路地、ほとんど裏動線みたいな路地。でもちゃんと抜けられる。そんな面白い三角地帯。(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目13−5近辺)

↑このページのトップヘ