夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 世田谷区

1102_DSC04981_1
通称三宿通りの三宿・池尻交差点、ほぼ十字路の一角が分かれて五差路になている。そこにたつY字路建物。少し坂で見上げる、立ち姿がいい飲食店建物、外壁に看板と煙突が並ぶ。(住所:東京都世田谷区三宿1丁目4−18近辺)

      1030_DSC04926_1
三茶三角地帯の外側のほうにあるお花屋さん。建物前のテントのようなスペースが、年々かわり緑のトンネルのようだ。そこから覗く世界はお花が輝き、別世界を覗くような楽しさがある。

1030_DSC04929_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目-14近辺)

1026_DSC04966_1
烏山川緑道の暗渠、この辺りはなぜか暗い。明るいだけよりもどこかいい雰囲気だ。隣接する建物の隙間から漏れる灯りが美しい。先は少し開けていてなんとなく下りが見える街並み。

      1026_DSC04969_1

1026_DSC04968_1

1026_DSC04971_1
(住所:東京都世田谷区太子堂2丁目38近辺)

DSC04935_1
右の太子堂中央街から分かれる左の下の谷商店会。複数商店街のY字路は珍しい。住宅の残地に小屋のような建物、さらなる残地がケース置き場。2段階の残地のY字路。(住所:東京都世田谷区太子堂2丁目34−5近辺)

      1102_DSC04899_1
三茶三角地帯の一角にある三茶小路飲食店街。その脇、裏道はもっと細い路地があり抜けられる。看板、室外機、配管、街灯、色んな要素が詰まった路地。その先に開ける空やビル群もみえるいい通り。

      1102_DSC04886_1

      1102_DSC04910_1

      1102_DSC04901_1

      DSC04893_1

      DSC04886_1
年々店舗が綺麗になってゆく三茶小路飲食店街。手をいれお店もだんだん復活している感じだ。

   DSC04888_1
(住所:東京都世田谷区三軒茶屋2丁目13−7近辺)



   DSC04945_1
太子堂中央街に面する長い階段。下のほうの塀が鮮やかなタイル模様塀になっている。手前がとても目立ち、階段の長さを忘れる。夜もあって先が見えづらく、登ると緩やかに長い階段だとわかる。

      DSC04946_1

      DSC04956_1

      DSC04961_1

      DSC04938_1
(住所:東京都世田谷区太子堂2丁目5−7近辺)

1003_DSC04854_01
三軒茶屋駅から商店街をいった奥にある弘善湯。ここはウラガワが凄い、ほとんど要塞、トタニズム要塞だ。表側の玄関は入りこんだ見えづらいところ。ウラガワの増築群に世界観まで現れる。都心でこれだけ遠目から見えるのも珍しい。

1003_DSC04856_1

1003_DSC04837_1

1003_DSC04846_1

1003_DSC04847_1
(住所:東京都世田谷区下馬2丁目36−15近辺)

0831_DSC03042_1
窓から漏れる灯りがいい団地、大蔵住宅。エリアは国分寺崖線の斜面でもあり、団地の敷地間に斜面を通るバス通りがある。つなぐブリッチからの風景もいいところ。

0831_DSC03118_1

0831_DSC03038_1
(住所:東京都世田谷区大蔵3丁目5−30近辺)

0828_DSC03161_1
今井兼次設計のカトリック成城教会。成城駅近くだが、成城駅からよりも逆に駅へ向かうほうから歩く。通り沿いにいきなり鐘塔とステンドグラスが現れる。通り沿いは均質にならぶ樹木とステンドガラスが同化する。入口側は少しライトアップが強すぎて白い。

0828_DSC03165_1

0828_DSC03170_1
(住所:東京都世田谷区成城2丁目21−16近辺)

   0827_DSC03136_1
国分寺崖線のマンションの間にある、不思議な通行禁止階段。さらに向こうに上がる緑地帯への階段も禁止。絶壁の擁壁の上は個人住宅。大通り側から見上げても、地上だけどダンジョン感がある。一番奥の高い位置にあるのは、学校テニスコートの緑のフェンス。

0827_DSC03142_1
(住所:東京都世田谷区成城1丁目9−1近辺)

DSC03072_1

DSC03054_1
世田谷通りの立体Y字路、日大商学部の交差点にたつ横断歩道橋。もともと世田谷通り側のスロープ付き横断歩道橋があり、それより高くもう一つ側に歩道橋を増設した感じ。斜面地でのスロープに螺旋階段、増設と不思議な形態に変化している。

DSC03087_1

DSC03101_1

   DSC03079_1

DSC03114_1
(住所:東京都世田谷区大蔵3丁目5−30近辺)

0724_DSC03126_1
国分寺崖線の面白い風景。段差約8mの三層ぐらいの建物撤去、崖部分を壊さず仮設階段が一列残る。まるで上の建物ためのような階段。この状態は珍しく、踊り場がないのでほぼ一直線で怖い。(住所:東京都世田谷区成城1丁目7−2近辺)

      0714_DSC03152_1
成城通りの病院坂、高低差も凄いし横の崖・擁壁も凄い。曲がった下り、世田谷通りとの交差点、変形五差路で先の真ん中に鉄塔が建つ。背景には低地の街が広がるスケールもデカい。

0714_DSC03153_1

0714_DSC03154_1
(住所:東京都世田谷区成城1丁目19−3近辺)

0712_DSC03014_1
台地上で夕焼けが美しく見える大蔵運動公園。中心にある世田谷区総合運動場体育館の正面前にある池とオブジェ。体育館の玄関前の地下階段壁がちょうどオブジェのキャンバスになっている。夕日の色、近隣夜間照明、建物の照明と豊かな色が混ざり美しい。

0712_DSC03023_1

0712_DSC03025_1

0712_DSC03019_1
(住所:東京都世田谷区大蔵4丁目6−1近辺)

0521_DSC00464_1
人込みを避けての夜散歩。淡島通りの池尻4丁目33あたりの交差点。斜面地の計画道路途中で遠方までの景色がみえた。調べたらこの都道420号線鮫洲大山線は、環状六号線山手通りと環七通りの中間、補完する通りだった。(住所:東京都世田谷区池尻4丁目33−15近辺)

      0521_DSC00407_1
人込みを避けての夜散歩。池尻に広がる台地の高低差。建物の間の階段風景、隙間先の風景。その先には遠景が見える。段差のある隙間風景は面白い。

      0521_DSC00406_1
(住所:東京都世田谷区池尻4丁目2−23近辺)

0505_DSC00435_1
人込みを避けての夜散歩。池尻に広がる台地、かつて騎兵第一連隊が駐屯していたので騎兵山とよばれていた。約9mの段差を3折り返し階段。折り返しだがそれぞれ平行ではなく角度があって、間に三角形の植栽スペース。新緑の季節でカチッとした階段が華やいでいた。

0505_DSC00426_1

0505_DSC00428_1

   0505_DSC00432_1

0505_DSC00434_1

0505_DSC00437_1
(住所:東京都世田谷区池尻4丁目23−11近辺)

DSC00412_01
人込みを避けての夜散歩。池尻に広がる台地、かつて騎兵第一連隊が駐屯していたので騎兵山とよばれていた。約9mの段差を3折り返し階段。幅も広く公園のような階段ながら豪快。そこから見える低地の街並みも豪快。

DSC00421_001
(住所:東京都世田谷区池尻4丁目3−11近辺)

0502_DSC00466_01
人込みを避けての夜散歩。昼間見るのとかなり印象が違う、都営代沢一丁目アパートの外廊下のエレメント。幾つかの細いスリットから漏れる灯りが美しい。連続するカタチと光がいい。(住所:東京都世田谷区代沢1丁目24−3近辺)

0430_DSC00408_1
人込みを避けての夜散歩。目黒川削った台地、崖線が見える。斜面の緑が残りずっと繋がっているように見える。このあたりでこれだけ遠景、地形が見えるところが珍しい。

0430_DSC00411-1
(住所:東京都世田谷区池尻4丁目2−20近辺)

↑このページのトップヘ