夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

カテゴリ:神奈川県 >  川崎市川崎区

      DSC08528_1
駅のガード下にある八丁畷ショッピングセンター。道が通る架道橋と2つの高架橋からなるが、一つはライトもついていない。ところがその暗い方のガードの陰影がとても美しい。そこからみた明るい方のガードもいい。

      DSC08533_1

DSC08539_1

   DSC08542_1

   DSC08527_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区池田1丁目13-18近辺)

   0907_DSC08507_01
簡易宿泊施設が連続するエリア、日進町のドヤ街。線路と道路で囲まれた地帯に簡易宿泊施設が群生している。その角の行き止まりには、コインランドリーの建物がある、ここだけ色があったそんな町だった。

0907_DSC08504_1

0907_DSC08503_1

0907_DSC08500_1
(住所神奈川県川崎市川崎区日進町10−3近辺)

0906_DSC08520_1
川崎駅の隣駅なのにマイナーな八丁畷駅。その駅前になわて横丁がある。不思議と低い味気ない看板、スナック街と飲屋が続く。通り途中で道が細くなり、雰囲気も少し変わる。

      0906_DSC08551_1

      0906_DSC08544_1

   0906_DSC08516_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区池田1丁目15−10近辺)

   0830_DSC08441_1
JR川崎駅の北東方向線路脇に古い路地裏飲屋街がのこる、その路地がY字路になっている。真ん中の伸び放題の植栽の下に見える、右側路地の照明の色が別世界なトンネルになっている。(住所:神奈川県川崎市川崎区駅前本町14−16近辺)

0829_DSC08487_01
簡易宿泊施設が連続するエリア、日進町のドヤ街。ほぼ3階建てで簡易宿泊施設の特徴の2段窓が続く。1階も2段窓になっていたり、いったどういった内部空間になっているのか? ぬけた空地の両側に建つ、二重窓建物群、とってもカッコいい。

0829_DSC08491_1

0829_DSC08490_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区日進町9−17近辺)

   0824_DSC08476_1
江戸時代の川崎宿にあった川崎遊廓(堀之内あたり)が1903年の神奈川県の命令で移転して成り立っていた川崎区南町。今は建物も人もポツポツで元気があるように見えないが、このクラブ京都のこの看板、色とてもカッコいい。

      0824_DSC08477_1

  0824_DSC08472_1

   0824_DSC08474_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区南町4−11近辺)

      0823_DSC08448_1
JR川崎駅の北東方向線路脇に古い路地裏飲屋街、どぶろく横丁」とも呼ばれていたらしいが、今もよばれているかはわからない。でもお店は何件か健在で、不思議な雰囲気の良さがある。

      0823_DSC08442_1
3本の内路地があり、その中の一つはほとんど、裏口通用門的な裏路地ながらカッコいい。

   0830_DSC08450_1

      0823_DSC08449_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区駅前本町14−3近辺)

   0822_DSC08453_1
JR川崎駅の北東方向線路脇に古い路地裏飲屋街が残っている。「どぶろく横丁」とも呼ばれていたらしいが、空地も増えて見え方が変わってきている。そこにある継ぎ接ぎのトタ二ズム建物が、まるで箱舟のようでカッコいい。トタンの白い線や、横胴縁、下部が凹んでみえるところなど、とっても凄い。

   0822_DSC08452_01

   0822_DSC08455_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区駅前本町14−29近辺)

0406_DSC07497_1

川崎のチネチッタの近くに小さな路地「名画通り商店会」が残っている。


0406_DSC07499_1

狭い路地に、お店がひしめいている。

濡れた路地の真ん中にある側溝の線がとても綺麗にみえる。


0406_DSC07508_1

端から建て替えで道が広がりつつあるのが残念。

いつまでこの雰囲気が残っているかはわからない。 


0406_DSC07500_1

雨の濡れた路地はとてもいきいきしてみえる。

看板の出方もいい。
(住所:神奈川県川崎市川崎区小川町2近辺)

↑このページのトップヘ