夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ: 神奈川県

   0115_DSC05976_1
小倉や和歌山の水上建築が有名だが、横須賀市追浜の鷹取川にもある。川幅の半分にたっている。川にうつり込みの景観、表側の通りとのギャップも凄い。柱の奥が闇になる景観はいい。チープな橋もよく似合う。

   0115_DSC05917_1

0115_DSC05963_1

0115_DSC05965_1

   0115_DSC05919_1

0115_DSC05941_1

   0115_DSC05930_1
(住所:神奈川県横須賀市追浜本町1丁目43-6近辺)

0112_DSC06047_1
京急田浦駅少しいったところ、船越仲見世商店会のアーケードに面して、隠れてしまっている銭湯竹の湯。少し奥まった玄関ということもあり、前面のブロック塀に無造作な文字。隙間からみるサッシは細かく分かれていてなかなかカッコいい。

      0112_DSC06045_1

0112_DSC06044_1

0112_DSC06051_1
(住所:神奈川県横須賀市船越町1丁目51-14近辺)

0109_DSC04854_1
駅から離れたところにあるマル正ストアー。何店舗かはやっているみたいだけど、谷型の屋根・庇・アーケードが美しい。分散型配置とのバランスもいい。
0109_DSC04852_1

0109_DSC04851_1
(住所:神奈川県横浜市港北区高田西3丁目2−8 近辺)

   0107_DSC06098_1
横須賀三遊郭だった皆ヶ作銘酒屋街跡。カフェー建築も幾つかの残る。建物も凄いが立地もいい。緩やかな登り坂に、蛇行で少し中腹向かうような道のエリアにある。周辺環境も含めて最高だ。

0107_DSC06085_1

   0107_DSC06115_1

  0107_DSC06118_1
(住所:神奈川県横須賀市船越町6丁目62−8近辺)

  DSC06089_1

DSC06102_1
この通りには他にもそれらしい建物がある。

0106_DSC06026_1
京急田浦駅少し行ったところの繁華街エリア。真ん中にアーケードの仲通り商店街。その脇道路地、風情ある建物もいい。

      0106_DSC06015_1

  0106_DSC06018_1

0106_DSC06029_1

0106_DSC06034_1

0106_DSC06013_1
(住所:神奈川県横須賀市船越町1丁目51-32近辺)

   DSC06073_1
少し行ったところの路地もなかなかいい。

      DSC06082_1
(住所:神奈川県横須賀市船越町1丁目58近辺)

      0105_DSC04896_1
日吉駅西口に広がる放射状街区。ビル内側と間の路地も多角形ながら放射状路地になっている。カクカクとビルの間、隙間のカタチもオモシロイところ。

      0105_DSC04909_1

      0105_DSC04907_1

      0105_DSC04906_1
(住所:神奈川県横浜市港北区日吉本町1丁目1−9近辺)

0102_DSC06165_1
田浦港にある東芝ライテックは、旧海軍工廠(こうしょう)造兵部。旧海軍建物の建物がそのまま手をいれて使われている。雨上がりのこの日、小学校へのスロープから綺麗に見えた。夜でもガラスの透け具合がいい。

0102_DSC06148_1

0102_DSC06171_1

0102_DSC06179_1
その他にも旧発電工場(左側)もある。

0102_DSC06174_1
光の具合で見づらいが、旧造兵部庁舎(右側)、旧無線工場(左側)もある。
(住所:神奈川県横須賀市船越町1丁目201-4近辺)

DSC06167_1
本当は旧海軍工廠造兵部(現:東芝ライテック)の建物を見るためだった。小学校へのスロープを上がった先に目を奪われる。電線とスロープが影になった先に、今も自衛隊基地がある田浦港が霞んで見えた。凄い景色、夜散歩の最高。地元の人だろうか、何組か散歩していた。(住所:神奈川県横須賀市船越町7丁目66近辺)

DSC06178_01
旧軍港、今は各所に海上自衛隊、横須賀米軍施設がある田浦港。雨あがりの霞んだ風景は最高だ。湾のような入江に施設の灯り、海上に浮かぶ施設、背後に取り囲むような山々と幻想的に。(住所: 神奈川県横須賀市船越町1丁目284近辺)

      1228_DSC04692_1
崖地にそってある松の川緑道、暗渠。その脇にあった、くの字階段がいい感じだ。優雅な曲り姿、上部のマンフォールに削られている感じもいい。

      1228_DSC04697_1

      1228_DSC04686_1

      1228_DSC04696_1
(住所:神奈川県横浜市港北区下田町1丁目13−1近辺)

   1227_DSC04799_1
蟹ヶ谷の地形は、大きな谷間に小さな谷間が幾つかついている。その小さい方の谷間だが造成した集合住宅の壁、少し角度がついていて階段と道がそれに沿って流れていく。

      1227_DSC04788_1
(住所:神奈川県川崎市高津区蟹ケ谷63−3近辺)

1225_DSC04744_1
道に迷って、駐車場先にいきなり広がる谷間地形。すごい斜面都市だった、蟹ヶ谷。絶壁の擁壁と緑の斜面、住宅とマンション群と詰まっていた。どこかエッシャーの絵のような絶壁擁壁から覗いた世界。

   1225_蟹ヶ谷01

   1226_DSC04751_01
 (住所:神奈川県川崎市高津区蟹ケ谷97−91近辺)

1224_DSC04761_1
井田伊勢台公園から、地形との関係が一番綺麗に見えた武蔵小杉の超高層ビル群。こうしてみると超高層ビル群だけじゃなくて、多摩川低地に広がる街街の横に伸び繋がる凄さも感じる。右端に見えるのは鹿島田の超高層ビル群。

1224_DSC04784_1
(住所:神奈川県川崎市中原区井田3丁目15-10近辺)

1224_DSC04730_1
井田山からの風景は凄い、手前には畑、2階屋根、その向こうに低地と武蔵小杉超高層ビル群が見える。この風景落差がこの場所の特徴。

1224_DSC04728_1
(住所:神奈川県川崎市中原区井田3丁目30-16近辺)

1217_DSC00707_1
ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のロケ地なんだけど、興味があるのは建物じゃなくて、階段とその先の谷間風景。菊名の地形もオモシロイ。横浜線ホームからも見えるところでした。

      1217_DSC00735_1

1217_DSC00729_1

1217_DSC00716_1
(住所:神奈川県横浜市港北区篠原北近辺)

1107_DSC06657_1
南区・平楽の丘との段差にはいい坂が多い。ここは大坂の脇坂階段。高低差もあるし長く緑地帯と住宅地を通る。上の方と下のほうで風景も照明の色も変わる。

      1107_DSC06655_1

      1107_DSC06665_1

      1107_DSC06661_1
(住所:神奈川県横浜市南区八幡町55-11近辺)

1106_DSC06684_1
南区・平楽の丘の尾根道からみえる蓮池坂の谷間。昔に坂の下にハスの咲く池があっと言われる蓮池坂。その蛇行道が植栽で隠れているが、谷間の地形と蛇行道、その先の景色がとても美しい。

1106_DSC06680_1

1106_DSC06715_1

      1106_DSC06716_1
(住所:神奈川県横浜市南区平楽139近辺)

      1017_DSC06628_1
大変長いアーケードの横浜橋商店街には横丁、横浜橋市場がある。内臓類を扱う肉屋、韓国食材店の看板がみえ、飲み屋もありカラオケの音も漏れてくる、いい感じの路地だ。

1017_DSC06623_1

      1017_DSC06632_1

1017_DSC06620_1
(住所:神奈川県横浜市南区真金町1丁目4-3近辺)

      1017_DSC06616_1
ハマの台所と呼ばれた横浜橋商店街の脇道。アーケード街は裏道や脇道がオモシロイ。路地に数件のお店があり、電線の影が美しかった。(住所:神奈川県横浜市南区真金町1丁目3-1近辺)

1017_DSC06639_1
ハマの台所と呼ばれたていた、横浜橋通商店街。夜見る世界は長く伸びるアーケードが美しい。丁度店が閉まり、何件か空いていた時間帯だが、賑わった後の感じもまたいい。

1017_DSC06633_1

1017_DSC06606_1

1017_DSC06611_1
(住所: 神奈川県横浜市南区高根町1丁目4-1近辺)

0923_DSC06649_1
横浜橋商店街アーケードを抜けた先にある三吉橋商店街。さらに高速道路を潜ると商店街続く。商店街の続きを川と高層道路がまたいでいる感じだ。高速道路が借景の商店街。

0923_DSC06635_1

0923_DSC06636_1
(住所:神奈川県横浜市南区中村町3丁目187−7近辺)

↑このページのトップヘ