夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ: 神奈川県

0115_DSC06097_1
実は裏山にある墓地の横から、下ると面白い總持寺参道。日常と非日常、聖と俗の境界が参道や門を潜るところで徐々に感じる。反対側からは鶴見駅からの帰宅者が結構通っているこの通り。

0115_DSC06092_1

0115_DSC06095_1

0115_DSC06101_1

0115_DSC06103_1
(住所:神奈川県横浜市鶴見区鶴見2丁目1近辺)

      0114_DSC06128_1
京急鶴見駅近くの商店街通り、斜め天井の屋根。金属なんだけど、いい感じに古びて、木製に塗装しているかにも見える。街区で分断されている配置もどこかいい。

0114_DSC06123_1

0114_DSC06125_1
(住所:神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4丁目7−12近辺)

0105_DSC05996_1
菊名4丁目、緩やかに見えるが23m前後ある高低差のほぼ完ぺきなスリバチ地形。下末吉台地には幾つも谷間があり、囲み方や見え方も違う。緩やかな斜面にみえるが建物がぎっしり詰まったスリバチ地形。遠くに見える超高層は、幾つかの台地を越えた新横浜駅近くの新横浜プリンスホテル。

   0105_菊名地形_01
(住所:神奈川県横浜市港北区菊名4丁目13-30近辺)

DSC05983_1
中高層のややデカいマンションの横にある長い階段。階段と階段の間にスロープ通路もあり高低差もなかなか。上のほうの荒々しいコンクリ擁壁が横にあり、上から眺める景色も美しい。階段の長い線と斜線、対岸斜面線が関係していて面白い。

      DSC05982_1

DSC05984_1

DSC05981_1

      DSC05986_1
(住所:神奈川県横浜市港北区菊名4丁目14-19近辺)

1226_DSC05995_1
下は横浜線トンネル、上の綱島街道、ちょうど堤防みたいな地形のところ。ここらからの景色もいい。北西方向、反対側の南東方向、どちらも面白い景色だが特に北西方向の菊名駅方面、線路の線と地形の稜線とで風景が切り取られて面白い。

1226_DSC05991_1

1226_DSC05993_1
(住所:神奈川県横浜市港北区菊名3丁目19−29近辺)

DSC06032_1
がけ擁壁で囲まれた小さな谷間地形。その向こうにも下末吉台地の幾つもの囲まれた谷間地形がある。目の前のスリバチ世界観、その向こうに広がる地形群がいい。

馬場3丁目_01
(住所:神奈川県横浜市鶴見区馬場3丁目23−19近辺)

1204_DSC06060_01
階段の高低差で約25m、ビルだと8階建てくらい高低差。階段からみる低地は絶景の景色だった。下末吉台地の複雑な斜面や高低差が感じられる。一番遠くに見える2本の白い塔は、京浜工業地帯のJERA横浜火力発電所。

      1204_DSC06061_1

1204_DSC06057_1

      1204_DSC06066_1

1204_DSC06064_1

1204_馬場4丁目階段の地形_1
(住所:神奈川県横浜市鶴見区馬場4丁目10−16近辺)

  1130_DSC06039_1
下末吉の「入江川上流部の谷」。周辺ではやはりここの景色がいい。階段越しにみえる谷間と下末吉台地の地形が感じられる。程よく囲まれた谷間、斜面の住宅街。台地上に鶴見配水池配水塔(ねぎ坊主)がみえる。

      1130_DSC06050_1

1130_DSC06046_1

1130_DSC06044_1
(住所:神奈川県横浜市鶴見区馬場4丁目17−11近辺)

1130_DSC06052_1
少しはなれたところ。馬場町公園のところから見る谷間。台地上に鶴見配水池配水塔(ねぎ坊主)がみえるところもいい風景。

1130_DSC06055_1
(住所:神奈川県横浜市鶴見区馬場4丁目15−10近辺)

   1124_DSC06014_01
鶴見区馬場の下末吉台地、馬場花木園の谷間を取り囲む地形。通りぬけられるクランク階段は、踊り場で住宅専用階段にも分岐したりと繋がりも面白い。下末吉台地の地形越しの遠方に、横浜みなとみらいのビル群が見えて、景観も素晴らしい。

     1124_DSC06019_1

      1124_DSC06021_1

      1124_DSC06023_1

      1124_DSC06024_1
(住所:神奈川県横浜市鶴見区馬場2丁目32−2近辺)

      1121_DSC06010_1
鶴見区馬場の下末吉台地、入江川の谷間降りる階段。風景も階段も素晴らしい。長く蛇行する階段、その先にはスロープがあるほどの高低差、個人宅に繋がる階段もいい。

      1121_DSC06002_1

1121_DSC06009_1

      1121_DSC06008_1

      1121_DSC06000_1

DSC06012_1
もう少し上からみる谷間風景、対岸の町並みの灯りがいい。その先にも谷間があり、もっと先のビルの頭が見える。(住所:神奈川県横浜市鶴見区馬場2丁目23−35近辺)

      0208_DSC06423_1
若松町にあるビル脇横丁のトニービル飲食街。看板がカワイイ。ビル1階に入る飲食店。雨にぬれた路地が美しい。

      0208_DSC06416_1

      0208_DSC06421_1

      0208_DSC06414_1
(住所:神奈川県横須賀市若松町1丁目19近辺)

DSC04653_1
台地の脇に流れていた松の川、1992年にはすべて埋められ、約2.1kmの松の川緑道に。台地の湧水をとりこみながら、緑のトンネルあり、いい感じの階段ありと歩いて楽しい風景がある。

DSC04662_1

DSC04671_1

      DSC04700_1
(住所:神奈川県横浜市港北区下田町1丁目3−1近辺)

      0202_DSC06434_1
横須賀市若松町のビル街にいい感じの路地がある。遅い時間帯のため店が閉まっていたが、テントが路地を覆い、道も少し曲り、両側の建物の表情もいい。

0202_DSC06425_1

      0202_DSC06429_1

      0202_DSC06430_1
(住所:神奈川県横須賀市若松町1丁目2近辺)

   DSC04842_1
高低差30mの台地上にたつ高田天満宮。樹木も多く遠方が見えないが参道から高低差で広がる風景がみられる。この辺りの地形はなかなかいい眺めだ。

DSC04831_1

DSC04848_1

DSC04850_1
(住所:神奈川県横浜市港北区高田西3丁目25-1近辺)

      0128_DSC06389_1
横須賀の若松マーケットエリア、メインの広い通りの裏側にも路地やビル内通路がある。迷宮的都市空間になっていて歩いているだけでも楽しい。

      0128_DSC06300_1

      0128_DSC06308_1

0128_DSC06302_1

      0128_DSC06303_1

      0128_DSC06361_1

      0128_DSC06404_1

      0128_DSC06329_1
(住所:神奈川県横須賀市若松町3丁目13近辺)

   DSC06274_1
長屋・屋根の暗い町並みに対して、路地に漏れる提灯の灯り風景がとても美しい。崖の上の公園から一番広い通路をみる。提灯灯りと長屋建物の表情がいい。裏から屋根越しにみえる長屋町並姿もいい。路地に降りたまた別の世界に。

DSC06284_1

DSC06295_1

DSC06368_1

DSC06383_1
(住所:神奈川県横須賀市若松町3丁目16近辺)

   0120_DSC06409_1
雨にぬれていたこともあがる、交差点の歩道白線に目を惹かれる。斜めの交差の交差点なのに綺麗にシンメトリに見える。グラフィックみたいだ。(住所:神奈川県横須賀市若松町3丁目5近辺)

   DSC05990_1
追浜、鷹取川の水路風景。塀から飛び出るフレームの植栽風景がいい。水路の境界表現はなかなかおもろしくなる。

DSC05988_1

DSC05991_1
(住所:神奈川県横須賀市追浜本町1丁目38近辺)

DSC05987_1

      DSC05982_1
その近くの川の景も美しい。

0118_DSC06206_1
猿海山龍本寺がある山の途中、若松公園上の階段からみる、崖下の若松マーケット。高低差ある風景で、長屋・屋根の暗い町並みに対して、路地に漏れる提灯の灯り風景がとても美しい。

   0118_DSC06225_1

      DSC06225_01
(住所:神奈川県横須賀市若松町3丁目16近辺)

     0118_DSC06266_1
猿海山龍本寺の山上から墓地越しに横須賀中央駅前を見下げる。手前が若松町、奥に広がるのが大滝町と小川町。それぞれ町のビル、その灯りに違いがでていて面白い。大滝町にある地上38階ザ・タワー横須賀中央が1本だけ貫にでた高さだ。(住所:神奈川県横須賀市深田台10近辺)

↑このページのトップヘ