夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

カテゴリ: 神奈川県

0312_DSC04030_1
周囲は高層ビル群、背後に線路がある、横浜市中央卸売市場の場外卸業者店舗。よく残っているというかヘタ地的なのか。横浜は海の近くからか、都市のヘリ際に不思議な建物群が残っている。

0312_DSC04036_1
(住所:神奈川県横浜市神奈川区栄町17-5近辺)

0301_DSC07028_1
昔はもっと危険な感じだった福富町。それでも看板や町の灯りは十分いまでも怪しい。ははね出し庇の金属天井に光が反射する、それがこのあたりの特徴。

0301_DSC07026_1
(住所:神奈川県横浜市中区福富町西通5−7)

      0302_DSC07029_1
老舗BAR 1950年開店の「クライスラー」。2階への階段写真が美しく行ってみたかった。

0302_DSC07034_1
中は圧倒される壁面の展示、高い天井のアンティークなトレイやラベルでぎっしりつまっていた。オーダーアーチの家具も凄い。帰りに気がついたが階段の写真は綺麗だが壁天井はシート張りだった。(住所:神奈川県横浜市中区福富町西通5−5)

   0222_DSC07019_1
3,4年ぶりにいった都橋商店街。ここは1964年の東京オリンピック開催時に、野毛本通りの街並みを美しくするために、露店・屋台を取り込んだ長屋風の飲み屋街。店も新しくなって川に向ってのガラスも増えてきた。久しぶりだが改めてみると、長い商店街の円弧の美しさが際立つ。その線で流れる看板とテントが線が美しい。

0303_DSC07012_1
1階のお店は、6畳くらいの広さ。それでもカウンター椅子に、そのうらにスタンディングで人が入る。

0303_DSC06995_1
階のお店は中がみえないところが多く、川との関係がいい。

   0303_DSC07045_1
川にうつる虚像をきれいに撮り込めた。川に閉じていた1階店舗が行くたびに、ガラス越しに光がみえる店が増えていく。(住所:神奈川県横浜市中区宮川町1丁目1)


0126_DSC04160_01
横浜市神奈川区子安の京浜工業地帯の運河に面する舟屋集落。近くの看板には、わが町 かながわ 50選 「子安浜と漁船」で昔ながらの漁船の風情と、現在のビルが共存する風景とある。立体箱構成のバラック建築の凄さは、水路反対側からの風景が最高である。

   0126_DSC04156_01

0126_DSC04166_1
舟屋と舟屋の間には隙間があり、そこから船着き場へ通れるようになっている。

  0126_DSC04154_1
橋から見える風景も凄い。(住所:神奈川県横浜市神奈川区子安通1丁目174-9近辺)


0127_DSC04108_1
この辺りは、船宿はコンクリートの倉庫群の上に増築しているタイプである。同じエリアながら少し建て方、構成が違う。

0127_DSC04127_1


0127_DSC04124_1


0127_DSC04111_1
(住所:神奈川県横浜市神奈川区子安通1丁目93-5近辺)

0117_DSC04305_1
国道駅近くのガード下住居。どんどん耐震補強で改装されているなかで、ここだけは、そのまま残されている。いい具合な増築の形態が集落みたいにみえてくる。

   0117_DSC04296_1
青い鉄骨に駅、電車の灯りと混在する近未来風景みたいだ。

   0117_DSC04311_01
(住所:神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央5丁目31−19−2近辺)

      0105_DSC04248_1
生麦駅近くのときわ小路。鉄骨屋根がついた小路、後から付けたような感じだが、看板も含めていい感じに収まっていていい。

      0105_DSC04255_1
(住所:神奈川県横浜市鶴見区生麦3丁目3-30近辺)

0102_DSC04379_1
第一京浜の道路に面する表出入口。道路に面する街の彩りが、トンネル型アーチの中に入ると世界がかわる。なかなか貴重な駅である。

   0102_DSC04385_1
(住所:神奈川県横浜市鶴見区生麦5丁目12 -13近辺)

   1230_DSC04323_1
反対側の裏出入口は青いガード下があり、構造物的、取り合わせがカッコいい。

   1230_DSC04315_1
(住所:神奈川県横浜市鶴見区生麦5丁目25−11 近辺)

0122_DSC04361_1
トンネル型アーチの中に入ると世界がかわる。通路に面してお店があり、駅機能も通路脇から入る。

0122_DSC04341_1


   0122_DSC04352_1
駅改札入ると階段、反対側のホームにはアーチ吹き抜けの通路と立体交差している。

   0122_DSC04392_1

   0122_DSC04363_1
(住所:神奈川県横浜市鶴見区生麦5丁目12 -13近辺)

1229_DSC04069_1
横浜市中央卸売市場の周辺にある、長屋店舗群。道路が線路を潜るために下がり、裏から見ると壁面がオモシロイことになっている。連なる壁が開口部も少ないこともあり、遺跡の壁のようでもある。

1229_DSC04061_1


   1229_DSC04065_1

0323_DSC04051_1
反対側というか表側もいい感じだ。(住所:神奈川県横浜市神奈川区栄町89 近辺)

1228_DSC04233_1
生麦駅近く、夜の生花店。ガラス向うの花々の色が美しい。黄色、オレンジ、赤、紫、青と様々花。その向こうの木製建具、手前のアルミサッシと絶妙なバランスの美しさだ。(住所:神奈川県横浜市鶴見区生麦1丁目11−8近辺)

1227_DSC04202_1
京成新子安駅前にある神奈川産業道路の円形スロープ。道路の高低差を繋ぐ、円形で綺麗なスロープ、駅前にあるのは珍しい。構築物として美しいが、円形の丸い広場は車の方向転換にしか使えない。もったいないともいえるが、都市の隙間としてどこか魅力的でもある。(住所:神奈川県横浜市神奈川区子安通2丁目249近辺)

1225_DSC04094_01
横浜の反町から横浜市中央卸市場、子安、生麦、国道まで歩く。純粋な夜散歩として実に数か月ぶり。その分、見るものが新鮮にみえてくる。写真は入江川にかかる橋「ほのはし」、その下の水の流れ、船止めの丸石、そこに反射する街灯りがとても綺麗だった。(住所:神奈川県横浜市神奈川区神奈川2丁目4−4近辺)

1102_DSC00636_1
菊名駅近くにある、菊名ウエストモールのバタフライルーフお互いの屋根が繋がった感じなのか、もっと長かったのがここだけ残ったのわからないが、木造アーケード部分もバタフライルーフ、珍しいタイプ。

  1102_DSC00647_1

  1102_DSC00649_1

  1102_DSC00659_1
(住所:神奈川県横浜市港北区篠原北1丁目1−7近辺)

1016_DSC00224_1
田園都市線の藤が丘駅前にある藤が丘ショッピングセンター。後ろ側から入って知った建物だが、なかなか面白い。駅前なんだけど70、80年代の高速道路サービエリア建物の要素が満載。外側テントがそう思わせるのか、中廊下のトップライトもいい感じだ。

1016_DSC00230_1

1016_DSC00218_1

   1016_DSC00213_1

1016_DSC00190_1

  1016_DSC00198_1
(住所:神奈川県横浜市青葉区藤が丘2丁目5−27近辺)

   1012_DSC02742_01
1959年に現在の三笠ビルが完成とあるように、中通路がある商店街共同ビル。写真のところはそうでもないが、地図でみると裏側はバラバラで、作り方や成立に興味がわく。表は綺麗だが、うらの表情がこれまたいい感じだ。傘が架かった窓なんかいい演出でもある。(住所:神奈川県横須賀市大滝町2丁目25近辺)

   1011_DSC00104_1
横浜市緑区主催の「スマートイルミネーションみどり なかやま幻影横丁Part2―宇宙からの使者―」の街並み風景。イベント時で、照明を赤く入れ替えただけなのに、夜の街は面白く、少し危ない色に変わる。

   1011_DSC00557_01

1011_DSC00594_1
(住所:神奈川県横浜市緑区台村町188近辺)

     0815_DSC02632_1
横須賀中央駅近く、商店街の裏にある緑が丘。丘というより小さな山、階段の形が面白い。斜面による微妙な高さの違いで、接合部分が面白い。商店街の裏側風景が見えるのも裏山ならでは。(住所:神奈川県横須賀市緑が丘5近辺)

     0814_DSC02607_1
横須賀ドブ板通りの一本奥の通りにある金龍 大黒湯。大の字がとれているが、シンメトリーな曲面壁のタイル、2階はガラスブロックとなかなか現代的なデザインだ。3階の手摺はよく見ると一部が土管のようだ。なかなかいい立ち姿をしている。ネットで調べていると、金曜ナイトドラマ「セカンド・ラブ」亀梨くんが演じる平慶のアパートは、この建物のようだ。(住所:神奈川県横須賀市本町2−21エリア)

0507_DSC07374_1
川崎市で、東芝工場と川崎競馬場の厩舎に挟まれた幸区小向町にある小向マーケット。平屋の木造アーケードで、ところどころ屋根バルコニーは朽ちてなくなり、細長い階段室だけが残り、それが特徴的な集落を作っている。中通路の感じもとてもいい。少し遅過ぎる時間帯だったので店は閉じてしまったし、暗くて木造トップライト屋根が見えないが、万国旗が間接照明のように光っていて、これまた不思議な商店街だったりする。


0507_DSC07402_1



   0507_DSC07336_1


     0507_DSC07386_1  
(住所:神奈川県川崎市幸区小向町7−3)

0504_DSC07444_1
夜の河原団地に行ってきた。建築の歴史でも出てくる建物だが、やはり団地マニアの人達の話が面白く行きたくなった。やはり逆Y型住棟の中側の吹き抜けも凄いが、この下部がセットバックした外壁面が気になった。

窓と壁とのバランスが違う。みえる窓の比率が少ない、上部もそうさがわりと部屋の中がみずらい。ゆえに中の人もあまりカーテンを閉め切らなくてもいい感じで、ところどころ光りが漏れている。その漏れる色が実はとっても多彩な色であることが写真にして判った。



   0504_DSC07451_1


   0504_DSC07436_1
   (設計:大谷幸夫 住所:神奈川県川崎市幸区河原町1近辺)

0413_DSC07419_1

多摩川土手近くにある県公社戸手団地。そのグラフィカルな改装がいい。

台形デザインの使い方がいい。


0413_DSC07422_1

賛否はあるだろうが、こういった色分けは失敗例が多いなか、いい解決案のような気がする。


0413_DSC07429_1

長手方向はストライプで短手方向の側面がこんな感じだ。
(住所:神奈川県川崎市幸区戸手4丁目3)

↑このページのトップヘ