夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ: 神奈川県

DSC08922_1
都筑ふれあいの丘駅の西側は緩やかに下がる丘。高山あかしあ公園や地下鉄上の駐輪場など、ぬけがある先で借景風景が広がる。谷間先の丘陵、遠方の稜線、間の高すぎる鉄塔がスケールがズレるところが面白い。

DSC08934_1
(住所:神奈川県横浜市都筑区高山9−23、高山7−3近辺)

      DSC08886_001
池辺町の畑から見える鉄塔、二つ目の鉄塔が中で重なる。影絵から図法のようなきれいな模様になった。トリミングでも見え方が変わる。

      DSC08886_0001
(住所:神奈川県横浜市都筑区池辺町1436−4近辺)

1102_DSC07014_1
大豆戸町と大倉山の丘陵上にある大豆戸堀上公園のY字路。真ん中に大きな木があり、右は階段、左は坂道で下ってゆく立体Y字路。背後の低地が左右で繋がる、豪快な借景Y字路。(住所:神奈川県横浜市港北区大倉山1丁目32−3近辺)

   1029_DSC07075_1
樽町の丘陵斜面、新幹線トンネルの脇の曲がり階段付きの坂。曲がった先の低地風景が続く豪快な坂道風景。

      1029_DSC07072_1

   1029_DSC07092_1
(住所:神奈川県横浜市港北区樽町1丁目7−14近辺)

1027_DSC07009_1
大豆戸町の丘陵、階段脇道から見る段差風景。手前の擁壁段差の緑色と対比するマンションの灯り、そして遠方の低地と丘陵。切り取りもあるがどこか囲まれた世界を覗いた感じの風景。(住所:神奈川県横浜市港北区大豆戸町17−11近辺)

DSC07122_1
大曾根の丘陵の複雑な地形の窪みを高い位置から覗く。丘陵の複雑なヘリ際がなんとなく感じられ、遠方の斜面都市と鉄塔が輝いて見える。

   大曾根から_1
(住所: 神奈川県横浜市港北区大曽根1丁目2−6近辺)

1023_DSC06988_1
太尾市之坪町会子供の遊び場、面白い名前の広場。旧町名で太尾町字市之坪とよんだようだ。建物は市之坪町会事務所でウラガワのトタン壁で接し、ライトアップ。広場の遊具とトタン壁の並びが美しい。(住所:神奈川県横浜市港北区大倉山1丁目30−6近辺)

DSC06994_1
大倉山と大豆戸町の境にある高低差ある階段。ほぼ直線状で約22m上がる豪快な階段。下から+8m、12m、16m、22mと見える景色も変わる。

DSC06999_1

DSC07005_1

DSC07007_1

DSC07011_1
(住所:神奈川県横浜市港北区大倉山1丁目31−5近辺)

1018_DSC07045_1
師岡神社の北側に師岡貝塚の権現山がある、すぐ北に抜け道みたいなところから広大な地形と風景が見える。北斜面が暗く見え、谷間の先の南斜面が明るい。それなりの高低差なのに左右水平が広大な風景。その斜面下、崖地からの斜め風景もいい。

1018_DSC07059_01

   1018_師岡町から_1
(住所:神奈川県横浜市港北区樽町1丁目4−11近辺)

1013_DSC07114_01
大倉山駅から近く、台地を東急東横線が切り取り。大曾根の高いところから対面する窪地を見る。住宅の灯りと緑と地形が美しい斜面都市。

1013_スリバチ地形_1
(住所:神奈川県横浜市港北区大曽根1丁目2−2近辺)

DSC07129_1
大倉山の商店街、街角Y字路のとんかつ屋。隅切り壁に街灯の影が映り込み美しい。左側はほとんど影で見えないくらい、左右のコントラストもいい。(住所:神奈川県横浜市港北区大曽根1丁目15−10近辺)

DSC07142_1
大倉山駅の西側、大倉山・大曾根台の丘陵をずっと上がってゆく坂。約34m(ビル11階分)上がった所から、今度は11m(ビル3.5階分)下がる4住居にアプローチする3つの階段。背後に丘陵地形の谷間と低地の絶景を背負う。

DSC07136_1

DSC07143_1

大倉山から02_01
(住所:神奈川県横浜市港北区大曽根台1近辺)

DSC07092_1

新幹線から見える樽町丘陵斜面に建つ、凄い人工地盤上のアパート群。人工地盤上の外部通路2階部分を壁で囲い、その他にフレーム内を増築していて凄い構成。斜面上がってみると駐車場上に人工地盤、5つの荘を鉄骨通路で結ぶんでいて、ちゃんとした計画的建物群だった。

DSC07082_1

   DSC07079_1

DSC07054_1

      DSC07068_1

   DSC07066_1

      DSC07063_1
(住所:神奈川県横浜市港北区樽町1丁目近辺)

DSC07048_1
樽町の丘陵斜面で見つけた影絵。斜面地ならでで2階階段の高い灯りから、対岸の1階塀にうつる防犯カメラと街灯。向い合い語り合っているようにも見える。(住所:神奈川県横浜市港北区樽町1丁目近辺)

DSC07052_01
樽町の丘陵斜面から見る鉄塔と電線。たまたま下のビルの灯りで電線の並びが光り、不思議な美しい風景。よく見ると左の赤白鉄塔からズレる線が見える。右の鉄塔と別の鉄塔にも電線がのびている。(住所:神奈川県横浜市港北区樽町1丁目8−3近辺)

1004_DSC07017_01
複雑な下末吉台地、師岡町の丘陵から南谷戸の谷間を見る。対岸も師岡町で一番高い所だけが獅子ケ谷市民の森。緑の斜面にマンションの明るい灯り、手前の住宅群の屋根で埋め尽くされ、地形で囲まれた世界が見える。

1004_DSC07020_1

1004_地形_1
(住所:神奈川県横浜市港北区師岡町361−6近辺)

      1003_DSC07030_1
下末吉台地の囲まれた地形、いの池前にある師岡熊野神社。参道の灯籠が美しく、参道階段の上りと大きな木で昇天する感じだ。上がった先は暗めで本殿が幻想的な灯り。振り返った参道見下ろしはこの場の地形が見えてくる。

1003_DSC07032_1

1003_DSC07033_1

1003_DSC07041_1

   1003_DSC07039_1
(住所:神奈川県横浜市港北区師岡町1137近辺)
師岡熊野神社:724年に創建で1200年以上の歴史、横浜北部の総鎮守。和歌山県の熊野三山を崇拝する熊野信仰の関東での拠点。

      1002_DSC07023_1
下末吉台地の囲まれた地形、師岡熊野神社に向かうにはこのルートで。下る道は斜面の杜で緑のトンネル。暗い森の階段坂だが、緑の空間が高い。降りた先は神社参道の灯りを受けて、いの池弁天社、そして参道へ。

1002_師岡神社と池_1

      1002_DSC07022_1

1002_DSC07024_1

1002_DSC07026_1

      1002_DSC07029_1
(住所:神奈川県横浜市港北区師岡町1099近辺)

0929_DSC07144_01
大倉山駅の西側、丘陵をずっと上がってゆく坂。約18mでビル6階分上がった所(先は40mまで上がる)、凄い坂の曲がり角を振り返る。オレンジ色のアパートの立ち姿いい。左右に広がる風景を背負いながら。坂途中の白く光る駅風景もいい。

0929_大倉山2-2_1

0929_DSC07132_1

0929_DSC07145_1
(住所:神奈川県横浜市港北区大倉山2丁目1−2近辺)

      0910_DSC06147_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。日吉本町2丁目と6丁目の窪地に降りる曲がり階段。曲がって景色も動いてゆく。階段上駐車場から覗くと地形もみえてくる。

      0910_DSC06148_1

0910_DSC06149_1

0910_日吉本町_1
(住所:神奈川県横浜市港北区日吉本町2丁目58−12近辺)

↑このページのトップヘ