夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 江東区 

0319_DSC09431_1
正確に言うとY字路部分、商店街に面する五差路。いい感じの分かれ道、左右の道が綺麗に見える。真ん中平屋のお花屋、華やかな感じが真ん中で主役になる。(住所:東京都江東区亀戸5丁目11−5近辺)

0317_DSC09498_01
装飾テントおそるべし。いろんな形がある、徳利型の装テンだった。オレンジと黄色の色構成もいい。人が下を通れないくらい高さが低い。看板建築よりも看板としてつかているようだ。

0317_DSC09497_1
(住所:東京都江東区亀戸3丁目23-6近辺)

DSC06879_1
広く緩やかな江東南砂団地。建物棟もいくつもあり、有機的に45度でギザギザしているとこがあり、1階に店舗が入っている。その店舗と関係するよにオープンスペースに独立店舗群もある。

DSC06877_1

DSC06884_1

DSC06868_1
(住所:東京都江東区南砂2丁目3−16近辺)

     0208_DSC07125_1
亀戸駅に併設するような通り。駅近くでは珍しい片側がビルの裏側で配管ばかりの通り。どこか隠れている感じがする一本道の通り。

      0208_DSC07127_1
(住所:東京都江東区亀戸6丁目60−4近辺)

0205_DSC07063_1
都電砂町線跡地の大島緑道公園。暗渠緑道と少し景観が違うところが面白い。公園は終わるところ、堅川の高速道路がゲートになっていた。(住所:東京都江東区大島3丁目7-8近辺)

DSC07117_1
亀戸駅近くの京葉道路と明治道路の交差点、8角形の横断歩道橋が交差点にはまっている。階段踊り場からみえる隙間風景が美しかった。(住所:東京都江東区亀戸6丁目26−3近辺)

   0201_DSC06936_1
仙台堀川を渡る越中島支線の鉄道橋。ブルー色ガードで風のない水辺に綺麗にうつる。その間を渡るのが浮橋。満ち引きがあるのともともとガードが低いためのようだ。2つのガード突き抜ける。(住所:東京都江東区南砂1丁目22−12近辺)

      0131_DSC06991_1
北砂5丁目団地の8棟中の半分の4棟が、センタースキップコリダー棟。メゾネット型で廊下が半階ずれて、上下に階段でアプローチするタイプ。全体に吹き抜けていて小さな窓が重なり集落みたいだ。

     0131_DSC06999_1

   0131_DSC06988_1

0131_DSC07015_1
緩やかな配置計画、真ん中に直線ツィンコリダー棟の2棟。左右に繋がった3棟がある。14階からの風景もいい。廊下・バルコニー側の光の量が違う。

DSC07005_1
(住所:東京都江東区北砂5丁目20近辺)

      0129_DSC07107_1
亀戸駅の近く、京葉道路と明治通りの交差点の一角に不思議なエリアがある。大通りから入って曲がるとさらにL字に曲がる路地がある。貴重なビル裏のL字曲り路地だ。

      0129_DSC07070_1

   0129_DSC07097_1

   0129_C07083_1

0129_DSC07111_1
(住所:東京都江東区亀戸6丁目26-11近辺)

0129_DSC07080_1
亀戸駅の近く、大通りの京葉道路と明治通りの交差点の一角エリアに不思議なところある。まずは大通りからの入り口、ビルの隙間の先に長屋のような飲屋が並ぶ。反対側の大通りへの出口の風景もなかなかだった。

0129_DSC07113_1
(住所:東京都江東区亀戸6丁目26-5近辺)

0128_DSC07024_1
砂島橋から見る小名木川。少し高い位置ということもあるが、直線川の視線が通る。周囲のビル灯りも美しい、東西方向で写真に写る感じも寒暖色になる。

0128_DSC07023_1
(住所:東京都江東区大島5丁目21 -14近辺)

0126_DSC06894_1
東陽町駅から少しいったところにある江東南砂団地。かなり敷地が広く緩やかな構成。真ん中にツインコリダー棟が4棟あり、外側の角度ある棟が蛇行道みたいに繋がり真ん中をひょうたん型のように囲う。輝かしい未来が少し見える計画だ。

0126_DSC06891_1

0126_DSC06903_1

DSC06897_1
(住所:東京都江東区南砂2丁目3−8 近辺)

0125_DSC06913_1
横十間川と仙台堀川の水路交差点にある横十間川親水公園 野鳥の島。人工に島なんだけど、木木が覆い尽くして雰囲気な島になっている。日本庭園の神島とはこういったものかもしれない。

0125_DSC06911_1

0125_DSC06910_1

0125_DSC06916_1
(住所:東京都江東区南砂1丁目1-2近辺)

0124_DSC06908_1
葛西橋通りを潜る横十間川親水公園のところ、道路を潜る歩道の流れも美しいが、その上に歩道にある木が街灯で美しく輝いていた。何の木だろう、丁度真ん中あたり、向こうとこちらに、光輝きまるでオブジェか彫刻にもみえる。(住所:東京都江東区南砂2丁目8−9近辺)

0123_DSC06978_1
元気な商店街の砂町銀座商店街。店がしまっている時間帯だが行くとイルミ状態だった。いつまでやっているのか常設なのかわからないが、一変していた。それでも真ん中ぐらいに、外部ビニールテント飲み屋。どちらも光が美しい。

0123_DSC06986_1

0123_DSC06954_1

0123_DSC06972_1

0123_DSC06968_1
(住所:東京都江東区北砂4丁目18-15近辺)

      DSC07036_1
離れた駅からのアプローチだったからか、繁華街と反対側から入る大島駅近くの中央銀座の看板門。周辺の建物に少し浸食されている感じもなぜかいい。

DSC07030_1
(住所:東京都江東区大島5丁目3-3近辺)

      DSC07056_1

大通りの門からもいい写真になってしまった大島駅近くの中央銀座。

DSC07054_1

      DSC07037_1

      DSC07048_1
最近のなかで一番惹かれた風情の商店街の通り。(住所:東京都江東区大島5丁目7−2近辺)


0111_DSC06888_1
東陽町駅から少しいったところにある江東南砂団地の直線棟。広く幾つのタイプの建物で全貌がつかめないが、この光の漏れ方が美しい。高めの腰壁パネル、上下左右のスリットが幾つかのパターンで光っていて、何かの機械基盤のようだ。

   0112_DSC06857_1
滑り台はタコのメタファーか、オブジェみたくてカッコいい。

   0112_DSC06860_1
(住所:東京都江東区南砂2−3−14近辺)

DSC02350_1
門前仲町の永代通りに面する佐藤光彦設計の「おか田ビル」。1、2階店舗で3階から住居という感じなのか。街並みに対しての解決案として、前面に階段を持ってきている。直階段から螺旋階段と変わる。なかなかいい外部空間をつくる。

      DSC02354_1
(住所:東京都江東区富岡2丁目1−10近辺)

DSC02479_1
隅田川が月島でY字に晴海運河とわかれ、川幅が広くなる交差点。左側には大横川との水門がある。真ん中の島が月島の高層ビル群、その右が中央大橋。隅田川の水路交差点は広いオープンなスペースを生み。建物で埋め尽くされている東京風景の巨大な隙間を生む。(住所:東京都江東区永代1丁目7−7近辺)

DSC02490_1
近くの永代橋のウラガワの風景もいい。

   1202_DSC02457_1
永代通り福島橋から南側、大島川西支川の上にあるパイプ。おそらくは水道関連か。右側の中華そば「おはる」から始まる街並みが、水路街並みを少し感じさせる。実際はどんどん新しい建物だし、水路との間に新しい護岸でどんどん水辺が遠い。遠景には高層ビル群も見える。中華そばおはる、今年の夏あたりまでやっていたようだが、どうやら閉店みたいだ。

1202_DSC02450_1
(住所:東京都江東区永代1丁目11−11近辺)

↑このページのトップヘ