夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 江東区 

0208_DSC07972_1
ららぽーと豊洲のドック前にある、スケートリンクのためのテント群、実に楽し気である。その先のドックもそうだけど作らてた当時よりもだんだんいい界隈空間になってきた。

0208_DSC07969_1

0208_DSC07947_1

0208_DSC07937_1
(住所:東京都江東区豊洲2丁目4−9近辺)

0203_DSC08282_1
紅葉飾り舞う住吉銀座商店街、なかなか賑やかさを演出する通り。その向こうにぬぼーと部分的に光るスカイツリー。見慣れた塔の見慣れない姿、まるで行灯。それが紅葉飾りとの対比で面白いことに。

0203_DSC08285_1

0203_DSC08287_1
(住所:東京都江東区住吉1−15−10近辺)

DSC07994_1
タワーマンション ガレリアグランデのアプローチ前庭。建物横の水盤より列柱の築山のデザイン、その向こうの緑の地形デザインが良かった。築山も夏は頭から水が流れるようだが。

DSC07990_1

DSC07988_1
(住所:東京都江東区有明1丁目2−11近辺)

      0124_DSC08109_1
辰巳の森海浜公園の蛇行道にある樹木群。常緑樹と落葉樹の混合で色合いも様々で美しい。中でも幾つかの街灯の位置の違いにより多方向に影が落ちる。重なった影にいろいろな色があって楽しい。

      0124_DSC08111_1
(住所:東京都江東区辰巳2丁目1-35近辺)

0123_DSC08001_1

0123_DSC08007_1
東雲ジャンクションを北側から。中央分離帯が広くあり、じっくりと近づける。曲面ガードと対比する橋脚の柱梁が、ミニマルアートのように美しい。

0123_DSC08012_1

0123_DSC08026_1

0123_DSC08032_1
一度離れてから交差するガード、捻じるカタチが面白い。多いタイプの繋がり方と思ったが実は少し違うジャンクション。

0123_DSC08036_1

0123_DSC08043_1
(住所:東京都江東区有明2丁目10−1近辺)

0117_DSC08086_1
辰巳の森海浜公園へとつなぐ辰巳団地歩道橋。平面的には正曲面と直線の構成だが、接合部のアールと立体方向のスロープ斜めで、ぐにゃぐにゃ橋と見える面白い効果。手摺の縦材も統一で要素が少ない分、全体の形態が綺麗にみえる橋。

0117_DSC08074_1

0117_DSC08088_1

0117_DSC08106_1

0117_DSC08099_1

     0117_DSC08094_1
(住所:東京都江東区辰巳1丁目10−81近辺)

   0112_DSC08068_1
首都高速湾岸線に繋がる辰巳のジャンクション。下に辰巳の森緑道公園の渡橋が絡む。色も違うし、緩いアールの橋だけど不思議といい感じに。高架の首都高速湾岸線の上なので高さが高い、緩やかながら豪快。

0112_DSC08060_1

   0112_DSC08072_1

0112_DSC08049_1
(住所:東京都江東区辰巳3丁目4-24近辺)

DSC07949_1
豊洲の春海橋公園、晴海島と豊洲島の間の海。晴海橋と豊洲橋が重なりさらにもっと向こうにレインボーブリッチが重なる。公園の斜面と広がる海が美しいが、その向こうの橋の重なり具合がどうにも混線ぶりが何とも言えない。

   DSC07950_1
(住所:東京都江東区豊洲2丁目3近辺)

DSC08117_1
夜灯りのマジックに目を奪われる。真ん中のツィンコリダーの通路の目隠しボードから漏れるスリット光。そのボードに反射して光る階段室壁。さらに奥に窓と赤いエレベーター扉の透ける光 。三段階の灯り効果でとても美しい。(住所:東京都江東区辰巳2丁目1−5近辺)

0105_DSC07982_1
豊洲と有明の間に浮かぶ東京港旧防波堤の東端。もともとは静隠な内港を作るために1941年に造られた防波堤。今はその内外も埋め立て地で、細長い緑地帯島に。海に浮かぶ緑の緩衝帯、お台場の方まで続く。

0105_DSC07983_1

0105_DSC07985_1
(住所:東京都江東区豊洲6丁目2−35近辺)

0105_今昔地図_1
今昔地図1928~1945年より。

0104_DSC08120_1

0104_DSC08123_1
いつか見たようなユートピア風景。東京辰巳国際水泳場の東側、行き止まり道路からみた曙運河の風景。京葉線のガードが流れて向こうの世界に繋がってゆく。(住所:東京都江東区辰巳2丁目8−10近辺)

0104_DSC08125_1
少し離れたところ、曙運河の水門横の京葉線ガードの曲がりの下。曲がりながら風景を切り裂く。(住所:東京都江東区辰巳2丁目8−1近辺)

DSC09496_1
昔は簡易宿泊施設だったのか、2段窓がある建物。周囲は旧花街なのでそういった流れなのかもしれない。1.5層くらいの建物で、2段窓建物は珍しい。道路側は不思議な位置に庇もついている。内部はどうなっているかといろいろ考えてしまう。

DSC09490_1
(住所:東京都江東区亀戸3丁目近辺)

      0424_DSC09439_1
亀戸駅北口、亀戸餃子がある路地と明治通りを結ぶ脇道がある。狭い路地に飲み屋も面していて、置き看板や飛びだす屋根といろいろな置物と、いい感じの飲屋横丁路地になっている。

0424_DSC09429_1

      0424_DSC09426_1
(住所:東京都江東区亀戸5丁目14−3近辺)

0420_DSC09445_1
カーテンウォールのような窓の福地写真館。南向きの写真館なので、ガラスの向うにスクリーンがある。上から見ると切り妻屋根で手前は看板建築。一面窓の看板建築といえる。

0420_DSC09444_1

0420_DSC09447_1
(住所:東京都江東区亀戸3丁目45−15近辺)

0416_DSC09465_1
参道、アプローチではピカイチの面白さの亀戸天神。分断された池を太鼓橋、平橋で繋ぐ、真ん中のアプローチ。藤棚用のパーゴラで見えづらくなっているが、池に映る世界、太鼓橋の反射など美しい。

0416_DSC09455_1

0416_DSC09456_1

0416_DSC09462_1

0416_DSC09482_1

0416_DSC09485_1
(住所:東京都江東区亀戸3丁目6-4近辺)

0329_DSC09489_1
亀戸天神に背後に広がっていた花柳界街。平成9年に検番所が閉じら雰囲気ある建物も少なくなってきている。逆の隣がなくなりヨコガオがみえ、新鮮な構成におどろく。増築ポイが珍しい、ほぼシンメトリーな構成。

0329_DSC09488_1

0329_DSC09486_1
(住所:東京都江東区亀戸3丁目6−15近辺)

0319_DSC09431_1
正確に言うとY字路部分、商店街に面する五差路。いい感じの分かれ道、左右の道が綺麗に見える。真ん中平屋のお花屋、華やかな感じが真ん中で主役になる。(住所:東京都江東区亀戸5丁目11−5近辺)

0317_DSC09498_01
装飾テントおそるべし。いろんな形がある、徳利型の装テンだった。オレンジと黄色の色構成もいい。人が下を通れないくらい高さが低い。看板建築よりも看板としてつかているようだ。

0317_DSC09497_1
(住所:東京都江東区亀戸3丁目23-6近辺)

DSC06879_1
広く緩やかな江東南砂団地。建物棟もいくつもあり、有機的に45度でギザギザしているとこがあり、1階に店舗が入っている。その店舗と関係するよにオープンスペースに独立店舗群もある。

DSC06877_1

DSC06884_1

DSC06868_1
(住所:東京都江東区南砂2丁目3−16近辺)

     0208_DSC07125_1
亀戸駅に併設するような通り。駅近くでは珍しい片側がビルの裏側で配管ばかりの通り。どこか隠れている感じがする一本道の通り。

      0208_DSC07127_1
(住所:東京都江東区亀戸6丁目60−4近辺)

↑このページのトップヘ