夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 江東区 

      DSC07036_1
離れた駅からのアプローチだったからか、繁華街と反対側から入る大島駅近くの中央銀座の看板門。周辺の建物に少し浸食されている感じもなぜかいい。

DSC07030_1
(住所:東京都江東区大島5丁目3-3近辺)

      DSC07056_1

大通りの門からもいい写真になってしまった大島駅近くの中央銀座。

DSC07054_1

      DSC07037_1

      DSC07048_1
最近のなかで一番惹かれた風情の商店街の通り。(住所:東京都江東区大島5丁目7−2近辺)


0111_DSC06888_1
東陽町駅から少しいったところにある江東南砂団地の直線棟。広く幾つのタイプの建物で全貌がつかめないが、この光の漏れ方が美しい。高めの腰壁パネル、上下左右のスリットが幾つかのパターンで光っていて、何かの機械基盤のようだ。

   0112_DSC06857_1
滑り台はタコのメタファーか、オブジェみたくてカッコいい。

   0112_DSC06860_1
(住所:東京都江東区南砂2−3−14近辺)

DSC02350_1
門前仲町の永代通りに面する佐藤光彦設計の「おか田ビル」。1、2階店舗で3階から住居という感じなのか。街並みに対しての解決案として、前面に階段を持ってきている。直階段から螺旋階段と変わる。なかなかいい外部空間をつくる。

      DSC02354_1
(住所:東京都江東区富岡2丁目1−10近辺)

DSC02479_1
隅田川が月島でY字に晴海運河とわかれ、川幅が広くなる交差点。左側には大横川との水門がある。真ん中の島が月島の高層ビル群、その右が中央大橋。隅田川の水路交差点は広いオープンなスペースを生み。建物で埋め尽くされている東京風景の巨大な隙間を生む。(住所:東京都江東区永代1丁目7−7近辺)

DSC02490_1
近くの永代橋のウラガワの風景もいい。

   1202_DSC02457_1
永代通り福島橋から南側、大島川西支川の上にあるパイプ。おそらくは水道関連か。右側の中華そば「おはる」から始まる街並みが、水路街並みを少し感じさせる。実際はどんどん新しい建物だし、水路との間に新しい護岸でどんどん水辺が遠い。遠景には高層ビル群も見える。中華そばおはる、今年の夏あたりまでやっていたようだが、どうやら閉店みたいだ。

1202_DSC02450_1
(住所:東京都江東区永代1丁目11−11近辺)

1121_DSC02391_1
富岡八幡宮の脇にある末社、七渡弁天社と弁天池。石積みの池に弁天島がある。朱色の橋がメインと脇の2つある。細長い池に長手のアプローチと雰囲気がいい。

1121_DSC02384_1

1121_DSC02398_1
(住所:東京都江東区富岡1丁目20−1近辺)

DSC02432_1
震災復興事業で建設された食堂だった東京市深川食堂。1945頃改修の後、2009年に深川東京モダン館に。2階南面の水平に連続するスチールサッシュ窓は当初の姿にもどしたようだ。台形平面プランの鈍角コーナーで正面とサイド面が両方見えて、6つの丸穴が綺麗。丸穴だけ光っていたので、その他が光ると印象は変わるだろうな。

DSC02433_1
(住所:東京都江東区門前仲町1丁目19−15近辺)

DSC02371_1
酉の市の日に行けず、終わったあとの参道をみる。今年は三の酉まであり、その途中の参道の状況。屋台の中身もなく人もいないが、屋台の骨組みがよくみえて逆に面白くもみえる。

DSC02373_1

DSC02383_1
(住所:東京都江東区富岡1丁目23-13近辺)

  1117_DSC02410_1
夜の1,2階の灯りで三階バルコニーが面白く見える和楽ビル。腰壁付の曲面バルコニーが連続、光の具合で斜めに見えて、モコモコしていて有機的で面白い。(住所: 東京都江東区富岡1丁目14−15 近辺)

1108_DSC02337_1
日曜日だったので閉まった店舗が多かったが、雨で路地がぬれていい感じ。手前が暗く路地先方と富岡八幡宮参道の灯り美しい。路地にも光がまわり艶ある路地だ。

1108_DSC02343_1

      1108_DSC02346_1
(住所:東京都江東区富岡1丁目24−9 近辺)

0626_DSC02142_1
旧中川にまたがる駅「東大島駅」。旧中川は、区境だから同時に右側は東で江戸川区、左側が西で江東区になってもいる東大島駅。夜の旧中川に写りこむ姿は美しい。(住所:東京都江東区大島9丁目9近辺)

DSC02133_1
番所橋の上からみる小名木川の風景は美しい。木造手摺と灯籠照明といい風情にしているのだが、川に面するビル灯りが美しい。高い位置の橋、白い車止めとの相性もいい。

DSC02135_1

DSC02134_1
(住所:東京都江東区東砂2丁目14−8近辺)


      0729_DSC08974_1
江東区の水路、大横川沿いを歩くと、不思議なビルにであう。7階くらいのビルで6,7階だけバルコニーが川に向かっている。目隠しビニールで覆っているが、都市スケールに実にあう。せっかく夜は綺麗な川なのに、川に向かって開いている建物はいがいとすくない。(住所:東京都江東区永代2丁目19−11 近辺)

0701_DSC08832_1
門前仲町にある飲屋横丁「辰巳新道」、真ん中でY字に分かれる。横丁じたがY字通りで面白い。左側の細道のほうがディープなお店が続く。

   0701_DSC08860_1


      0702_DSC08788_1
路地の雰囲気、看板の感じもいい感じだ。丁度真ん中で微妙に曲がる。

   
   0702_DSC08878_1


   0704_DSC08807_1
奥に不思議な店がある。入りたいような入りたくないような・・・・骨董品で飾られている。ネットで調べるともっと飾ってあったみたいだ。

   0704_DSC08817_1


0704_DSC08784_1
(住所:東京都江東区門前仲町2丁目9−4)

0627_DSC08981_1
江東区水路脇(大横川)を散歩ていると、いがいとこの倉庫の三角屋根の連続風景が美しくみえる。倉庫の素材がみえるか昼間だとこんなに綺麗に見えないのだろうなと思いつつ。

0627_DSC08984_1
(住所:東京都江東区越中島1丁目1−1 近辺)

   0624_DSC08901_1
門前仲町の深川不動堂、御参りしたあとに振り返ってみた空が広かった。下町だからか、東京のこういった広い空を久しぶりにみた感じがした。珍しいからか、久しぶりの夜散歩でのこちらの感性の問題か?(住所:東京都江東区富岡1丁目17−13)

0521_DSC00531_1
ふらっと歩いた門前仲町周辺、そこで見つけた「割烹おおぎ」の玄関。欄間の扇型もいいが、その先に中庭なのか、茶室の坪ノ内みたいな庭に一つの世界がみえる。なかなかいい。(住所:東京都江東区富岡1丁目26−5)

1104_DSC09087_1
隅田川の清洲橋の吊り構造の接合部。実はあまりディテールは撮らないが、こちらの接合部と向こうに見える曲線があまりに美しく。濃い・薄い青色と赤い照明が取り合わせにも何か惹かれる。(住所:東京都江東区清澄1丁目8−17近辺)

↑このページのトップヘ