夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 足立区 

0516_DSC00854_1
足立区柳原1、2丁目街区にある柳原千草通り。道幅が昔のままで細い通り、飲食店だけじゃなく生活用品も多い商店街。緑の照明に飾り照明で華やかだが、町に根差した生活商店街な柳原千草通り。

0516_DSC00844_1

      0516_DSC00836_1

      0516_DSC00855_1
(住所:東京都足立区柳原2丁目24−1近辺)

0507_DDSC00787_0001
北千住の飲み横、通り東側の防火建築帯ビル。4枚変形合成で約半分くらい。1点透視だとこれくらいが限界。各ビルが少し下がったところで繋がり、1階が通り抜け通路になっている。

0507_DSC00810_1
(住所:東京都足立区千住1丁目39-12近辺)

0506_DSC01441_01
いいビルの世界にも掲載した隅田川水路脇の東京交通自動車。川から見る姿もいい。ウラガワの建物、駐車スペースも構成が良くわかる。道路沿いのコンクリは少し浮いたデザインでピロティを車が潜る。

0506_DSC01450_1

0506_DSC01445_1
(住所:東京都足立区千住曙町38−6近辺)

0506_DSC00859_1
東武伊勢崎線の牛田駅、駅ホームの低いガード下。この辺りは低地平坦なのだけれども、川の土手、鉄道土手が境界をつくる。背の低いガードを潜ると世界は広がる。(住所:東京都足立区柳原1丁目35−7近辺)

0504_DSC01436_01
隅田川、荒川の隅田水門への分岐するY字路にたつ伊澤造船。そのバラッキーな感じが凄い。背後の高層ビルに中層ビル群との対比がこれまた凄い。川、Y字路と様々な境界には面白いモノが存在する。

   0504_DSC01439_01

0504_DSC01438_1
(住所:東京都足立区千住曙町38−1近辺)

0504_DSC00867_1
京成関屋駅近く京成線の土手下にある十一面観世音堂。地元に愛された祠のようだ。平坦地の足立区柳原に川や鉄道の土手で風景が切られる、その下にある風景がこのあたりの風景。(住所:東京都足立区柳原1丁目34−15近辺)

0501_DSC00879_1
川の手通りの高架からの風景。東武伊勢崎線の堀切駅のホーム、その先見える2段の首都高速6号向島線。鉄道と高速と川の動きが流れている。(住所:東京都足立区柳原1丁目36−8近辺)

      0430_DSC00831_1
上下反対の帽子型・UFO型街灯の柳原商店街。柳原千草通りにもつながる通り。街灯についている看板もオモシロイ。パーマデュポン美容室の看板もカワイイ。

0430_DSC00833_1

      0430_DSC00840_1
(住所:東京都足立区柳原2丁目10−4近辺)

0428_DSC00863_1
京成関谷駅のすぐ横にあるガード下。ガードよりも左右の擁壁が妙に有機的でカッコいい。その先の四角いガード部分と対比がいい。額縁のようで、その先の見える景色も変わってみえる。(住所:東京都足立区千住曙町5−7近辺)

0423_DSC00827_1
北千住駅の東口から真っ直ぐのびる、学園通り旭町商店街。振り返って駅のほうを見る。西空の夕焼けがとても似合う、元気な商店街通り。(住所:東京都足立区千住旭町24−8 近辺)

      0421_DSC00869_1
京成本線のガード下、道路と斜めに交差して鉄骨がカッコいい。その先に見える倉庫などの街並み風景もいい。夕焼け空に良く似合う。

   0421_DSC00873_1
(住所:東京都足立区千住曙町16-3近辺)

DSC07205_1
雲海山人というコンセプトにあう、東京郷武道館の正面からガタガタ、山が重なってみえる。光が少し漏れ、金属パネルの光具合も連なる山の風景のようだ。

DSC07215_1

DSC07225_1
(住所:東京都足立区綾瀬3丁目20−1方面)

合成に手間取ったが、この日は1月12日、大学時代に非常勤講師だった六角鬼丈さんのお亡くなりになった日だった。半期の授業が終わったあと六角工房にバイトに行くようになり、2年くらいお世話になった。バイト一日目がコンペで勝ったこの東京武道館の基本設計が始まったころで、建物周辺の建物階数調べで1日この周辺を回ったのを憶えている。授業でもバイトでも色んな影響を受けました。お世話になりました合掌。

0428_DSC07431_1
凄いスキップフロア型の住棟がある、大谷田一丁目団地。夜は縦空間の階段、横空間通路の照明の色も違って際立つ。

  0216_DSC07395_1
さらに凄いのが、車道と歩道を分けた人口地盤、アプローチ歩行空間の構成。上から眺めると中庭的世界が見える。(住所:東京都足立区大谷田1丁目1-2近辺)

0214_DSC07550_1
綾瀬駅から東、古隅田川跡道がガードを潜るところ。常磐線のガードが柱耐震補強で、ハンチ部分までペンキ塗りで色がちがっている。夜は梁が黒く見えずらいので柱が独立して建っているように見えて不思議に。有機的な川跡の線と対比する。0214_DSC07548_1

0214_DSC07547_1
(住所:東京都足立区東綾瀬1丁目2−2近辺)

0202_DSC07494_1
古隅田川跡地にたつ東和銀座商店街「アモール東和」。ラテイィス梁状のフレーム連続で、はじめは撤去中かと思ったほど、かなり斬新だ、道なりにガタガタ曲がるが川の曲りによると考えると楽しい。「多目的とは電話線や照明設備、放送設備、共通看板、時計、警報機、交通標識から消火栓までの設備を備えていること。」

0202_DSC07496_1

0202_DSC07504_1

0202_DSC07500_1

0202_DSC07522_1

0202_DSC07486_1
(住所:東京都足立区東和2丁目9−7近辺)

0131_DSC07562_01
綾瀬駅ガード下の駅前木村青果店、通りもあり角になっている。そこの看板とテントの感じがとてもいい。街角風景としてもいい。

0131_DSC07564_1
(住所:東京都足立区綾瀬3丁目1 -27近辺)

0126_DSC07581_1
綾瀬駅のガード下、二つガード間が、いい感じのガードサイド通りになっている。店舗やスーパーもある。ガードの隙間に対応するように真ん中の排水溝がある。

      0126_DSC07588_1

      0126_DSC07599_1

0126_DSC07582_1
(住所:東京都足立区綾瀬4丁目6−7近辺)

0122_DSC07360_1
大きいU字型の東綾瀬公園、温水プール前の三枚田橋の二重円形歩道橋プラス階段。片方はスロープで、さらに真ん中に円形階段があり複雑な階段。まるで歩道橋のジャンクションだ。真ん中の円形階段は円形古墳みたいだ。夜は柱の存在が消えて、歩道部分が綺麗にみえる。

0122_DSC07324_01

0122_DSC07322_1

0122_DSC07275_1

0122_DSC07284_1
(住所:東京都足立区東綾瀬3丁目4−1近辺)


↑このページのトップヘ