夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

カテゴリ:東京都 >  足立区 

   0125_DSC01440_01
千住大川町の路地、この通りだけ街灯が青緑色。普通、町並み的にはあまりはえない色だったりするが、ものすごくいい表情の建物になり、通りになっている。(住所:東京都足立区千住大川町38−1近辺)

1216_DSC01426_1
足立区の千住柳町でみつけた、不思議な看板建築。ガラスにはブリキヤという文字も見えるが、その継ぎ接ぎな色使いがデ・ステイル風な感じも。不思議なバランスでデザインがもっている。

1216_DSC01428_1
(住所:東京都足立区千住柳町8-11近辺)

   0422_DSC07724_1
北千住宿場町通りの脇にある、名前が面白い「毎日通り飲食店街」。


   0422_DSC07729_1
まるで毎日飲んで行きなって言っているようだ。
いい感じに見えると所だと看板の前に電柱が入り文字が隠れる、道が蛇行しているのが分かる。


0422_DSC07736_1
街道筋のL字の飲み屋街、雰囲気もなかなか。
(住所:東京都足立区千住3丁目58近辺)

0421_DSC07709_1
北千住宿場町通りには無数の脇路地が存在する。


通りに直角に接して左右に約100mの小道が続く。
そのなかでこの路地は真ん中に縁石が続いている。


0421_DSC07712_1
珍しい、狭い路地のさらに真ん中は何故か?
先に進むと少し解明できる。
先は段差になっていて、昔の排水溝跡なのかもしれない。


0421_DSC07716_1
おそらくその後に通路になったのだろう。
なかなか興味深い。
(住所:東京都足立区千住4丁目24近辺)

   0420_DSC07719_1
特に荒川のほうから駅に向かっている感じがいい、北千住宿場町通り(サンロード商店街)。盛り場が近づく感じがかつての宿場にみえてくる感じがする。

      0420_DSC07720_1
古い建物もポツポツ残っていて、いい感じに手をいれて不思議な猫が描かれる。猫だけじゃなく、その他の回りの絵のデザインもいい。

0420_DSC07742_1
通りには無数の路地が繋がっている、その境界の路肩の複雑な形をしていていいぞ。(住所:東京都足立区千住4丁目24−1近辺)

0418_01

北千住駅西口から南方向に長い飲屋街がある。



0418_02

地元の人は「飲み横」とよんでいる。

これが確かに長く200m前後続く。

看板がずっと繋がってみえる風景はなかなか絶景だ。


0418_03

その横道にも面白い通りが繋がる。

横道も看板が重なり飲み屋風景を作り出す。



0418_04

でも一番面白いのその通り東側の裏側だったりする。



0418_05

東側の建物はほぼ繋がってている。

一件分抜けているところもあるが、防火建築帯みたいだ。


0418_06

色が違いが、少し奥まった所で繋がっていて、その下は通路でぬけられる。


0418_07

通路はそれぞれ抜けられるようになっている。

面白いところだ。

(住所:東京都足立区千住1丁目33−8 近辺)




0217_DSC01460_1

足立区千住柳町でみつけた「バンブーハイツ2」。
部屋の構成がシンメトリーだが、開口部だけじゃなくて、
換気扇フード、給湯器、メター類、配管までほぼシンメトリーだ。

こうなると2階給湯器と配管が何故若干ずれるか気になるくらいだ。
(住所:東京都足立区千住柳町35近辺)


1008_DSC01401_1
千住柳町でみつけた、ド・トタンな看板建築長屋。その看板部分のトタンの存在感が凄い。どうやら6軒のお店長屋なようだが、2階のバラバラぶりがそれをわからなくさせる。(住所:東京都足立区千住柳町1-9近辺)

1215_01
調べると「宗匠」という舞踊用品専門店だが、脇は倉庫にしか見えない。しかし倉庫か収納部分とトタンの相性は最高だ。しかも増築部分で形態も道にあわせた少し斜め。

1215_02
何にもないトタンに空気抜きのような開口部が小さくあるのもまたいい。(住所:東京都足立区千住柳町31−12近辺)

      0819_1652_1
綾瀬駅ガード下からみえる夕焼け。なんともない、けっして古くないガード下なのだけれでも、普通に昭和の香りがあるところが、足立区綾瀬って感じだ。間から見える線路の鉄骨群が美しい。(住所;東京都足立区綾瀬3丁目1−1近辺)

↑このページのトップヘ