夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

カテゴリ:東京都 >  品川区 

      0613_DSC01908_1
大井町の東小路商店街を越えた先にある平和小路。この辺りにくると少し住宅が混じった感じでリアルな路地。目立たせようとする垂幕もそういったあらわれか。

      0613_DSC01922_1

      0613_DSC01944_1
(住所:東京都品川区東大井5丁目6−10近辺)

   0606_DSC01929_1
大井町の、途中にある建物が凄い。1階は通れるが2階はくっつきそうな距離。むしろその隙間が美しい、都市の隙間だ。

   0606_DSC01917_1

      0606_DSC01942_1

   0606_DSC01932_1
(住所:東京都品川区東大井5丁目6−10近辺)

      0603_DSC01899_1

      0603_DSC01906_1
大井町駅近くにある東小路飲食店街、道路を挟んだ先につながるところある通り。通り中ほどにある洋食ブルドックの大きな看板が通りを覆う。これだけ大きいと路地の雰囲気を支配する。

(住所:東京都品川区東大井5丁目4−13 近辺)

      0602_DSC01980_1

大井町駅近くにある東小路飲食店街、通りで3つに分けてみた2つ目の通り。ここにはスナックが多い、そして客引きも。看板が乱立する通り。脇道も2つあり、もう一つの通りは人が立っていて写真は撮れず。
      0602_DSC01964_1

      0602_DSC01963_1

      0602_DSC01849_1

      0602_DSC01979_1
(住所:東京都品川区東大井5丁目2-11近辺)

      0529_DSC01879_1
大井町駅近くにある東小路飲食店街、通りで3つに分けてみる。まずは駅に近いほうの飲食店が並ぶほうの通り。2つに分かれる円型の照明に、沢山のお店、看板が詰まっている。歩くだけでも楽しい通り。

0529_DSC01865_1


      0529_DSC01873_1

   0529_DSC01869_1

      0529_DSC01986_1
(住所:東京都品川区東大井5丁目3-13近辺)

0526_DSC01830_1
大井町駅近くの立会川暗渠。脇に残る民家が実にいい。斜め壁に円窓が聞いている。何よりも川跡に向けての出窓の下のアールがカッコいいぞ。(住所:東京都品川区東大井6丁目5−21近辺)

  0525_DSC01819_1
立会川の桜橋、隣接する公園のフェンス越しに無理やりじゃないとみられないところ。古い土地の使い方だろう、川添の民家が川護岸の面一で外壁が建っている。この姿、増築の外壁面の構成が美しい、ここから見ると船のように建っている。(住所:東京都品川区南大井4丁目1−5近辺)

0408_DSC06882_1
木造の飲食店「鮮魚酒場 丸富水産」、勾配屋根にのっている室外機。斜めに並び、3兄弟みたいだ。実際はその奥に幾つもある。いったい幾つの室外機があるのかという感じだ。(住所:東京都品川区上大崎2丁目14-11)

   1229_DSC02426_1
東京都庭園美術館の近く、目黒通りをこえると、地形的に下がっていく。そこにある細道のY字路。通れるように鋭角部分を斜めにしたが、結局あぶないので、警告注意のマークが矢印のようで面白い。奥の鋭角住宅の2階角柱の2本もなかなか珍しい。右側におりてゆく風景もいい。(住所:東京都品川区上大崎1丁目3−1近辺)

   1203_DSC05290_001
大崎駅の西側再開発ででできたところ、シンクパークタワーとダイワロイネットホテル東京大崎の間にある緑地帯。公園なのか通路なのか微妙だがこれがなかなかいい。テラスがあるお店が続き、少し下がって通れる通路、さらに階段で降りるレベルあり。3段階テラス庭園がここにある。(住所:東京都品川区大崎2丁目1−1近辺)

      1202_DSC05419_1
おお、面白い排水溝道だ~、この曲りがいいと思い進む。さすがに壁から大きな窓、光がみえてくると・・・・。ここまでで諦めたがなかなかこの排水溝道は面白い。場所は、スリバチ本に出てくる「のんき通り(今はその看板もないが)」から一本はいったところ。橋の跡が残っていて気がついた排水溝道だ。

1202_DSC05412_1
(住所:東京都品川区二葉3丁目17−10近辺)

   1125_DSC05341_01
古戸越川跡にできた長い商店街の戸越銀座。その下流にある三ツ木通り商店街。横須賀線と東海道新幹線のガードから戸越銀座まで上がってみる。緩やかに上がっている道、蛇行しながらなかなかいい景色だ。商店は少ないものの、街並みの形に商店街が見える。やがて戸越銀座の看板がみえる。その先から世界は変わる。

   1125_DSC05344_1

   1125_DSC05348_1
(住所:東京都品川区西品川2丁目4−8近辺)

1005_DSC05160_1
「品川浦の船溜まり」から水路を海に向かうところ、船溜まりに負けない景観がある。左側の船宿と、真ん中の天王洲橋、取り囲むビル群の光が水面にゆらゆらとっても美しい。背後の中高層のビルは一切隙間がないくらい重なるが、夜の水辺の風景ではそれもプラスにかも。それにしてもこのカットすらネットフェンス越し、まだまだ水辺を使いこなしていないな街。(住所:東京都品川区北品川1丁目20−12近辺から)

1003_DSC05379_1
戸越銀座通りの南の外れのほう、少し店がなくなりかかる所にあった「BARミロ」。何かに惹かれよくみてみる。ミロという字の後ろが光っていて文字が綺麗だ。あれロの字が唇になっている。見れば見るほどいろいろわかってくる。煉瓦の積み方も面白く、ついでに室外機のブロックも左右反対で、小口をみせているのも面白い。(住所:東京都品川区平塚3丁目4−2近辺)

0927_DSC05258_1
山手線と東海道本線の分かれたところにある高台の権現山公園、そこにあるスケルトン飛行機遊具。夜の公園遊具はなんだか魅かれるが、これは錆びた色スチールの表情もいいし、骨組みの飛行きもなんだかディスティールぽくて面白い。後ろのマンションのカーテンがいろいろな色が光っていて、さらに盛り立てる。(住所:東京都品川区北品川3丁目9−5近辺)

  0921_DSC05383_1
夜散歩で戸越公園駅前南口商店会の盆踊りに出くわした。商店街で櫓を組んで細長い輪になって品川音頭を踊っていた。広場ではなく路地でやるのは初めてみた。細長い輪で踊る人達。輪は一つの世界を作る。その輪を外から眺めるおやじさんの背中がいい、これは外の世界。(住所:東京都品川区戸越6丁目8-21近辺)

      0731_DSC01844_1
五反田駅から桜田通りを北東に少しいったところに、小さなイイ谷があり、景色もいい。向こうに見える台地には畠山記念館が建っている。階段の上もややプライベート的な空間のため人も少ない。写真を撮っている隣の建物からの人と顔が合う。意外と東京では少ないがそれくらい外に開かれた場所ともいえる。(住所:東京都品川区東五反田4丁目6−13近辺)

0612_DSC03143_1
踏面の奥行きもバラバラ、段鼻の線もバラバラ、おそらく蹴上げもバラバラだ。こんだけバラバラな階段も珍しい。おそらくは私道の行き止まりに降りて行く階段。バラバラの動きが生きている感じすらする。(住所:東京都品川区東五反田4丁目8−7近辺)

↑このページのトップヘ