夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 渋谷区 

     0819_DSC03579_01
神泉の谷に降りる階段、幾つか並んでいてそれぞれ特徴があっていい。ここは2段階の階段で、上の方が面白い。公的な道路としての階段路地から私的アプローチ階段の変換で不思議なつながりに。公私の階段の変化のカタチが面白い。

      0819_DSC03574_01

     0819_DSC03584_01
(住所:東京都渋谷区円山町14−5近辺)

  0818_DSC03496_1
凄い風景、下は玉川上水の暗渠にのこる三字橋。上のビルの隙間に見えるは西新宿ジャンクションから分かれた高速道路のガード。光の色と質感の対比が面白い風景。(住所:東京都渋谷区代々木4丁目34−12近辺)

   0815_DSC03447_1
面白いところを見つけた、新二国立劇場の前庭池。階段で上へ上がれる。都心の壁に囲まれた縦空間。下の池の黒い存在がとても静的な雰囲気をつくる。(住所: 東京都渋谷区本町1丁目1−1近辺)

      0814_DSC03507_1
代々木駅からの切通し道路、小田急線をくぐるために切通しの谷間をつくる。そのため階段が対面する風景をつくる。信号機の赤い色が漏れて、味のある階段風景でもある。

      0814_DSC03510_1

      0814_DSC03509_1
(住所:東京都渋谷区代々木3丁目1−11近辺)

      0814_DSC03505_1
代々木3丁目の路地から見えるNTTタワー。色が目立つが、路地の軸線上にあり、電線と重なって面白い風景に。(住所:東京都渋谷区代々木3丁目5−3近辺)

0803_DSC03054_1
神田川笹塚支流、和泉川暗渠道はいい。赤い弾力舗装路面、置かれた円盤型プランターと椅子型の街灯柱脚コンクリがとてもシュール。そして2つの交差点、色んな要素満載で美しい。

0803_

0803_DSC03060_1

0803_DSC03050_1
(住所:東京都渋谷区本町4丁目29−5近辺)

      0721_DSC02415_1
渋谷道玄坂の百軒店商店街、名曲喫茶ライオンのダクト。地下へか、地下を経由して厨房へか、吸気ダクトか。曲がりながら形を変えて、しっかりと吸気口を向ける姿がカワイイ。(住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目19-13近辺)

     0622_DSC07977_01
斜面地あいだ路地は面白い。ここは福泉寺への行き止まり道の途中で斜面地のあいだ路地。低い方の建物が擁壁との間のが建物で埋まっている。階段も不思議な感じ、特に奥の建物へのブリッチがあったりと、斜面地と複数建物の関係が面白い。

0622_DSC07973_1

0622_DSC07990_1

      0622_DSC07980_1
(住所:東京都渋谷区代々木5丁目3−3近辺)

0302_DSC09350_1
ヘルメットなしで公道を走れるゴーカート、危険な感じはぬぐえないが、ミニカー扱いのため、普通自動車免許で、ヘルメット、シートベルト不要で一般道を走れるようだ。ところが道路の中、小さく低く都市空間に変化を与える。道路横断したらウラガワの姿、キッチリならんだ姿、一つの塊に見えた。(住所:東京都渋谷区神宮前1丁目14 -25近辺)

0211_DSC0793_1
1969年の第一期にできた代官山ヒルサイドテラスA・B棟、やはり第一期が一番いい。右側B棟の歩行者専用道のぺデストリアンデッキ、その上の住居通路、片持ちで出る住居ボリュームがいい。左側のA棟階層はその構成とは半階ずれる構成。(住所:東京都渋谷区猿楽町29-18近辺)

0206_DSC08026_1
国道20号の甲州街道、首都高速4号新宿線に面する横断歩道橋の上から、ホテルブーゲンビリア新宿。ひきがなく4枚変形合成。連続する壁が上部で尖頭アーチ型にくりぬかれ、さらに前面にはね出る、オモシロイタイプ。夜の暗さでいい感じの中世表情がでている。

0206_DSC08024_1
(住所:東京都渋谷区笹塚1丁目61−8近辺)

  0127_DSC08043_1
笹塚支流(和泉川)の暗渠脇の建物。このあたりの暗渠道もいいが、この建物の立ち姿、灯りのあたり具合による板張り壁の表情がなんともいい。(住所: 東京都渋谷区笹塚3丁目28−1近辺)

      0125_DSC05818_1
原宿のキャットストリート(渋谷川暗渠)のウラガワに、脇路地みたいなところがある。表側からの影響か、ここの建物たちが段々色づいてきて、いい感じの路地裏になっている。中には不思議な銀紙ハウスもある。

      0125_DSC05810_1

      0125_DSC05814_1

      0125_DSC05821_1
(住所:東京都渋谷区神宮前3丁目27-8近辺)

0114_DSC06527_1
幡ヶ谷駅地近くの玉川上水暗渠の西原緑道公園の二守橋。緑道に面してある琉球料理屋の店構えがよいところ。片側しか残っていない二守橋が風景を切り、借景になっている。駅近くということもあり、人がたむろしているいい空間。(住所:東京都渋谷区西原2丁目30 -1近辺)

      1026_DSC07912_1
代官山の八幡通りからキャッスルストリートに降りる細道路地の階段。家や店舗、塀が迫ってくる路地。その代官山の少し隠れた雰囲気の路地階段がいい。

      1026_DSC07909_1

      1026_DSC07917_1
(住所:東京都渋谷区代官山町14−7近辺)

1024_DSC07889_1
これ面白い、たぶん雨水管、雨樋の横管。行き場がなかったのだろう、階段下を横に引っ張っている。横管が道路側にあると破損が多いがうまい具合に階段の隅にある。最後は排水シンクに上がって下がる。

1024_DSC07888_1
(住所:東京都渋谷区東2丁目近辺)

1016_DSC09350_1
山手線、渋谷駅と恵比寿駅の間の跨線人道橋からみる、都営渋谷東二丁目第2アパート。跨線人道橋の壁がそのままパース状になってアパートの連続する窓の引き込まれていく感じがいい。カップルの影が入ると少しドラマ的な感じになる。(住所:東京都渋谷区東2丁目26-11近辺)

   1012_DSC07251_1
オリンピック時期の影響もあり、周囲は変わり渋谷のんべい横丁の外からの見え方も変わってきた。逆に内側の通りは変わらず、綺麗に掃除され路地がうつくしい。

1012_DSC07246_1

1012_DSC07186_1

   1012_DSC07235_01

   1012_DSC07224_1

   0912_DSC07206_1
真ん中通りがある渋谷のんべい横丁、真ん中くらいに脇道がある。この脇道入口とお店の立ち姿がいい。裏通りと表通り、両方見比べてもオモシロイ。

   0912_DSC07256_1
(住所:東京都渋谷区渋谷1丁目25−10近辺)

      DSC07895_1
渋谷最古の神社と言われる渋谷氷川神社。緑が多い中にあり長い参道がいい。木々の間から見えるビル群で位置するところがわかる。上がった台地上に建つ本堂の金の装飾がまぶしい。

      DSC07900_1

DSC07898_1

DSC07892_1

      DSC07903_1
(住所:東京都渋谷区東2丁目5−6近辺)

      0922_DSC09251_1
先日オープンした渋谷ストリームは2階中通路には線路跡。かつての東急渋谷駅のこのかまぼこ型屋根を使うよりも、このレール跡通路がいい。ただし路線は2本じゃなくて単線になっているが。

0922_DSC09239_1

0922_DSC09240_1
(住所:東京都渋谷区渋谷3丁目21-3近辺)

      0922_DSC09261_1
建物が終わる、川沿いの渋谷プロムナードはツナグアカリで繋いでいた。上から見ても、下から近くで見ても工事仮設の照明かと思うぐらいの雑な感じだが、線をどう表現するかが興味深かった。JR線を越える手前には線路跡の曲面建物Shibuya Bridgeで代官山までの半分は終わる。

0922_DSC09313_1

      0922_DSC09294_1

      0922_DSC09317_1

0922_DSC09337_1
(住所:東京都渋谷区渋谷3丁目22近辺)

↑このページのトップヘ