夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 港区  

   0217_DSC06657_1
三田の台地、斜面に立つ龍原寺と志ほあみ地蔵尊。「志ほあみ」は、「潮網」または「潮浴み」と三田の台地なので昔は海近くということの名残か。

0217_DSC06659_1
(住所:東京都港区三田1丁目13−11近辺)

   0212_DSC08263_01
どうやら工事中ではないようだ、とてもシュールな階段。階段や左右の擁壁は施行途中じゃないようだし、それにこの斜め柱の輪っかは? 駐車中の車の位置も含めてとてもシュールな階段。

      0212_DSC08264_1

   0212_DSC08269_1

   0212_DSC08265_1
(住所:東京都港区南青山6丁目3−5近辺)

      0121_DSC06644_1
裏路地から入ったので面白かった、芝にある春日旅館。路地角に木戸門がのこっていた。進むと路地に飛び石、雰囲気ある玄関。

      0121_DSC06649_1

      0121_DSC06651_1
(住所:東京都港区芝3丁目43−18近辺)

0119_DSC06588_1
鉄道と斜めに絡む第二源助町橋高架橋の歩道部分。アーチの中の梁構造壁が美しい。工事現場ポールがおかれていた。

0119_DSC06586_1

0119_DSC06589_1
(住所:東京都港区新橋3丁目24近辺)

DSC06600_1
浜松町駅近くの港町架道橋、刑事ドラマで襲われるシーンに使われる率が高いところ。炭鉱風のガード下でトンネル内屋根は漏水のため、実際は特に危険ではないが、物凄い雰囲気なガード下。

DSC06618_1

DSC06604_1

DSC06613_1

      DSC06612_1
入口から3本目の柱が曲がっている、構造材というよりもトンネル内屋根は漏水用のためなので大丈夫だろうが。

   DSC06621_1
(住所:東京都港区浜松町2丁目10−6近辺)

   0109_DSC06483_1
建物脇をぬけた先にある階段。両サイドを植栽で占領している。私道かも知れないが、なかなかいい雰囲気の植栽階段。以前と植栽位置が変わったが南青山では珍しい階段。

      0109_DSC06477_1

0109_DSC06481_1
(住所: 東京都港区南青山4丁目6−1近辺)

0108_DSC06573_1
トマソンじゃない、ちゃんと機能している烏森神社の横ビルの裏階段。それなのに独立階段、あるいはトマソン的な美しさをもっている。神社との段差階段があるところで、さらに上下している。(住所:東京都港区新橋2丁目9−11近辺)

0108_DSC06563_01
烏森神社参道の両脇の店が変わって少し雰囲気がかわった烏森神社参道。新しい店テラスもいい感じだ。変わったカタチの鳥居が、境界をつくる。

0108_DSC06564_1

0108_DSC06567_1
(住所:東京都港区新橋2−15−5近辺)

      0814_DSC00844_1
道路やビルでなかなか樹木谷が見えずらいが、このくの字の階段、わりとあるタイプではあるが、いい階段だ。階段脇の排水溝の存在が階段を浮きだたしている、そこがいい。(住所:東京都港区高輪1丁目25−8近辺)

      0505_DSC00814_1
石畳、石垣と東京のイメージを変える細い階段路地、歩いていて楽しい。石の擁壁、石の階段、それにブロック塀。絶妙なテクスチャーでまとめられた空間がいい。東京では珍しい路地が高輪にある。

      0505_DSC00843_1

      0505_DSC00830_1

      0505_DSC00801_1
(住所:東京都港区高輪1丁目26−22近辺)

      0424_DSC00884_1
高輪にあるわずかに曲がる階段。路地の曲りや古い建物もあるエリアだから、いい感じの風情をたもっている。階段下方向でわずかにくの字に曲がる。右の建物がほぼ接している位置なのに、独立して存在感がある階段。

      0424_DSC00878_1

      0424_DSC00880_1
(住所:東京都港区高輪1丁目17−7近辺)

      0321_DSC08647_1
品川駅港南口前、街路ビルに隠された内側に複雑な路地商店街「品川駅前港南商店街」がある。1街区に2本の裏路地が隠されていて、さらにそこをつなぐ脇道がある。2階は斜めで張り出して、まるでトンネル空間に近くなる。ここの空間体験はぜひ勧めたい。

      0321_DSC08648_01


      0321_DSC08638_1
(住所:東京都港区港南2丁目2)

      0321_DSC08636_1
品川駅港南口前、街路ビルに隠された内側に複雑な路地商店街「品川駅前港南商店街」がある。1街区の内側に、2本の裏路が通り幾つかのアプローチ路地がある。その1つの通りは路地裏という店の所で蛇行する。

      0321_DSC08643_1

      0321_DSC08635_1

      0321_DSC08634_1
もう一つはほぼ直線だが建物がでていて、蛇行道に見える。

      0321_DSC08652_1
(住所:東京都港区港南2丁目2)

       0321_DSC08655_1
品川駅港南口前、街路ビルに隠された内側に複雑な路地商店街「品川駅前港南商店街」がある。1街区の中に路地があり、その中に入る入口がエグイ。知らないと入れないところもあるし、いい感じに入れるところもある。

      0321_DSC08658_1

      0321_DSC08653_1

0321_
(住所:東京都港区港南2丁目2)

      0320_DSC00871_1
23区のいい路地はある程度見たと思っていた、港区高輪のこの一角にこんなすごい建物と路地があるとは思わなかった。大谷石の擁壁に板張りの跳ね出しそれを支える斜めの方杖、建物も路地も見事だった。まだまだ都心も探りがいがあるね。

      0320_DSC00875_1
(住所:東京都港区高輪1丁目19−1近辺)

0215_DSC08612_1
京急本線の品川駅―北品川駅間の八ツ山路線線路橋を踏切越しに見る。トラス橋の横からもいいが、線路方向だと鉄骨の線が重なり、街路灯の光とビル光のちがった光がバックでさらに強調される。ぬれた線路のうねりが何かさそっている感じだ。(住所:東京都港区港南2丁目17−1近辺)

      1103_DSC00647_1
ニュー新橋ビルの西側、烏森神社と参道がある新橋2丁目15と9エリア。路地先にニュー新橋ビルの格子がみえる路地はココだけ。いがいと行き止まりの路地が多く、他は見えない。新橋の烏森神社界隈の看板の乱立は凄い。(住所:東京都港区新橋2丁目9−13近辺)

      0419_DSC09477_1
品川駅港南口前、街路ビルに隠された内側に複雑な路地商店街がある。地元の人は知っているが、歩くとオモシロイところなので、写真を撮っている「品川駅前にこんなところが」と連れてこられる人の感想が聞こえる。

   0419_DSC09504_1

0419_DSC09499_1

路地も曲がって三つ又になったところが、カッコいい空間になっている。

     0420_DSC09513_1

     0420_DSC09470_1
周りのビルに隠されてあるため、さらに探検しがいがあるエリアになっている。通り路地も大きく分けて長手方向2つと短手方向に2つある。それぞれ雰囲気が違ってオモシロイ。

      0420_DSC09497_1

      0420_DSC09498_1

      0420_DSC09468_1
(住所:東京都港区港南2丁目2)

      0418_DSC08786_1
南麻布の薬園坂近くにあるV字坂タイプの釣堀坂。北側には地形的に高い、つりぼり衆楽園がある。都内のなかでもこのV字坂は美しい。スリバチ状の谷間が見える。片側の坂には一部階段もある。

      0418_DSC08797_1
(住所:東京都港区南麻布3丁目9−23近辺)

0412_DSC09456_1
品川駅港南口にある品川シーズンテラスの2階テラスエリア。軸線上に東京タワーが入る水路がある。東京タワーを取り込む形の水路はおそらくここだけ。

0412_DSC09463_1
テレビドラマのロケ地で出てきてすでに観光名所になってる。惜しむべきは水辺のベンチレベルやデザインがイマイチ。

0412_DSC09419_1

0412_DSC09424_1
けっこういろいろ作っているのだが。(住所:東京都港区港南1丁目2-70)

↑このページのトップヘ