夜散歩のススメ

上野タケシがススメる夜散歩。

カテゴリ: 東京都23区

0417_DSC07714_1
杉並の和田堀公園 済美山運動場からこんな遠景風景、新宿高層ビル群が見えるとはおもわなかった。 おそらく善福寺川の向かう方向、左右に比べて谷間で抜ける方向だからみたいだ。この風景はあまりこの地域を知らないのでとっても新鮮だった。

0417_DSC07716_1

0417_DSC07717_1

0417_済美山から_01
(住所:東京都杉並区堀ノ内1丁目17−12近辺)

      0415_DSC06696_1
恵比寿3丁目にある暗渠の谷に向って、わずかに下がってゆく路地。微妙な傾斜だが、反対側が良く見える。そして左に上がってゆく個人邸の階段、建物の立ち姿に植栽路地が美しい町並みをつくる路地だ。(住所:東京都渋谷区恵比寿3丁目25−6近辺)

0414_DSC08191_1
大塚の大塚三業地通は、谷端川暗渠だ。蛇行する暗渠道の心地よさのなかに、かつての三業地の名残の建物がポツポツと。通りと建物の関わりが街並みそのもの。

0414_DSC08202_1

0414_DSC08211_1
(住所:東京都豊島区南大塚1丁目56−2近辺)

      0409_DSC06685_1
恵比寿3丁目にある、階段のある路地風景。7段の階段で生まれる段差風景は、これほど効果あるのかという感じ。色々な要素が詰まっている世界でもあるところ。

      0409_DSC06693_1

      0409_DSC06689_1
(住所:東京都渋谷区恵比寿3丁目24−4近辺)

      0327_DSC01659_1
なんでこんなに大勢な人が目黒川のサクラを見にいくのか疑問だった。撤回、いや素晴らしい。名勝になっていました、そしてとても人が多い。その人影と橋がサクラをバックに輝いていた。(住所:東京都目黒区中目黒2丁目9−13近辺)

0408_DSC01069_1
新井薬師前駅近くにあるY字路。駅近くの商店街、Y字路に建つ建物の表情もいい感じ。左右の道も途中暗く、奥の建物が光っている落差がいい感じのところ。

0408_DSC01067_1

0408_DSC01059_1
(住所:東京都中野区上高田3丁目19−1 近辺)

0404_DSC09376_1
目黒不動尊(瀧泉寺)の仁王門、金剛力士の阿形像と吽形像が光り、見事に結界をつくっている。奥の階段が美しくひかっている。手前階段にはバス運行整理の人がコクリコクリと。幾つかの世界があった。(住所:東京都目黒区下目黒3丁目20−26近辺)

   0403_DSC01733_1
近くの東海大学代々木校舎が山田守設計なので、こちらの東海大学付属望星高等学校もそうだろう。デザイン要素が一緒。水平連続窓のコーナーアール愛を感じる。ファサード壁のズレもいい。コーナーの配管の不思議なまたぎは補修によるものか、直線で突き抜けていたのだろう。これはこれでオモシロイ。(住所:東京都渋谷区富ヶ谷2丁目10-1近辺)

  0402_DSC01045_1
白い外壁のアパート、配管とメーター類の配置が美しい。電気メーターの一つだけ位置がズレて配管もだらしないのが目立つ。新しいタイプのメーターのようだが。配線の線がきれいだが真ん中右上の大きな隙間も美しくみえてくる。(住所:東京都中野区松が丘1丁目12-4近辺)

      0330_DSC01152_1
中野サンモールのアーケードに面する建物内の抜け道。建物の中をぬけるのはあまりなく、途中でビル隙間の路地に変わる。そこから見たところ右側は建物内の抜け道、左側には対比的な配管がカッコいい。

      0303_DSC01147_1
(住所:東京都中野区中野5丁目65−11 近辺)

0329_DSC01049_1
少し離れた踏切からみているとてっきり駅内の跨線橋だと思っていたら、駅とは分離で駅の上をまたいたもで、屋根もなく壁だけのもの。青い光を拾ってカッコいい。階段下は黄緑色の光、ホームは白い光に、信号の赤色が混じる。豊かな光で、トラスフレームと線路の曲線も美しい。(住所:東京都中野区上高田3丁目18−1近辺)

0328_DSC00997_1
1929年竣工し、1966年に使用を停止した荒玉水道の野方給水場に作られた「野方配水塔」。足元は公園で良く見えるが近すぎで、離れた地上道路からのベストポイントがいがいと少ない。ちょっと変わった組合わせでが、この立体駐車場のスロープからみえる姿が一番よかった。

0328_DSC00975_1

      0328_DSC00977_1
(住所:東京都中野区江古田1丁目3−1近辺)

   0323_DSC00764_1
以前もあげたことがあるこの階段、じっくりみると3つの階段で構成されている。広いが奥行も段鼻もバラバラは奥の住宅への共同階段。そこに取り付く玄関階段。さらに左にお庭かバックヤードに降りてくる階段がある。この3つの階段も含めてオモシロイ。

   0323_DSC00770_1
(住所:東京都品川区東五反田4丁目8−7近辺)

      0321_DSC08647_1
品川駅港南口前、街路ビルに隠された内側に複雑な路地商店街「品川駅前港南商店街」がある。1街区に2本の裏路地が隠されていて、さらにそこをつなぐ脇道がある。2階は斜めで張り出して、まるでトンネル空間に近くなる。ここの空間体験はぜひ勧めたい。

      0321_DSC08648_01


      0321_DSC08638_1
(住所:東京都港区港南2丁目2)

      0321_DSC08636_1
品川駅港南口前、街路ビルに隠された内側に複雑な路地商店街「品川駅前港南商店街」がある。1街区の内側に、2本の裏路が通り幾つかのアプローチ路地がある。その1つの通りは路地裏という店の所で蛇行する。

      0321_DSC08643_1

      0321_DSC08635_1

      0321_DSC08634_1
もう一つはほぼ直線だが建物がでていて、蛇行道に見える。

      0321_DSC08652_1
(住所:東京都港区港南2丁目2)

       0321_DSC08655_1
品川駅港南口前、街路ビルに隠された内側に複雑な路地商店街「品川駅前港南商店街」がある。1街区の中に路地があり、その中に入る入口がエグイ。知らないと入れないところもあるし、いい感じに入れるところもある。

      0321_DSC08658_1

      0321_DSC08653_1

0321_
(住所:東京都港区港南2丁目2)

      0320_DSC00871_1
23区のいい路地はある程度見たと思っていた、港区高輪のこの一角にこんなすごい建物と路地があるとは思わなかった。大谷石の擁壁に板張りの跳ね出しそれを支える斜めの方杖、建物も路地も見事だった。まだまだ都心も探りがいがあるね。

      0320_DSC00875_1
(住所:東京都港区高輪1丁目19−1近辺)

   0318_DSC00890_01
地上のトンネル大岡山の駅の日差しの影が美しかったのを思い出して、電車のライトの灯りと同じではと思って撮ってみた地下鉄国会議事堂前のトンネル。ライトの光が曲面壁や、レールに伸びてきて美しい。電車に迷惑にならないように気をつけて。

   0318_DSC00891_01
(住所:東京都千代田区永田町1丁目6−3 近辺)

0228_DSC09009_1
原宿にある東郷神社、併設する東郷記念館にある池泉庭園。水辺を渡る橋がいいが、夜撮る時には何時も正面はどこか悩んでいた。建物からは側面方向になるが、ここからの眺め、正面右にライトアップされたしめ縄ありの滝組みがあり、左側の渡り橋 が伸びる感じがいい。一つの正面になる。今の時期は左手前に梅が咲き、あと一ヵ月くらいで右手前の桜が咲く。

0228_DSC09017_1
(住所:東京都渋谷区神宮前1丁目5-3近辺)

0313_DSC00283_1
あれ、こんな姿だったかとと思うほどだった。渋谷のんべい横丁の裏側、渋谷川暗渠駐輪場からの姿が美しく見えた。理由は2階建ての宮下公園解体、それに伴い暗渠道、明治通りと中景がぬけて、さらにNTTの借景になっているから。ウラガオが表顔になっていいかどうか、わからなくなるが。(住所:東京都渋谷区渋谷1丁目25-9近辺)

↑このページのトップヘ