夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ: 東京都23区

DSC00881_1
京成本線が荒川と並行に流れる綾瀬川を渡るところにある5スパントラス橋。短いトラス橋なのだけど、コンパクトで独立感がつよい、ちょっと可愛いい感じに見えてくる。(住所:東京都葛飾区堀切4丁目27−1近辺)

0422_DSC10025_1
江古田駅、線路からも見える3面の看板建築の八百喜商店。高さも違うが、その角の面が一番目立つ。縦書きの文字が綺麗にはまる。どの面が生きるかは時代によって違うのかもしれない。(住所:東京都練馬区栄町30−4近辺)

      0421_DSC00869_1
京成本線のガード下、道路と斜めに交差して鉄骨がカッコいい。その先に見える倉庫などの街並み風景もいい。夕焼け空に良く似合う。

   0421_DSC00873_1
(住所:東京都足立区千住曙町16-3近辺)

   0421_DSC09193_01
佃の古い街区、島の形状がのこるところ。田の字状の路地の街区。新しくなっているところが多いのだが、ところどこに古い町並みのカタチが残っている。

0421_DSC09200_1

0421_DSC09187_1

      0421_DSC09171_1
(住所:東京都中央区佃1丁目近辺)

0420_DSC09994_1
桜台2丁目にある五差路、その一角に建つ小さな飲屋。バラッキーな感じな屋根も幾つかに分かれ、増築でこうなった感じ。周りの建物に比べ小ささが際立つ。

0420_DSC09993_1

0420_DSC09992_1
(住所:東京都練馬区桜台2丁目39−8近辺)

0420_DSC09445_1
カーテンウォールのような窓の福地写真館。南向きの写真館なので、ガラスの向うにスクリーンがある。上から見ると切り妻屋根で手前は看板建築。一面窓の看板建築といえる。

0420_DSC09444_1

0420_DSC09447_1
(住所:東京都江東区亀戸3丁目45−15近辺)

      0419_DSC09296_1
八丁堀2丁目にある路地。路地真ん中にめんする建物上に大きな木。入り口の理容室の横には植栽だけじゃなくいろころなものが。混沌としながらいい感じの路地。

      0419_DSC09299_1

      0419_DSC09300_1

      0419_DSC09304_1
(住所:東京都中央区八丁堀2丁目15-8近辺)

   0419_DSC09657_1

0419_DSC09638_1
商店街に面する、まるよし横丁。商店街側からと脇道側からと二つの入口がある。脇道側は提灯もあり、増築建物の姿もいい。商店街側は狭い路地を通った先。メインの通りは、工場、倉庫のような吹抜け。壁には店の文字がある。周辺の路地店舗の雰囲気もいい。歩いて楽しいところ。

      0419_DSC09623_1

      0419_DSC09635_1

      0419_DSC09645_1

0419_DSC09659_1

      0419_DSC09663_1

      0419_DSC09665_1
(住所:東京都世田谷区祖師谷1丁目8−17近辺)

0418_DSC00376_1
角地に建ち、2方向の看板建築「パーマアミー」。謎なのがバッテンレリーフと、黒い渦マーク、パーマアミ―の文字。後からのようだけど面白い生かし方。

0418_DSC00374_1

      0418_DSC00381_1
(住所:東京都大田区東糀谷4丁目10-20近辺)

0418_DSC00083_1
戸越銀座商店街の通りに面する宝徳稲荷大社。片側のビルは新しく、鳥居も社もそれぞれ新しくなっているのだろうけど、鳥居からみる商店街だでも雰囲気がかわる。

0418_DSC00074_1

0418_DSC00079_1

0418_DSC00091_1
(住所:東京都品川区豊町1丁目3-15近辺)

DSC00325_1
田端駅から線路を渡った先、高架橋、高架道路の脇にある歩道階段。雨にぬれ、オレンジライトも相まってとても美しい。田端駅近くに隠れた美しい構築物発見。

DSC00319_1

      DSC00322_1

DSC00324_1
(住所:東京都北区東田端1丁目17−20近辺)

0417_DSC09934_1
石神井川脇のY字路建物。どうやら板金屋さんのようだけど、色々な仮設がついて建設中、工事中にも見える。さらに信号機の灯りで照らされオモシロイ建物に。(住所:東京都練馬区練馬4丁目33-9近辺)

0416_DSC09465_1
参道、アプローチではピカイチの面白さの亀戸天神。分断された池を太鼓橋、平橋で繋ぐ、真ん中のアプローチ。藤棚用のパーゴラで見えづらくなっているが、池に映る世界、太鼓橋の反射など美しい。

0416_DSC09455_1

0416_DSC09456_1

0416_DSC09462_1

0416_DSC09482_1

0416_DSC09485_1
(住所:東京都江東区亀戸3丁目6-4近辺)

      0416_DSC09177_1

      0416_DSC09182_1
月島の路地も狭いが、幅が一層狭くなるのが佃島の路地。それでも通り抜けられる。途中に路地空間に生活空間が混じるような感じがする佃島の路地。

      0416_DSC09206_1

      0416_DSC09214_1
(住所:東京都中央区佃1丁目近辺)

0415_DSC00580_1
江戸川と旧江戸川の間にある篠崎水門。住所を調べていてビックリ、ここは途中で東京都江戸川区と千葉県市川市の区市境界未定地だった。確かに地図で途中から境の線が消える。水門の塔の連続、光の微妙な違いの連続がカッコいい。

0415_DSC00597_1

0415_DSC00569_1

0415_DSC00566_1
(住所:東京都江戸川区東篠崎1丁目11-1近辺)

0415_DSC00551_1
江戸川と旧江戸川の間にある篠崎閘門。閘門とは水量を調節して船舶を昇降させる2つの対の門。これほど機能と境界がカタチに現れるものもない。そしてランドマークになる。

0415_DSC00587_1

      0415_DSC00584_1

0415_DSC00583_1
(住所:東京都江戸川区東篠崎1丁目11-1近辺)

DSC09747_1
国道246が等々力崖線を横断する。高架道路となり、そのまま二子玉川駅方面へ。崖線風景と流れてゆく道路の腰壁パネルが妙に美しい。見慣れた風景だったのに夜は美しい。

DSC09742_1

DSC09743_1
(住所:東京都世田谷区瀬田2丁目31−2 近辺)

   0414_DSC09566_1
よくテレビロケ地で使われる下総屋食堂。一度行ったことがあるが、ネット情報だと亭主の体の状態で休みも多いみたいだが、まだやっている。この建物がある通り、旧安田庭園がある街区のL字状に建物がならぶ、位置的にも面白いところ。

0414_DSC09563_1

0414_DSC09565_1

0414_DSC09571_1
(住所:東京都墨田区横綱1-12-32近辺)

↑このページのトップヘ