夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ: 東京都23区

      DSC01348_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。烏山川の若林支流暗渠に降りる階段。擁壁の斜めもあり上りながら広がる階段、電柱位置も不思議で、進入禁止ポールと対になる。

      DSC01354_1

DSC01350_1

      DSC01352_1
(住所:東京都世田谷区若林3丁目3−8近辺)

0915_DSC06228_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。連続長屋のウラガオと思っていたら、一軒長屋のヨコガオだった。集落のような要素の形態、多種多様な色トタンで凄い。

   0915_DSC06241_1

0915_DSC06246_1

  0915_DSC06225_1
(住所:東京都港区東麻布2丁目近辺)

0914_DSC05324_01
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。消防署は夜のほうが美しい。FRPのシャッターのおりたところ、少し乳白ぽい素材の向こうの透ける色合いが美しい。(住所:東京都江戸川区中葛西1丁目29−1近辺)

DSC04757_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。数軒の家への行き止まり道路の曲がり階段。曲がった先が見えない。古い階段で路地から見る姿もいいが、曲がり角が膨らみ残余地がある。中間レベルのその残余地から面白いカットに。
      DSC04736_1

      DSC04773_1

      DSC04755_1

      DSC04740_1
(住所:東京都品川区西品川1丁目22−7近辺)

0912_DSC03830_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。川の手通りと平行しながら蛇行する西井堀跡の道。残るトタン工場や木造建物と塀の様相も堀跡に向かって顔をむけているエリア、なかなかいい川景観。

0912_DSC03833_1

0912_DSC03832_1

0912_DSC03836_1
(住所:東京都葛飾区堀切5丁目24−11近辺)

      0911_DSC03381_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。谷戸前川暗渠の中町2丁目の細道。細いので隣地との境界が面白い。ネットフェンスがギリギリで出窓が出ているところ、テントが細道を覆うところもある。ほぼ直線ながら面白いとエリア。

      0911_DSC03373_1

      0911_DSC03375_1

      0911_DSC03395_1
(住所:東京都目黒区中町2丁目38−16近辺)

     0908_DSC06189_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。六本木のフランス坂階、もともと坂スロープに階段をつけたような細抜け道な階段。階段左右が面白い、段差ありで鉄骨階段でアプローチする側と、店舗共用部の階段が繋がりそうな側。明暗の灯りの違いもあり三層構造が面白い。

      0908_DSC06166_1

     0908_DSC06183_1

     0908_DSC06192_1

      0908_DSC06172_1

     0908_DSC06200_1

DSC06170_1

     0908_DSC06194_1
(住所:東京都港区六本木3丁目8−2近辺)

      0906_DSC04807_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。抜けられると思わなかった狭い路地。暗渠の人達が古戸越川跡めぐりであげていた抜け道路地。擁壁が迫りさらに狭くなるところ、抜けたさきに暗渠道と路地が絡む。

      0906_DSC04813_1

      0906_DSC04815_1

   0906_DSC04824_1
(住所:東京都品川区西品川1丁目11−5近辺)

      0905_DSC04804_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。抜けられると思わなかった狭い路地。暗渠の人達が古戸越川跡めぐりであげていた抜け道路地。途中のジグザグ路地、コンクリ平版にタイルばらまき路面に勝手口階段が絡む。

   0905_DSC04802_1

      0905_DSC04805_1
(住所:東京都品川区西品川1丁目11−5近辺)

DSC06430_1
医療崩壊でお勧めできないので、近所の夜散歩。代々木JCTから曲がる高速ガードの参宮橋交差点。地下を小田急小田原線が新宿にむけて走る。左にみえる橋は天王橋。電車と歩道車と高速道路の豪快な立体交差、いろいろな流れが交差する。(住所:東京都渋谷区代々木3丁目42−2近辺)

0901_DSC06466_1
医療崩壊でお勧めできないので、近所の夜散歩。ちょうど公園で盆踊り、通り脇の小さな公園ながら、提灯の広がりでとても広く見えるから面白い。

0901_DSC06484_1

0901_DSC06468_1
(住所:東京都渋谷区代々木5丁目68−1近辺)

0831_DSC06486_1
医療崩壊でお勧めできないので、近所の夜散歩。ちょうど公園で盆踊り、提灯が綺麗だった。終わった後で灯りがきえると面白いコトに良く見える。提灯の灯りは幻想をつくるのかも。

0831_DSC06488_1
(住所:東京都渋谷区代々木5丁目68−1近辺)

DSC06383_1
医療崩壊でお勧めできないので、近所を夜散歩。代々木商店街の通りに面するレストラン ケンの装テン。カラフルで美しい灯りの装テン、木々の多い通りにひときわ美しい。

DSC06389_1

DSC06387_1
(住所:東京都渋谷区代々木1丁目45−7近辺)

0827_DSC05652_01
阿佐ヶ谷駅近くの阿佐ヶ谷新進会商店街、真中にある看板建築。看板部分がボロボロで閉じた扉には選挙ポスターの羅列。ボロボロながらどこか華やかな看板建築。(住所:東京都杉並区阿佐谷北1丁目3−9近辺)

0823_DSC05585_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。
中野区大和町にある泉光山 蓮華寺。古いお寺の赤い山門。境内側から外の日常世界がどこかちがった世界に見え、どちらが内か外かわからなくなる。

0823_DSC05580_1

0823_DSC05582_1
(住所:東京都中野区大和町4丁目37−15 近辺)

DSC05588_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。微妙に洋式が入った住宅。前庭に向かう玄関2つ、いい具合の間と距離を保つ。奥の玄関の模様梁が珍しい、左に丸窓も。手前右玄関は腰壁石に木製建具。3つのシュロの木の前庭との配置もいい。(住所:東京都杉並区阿佐谷北近辺)

DSC05837_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の写真で。
ツィンコリダータイプの大島四丁目団地1号棟。東西面の窓のデザインは同じなんだけ灯りの雰囲気も違う。内側の小さい窓の連続も綺麗。

      DSC05838_1

DSC05835_1

DSC05836_1

      DSC05839_1
(住所:東京都江東区大島4丁目1−1近辺)

      0816_DSC07782_1
医療崩壊でお勧めできないので見るだけ夜散歩。
暗渠細道からの脇道にある、アパートへの飛び石路地。一本から二本にわかれ、三本目に分かれて、二本に戻る。渓流の川の流れのような飛石路地。

      0816_DSC07778_1

      0816_DSC07773_1

      0816_DSC07784_1
(住所:東京都新宿区四谷坂町1−27近辺)

      0815_DSC07759_1
紅葉川の四谷本塩町・四谷坂町支流の暗渠細道。曲がり角と住宅アプローチ階段。暗渠細道からみると手摺なしでオブジェのよう。塀と階段と暗渠細道と3段階の領域が豊かな空間。

      0815_DSC07766_1

      0815_DSC07771_1

      0815_DSC07780_1
(住所:東京都新宿区四谷坂町1−1近辺)

   DSC05956_1
小岩駅と越中島貨物駅を結ぶ越中島支線。通過する亀戸駅手間の京葉道路を渡るガード。道路に斜めに位置して湾曲している京葉道路上のガード。長く豪快な流れで、足元の白い列柱も灯りがあたり美しい。緑の山に突っ込んでいく感じも面白い。

DSC05950_1

DSC05962_1

DSC05958_1
(住所:東京都江東区亀戸1丁目21−4近辺)


↑このページのトップヘ