夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都23区 > 文京区 

      DSC08685_1
数年前まではもっと暗かった根津神社。数が少なめで遠目からのライトアップで、建物が綺麗だ。他方向から影が重なって面白いことに。光と影の共演がいい。

      DSC08697_1

      DSC08704_01

DSC08713_1
(住所:東京都文京区根津1丁目28近辺)

   0109_DSC08702_1
根津神社の境内西側にある駒込稲荷神社と乙女稲荷神社を結ぶところ。街灯照明が低いこともあり、鳥居や塀の影が不思議な美しさだ。階段もあり不思議な三又で、なお不思議なカタチに。

   0109_DSC08680_1
(住所:東京都文京区根津1丁目28−9近辺)

     0108_DSC08589_1
菊坂とその下の水路跡道を繋ぐ幾つかの階段。その中でも美しいのが「菊坂・下見板町屋わきの階段」。片側の建物はなくなっているが、下見板の町屋の姿とやや幅広い階段の姿がいい。

      0108_DSC08594_1
(住所:東京都文京区本郷4丁目29-1近辺)

      1225_DSC08537_1
本郷の樋口一葉の旧居跡界隈に残る木造三階建て民家の隙間路地。その先に木戸、下る階段がある。その先にやや広がる井戸がある路地界隈空間。振り返ると階段と木造三階建て民家と階段の立ち姿がいい。
      1225_DSC08532_1

      1225_DSC08524_1
(住所:東京文京区本郷4近辺)

      1225_DSC08533_1
本郷の鐙坂途中の木戸、その先の石垣下の路地。緩やかな曲面擁壁に対する民家から漏れる灯りが美しく、いい路地空間になっている。

      1225_DSC08536_1
(住所:東京文京区本郷4近辺)

     1126_DSC08492_1
T字型ではなく、珍しい矢印型階段。春日通りの街灯色が変わってトロピカルな色に。対してコンクリとアルミの無機質な階段もシックに黒光りしていてカッコいい。矢印型の流れ、踊り場と上部通路がステージみたいな階段。

   1126_DSC08459_1

     1126_DSC08470_1

     1126_DSC08488_1
(住所:東京都文京区本郷4丁目13−7近辺)

      1120_DSC08720_1
何の木だろう、根津神社近くの分かれ道にたつ樹木。しわがあって下のほうが膨らんだ木は、顔がでてきて喋りそう。(住所:東京都文京区根津1丁目24−6近辺)

1116_DSC08627_1
本郷6丁目、鳳明館森川別館前、看板が見える交差点。Y字路に一本足された変形交差点。ほぼY字路で左右の下り道路の視線が通るいい交差点。真ん中建物の角シャッターも面白い立ち姿。(住所:東京都文京区本郷6丁目22−1近辺)

   DSC01489_1
古墳を利用してつくった富士塚の上に社殿がある、駒込富士神社。参道階段の勾配は45度と絶壁となるので、脇に女坂階段がある。その途中の少し広場的なところ、パーゴラもありちょっと不思議な感じ。塚下の近隣との間の路地もいい。
DSC01473_1

DSC01476_1

DSC01475_1

      DSC01492_1
(住所:東京都文京区本駒込5丁目7−20近辺)

   DSC01486_1
古墳を利用してつくった富士塚の上に社殿がある、駒込富士神社。高低差5.8mの規模では勾配45度の階段が凄い。登るだけで笑える絶壁感、見慣れた踏面と蹴上げが反転したかのようだ。ピラミッド階段のような絶壁な階段だ。

DSC01464_1

   DSC01484_1

DSC01481_1

DSC01465_1

   DSC01488_1
(住所:東京都文京区本駒込5丁目7−20近辺)

0410_DSC01495_1
旧藍染川があった谷間への斜面にある神明公園、高低差を利用した円形階段がある。勾配は緩いが180度以上で囲む階段がいい。円形ステージ部分に手足洗い場とオブジェ椅子の広場的要素が面白い。

0410_DSC01498_1

0410_DSC01500_1
(住所:東京都文京区本駒込4丁目13近辺)

DSC08494_1
目白通りに面する鳳山酒店(大正12年)、店構えも内部の様子が見えるのいい。横の通りは目白台地の高低差を一挙に下る富士見坂。引き込まれるそうな雰囲気。街角の対比がいいこの場所。(住所:東京都文京区目白台1丁目15−8近辺)

      0206_DSC08748_1
目白台地にあるこれも階段、痕跡階段。斜め擁壁にあわせてあったアプローチ階段をブロックで塞いだ。ブロック塀を垂直に合わせたため、斜めにパースのついた階段が少しのこって面白いカタチに。

0206_DSC08740_1

0206_DSC08742_1
(住所:東京都文京区関口3丁目近辺)

      0128_DSC08766_1
ずっと上からの景色のほうがいいと思っていた七丁目坂の階段。そんなことなかった、下からの見上げ、それも途中から見上げる擁壁と斜め踊り場が美しい。斜め踊り場は隣家車庫への傾斜、ツギハギでバラつきのある階段も動きがあっていい。古い坂で名前は、旧・音羽七丁目と八丁目の間の坂で七丁目坂と。

      0128_DSC08772_1

      0128_DSC08775_1

      0128_DSC08754_1

      0128_DSC08762_1
(住所:東京都文京区関口3丁目3−9近辺)

0125_DSC08733_1
脇道の住宅街からみる東京カテドラル聖マリア大聖堂。ライトアップなしだけど曲面のシェル構造の壁が微妙な街灯りを拾って美しい。その雰囲気、存在感は同時帯の代々木体育館と同じ。(住所:東京都文京区関口3丁目13−2近辺)

      0531_DSC09245_1
人込みを避けての夜散歩。現代の格子、アルミ扉から光。扉そのものよりも路面に落ちる光、影が美しい。(住所:東京都文京区小日向2丁目19近辺)

0505_DSC08978_1
人込みを避けての夜散歩。不忍通りと坂下通りの交差点、歩道の点字ブロックとマンホールのぶつかり図形。それほど狭い交差点でもないが、マンホールが3つあったためか、かなり複雑な図形に。すきまに歩行者と自転車止まれマークも。(住所: 東京都文京区大塚5丁目18−1近辺)

      0417_DSC08792_1
人込みを避けて、一人の夜散歩。このあたりは、春日通りへの通り抜け路地がある。高低差もあると通り抜け階段になる。それぞれ違っていて並ぶ風景がいい。それぞれのところかの景色もまた違う。

0417_DSC08800_1

      0417_DSC08798_1
(住所:東京都文京区大塚6丁目2−4近辺)

     0325_DSC09244_1
文京区小日向の擁壁が綺麗なこの一帯。そこにある鷺坂。曲がり角の道のうねり、擁壁上に大木、隠れる黄色い家、角の力が上に伸びている。(住所:東京都文京区小日向2丁目20−4近辺)

      0323_DSC09200_1
暗渠脇にあるアパートへの裏口階段。表入口へ通り抜けできる階段。無理をして蛇行して、途中から螺旋階段ぽくなる。なかなか珍しい形態となる。

      0323_DSC08743_1
(住所:東京都文京区大塚6丁目15−6近辺)

↑このページのトップヘ