夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都多摩地域26市 > 小金井市 

   1001_DSC07554_1
中層マンションの手前に、2階建の低層店舗があるシャトー小金井。低層店舗は角アールのアーチ型がそのまま壁柱になって、一階は通路になっている。横の低層店舗は1階部分だけ。店舗との構成がうまい。

1001_DSC07549_1

1001_DSC07563_1

1001_DSC07588_1

1001_DSC07566_1

1001_DSC07544_1
(住所:東京都小金井市本町6丁目5−3近辺)

      DSC07836_1
国分寺崖線にある、名前がオモシロイ坂。由来は坂道途中に加藤某という哲学者住んでいて、近所の若者が夜に勉学に通ったところから、呼ぶようになったと。今は横に公園階段があるが、少し高いところか覗ける階段併用の坂。

      DSC07832_1

      DSC07818_1
(住所 東京都小金井市東町5丁目21-1近辺)

      0930_DSC07782_1
国分寺崖線の斜面に位置する、美術の森緑地の池。その池から流れる水路がある「はけの小路」。水路脇の小路の途中に樹木が斜めになり門のようにある。緑のトンネルのようでもあり、豊かな通りとなっている。

      0930_DSC07780_1

      0930_DSC07783_1

      0930_DSC07789_1
(住所 東京都小金井市中町1丁目5-35近辺)

      0928_DSC07663_1
国分寺崖線にたつスカイコーポラス、日本の集合住宅には少ない、グリットサッシのファサード。柱梁の色も違って、強調されている。前面道路は造成で崖線を緩やかなしたためか、建物と間に谷間ができている。この谷間空間、そこに降りてゆく階段がカッコいい。

0928_DSC07667_1   

      0928_DSC07654_1

0928_DSC07656_1
(住所:東京都小金井市前原町近辺)

0923_DSC07872_1
東小金井駅を東に少しいったところにあるヒガコプレイス。新しい計画で白いフレームが境界をつくりその奥に路地とボックス店舗といいデザインだ。しかし夜は開いている店舗がなく寂しい。駅からのアプローチもまだ未整備なとこもあるからか、昼間しかの店舗しか入っていないから。もう少し成長をまとう。

0923_DSC07870_1

0923_DSC07871_1

0923_DSC07868_1
(住所:東京都小金井市梶野町5丁目10-58近辺)

0922_DSC07860_1
西武多摩川線、新小金井駅ホームの屋根、左手前の増設金属屋根は良くないけど、これがなければいい感じだ。右のホームは一本柱、左のホームは二本柱。それぞれ方杖などが入りフレーム組が連続してカッコいい。(住所:東京都小金井市東町4丁目4近辺)

     0922_DSC07749_1

「はけの森」緑地脇にある車屋の坂。坂の途中に水車小屋(車屋)があったところから「車屋の坂」とよばれるようになった坂。本来は曲面を描いた緩やかな坂だったのが2重になった階段、バラバラに階段化されたようだ。でもそのバラバラぶりがオモシロイ。

     0922_DSC07757_1

     0922_DSC07763_1

      0922_DSC07744_1
(住所:東京都小金井市中町4丁目17−21近辺)

   0921_DSC07618_1
小金井市の国分寺崖線には、それぞれ面白い坂がある。念仏坂はまるで市中の山居、緑のトンネル、竹林、茅葺屋根の建物もある。。斜面のため比較的緑が多い国分寺崖線ではあるが、ここの雰囲気は群を抜いている。

      0921_DSC07626_1

      0921_DSC07622_1

      0921_DSC07609_1

      0921_DSC07602_1
(住所:東京都小金井市前原町3丁目33−35近辺)

     0918_DSC07740_1
中町にある大久保墓地の坂、国分寺崖線のこのあたりにはオモシロイ階段が多い。都心化が進みすぎず、不思議なカタチでそのままな感じだ。この大久保墓地の階段坂も、階段の途中にスロープが横切り、不思議な立体になっている。上から眺める国分寺崖線の緑が残る風景もいい。

      0918_DSC07727_1

      0918_DSC07730_1

      0918_DSC07739_1

0918_DSC07714_1
(住所:東京都小金井市中町4丁目16近辺)

0914_DSC07675_1
明治中~大正初期まで妙観(貫)といわれる僧が庵を造り住んでいたころからの「妙観(貫)坂・みょうかんざか」という名前。小金井街道の大通り化とかで姿は変わったのだろうが、橋から分かれるここの坂はいい。上から見下げる風景、分かれ道的Y字路、角に立つ細い建物と要素満載。さらに下から見上げると両脇の石張りに街灯の光が流れる。

     0914_DSC07695_1

      0914_DSC07678_1

     0914_DSC07703_1

      0914_DSC07712_1

0914_DSC07673_1
(住所:東京都小金井市中町4丁目13−16近辺)

      0905_DSC07845_1
連雀通りに面するが、隣が空地になったおかげで雰囲気がいい笠森稲荷神社の連続鳥居。元文元年(1736年)創建と伝わるらしいが、連続鳥居の奥の方は、灯りが左右にあるために影が重なり、影模様が美しい。

0905_DSC07840_1

0905_DSC07841_1

0905_DSC07852_1
(住所:東京都小金井市東町1丁目40-13近辺)

   0416_DSC09965_01
国分寺崖線の窪みに位置する貫井神社。手前にある弁天池が台地途中の高さから覗ける。暗い中ひかる参道、弁天池の朱色の橋、前後にある池。特に手前の池に周辺世界が写りこむ。この時間帯、そして上から覗ける弁天池はそうはない。

   0416_DSC10007_1


0416_DSC09975_1


0416_DSC09983_1

   0416_DSC09985_1
(住所:東京都小金井市貫井南町3丁目8−6近辺)

   0319_DSC10028_1
門柱しかない玄関ながら、その先にみえる庭園が美しい「リストランテ大澤」。さらに中には、宮大工の建てた日本家屋を改築したイタリア料理のレストランと繋がる庭園。幹線道路の脇なのにいい雰囲気で存在。蔵のほうはおそらく道路のため切られた土地のため、三角土地の角の駐車場から丸見え。

0319_DSC10027_1

0319_DSC10030_1

0319_DSC10034_1
(住所:東京都小金井市貫井南町1丁目25-4近辺)

0315_DSC10026_1
野川上流、国分寺市から小金井市に入ったあたりは、川も細く水辺に降りるところもあり、ほどいいスケールで、護岸と川と川べりが美しい。坂下橋下からのぞく貫井大橋の景観は美しい。この辺りの野川散歩はとてもいい 。(住所:東京都小金井市貫井南町2丁目16−12近辺)

0315_DSC10018_1

0315_DSC10012_1

  0315_DSC10020_1

↑このページのトップヘ