夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都多摩地域26市 > 東大和市 

1220_DSC04533_1
村山貯水池の多摩湖、狭山丘陵を利用して造られたアースダム形式の貯水池。緩やかな堰えん堤の先に谷地と町並が見える。堰えん堤の表面の丸石と芝生が美しい。

1220_DSC04539_1

1220_DSC04530_1
(住所:東京都東大和市多摩湖4丁目644近辺)

     1219_DSC04572_1
台地の岬の突端に立つ円乗院。後ろに上がる台地を背負う。山門先の樹木が何故か斜め、どこかピサの斜塔を思い出す。山門先の台地さがる景色もいい。

1219_DSC04576_1

      1219_DSC04574_1
(住所:東京都東大和市狭山3丁目1354近辺)

1218_DSC04624_1
切通しで切断されているが谷頭がのこる東大和市湖畔の地形。右に流れてゆく谷地と斜面の住宅地風景が美しい。遠くに見えるのが西武園の観覧車。(住所:東京都東大和市湖畔2丁目351-59近辺)

1216_DSC04534_1
暗闇にもいろいろあるが、東京都多摩地区ではこの多摩湖上の闇はオモシロイ。これだけ開けていても闇がある。その背景と村山下貯水池第一取水塔の取り合わせもオモシロイ。

1216_DSC04542_1

1216_DSC04544_1
(住所:東京都東大和市多摩湖4丁目644近辺)

1209_DSC04595_1
東大和市の狭山丘陵谷間、前川の源流となる二ツ池。以前は「狭山田んぼ」の用水としてあったが、水田がなくなり公園に。谷間にひっそりとある池に、黄色いオブジェが目立つ。
1209_DSC04594_1

1209_DSC04593_1
(住所:東京都東大和市湖畔3丁目1158-106近辺)

1208_DSC04584_1
迷いながら出くわした景色、一直線に降りる階段先に広がる谷間地形。湖畔、狭山の谷間町と階段は素晴らしい。ほどよい空間でまとまれた一つの世界観ができている。

1208_DSC04579_1

1208_DSC04582_1

湖畔町谷間_1
(住所:東京都東大和市狭山2丁目1240近辺)

1207_DSC04636_1
東大和駅北側を少し行ったところにある富士見通り。綺麗な軸が通った通り。富士山の方向かと地図で見ると少しずれている感じだだが。役所HPには「かつては、富士山がきれいに見えていたそうで、地域の人たちに富士見通りと呼ばれた」と書いてあったが。少し上がっている感じでこの先に富士山が見えれば。それくらいこの直線道路は美しい。(住所:東京都東大和市南街5丁目8-1近辺)

1206_DSC04597_1
狭山丘陵の東大和市湖畔2丁目、地形的にオモシロイ。諏訪山橋は切通しみたいな立体交差の橋。スロープと段々階段の両側、真ん中が道路が潜る、不思議な構成になる。

1206_DSC04606_1

1206_DSC04615_1

  湖畔町切通し_01
(住所:東京都東大和市湖畔3丁目1158-1近辺)

     1130_DSC04552_1
今年の紅葉は良くないと聞く。確かにあまりいいのを見かけないが、ここ多摩湖堤防近くの狭山公園堤防上広場。紅葉の先に堤防の斜め、その先の西武園の観覧車が綺麗だった。

   1130_DSC04561_01
(住所:東京都東大和市多摩湖4丁目644近辺)

0806_DSC05805_1
玉川上水駅近く、芋窪街道上を走る多摩モノレール。モノレールの橋は景色のフレームになり切り取る。下が佼成霊園ということもあり、切り取られた夕焼け風景が美しかった。(住所:東京都東大和市桜が丘3−44−17丁目近辺)

0725_DSC05810_1
玉川上水駅の北西方向に広がる佼成霊園。駅から降りる階段から見える不思議な風景。お墓の後ろに卒塔婆などがないから、石の立体が綺麗に並んでみえる。細かさが電子基板みたいな感じでもある。(住所:東京都東大和市桜が丘4丁目10近辺)

0724_DSC05772_1
東大和市の都立東大和南公園の一角にある旧日立航空機立川工場変電所。昭和13年(1938年)飛行機のエンジンを製造する軍需工場に電気を供給する重要な施設で、昭和20年(1945年)には、他軍需工場と同様に、度重なる米軍の空襲を受けたのに、決定的な損傷を受けることなく復の手を加えることなく使われ続けた遺産として保存展示。今となってはその銃弾痕跡の表情はどうみえるだろうか。建物配置以外にも手前の路面のデザインはいい。

0724_DSC05770_1

0724_DSC05791_1

0724_DSC05764_1

ウラガワは変電所装置が面に現れる。そしてその周辺にも変電所に関する装置や部位なのか、バラバラに廃墟的展示をしている。意図的なのか不思議な展示配置でもある。

0724_DSC05745_1
(住所:東京都東大和市桜が丘2丁目近辺)

      0329_DSC01222_1
古くから芋窪の鎮守として「鹿島様」と呼ばれた豊鹿嶋神社。見えないが拝殿奥の本殿は都内最古かつ唯一の室町時代建立(1466年)。その参道の大きな一本の木が気になっていたが、よく見ると左右で二本もう一本は、植え替えられた細い木。どうやら二代目と思っていたら、三代目以降のようでその前代目も太くまでもたず植え替えのようだ。なかなか根付かないのか? この神木越しの参道と町並み風景がいい。

      0329_DSC01218_1

0329_DSC01226_1
(住所:東京都東大和市芋窪1丁目2067近辺)

0328_DSC01202_01
狭山丘陵の南向き斜面の鹿島台遺跡から南方向をみる。手前の茶畑や左右の山林で東大和市の町並みを少し囲むよう。遠くに低い緑が多摩丘陵、さらに遠くの右の山が、高尾山やその先の大山か? 遠くまで見える。遺跡がみつかるのわかるこの地形、そして景色。(住所:東京都東大和市芋窪1丁目1998−17近辺)

↑このページのトップヘ