夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ:東京都多摩地域26市 > 福生市  

0223_DSC07864_1
福生に点在して残るアメリカンハウス。それぞれ外部空間の使い方、庭との関係がいい。中にはジャパニーズハウス、普通の民家かもしれないのもあるが、外部空間と切妻屋根はいい。

0223_DSC07861_1

0223_DSC07768_1

0223_DSC07770_1

0223_DSC07868_1

0223_DSC07873_1
(住所:東京都福生市福生2026~2476近辺)

0220_DSC07684_1
JR拝島駅から横田基地へ向かう、ジェット燃料輸送のディーゼル専用線がある。単線で非電化なので電線もなくシンプルな風景になる。米軍基地手前のボウリング屋ウラガワが構成主義ぽい建物でカッコいいい。

0220_DSC07679_1

0220_DSC07683_1
(住所:東京都福生市熊川1499−1近辺)

0214_DSC07731_1
福生市熊川にあるアメリカンハウス。道路挟んで4棟ある。それぞれの表情も違うし、外部空間の使い方も違うが、通りを挟んで町並みをつくる。

0214_DSC07734_1

0214_DSC07729_1

0214_DSC07733_1

0214_DSC07727_1
(住所:東京都福生市熊川1068近辺)

0204_DSC07675_1
拝島駅近くにある玉川上水を跨ぐ日光橋。煉瓦積みアーチ橋の中では日本最古だが、両側をコンクリートで拡幅で、橋梁の下部からじゃないと見えない。手摺部分は違うが、遠目からみる橋姿は一緒。立ち姿は玉石擁壁と土の斜面の玉川上水も含めていい。(住所:東京都福生市熊川1655-3近辺)

0130_DSC07886_1
福生の繁華街、スナック街の灯り。少し寂れているが、ブルーの看板が照らす壁の表情だけでもいい感じに妖しくなる。(住所:東京都福生市福生880−19近辺)

DSC07850_1
横田基地に接する国道16号、福生ベースサイドストリート。表側よりも実はウラガワ、店舗横の通路、裏の駐車場が実は一番良かったりする。薄暗い建物を照らす灯り、向こうの国道と横田基地。ドラマは駐車場空地から生まれてゆく感じがする。

DSC07841_1

DSC07842_1
(住所:東東京都福生市福生2271近辺)

0122_DSC07816_1
横田基地に接する国道16号、福生ベースサイドストリート。それらしい建物があるのもいいが、この曲り部分の街並み、国道と横田基地の対比がオモシロイ通り。

0122_DSC07810_1

0122_DSC07722_1

      0122_DSC07761_1

0122_DSC07826_1

0122_DSC07799_1
(住所:東京都福生市福生2364近辺)

0120_DSC07718_1
福生ベースサイドストリート(国道16号)沿いの神戸ステーキハウス。実は2方向のよる看板建築。厚めに看板壁のため、なかなか立体的に面白い。壁と軒天のアール角、白地に模様もいい。

0120_DSC07721_1

0120_DSC07720_1
(住所:東京都福生市熊川1115近辺)

      0117_DSC07797_1
福生市の国道16号を一本入った道にある鉄塔。門型鉄塔タイプで住宅街の中に大きくたつ。その中に向うの一般鉄塔がみえる、不思議な風景。(住所: 東京都福生市福生2355−2近辺)

0525_DSC02445_1
JR青梅線福生駅と横田基地第2ゲートの間にある、旧赤線地区のリアルアメリカン通り。ラップと英語が店のドアから流れている。建物と色合いもちょっと違う、オスプレイどころか重要部隊が配備の横田基地、一つの通りと間だった横道、リアルな現役飲屋街だった。

0525_DSC02442_1

0525_DSC02449_1

      0525_DSC02450_1

0525_DSC02458_1

0525_DSC02469_1

0525_DSC02477_1
(住所: 東京都福生市福生876近辺)

   0517_DSC02404_1
玉川上水にかかる個人邸の橋だと思っていた。裏玄関も見えるし。しかしここは、田村分水の取水口の堰だった。よく見ると右側に金物も見えるし。調べずに行って、影で堰の半分が見えなかったからか、護岸曲面の美しさに惹かれて良く見えなかったからか。玉川上水の個人分水は珍しく、田村家が1867年に分水開設の願い出して、精米・製粉ための水車に使っていたようだ。

0517_DSC02408_1

   0517_DSC02412_1
(住所: 東京都福生市福生1162 近辺)

      0517_DSC02378_1
田村酒蔵の田村家の敷地から出た玉川上水の田村分水。その先にある丸い木の風景がいい。自家用の分水が許可例は、明治になって砂川家の源五右衛門分水があるのみで、珍しいようだ。水路田園風景に丸い木はいいランドマークになっている。(住所:東京都福生市福生565近辺)

   0516_DSC02393_1
福生にある嘉泉田村酒造場、酒造場があるこのあたりだけ古い町並みをつくる。建物や塀はそれぞれ新しくなっているかもしれないが、いい雰囲気の町並みをつくる。

0516_DSC02390_1

0516_DSC02394_1

0516_DSC02386_1

0516_DSC02376_1
(住所:東京都福生市福生626近辺)

0509_DSC02413_1
福生、この辺りの玉川上水で一番美しかった宿橋と護岸。角には田村酒造の屋敷があるから、いきなり文化的な香りがする。橋も装飾のないシンプルタイプながら美しい。

0509_DSC02410_1
(住所:東京都福生市福生637-2近辺)

0430_DSC02420_1
明治44年開設の旧福生郵便局の建物を利用した純福音福生教会。向かいに郵便局を開設し、田村酒造を営む田村家の分家でもある、ヤマジュウ(仐)田村家住宅がある。その先にある。道も整備された宿橋通りと街並みもいい感じ。ランドマーク的な建物でありながら、ひっそり建っている。福生駅の南側、多摩川方面はそういった文化に出会えるところでもある。

0430_DSC02423_01

0430_DSC02430_1

0430_DSC02431_1
(住所:東京都福生市福生637近辺)

↑このページのトップヘ