夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ: 東京都多摩地域26市

1213_DSC05002_1
住江町近辺の旧色街の建物たち、おそらく変化しながらいろいろなカタチで残っている。計画道路脇に、建物隙間に、線路脇に。

1213_DSC04950_1

1213_DSC05030_1
(住所:東京都青梅市住江町52、住江町58、西分町2丁目57近辺)

1213_DSC03574_1
国領町と染地の台地段差にある緑道、染地せせらぎの散歩道。東側の入口にはなぜか門がある。これが日本風で、どこか不思議な感じ。緑道は水辺と植栽とコンクリ擁壁という構成で続く。

1213_DSC03579_1

1213_DSC03580_1
(住所:東京都調布市国領町7丁目24-4近辺)

      1212_DSC04911_1
青梅駅近くにある「猫町にゃにゃまがり」。おそらく後から付けた名前で路地を猫で差別化。路地沿いに幾つか古い建物。周囲はポツポツ空地で見え方も変わりつつ、細道体験は面白い。

1212_DSC04917_1

      1212_DSC04924_1

1212_DSC04926_1

      1212_DSC04929_1
(住所:東京都青梅市仲町252近辺)

1211_DSC03613_1
多摩川の土手から対岸をみる。左に高層マンションやビル。川の曲がり向こうの上流方向、多摩丘陵とその手前に低地街灯りも美しい。(住所:東京都狛江市中和泉4丁目16−1近辺)

DSC05203_01
羽村市の宮前自然公園の上部方面にある、いろはざか。無理やりに道路を潜ろうとしてオモシロイことに。蛇行階段に曲面擁壁と人工スリバチ空間が幾つかある、オモシロイ階段公園。

DSC05166_1

DSC05176_1

   DSC05189_1

   DSC05221_1
(住所:東京都羽村市小作台4丁目8−12近辺)

DSC03139_1
武蔵野中央公園の新しい公園庭園。旧中島飛行機の変電室があったが解体したみたいだ。公園なんだけどよく見ると緩い築山に立石に樹木、綺麗な曲面の通路と庭園要素満載で美しい。

DSC03144_1

DSC03140_1
(住所:東京都武蔵野市緑町2丁目6−9 近辺)


   1210_DSC03276_1
吉祥寺駅少しいったところにある吉祥寺プティット村。なかなかやりきっています。中庭の空間構成もよかった。やりきった建物なのに、先にいたカップルも入るところを探していた、カフェでもあればいいのに。ステンドも照明も綺麗だった。

1210_DSC03290_1

     1210_DSC03278_1
(住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目33−2近辺)

DSC05123_1
小作台、ここも綺麗な多摩川の河岸段丘がある。小作緑地公園の緑越しからと、その脇の段丘から。多摩川低地の下流方向の景色が良かった。

DSC05125_1
(住所:東京都羽村市小作台4丁目8−1近辺)

   DSC05046_1
青梅駅近くの跨線橋と夏への扉という喫茶店。レール再利用構造体の古い跨線橋の光具合、単線の程よい小ささながら美しい。崖地に立つ喫茶店の立ち姿も美しい。

      DSC05020_1

      DSC05023_1
(住所:東京都青梅市住江町16-8近辺)

1209_DSC04595_1
東大和市の狭山丘陵谷間、前川の源流となる二ツ池。以前は「狭山田んぼ」の用水としてあったが、水田がなくなり公園に。谷間にひっそりとある池に、黄色いオブジェが目立つ。
1209_DSC04594_1

1209_DSC04593_1
(住所:東京都東大和市湖畔3丁目1158-106近辺)

1208_DSC04584_1
迷いながら出くわした景色、一直線に降りる階段先に広がる谷間地形。湖畔、狭山の谷間町と階段は素晴らしい。ほどよい空間でまとまれた一つの世界観ができている。

1208_DSC04579_1

1208_DSC04582_1

湖畔町谷間_1
(住所:東京都東大和市狭山2丁目1240近辺)

1207_DSC04636_1
東大和駅北側を少し行ったところにある富士見通り。綺麗な軸が通った通り。富士山の方向かと地図で見ると少しずれている感じだだが。役所HPには「かつては、富士山がきれいに見えていたそうで、地域の人たちに富士見通りと呼ばれた」と書いてあったが。少し上がっている感じでこの先に富士山が見えれば。それくらいこの直線道路は美しい。(住所:東京都東大和市南街5丁目8-1近辺)

      1207_DSC03175_1
かつてグリーンパークとよばれていた武蔵野中央公園近くにある、グリーンパーク商店街。左右をビルに囲まれた通りに街灯。通り向こう側は行き止まりで、ビル内通路を潜る。左にも抜け道もあるが、囲まれた閉塞感がが特徴の面白い通り。

1207_DSC03197_1

1207_DSC03208_1

1207_DSC03213_1
(住所:東京都武蔵野市緑町1丁目5−24近辺)

武蔵野中央公園:元は中島飛行機武蔵製作所西工場跡。戦後、現在の市役所/競技場から東京都立武蔵野北高等学校までの一帯を米軍に接収されておりグリーンパークと呼ばれていた。時と共に順次返還が行われ、武蔵野中央公園は東京都に返還された。

DSC03147_1
都営武蔵野緑町二丁目アパートの影響か、この周辺には不思議な商店街が存在する。オレンジ色のテントで統一された商店街。この統一だけでも商店街空間の特色がでていてオモシロイ。

DSC03154_1

DSC03159_1

DSC03163_1
(住所: 東京都武蔵野市緑町2丁目4−38 近辺)

1206_DSC04597_1
狭山丘陵の東大和市湖畔2丁目、地形的にオモシロイ。諏訪山橋は切通しみたいな立体交差の橋。スロープと段々階段の両側、真ん中が道路が潜る、不思議な構成になる。

1206_DSC04606_1

1206_DSC04615_1

  湖畔町切通し_01
(住所:東京都東大和市湖畔3丁目1158-1近辺)

1205_DSC03565_1
狛江市と調布市に跨る多摩川住宅、とても広い団地だ。給水塔も狛江市エリアに2つ、調布市エリアに3つある。調布エリアにある一つの給水塔は公園と合体。白い曲面壁と給水塔、まるで「お盆(トレー)に徳利」に見えてくる。他の給水塔もそれぞれ、建物や緑と関係して位置している。

1205_DSC03571_1

      1205_DSC03539_1

1205_DSC03538_1
(住所:東京都調布市染地3丁目1近辺)

1202_DSC03522_1
狛江市と調布市に跨る多摩川住宅、とても広い団地だ。給水塔も狛江市エリアに2つ、調布市エリアに3つある。これだけあると団地の建物と広場と給水塔の構図が見えてきて興味深い。夜はどこか不気味で、謎の秘密基地みたいだ。

1202_DSC03530_1

      1202_DSC03596_1

      1202_DSC03606_1
(住所:東京都狛江市西和泉1丁目5近辺)

1201_DSC03619_1
以前は前の道路を通った時には気がつかず、ブログで知って再訪。社殿ウラガワにまわるとさらにビックリ、思っていたよりもでかい。見事の湧水地跡の窪地、石垣で囲まれている。降りる階段もついている。1960年代初頭までは水が湧き出していたみたいだ。その先の水路跡もあた。小さな地形だけど、池泉庭園の形態にもみえてオモシロイ。

1201_DSC03636_1

      1201_DSC03637_1

1201_DSC03622_1

      1201_DSC03621_1
(住所:東京都狛江市東和泉1丁目26-1近辺)

     1130_DSC04552_1
今年の紅葉は良くないと聞く。確かにあまりいいのを見かけないが、ここ多摩湖堤防近くの狭山公園堤防上広場。紅葉の先に堤防の斜め、その先の西武園の観覧車が綺麗だった。

   1130_DSC04561_01
(住所:東京都東大和市多摩湖4丁目644近辺)

↑このページのトップヘ