夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

カテゴリ: 東京都多摩地域26市

   0228_DSC06935_1
日野駅近く、日野台地の突端にあるくの字で2段階階段。駅からの帰り道にはキツイ高低差、反対に景色は美しい。日野台地の斜面は緑地が多く、階段側面壁の陰が目立つ独立感が漂う階段。

  0228_DSC07016_1

      0228_DSC06918_1

      0228_DSC06920_1

0228_DSC07018_1
(住所:東京都日野市大坂上1丁目27−1近辺)

0221_DSC06744_01
水路の複雑交差、水の少ない時期と夜で見ずらい凄い造形、交差するところは面白い。右奥の南平用水と左奥の悪水路は下がって交差して浅川へ。少し水が少ない時期だったが、手前の高幡用水は右から浅川から供給、一部右奥の南平用水の取水懸樋からも供給。歩道橋もあり上から覗けるいいところ。
0221_DSC06748_1

0221_DSC06749_1
(住所:東京都日野市南平5丁目1−1−1近辺)

DSC06691_1
平山三丁目の住宅造成地、町田平山八王子線の道路が曲がり、住宅地と別れるところのY字路分離帯の街灯。二つに分かれる街灯の立ち姿に惹かれ、しばし眺める。(住所:東京都日野市平山3丁目37−2近辺)

     DSC06890_1
東京人3月号特集「階段で歩く東京の凸凹」でも取り上げた国分寺のY字階段。下からの見上げがいいが、上からの見下げカットもなかなか。遠景に国分寺駅周辺のビル群が見え、地形を感じられる。左右の階段はいがいと長く、それぞれ住戸にアプローチでき、さまざまな見え方がある階段。

     DSC06831_1

     DSC06855_1

     DSC06827_1
(住所:東京都国分寺市南町2丁目7−12近辺)

0201_DSC07037_1
日野台地を削るJRの中央線日野駅のホーム。右に行くとそのまま台地を削るところ。台地斜面に緑地が残っていてその隙間にホームの明かり、その向こう遠景に繋がる街灯りがみえる。

   0201_日野駅_1
(住所:東京都日野市大坂上1丁目25−1近辺)

0119_DSC06710_1
多摩丘陵のおくやま公園の近く、丘陵斜面が右に対岸は日野台地と段丘。手前の浅川は影としか見えない。対岸の日野台地上にはビルや工場が立ち並び、際立っている。

0119_DSC06702_1

0119_DSC06701_1

0119_DSC06708_1
(住所:東京都日野市平山2丁目40−6近辺)

0117_DSC06962_1
日野台地を削る三又通り。削られた三つのエリアが独立した感じで、通る甲州街道に三小通りが絡む。赤く色が違う路面もあり、どこか魅力的な交差点。(住所:東京都日野市日野台1丁目1−1近辺)

DSC07057_01
日野台地東側、凄い擁壁の百段階段。高低差約21mで綺麗な真っ平な台地、斜面は緑地が多く、降りるのは大きな坂と所々の階段。最上部からだと緑がかぶさり、遠景が少し見えない。下がった所だと左右の擁壁と上部の緑で逆三角形状に囲まれた感じ。
DSC07064_1

DSC07048_1

百段階段_1
(住所:東京都日野市神明4丁目12-1近辺)

DSC06948_1
日野台地の段差から見る都営日野新町一丁目アパート。日野台地の段差斜面は緑地帯になっていて、木々の間から覗くと低地の街が広がっている。(住所:東京都日野市大坂上1丁目21−2近辺)

DSC06995_1
日野台地の道路切通しのエリアにある向い合う階段。対岸から見ると緑の斜面で緩やかに曲がりに向かいあう。階段から見える交差点もいい。面白いタイプの連続階段。

      DSC06971_1

      DSC06966_1

DSC06964_1

      DSC06975_1
(住所:東京都日野市大坂上2丁目16−15近辺)

0108_DSC06676_1
南平の斜面を上がる6曲がり道、間に2つ貫く階段がある。北側のほうが景色がいい、河川低地の風景が絶景だ。3連続階段の下からは、擁壁のわずかな曲がりもいい。

0108_DSC06673_1

0108_DSC06689_1

0108_DSC06684_1

0108_6曲がり階段_1
(住所:東京都日野市南平9丁目2−5近辺)

      DSC06634_1
南平駅の商店街をぬけたところ、南平用水と道路の交差、鋭角感がたまらない。鋭角土地に詰まって建つ建物寄せ集め感も凄い。水路先に京王線が見える。

      DSC06637_1
(住所:東京都日野市南平7丁目17−55近辺)

0103_DSC06757_1
高幡不動駅横の京王電鉄車両基地、塀の裏を通る高幡用水。コンクリ板塀にうつる樹木の影が美しい。オレンジ色の灯りで影絵のようで反対側に存在しているようで面白い。

0103_DSC06754_01
(住所:東京都日野市高幡625近辺)

1231_DSC06665_01
南平田中の村から長谷戸(現多摩動物公園)に通じる細い山道が、急坂で曲がって登るので七曲とよばれていた。6曲り道は住宅地の造成でてきた感じだけど、いい感じの不思議な曲がり道。ここからの河川低地風景、対岸の台地風景が美しい。

1231_6曲がり_01
(住所:東京都日野市南平9丁目2-10近辺)

1229_DSC07012_1
日野台地上からみる中央高速が美しかった。日野台地の湾曲した凹み部分、間を渡るような高速ガード。その先に広がる河川低地の街並みも美しい。

1229_日野台地01_1
(住所:東京都日野市大坂上2丁目19−13近辺)

1227_DSC06862_1
国分寺崖線の三角台地、斜めの坂道から見える絶景。手前の緑に隠れてその先はかなり遠くの大山が美しく見える。夕暮れ時の景色は美しい。

      1227_DSC06859_1
(住所:東京都国分寺市南町2丁目4-15近辺)

0403_DSC07928_1
東村山の前川、川辺に洗い場がのこっている。川の水面よりも高く、なにより蛇口がついて水受けもある。よく見ると細い鉄骨柱で床が浮いている。なかなかなぞなカタチで残っているのも楽しい。

0403_DSC07929_1
(住所:東京都東村山市野口町4丁目1−8近辺)

0203_DSC07924_1
東村山野口の出世弁財天女宮、二連鉄骨太鼓橋の参道。池があるとことで、緩やかな低地。南側は少し上がった先に街灯りと高層ビル、北側は少しあがった先に狭山丘陵を背負う。弁天池は背景とともにある。

0203_DSC07919_1
(住所:東京都東村山市野口町4丁目14近辺)

0102_DSC07877_1
遠藤製餡の工場、増築に増築な並びの三段構え。それぞれのエレメントも面白いのだが、窓ガラスの先の色にプラス周囲のラブホの灯りの反射で豊かな色合い。賑やか色の工場になっている。(住所:東京都東村山市久米川町5丁目36−5近辺)

   DSC07886_年賀01
あけましておめでとうございます。今年も夜散歩のススメよろしくお願いします。
狭山丘陵の東端に位置する都立八国山緑地(上野、下野、常陸、安房、相模、駿河、信濃、甲斐の八カ国の山々が眺望できたことに由来)。落ち葉で下が良く見えない中を月明りと携帯ライトを頼りに尾根筋へ。木々の間から見える東村山方面のくらい町並み、その向こうに線状に光る灯りが美しい。

DSC07891_1

      DSC07892_1
(住所:東京都東村山市諏訪町2丁目24近辺)

↑このページのトップヘ