夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

2021年05月

DSC02695_1
関原通りの関原銀座会にある変形交差点。交差点もいい感じだが鋭角建物の立ち姿がいい。Y字路建物のような良さもある。入口庇上の細い鉄の渦巻装飾がいい。

DSC02702_1

DSC02684_1

DSC02696_1
(住所:東京都足立区関原2丁目16ー7近辺)

0531_DSC02126_1
バルコニー壁が立体細長六角形、上下を細柱でつないで連続の辰巳ビル。表面デザインながら奥行きがあるのが珍しい、軒天もギザギザ。斜めから見る連続も圧巻。

      0531_DSC02128_1

0531_DSC02125_1
(住所: 東京都江東区東砂7丁目16−12近辺)

DSC02796_1
大通りに少し入った所にあった、おそらく廃屋。トタン廃屋なんだけど妙にカッコいい2軒。窓のデザインが洒落ている。並びも面白く2軒の立ち姿もいい。(住所:東京都足立区関原1丁目2-13近辺)

      0530_DSC03879_1
蛇行しながら川の手通りについたり離れたりする西井掘の暗渠道。その暗渠道がメインアプローチの吉野湯。玄関のスケールが暗渠道街並みによくあう。川の手通りとの間の長屋隙間からも、看板があって正面アプローチできる。

0530_DSC03877_1

0530_DSC03883_1

0530_DSC03872_1
(住所:東京都葛飾区堀切6丁目33−5近辺)

      0529_DSC02145_1
大通りの清州橋通りから入る、暗渠か排水溝跡かの脇細道。L字溝の倍ぐらいの細い幅、階段を下がり真ん中が面白い。置かれた階段、手すりの影、脇建物階段ギザギザと脇細道の上で出会う。

      0529_DSC02143_1

      0529_DSC02135_1

0529_DSC02140_1
(住所:東京都江東区北砂7丁目9−3近辺)

DSC04647_01
昨日の夕焼けは綺麗だった。役所の前にあるしながわ中央公園の霧と山の噴水広場、公園軸がいい。山の噴水広場の向こうのカラフルな四角錐屋根が、夕焼けと相まって美しい。横断歩道橋からいい角度でみえるが電柱が一番いい所で邪魔をする。

DSC04672_1

DSC04677_1

DSC04679_1

DSC04641_1
(住所:東京都品川区西品川1丁目27-14近辺)

DSC03754_1
京成本線の堀切菖蒲園駅、入口は西側道路にあるだけで、ガードサイドは土手上にホームがたつ。二つのトンネルがあり南北へ、黄色いトンネルが綺麗だ。周囲に閉じた感じだけど、土手上に独立して建ち、直線に伸びるデザインと緑化と面白い表情。

DSC03749_1

DSC03616_1

DSC03757_1

DSC03813_1
(住所:東京都葛飾区堀切3丁目8−7近辺)

DSC02894_1
武蔵関駅から少しいったところにある五差路。鈍角に建つ仕出し屋さんの装テンの建物。上部の白色テントと中間の黄色テントの角度が違って、隅切りもあり面白い形態をつくっている。

DSC02901_1

DSC02904_1
(住所:東京都練馬区関町北1丁目19−10近辺)

      0527_DSC03029_1
西武線上井草駅の南口、出口の前にいきなり、いい感じの路地がある。店舗の配管があったり、住宅街から商店エリア、そして三角屋根出口へと向かう、珍しい取り合わせ。

      0527_DSC03032_1

      0527_DSC03023_1
(住所:東京都杉並区上井草3丁目31−18近辺)

      0527_DSC04284_1
スカイツリーのタワーから一番近い住宅地、路地からツリーの下方構造体がみえる。住居に隠れてちょうど基壇部分が見えず、借景効果もあり住宅地にいきなりはえているようだ。小雨の中で上は霞んで見えない。

      0527_DSC04296_1

      0527_DSC04282_1
(住所:東京都墨田区押上2丁目5−8近辺)

DSC02844_1
白子川の源流の一つ大泉井頭公園の川の膨らみ。水が少ない時期なのか、湧水地というよりも遊水地ぽくも見える。護岸の膨らみに蛇行する桟橋、真ん丸スペースもある。庭園要素もあり、緩やかな間のスペース。

DSC02827_1

DSC02826_1

DSC02841_1
(住所: 東京都練馬区南大泉4丁目1−9近辺)東大泉

DSC01693_1
道路向こうは谷中の花見寺前児童遊園、色んな要素の組み合わせの遊具。穴の開いた二枚の壁に雲梯、飛び石のような高さの違う円柱となかなか楽しい。

      DSC01688_1

DSC01689_1

DSC01695_1
(住所:東京都荒川区西日暮里3丁目18−7近辺)

DSC02705_1
東京23区のどこをあるいても廃業銭湯にであう。最近で残念という感じが多いが、ここは随分前のよう。今は紙の倉庫の関原湯。2009年ストリートビューでは営業していて煙突も長かった。今は緑に侵食されていて別世界、特に裏と横がいい感じに。

DSC02704_1

DSC02706_1

DSC02703_1
(住所:東京都足立区関原2丁目47−26近辺)

      DSC01903_1
秋葉原駅周辺はドカンと大きなビルが建ち風景が変わる。古い店が残る路地から見る対比が凄い。向こうの駅のようなスケールもデカく、オープンなビル灯りで多彩な色合い、一層路地が輝く。

      DSC01904_1
(住所:東京都千代田区外神田4丁目3−12近辺)

0523_DSC02115_1
夜の富士塚はいい、だいたい暗い所にあり周囲の街灯りとのギャップで不思議な世界になる。富賀岡八幡宮の北側の裏にある砂町の富士塚。もともと30m北にあったもの移設のようだが、周囲の街灯りとは違う、囲まれた別世界。

0523_DSC02119_1

0523_DSC02114_1

0523_DSC02106_1

0523_DSC02104_1
(住所:東京都江東区南砂7丁目14−18近辺)

  0523_DSC02779_1
幾つかの商店街が繋がっている関原不動商店街。街角の理容室のコーナー。デザインがカッコいい。商店街の通りと角のデザインが繋がる。

0523_DSC02777_1

   0523_DSC02765_1

0523_DSC02769_1
(住所:東京都足立区関原1丁目9-12近辺)

DSC02914_1
武蔵関駅から南東へ青梅街道に抜ける蛇行道路。曲がりの感じから古い道路か、昔の商店ぽい建物もチラホラ。1階から道路に漏れる灯りが、蛇行道路によく似合う風景。

DSC02916_1

DSC02911_1
(住所:東京都練馬区関町東1丁目21−6近辺)

0522_DSC03941_1
街角のマンションの1階店舗のコーナー、黄色い花。何の花かわからないが、背景の深い青色の釉薬タイルが黄金色に反射していて、凄い雰囲気になっている。

0522_DSC03939_1
(住所:東京都葛飾区小菅4丁目14−13近辺)

     0521_DSC03284_1
目黒4丁目の六差路、一番細い谷戸前川緑道口に建つ、2階への階段がある白い建物。ベンチで境界もあやふやで、いい間になっている。その先のプランターボック置き方も面白い。

      0521_DSC03279_1

0521_DSC03306_1
(住所:東京都目黒区目黒4丁目2−19近辺)

0520_DSC02312_1
堅川河川敷公園の首都高速7号小松川線への非常時階段。ブリッチが横に伸びてかつての堅川をよけて螺旋階段。公園を意図的によけている感じでもあり、そのプロポーションが面白い。

0520_DSC02318_1

0520_DSC02311_1
(住所:東京都江東区亀戸6丁目33-10近辺)

↑このページのトップヘ