夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

2019年07月

0730_DSC02962_1
放射状の田園調布の街の外側に宝来公園の谷間がある。あまり使わない古い階段なんだろう、平面的に斜め階段、そして踏面の水平面も斜めになっている。2段階に分かれる階段、それぞれ谷間とその向こうの緑地と街並みの見え方がちがって面白い。

      0730_DSC02967_1

0730_DSC02963_1

      0730_DSC02970_1
(住所:東京都大田区田園調布3丁目46−1近辺)

      0729_DSC02932_1
自由が丘駅のガードサイト、よりみち横丁の裏路地。看板もある、少し生活感が見える通りぬけできる路地裏。街の裏側のような通りが華やかな自由が丘駅の横にある。

      0729_DSC02928_1

      0729_DSC02927_1

      0729_DSC02930_1

      0729_DSC02933_1
(住所:東京都目黒区自由が丘1丁目31近辺)

     0727_DSC03009_1
亀甲山古墳がある多摩川台公園から多摩川駅へ下る階段。大雨になった中、緑が多い公園で局所的に少し囲こまれたような地形に降りる、明るい駅のほうに向かい階段がいい。(住所:東京都大田区田園調布1丁目59−9近辺)

0726_DSC00755_1
坂道の途中にのこされる権之助坂商店街のテント。勾配ある坂道、それも途中に残されている感じの商店街は珍しい。上がってもよし下ってもよし。

0726_DSC00758_1

0726_DSC00761_1

0726_DSC00763_1
(住所:東京都目黒区目黒1丁目6−13近辺)

      0725_DSC01827_1
この辺りは地形も面白くいい景色がある。右側にある立体Y字路で広がる道をつなげる脇階段道。小さな谷間の地形がみえる。階段で降りてゆく風景、その先の地形と家々の表情がいい。(住所:東京都北区上十条5丁目29−5近辺)

      0724_DSC01948_01
豊島区上池袋の木造密集市地、谷端側支流の暗渠道でもあるこの路地はいい。一本道で曲がるところ。向こうは見えないが曲がると世界が変わる。

      0724_DSC01949_01

      0724_DSC01945_1

      0724_DSC01946_01
(住所:東京都豊島区上池袋1丁目11−1近辺)

      0724_DSC01951_1
豊島区上池袋の木造密集市地、谷端側支流の暗渠道でもあるこの路地はいい。幅半間の路地が曲がり一本道で続く。両側に住宅が面していて、夜中でも普通に人が通る。この細さですれ違うとさすがに挨拶をする。

0724_DSC01954_1

      0724_DSC01942_1

      0724_DSC01955_1
(住所:東京豊島区上池袋1丁目13−7近辺)

0723_DSC02329_1
キムチ横丁にある焼肉「大門」。食品のサンプルケースが長く美しい。昨今これだけ立派なサンプルケースは珍しい。上の看板も長く、2階の灯りと3層構造になっていて美しい。(住所:東京都台東区東上野2−15−6近辺)

     0722_DSC02771‗1
荒川を渡る環七の鹿浜橋と高速の立体交差。一般道の鹿浜橋へと降りてくるガードの下。一般道ということもあって人がすぐ近く、真下に入れる。こちらにグッとむかってくる感じがいい。(住所:東京都足立区鹿浜1丁目5-15近辺)

      0721_DSC02415_1
渋谷道玄坂の百軒店商店街、名曲喫茶ライオンのダクト。地下へか、地下を経由して厨房へか、吸気ダクトか。曲がりながら形を変えて、しっかりと吸気口を向ける姿がカワイイ。(住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目19-13近辺)

0720_DSC02712_1
芝川脇にある埼玉県地方食肉卸売市場。道路はさんだところにバス停がある。なんだか映画のシーンな風景。手前の芝川緑地帯のスロープも美しい。(住所:埼玉県川口市領家4丁目7-18近辺)

  0719_DSC01524_1
台東区清川にあるビル、名前は山田紙業となっている。周辺は簡易宿泊施設が多く、その影響か2段窓が多い。たぶん3階建てなのだけど、二段窓で階数がわからない。

0719_DSC01521_1
(住所:東京都台東区清川2丁目5−7 近辺)

     0718_DSC02767_1
荒川を渡る環七の鹿浜橋と高速の立体交差。その下をスロープ歩道橋が通る。スロープなので踊り場水平面があるが、長さのためかい直線に見える。背の高い立体交差に負けない一直線の歩道橋が伸びる。(住所:東京都足立区鹿浜1丁目5-15近辺)

      DSC02305_1

      DSC02309_1
東京都内で最も長い歴史があるコリア・タウン「キムチ横丁(旧国際親善マーケット)」。十字に通る路地風景がいい。十字路地の短いほうがさらに奥でL字に曲がって路地裏に。ここにも店舗があり、いい雰囲気をつくる。
      DSC02299_1
手前の中路地の風景。

DSC02323_1
そして街区の外側から見る。(住所:東京都台東区東上野2丁目15-8近辺)

      0716_DSC02804_01
荒川を渡る鹿浜橋から見る水上の船着き場。土手は真っ暗なところに、幾つかある。背後に川口の高層マンションの光が伸びる。暗い水面に光、少し光る船着き場の小屋、なかなか美しい水面風景。

   0716_DSC02803_1
(住所:東京都足立区鹿浜2丁目7−15近辺)

   0715_DSC02732_1
芝川が新芝川に合流するところの水門。鉄骨でトラス構造の脚が長く、その上に金属壁の小屋がのる。川の緩やかな曲がりの先に堂々と建つ。水面は風でぼやけているが美しい。(住所:埼玉県川口市領家5丁目14−25近辺)

0714_DSC00743_1
下目黒にあるコカ・コーラ&寿司長の看板がある建物。Y字路に位置して美しいY字路建物になっている。看板の正面性、左右面の光をひろいテカっている感じもいい。(住所:東京都目黒区下目黒3丁目8−12近辺)

      0713_DSC02529_1
高田馬場駅近く、山手線と西武線に囲まれた行き止まり道エリアがある。そこのさらなる路地裏、脇道、なかなか人がいかないところ。配管が出ている路地先にビルが伸びる、その下の曲がり部分にあるジビエ屋「獣肉酒家 米とサーカス」の灯り。この対比がこの囲まれたながら開けた場所の面白さ。

0713_DSC02549_1

      0713_DSC02556_1

      0713_DSC02531_1
(住所:東京都新宿区高田馬場2丁目19−8近辺)

0712_DSC02506_01
桃園川暗渠緑道の脇にある古い民家。四軒長屋なのか大きな民家なのかわからいが建物が立ち姿がいい。手前には各玄関だったような感じ。塀のトタン板の塗装が剥げで緑と青色でとても美しい。塀はところどころ改修している感じだ。

0712_DSC02496_1

0712_DSC02497_1
(住所:東京都中野区中央2丁目27−10)

↑このページのトップヘ