夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

2019年02月

DSC07205_1
雲海山人というコンセプトにあう、東京郷武道館の正面からガタガタ、山が重なってみえる。光が少し漏れ、金属パネルの光具合も連なる山の風景のようだ。

DSC07215_1

DSC07225_1
(住所:東京都足立区綾瀬3丁目20−1方面)

合成に手間取ったが、この日は1月12日、大学時代に非常勤講師だった六角鬼丈さんのお亡くなりになった日だった。半期の授業が終わったあと六角工房にバイトに行くようになり、2年くらいお世話になった。バイト一日目がコンペで勝ったこの東京武道館の基本設計が始まったころで、建物周辺の建物階数調べで1日この周辺を回ったのを憶えている。授業でもバイトでも色んな影響を受けました。お世話になりました合掌。

  0227_DSC09072_1
ココは以前、斜めに昭和新道商店街の看板ゲートがあったところ、今は百軒横丁の提灯が周囲にはある。無くなって交差点に面する隅切り建物達の美しさに気がつく。特にミュージックバーベスパの建物がカワイイ。

  0227_DSC09070_1
(住所:東京都中野区中野5丁目54 -8近辺)

      DSC08917_1
横の小学校がガラッと変わったようで、造成も変わったが擁壁はほぼ同じ形で、新しいコンクリになったようだ。切通しの絶壁部分は同じ感じだが、その上の斜め壁でイメージが変わった。ここに落ちる影が美しい階段に変化かな。

      DSC08909_1

      DSC08906_1

     DSC08916_1
(住所:東京都中野区東中野5丁目26−9近辺)

0226_DSC08728_1
ヨコ線デザインで、上下でバルコニーの形がズレる中銀マンシオン東山。個のデザイン、配置の違いでリズミカルになる。壁の不思議な模様も時代を感じる。設計会社:中銀建築設計事務所 。(住所:東京都目黒区東山2丁目7−18近辺)

0225_DSC08900_1
東中野駅から少しいったけやき公園。ピラミッド山の遊具が面白い。ピラミッドの三角一面がスベリ面になっていて、登りはH型フレームで登れる。三角錐造形に登りフレームが構成主義ぽい。

0225_DSC08897_1
(住所:東京都中野区東中野5丁目13−1近辺)

0224_DSC08792_01
ここ面白い、蛇崩川五本木支流の暗渠道、段差に階段スロープで分割。通りは車が通れないのでスロープの流れで自転車用、階段の流れで歩行者用と白線で三分割になる。

0224_DSC08788_1
(住所:東京都目黒区上目黒4丁目18−22近辺)

  0223_DSC08767_1
正確にはY字路部分、Y字の道路に暗渠が交差して五差路になっている。それでも暗渠が絡むY字路は魅力的になる。ここ蛇崩川五本木支流のY字路は、高低差があり、暗渠の流れの曲面が敷地のカタチになっている。
0223_DSC08770_1

0223_DSC08769_1
(住所:東京都目黒区上目黒4丁目23−9近辺)

0223_DSC07864_1
福生に点在して残るアメリカンハウス。それぞれ外部空間の使い方、庭との関係がいい。中にはジャパニーズハウス、普通の民家かもしれないのもあるが、外部空間と切妻屋根はいい。

0223_DSC07861_1

0223_DSC07768_1

0223_DSC07770_1

0223_DSC07868_1

0223_DSC07873_1
(住所:東京都福生市福生2026~2476近辺)

0222_DSC08996_1
妙正寺川上高田支流、一本いったところから上がる擁壁脇のL字階段。大きさ高低差もさほどながら、擁壁、小路と相まっていい階段だ。

      0222_DSC08997_1

      0222_DSC08990_1

      0222_DSC08994_1
(住所:東京都中野区上高田1丁目34−17近辺)

   0221_DSC08740_1
立体交差の鴻巣橋、下を通るのはオリンピック道路。東京オリンピックに備えてだが、幻の終わった昭和15年の方。手摺増設はかっこ悪い感じだが、長い擁壁と対比して目立つ交差橋。

   0221_DSC08741_1
(住所:東京都目黒区東山1丁目21−16 近辺)

      DSC08353_1
抜けられるとは思わなかった。細長いビルの通路に繋がり、ミッドタウン前の大通りに抜けられる路地。路地から見える先にビル街も凄い。しかも路地入口建物は大きな窓庇が路地を覆っている。

DSC08359_1

      DSC08349_1

      0220_DSC08323_1

      DSC08326_1

      0220_DSC08340_1
(住所:東京都港区六本木7丁目12-8近辺)

0220_DSC07684_1
JR拝島駅から横田基地へ向かう、ジェット燃料輸送のディーゼル専用線がある。単線で非電化なので電線もなくシンプルな風景になる。米軍基地手前のボウリング屋ウラガワが構成主義ぽい建物でカッコいいい。

0220_DSC07679_1

0220_DSC07683_1
(住所:東京都福生市熊川1499−1近辺)

DSC08553_1
駅へのショートカットの伏見通りにある鳥居。綺麗に結界をつくるが、ほとんど八百屋のためのような感じで面白い。社は小さく道にあり、写真の人看板に隠れている。駅へのショートカットの道でもあって通りとしてオモシロイ。

DSC08557_1

DSC08560_1
(住所: 東京都杉並区西荻北3丁目1−5近辺)

0218_DSC08480_01
江戸の六上水、玉川上水からの分岐の千川上水。一旦使われなくなりが、東京都の清流復活事業で高度処理下水を流して一部の水辺が復活している。武蔵野市側にある北裏やまふく直売所の透明波板の透ける姿が美しい。

0218_DSC08483_1

0218_DSC08487_1

0218_DSC08474_1
(住所:東京都武蔵野市吉祥寺北町5丁目7-19丁目近辺)

0218_DSC08488_1
江戸の六上水、玉川上水からの分岐の千川上水。一旦使われなくなりが、東京都の清流復活事業で高度処理下水を流して一部の水辺が復活している。ほどよい大きさで、散歩に適する。この辺りは練馬区と武蔵野市の境で、途中から畑道に入る。

0218_DSC08505_1
(住所:東京都練馬区関町南4丁目2近辺)

   0217_DSC06657_1
三田の台地、斜面に立つ龍原寺と志ほあみ地蔵尊。「志ほあみ」は、「潮網」または「潮浴み」と三田の台地なので昔は海近くということの名残か。

0217_DSC06659_1
(住所:東京都港区三田1丁目13−11近辺)

0217_DSC08530_1
練馬区の立野公園、中国式庭園にジャブジャブ池だけじゃなくて、ガゼボ(東屋)も凄い。築山の上に立ち、周囲も含めて立ち姿がいい。どこか廃墟庭園的にも見える。階段を上がった先、屋根の軒天井には植物模様があって、目線が上に誘導される。

0217_DSC08531_1

     0217_DSC08532_1
(住所:東京都練馬区立野町29-26近辺)

0217_DSC08536_1
中央大学グランド跡地で、約7,000㎡の広さを誇る立野公園。そこにあるジャブジャブ池、子供の人気とあるが、子供ためだけじゃなく、デザインが素晴らしい。六角立体が組石のように立つ、キューブ石庭だ。象設計集団のデザインかと思ったがどこが作ったわからない。

0217_DSC08540_1

0217_DSC08538_1

0217_DSC08537_1
(住所:東京都練馬区立野町29-19近辺)

↑このページのトップヘ