夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

2019年01月

0122_DSC07360_1
大きいU字型の東綾瀬公園、温水プール前の三枚田橋の二重円形歩道橋プラス階段。片方はスロープで、さらに真ん中に円形階段があり複雑な階段。まるで歩道橋のジャンクションだ。真ん中の円形階段は円形古墳みたいだ。夜は柱の存在が消えて、歩道部分が綺麗にみえる。

0122_DSC07324_01

0122_DSC07322_1

0122_DSC07275_1

0122_DSC07284_1
(住所:東京都足立区東綾瀬3丁目4−1近辺)


0122_DSC07816_1
横田基地に接する国道16号、福生ベースサイドストリート。それらしい建物があるのもいいが、この曲り部分の街並み、国道と横田基地の対比がオモシロイ通り。

0122_DSC07810_1

0122_DSC07722_1

      0122_DSC07761_1

0122_DSC07826_1

0122_DSC07799_1
(住所:東京都福生市福生2364近辺)

      0121_DSC06644_1
裏路地から入ったので面白かった、芝にある春日旅館。路地角に木戸門がのこっていた。進むと路地に飛び石、雰囲気ある玄関。

      0121_DSC06649_1

      0121_DSC06651_1
(住所:東京都港区芝3丁目43−18近辺)

      0121_DSC07369_1
東綾瀬にあったビル。階段が45度ズレて階段面のギザギザが特徴なビル。階段室タイプで、光り方も階段が美しくみえる。

0121_DSC07368_1

      0121_DSC07362_1
(住所:東京都足立区東綾瀬2丁目16−8 近辺)

   0120_DSC06409_1
雨にぬれていたこともあがる、交差点の歩道白線に目を惹かれる。斜めの交差の交差点なのに綺麗にシンメトリに見える。グラフィックみたいだ。(住所:神奈川県横須賀市若松町3丁目5近辺)

0120_DSC07718_1
福生ベースサイドストリート(国道16号)沿いの神戸ステーキハウス。実は2方向のよる看板建築。厚めに看板壁のため、なかなか立体的に面白い。壁と軒天のアール角、白地に模様もいい。

0120_DSC07721_1

0120_DSC07720_1
(住所:東京都福生市熊川1115近辺)

0119_DSC06588_1
鉄道と斜めに絡む第二源助町橋高架橋の歩道部分。アーチの中の梁構造壁が美しい。工事現場ポールがおかれていた。

0119_DSC06586_1

0119_DSC06589_1
(住所:東京都港区新橋3丁目24近辺)

   DSC05990_1
追浜、鷹取川の水路風景。塀から飛び出るフレームの植栽風景がいい。水路の境界表現はなかなかおもろしくなる。

DSC05988_1

DSC05991_1
(住所:神奈川県横須賀市追浜本町1丁目38近辺)

DSC05987_1

      DSC05982_1
その近くの川の景も美しい。

0118_DSC06206_1
猿海山龍本寺がある山の途中、若松公園上の階段からみる、崖下の若松マーケット。高低差ある風景で、長屋・屋根の暗い町並みに対して、路地に漏れる提灯の灯り風景がとても美しい。

   0118_DSC06225_1

      DSC06225_01
(住所:神奈川県横須賀市若松町3丁目16近辺)

     0118_DSC06266_1
猿海山龍本寺の山上から墓地越しに横須賀中央駅前を見下げる。手前が若松町、奥に広がるのが大滝町と小川町。それぞれ町のビル、その灯りに違いがでていて面白い。大滝町にある地上38階ザ・タワー横須賀中央が1本だけ貫にでた高さだ。(住所:神奈川県横須賀市深田台10近辺)

0117_DSC05490_1
旧木下街道と千葉街道の交差点に位置する中村家住宅の主屋と煉瓦蔵。T字交差点の突き当りにあり、美しく建ちながら、交通が激しいからか要塞のように閉じている。

0117_DSC05494_1
(住所:千葉県市川市鬼越2丁目13−2近辺)

      0117_DSC07797_1
福生市の国道16号を一本入った道にある鉄塔。門型鉄塔タイプで住宅街の中に大きくたつ。その中に向うの一般鉄塔がみえる、不思議な風景。(住所: 東京都福生市福生2355−2近辺)

0116_DSC06770_1
新宿駅西口の繁華街エリア、ヨドバシガメラ村街。店が閉まると看板ネオンの色が街を覆い尽くす。このビルは昔は高速バスの発着場たった。今はその名残の自販機、そして変な広告。ネオン色が似合う新宿駅西口。(住所:東京都新宿区西新宿1丁目10−1近辺)

   0115_DSC05976_1
小倉や和歌山の水上建築が有名だが、横須賀市追浜の鷹取川にもある。川幅の半分にたっている。川にうつり込みの景観、表側の通りとのギャップも凄い。柱の奥が闇になる景観はいい。チープな橋もよく似合う。

   0115_DSC05917_1

0115_DSC05963_1

0115_DSC05965_1

   0115_DSC05919_1

0115_DSC05941_1

   0115_DSC05930_1
(住所:神奈川県横須賀市追浜本町1丁目43-6近辺)

0115_DSC05476_1
京成中山駅と下総中山駅を結ぶ繁華街の一本入ったところにある飲屋通り。2階部分のデザインが秀逸。1,2つの店区切りで白い壁で1,2階を覆い、2階は角を丸く凹ませて金属板だ。コーナー部分は角として独立している。しっかりデザインあり。(住所:千葉県船橋市本中山2丁目-12-7近辺)

0114_DSC05706_01
武蔵村山市にもある村山アメ横通り。市場的な店もあり、村山団地西通りから斜めに入る村山アメ横通り。村山団地があるので古い通りが残っている。

   0114_DSC05710_1

0114_DSC05720_1
(住所:東京都武蔵村山市学園3丁目41−4近辺)

0114_DSC05884_1
高速道路の曲りがカッコいいのだけど、地面に近すぎてイマイチよく写真撮れずのところ。隈研吾設計の一行院千日谷会堂ができていい感じ見えるようになった。光っている効果、前庭駐車場で高速足回りで綺麗に見える。高速下の境界、使い方もオモシロイ。

0114_DSC05878_1

   0114_DSC05890_1
(住所:東京都新宿区南元町19-2近辺)

0114_DSC06527_1
幡ヶ谷駅地近くの玉川上水暗渠の西原緑道公園の二守橋。緑道に面してある琉球料理屋の店構えがよいところ。片側しか残っていない二守橋が風景を切り、借景になっている。駅近くということもあり、人がたむろしているいい空間。(住所:東京都渋谷区西原2丁目30 -1近辺)

      DSC07036_1
離れた駅からのアプローチだったからか、繁華街と反対側から入る大島駅近くの中央銀座の看板門。周辺の建物に少し浸食されている感じもなぜかいい。

DSC07030_1
(住所:東京都江東区大島5丁目3-3近辺)

      DSC07056_1

大通りの門からもいい写真になってしまった大島駅近くの中央銀座。

DSC07054_1

      DSC07037_1

      DSC07048_1
最近のなかで一番惹かれた風情の商店街の通り。(住所:東京都江東区大島5丁目7−2近辺)

0112_DSC06047_1
京急田浦駅少しいったところ、船越仲見世商店会のアーケードに面して、隠れてしまっている銭湯竹の湯。少し奥まった玄関ということもあり、前面のブロック塀に無造作な文字。隙間からみるサッシは細かく分かれていてなかなかカッコいい。

      0112_DSC06045_1

0112_DSC06044_1

0112_DSC06051_1
(住所:神奈川県横須賀市船越町1丁目51-14近辺)

↑このページのトップヘ