夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

2017年10月

1031_DSC00453_1
阿佐谷北にある5差路、1枚の写真になかなか入ることは少ないが撮りこめた。一角に建物や塀がなく歩道スペースだからもあるが、横断歩道の線のおかげでもある。そのめちゃめちゃな複雑な横断歩道の線、すごい存在感。

1031_DSC00456_1
(住所:東京都杉並区阿佐谷北5丁目18 -6近辺)


1030_DSC00440_1
駅から少し離れたところでは珍しい、繊細なデザインの看板長屋。「洋裁手編すみれ」と「阿佐ヶ谷創芸教室」と看板からはわかるが、今は営業していなさそう。2階の雨戸袋の模様と窓の格子、1階玄関扉脇の細いガラスブロックと繊細デザインだが、それだけはない全体の気品を感じる珍しい看板長屋。

1030_DSC00439_1
(住所:東京都杉並区阿佐谷北1丁目近辺)

1029_DSC00410_1
前川國男さんの阿佐ヶ谷住宅はなくなったが、ここ鷺の宮住宅のテラスハウス(1958年)は健在。妻側のへの字型の屋根、格子のヌケ、光が美しい。綺麗に見えるその妻側をみつけた。(住所:東京都中野区白鷺近辺)

  1028_DSC00196_1
店が閉まっている日曜日だったのに、この賑やかさは赤羽1丁目のなせるところ、赤羽中央街。ここは小学校が隣接している。万国旗や街灯の効果もあるが、町全体がいい感じの夜の街なんだよな。(住所:東京都北区赤羽1丁目38-2近辺)

     1027_DSC00376_1
秋葉原駅西側の総武線ガードの御成街道架道橋、そのさらに西側にある架道橋。名前がわからないが、ここカッコイイ。アーチ型だが柱から片持ち張りが出ていて、真ん中は別部材。その接合部がカッコイイ。おそらくはピンローラーの接合だろうけど、マシーンチックな接合部だ。(住所:東京都千代田区外神田1丁目4-4-11近辺)

      1024_DSC00237_1
ほとんどビルの通用口のための路地にしか見えないが、ちゃんとお店の看板や装てんがある路地裏。八重洲ビル街にもまだこういった路地がのこっている。(住所:東京都中央区八重洲1丁目7−14近辺)

      1022_DSC00250_1
全く気がつかなかった、道路の補修跡の蛇行をみてわかった、縁石の突起。ゴミ箱の影が強かったからか。東京駅の近くでこれ、かなり珍しい土地のカタチでわかる地域の様態。(住所:東京都中央区日本橋2丁目2 -5近辺)

1023_DSC00296_1
もうすぐ耐震補強で壊されるガード下の今川小路。低いガード下に2階建ての店舗群。1階と2階の高さ比率があまり見たことない感じ。2階が高いというより1階が低い。雨のよけの庇の高さも関係しているか。

1023_DSC00302_1

   1023_DSC00299_1

   1021_DSC00307_1

  1021_DSC00311_1
(住所:東京都中央区日本橋本石町4丁目2−8近辺)

   1021_DSC00281_1
もうすぐ耐震補強で壊されるガード下の今川小路にある建物。やはり斜めガードと建物、路地の関係が素晴らしい。この不思議なマッチングはなくなる前に。

   1021_DSC00326_01

   1021_DSC00277_1

1021_DSC00292_1

     1021_DSC00274_1

   1021_DSC00331_1
(住所:東京都千代田区鍛冶町1丁目1−10近辺)

      1020_DSC00255_1
東京駅の東口、八重洲エリアはビル隙間の路地がある。濡れた真ん中排水溝に光がまわって美しい路地。(住所:東京都中央区八重洲1丁目7−3近郊)

      1020_DSC00242_1
珍しく植栽がある路地。東京駅の近くには見えない。(住所:東京都中央区八重洲1丁目7 ー12近辺)

1019_DSC00167_1
駅近くの飲屋街が凄い赤羽1丁目。少し離れたところも街は元気、日曜日でこれだけのところは少ない。街区も綺麗な道路だが五差路があったり、街角・Y字路がいい。駅からは離れたところがが、思月園の1階開口部、光が美しい。(住所:東京都北区赤羽1丁目33-6近郊)

1019_DSC00163_1

真ん中にお菓子の種屋、右の赤羽中央街と左の灯りの差も面白い。(住所:東京都北区赤羽1丁目29-10近郊)

1019_DSC00181_1

街角に建つ隅切り建物。右側の通りは駐車場で抜けているが、左側の通りは建物がバラバラながら連なる。(住所:東京都北区赤羽1丁目35−8近辺)

   1018_DSC08320_1
南武線の鹿島田駅近くにある「かしまだ一番通り商店街」。店と路地真ん中のタイル面との間にあやふやな空間がある。看板はバラバラだが、街路灯が3分割路面の真ん中で秩序をたもつ。

      1018_DSC08325_1
(住所:神奈川県川崎市幸区鹿島田1丁目19−10近辺)

      1016_DSC00335_1
もうすぐ耐震補強で壊されるガード下の今川小路にある建物。まずは今川小路に入るアプローチ。ガードサイドのアプローチ空間もなかなか。雨が降り水溜りに看板がうつる。

      1016_DSC00337_1
(住所:東京都千代田区内神田3丁目1-6近郊)

      1017_DSC00280_1
少し離れ遠くから見る。ここはガード下(白幡橋架道橋)なのが良くわかる。さらにこの通りは龍閑川暗渠で中央区と千代田区の境目。幾つものオモシロイ要素が重なるところ。

      1017_DSC00262_1
(住所:東京都中央区日本橋本石町4丁目2−8近辺)

   1015_DSC00372_1
線路が十字路で立体交差する秋葉原なので、正面がどちらかもわからないので、とりあえずヨコガオとしたが、剥き出しになったこの面、カッコイイ。昔の秋葉の姿がここに露出。

1015_DSC00374_1
(住所: 東京都千代田区外神田1丁目15-9近辺)

     1014_DSC08733_1
板橋駅の通路脇、隙間からしか見えなかったが、庭園がある。といっても池に真ん中に、島があり何かの碑があり、木が生えている。これでも神池、神島の立派な庭園の構造になっている 。(住所:東京都板橋区板橋1丁目15−1近辺)

1012_DSC09730_1
鳩の街商店街の通りの北東側にはいい感じの路地がある。少し残った旧遊廓街の建物や狭い路地などが雰囲気がのこっている。

   1012_DSC09721_1

1012_DSC09715_1

      1012_DSC09735_1
(住所:東京都墨田区東向島1丁目エリア)

1010_DSC09674_1
鳩の街商店街の奥、5差路かどうかわからないぐらい細かい道に分かれるところのY字路。道の曲りのまま建物も曲がってゆく、不思議な交差点。左にいった先を右にいくと鳩の街商店街にはいるところ。(住所:東京都墨田区向島5丁目48−3 近辺)

↑このページのトップヘ