夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

2017年08月

0831_DSC01423_1
蕨駅近くのぶぎん通り商店街。高度成長期にありがちな、とっても華美で饒舌な看板ゲート。対比的に通りの街灯がオレンジ色でいい雰囲気なので、ギラギラが目立つ。(住所:埼玉県蕨市中央1丁目33−1近辺)

   0830_DSC08441_1
JR川崎駅の北東方向線路脇に古い路地裏飲屋街がのこる、その路地がY字路になっている。真ん中の伸び放題の植栽の下に見える、右側路地の照明の色が別世界なトンネルになっている。(住所:神奈川県川崎市川崎区駅前本町14−16近辺)

0829_DSC08487_01
簡易宿泊施設が連続するエリア、日進町のドヤ街。ほぼ3階建てで簡易宿泊施設の特徴の2段窓が続く。1階も2段窓になっていたり、いったどういった内部空間になっているのか? ぬけた空地の両側に建つ、二重窓建物群、とってもカッコいい。

0829_DSC08491_1

0829_DSC08490_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区日進町9−17近辺)

   0827_DSC08308_1
JR西荻窪駅の南口にある飲屋街通り、駅側から2本目の通り「柳小路」。多国籍料理屋がならび路地飲みが良く似合う。その通りと横道、以前はこの横道に店はなかったような気がするが、活気あるエリアでもある。

      0828_DSC08304_1
路地に机が出ていて飲んでいる界隈空間に。歩いている人と対比もオモシロイ。(住所:東京都杉並区西荻南3丁目11-10辺)

      0826_DSC08290_1
JR西荻窪駅、南口の駅前にある、西荻南口仲通街。アーケードにピンクの像が吊るされているのが有名。駅の反対のアーケードの門が素晴らしい。柱がクランクしているし絶妙だ。看板が消えていたが、むしろ微妙な灯りで美しい。

      0826_DSC08277_1

      0826_DSC08273_1
(住所: 東京都杉並区西荻南3丁目9−1近辺)

   0824_DSC08476_1
江戸時代の川崎宿にあった川崎遊廓(堀之内あたり)が1903年の神奈川県の命令で移転して成り立っていた川崎区南町。今は建物も人もポツポツで元気があるように見えないが、このクラブ京都のこの看板、色とてもカッコいい。

      0824_DSC08477_1

  0824_DSC08472_1

   0824_DSC08474_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区南町4−11近辺)

      0823_DSC08448_1
JR川崎駅の北東方向線路脇に古い路地裏飲屋街、どぶろく横丁」とも呼ばれていたらしいが、今もよばれているかはわからない。でもお店は何件か健在で、不思議な雰囲気の良さがある。

      0823_DSC08442_1
3本の内路地があり、その中の一つはほとんど、裏口通用門的な裏路地ながらカッコいい。

   0830_DSC08450_1

      0823_DSC08449_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区駅前本町14−3近辺)

   0822_DSC08453_1
JR川崎駅の北東方向線路脇に古い路地裏飲屋街が残っている。「どぶろく横丁」とも呼ばれていたらしいが、空地も増えて見え方が変わってきている。そこにある継ぎ接ぎのトタ二ズム建物が、まるで箱舟のようでカッコいい。トタンの白い線や、横胴縁、下部が凹んでみえるところなど、とっても凄い。

   0822_DSC08452_01

   0822_DSC08455_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区駅前本町14−29近辺)

      0819_DSC01352_01
北千住駅近くにあるのみ横。飲食店が長く立ち並ぶ通りにさらに横丁がある。看板門がありその先は行き止まり。いい感じの飲屋が続く。

      0819_DSC01350_01

      0819_DSC01357_01
(住所:東京都足立区千住2丁目62近辺)

   0817_DSC07944_1
代々木駅近くのエリア、古民家7棟を改築した飲食店群「ほぼ新宿のれん街」。代々木駅が近いのに何故「ほぼ新宿・・」、しかも住所は渋谷区千駄ヶ谷だが。グーグルでみると古い改装前の姿みえるが、建物だけじゃなくて、隙間をうまく使っている。近くにみえるNTTタワービルとの対比は圧巻だ。(住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目20−10近辺)

   0816_DSC08019_1
新宿の青山とよばれているらしい新宿三丁目エリア。疑問も残るが、人は大勢いるしいい界隈だ。一番面白いのはどん底があるこの横丁。通路に店舗の机が出ていていい感じの界隈空間だ。

   0816_DSC08012_1
(住所:東京都新宿区新宿3丁目10−2近辺)

0815_DSC08223_1
東京23区でも周辺には、まだまだ生産緑地や畑があったりする。そこで野菜の実売をしていることも多い。畑に隣接する民家の庇下には、新しい野菜ロッカーが光っていた。何とも言えず美しい対比、明と暗、新と旧といったところか。(住所:東京都練馬区下石神井5-10-1近辺)

      0814_DSC08211_1
夕方から夜にかけての三宝寺池探訪。照明が少なく夕方までかなと言う感じだが、地元の人は散歩や虫取り親子など、普通に歩いている。いい感じ撮れたのは、北側の畔のデッキと樹木の影。なかなか異次元な感じだ。

0814_DSC08218_1

0814_DSC08216_1

0814_DSC08215_1
(住所:東京都練馬区石神井台1丁目33−44近辺)

0813_DSC08165_1
石神井池周辺の林の中で、夏祭りのテントがあった。この数十分後に閉まっていたので、夕方までみたいだが、まるで森の中、そこに光るテント群がとても美しく見えた。

0813_DSC08180_1
(住所:東京都練馬区石神井町5丁目24近辺)

0812_DSC08233_1
下井草駅近くの下井草商店街をぬけて千川通りの先にある下石神井商店街。奥にいったろこにあるY字路商店。少し下り坂のY字路、どこか横尾Y字路的な雰囲気をもっている。(住所:東京都練馬区下石神井4丁目22−11近辺)

0811_DSC08032_1
新宿2丁目のビルは、看板が多く華やかながら、閉鎖的で店の中の雰囲気がわかるところが少ない。街的魅力的には少しさびしい感もある。ここ成覚寺隣のL字路に面するコーナービルの1階入り口、アーチ型で漏れる光の魅力もあって、まるで口を開けたような感じにも見える。(住所:東京都新宿区新宿2丁目14−16近辺)

0810_DSC08045_1
新宿二丁目界隈に人が大勢いる。外国人観光客も多い感じがする。ゲイバーが多いエリアだが建物もオモシロイ。この連続アーチファサードの建物、看板が多く、各店舗の電飾あり、雑居ビル感満載。(住所:東京都新宿区新宿2丁目15-10近辺)

      0808_DSC04695_1
新宿センター街があるエリア、ズレた十字路地がある。まるで九龍城、3階で建物が繋がる。なかでもこちら側、その先のバラック飲食店も見えていいところ。

   0808_DSC04688_01

      0809_DSC04682_1
右側はビル裏にくっついた、奥行きのないバラック店舗。それぞれちゃんと営業している。

   0820_DSC04678_1

      1003_DSC08913_1
新宿センター街の看板がある通り。三階で壁が繋がり、下がズレた十字路の路地になっている。

   0820_DSC04680_1
カドの建物がとてもカッコいいことになっている。(住所:東京都新宿区歌舞伎町1丁目3-10近辺)

      0807_DSC03404_1
東口広場から道路越しに見える、赤羽の自由の女神。男性専用のカプセルホテル「サウナ&カプセル 錦城」の看板で、自由の女神像から「ニューヨーク=入浴」を想像となるらしい。サウナ自体は2016年いっぱいで閉店だが、なんとか残っている。(住所:東京都北区赤羽1丁目3−7近辺)

↑このページのトップヘ