0630_1
きれいに再開発されて、高層建物が立ち並ぶ品川駅港南口(東口)。その駅前の一街区に路地型商店街がある。地図で見るとこの1街区(港区港南2丁目2)だけ、細かく路地が通る。昔の品川駅の東口の名残がこの一角にのこるっている。

      0630_2
この一街区への入口は建物間の隙間なようなところ。6つあるうちの一つが上の写真だ。知らないとなかなか入れないエリアでもある。街区の周辺はビルは高いものが多く、なおさら内側の路地町は隠される。

      0630_5
路地は大きくわけると東西にL字の路地が2本、その間につなぐ真ん中路地が2本ある。上の写真はその中の北側のL字でわずかにクランクしているところ。真ん中右に曲がると真ん中路地の1本がある。

   0630_3
真ん中路地の一つ、この通りは細く、配管もあり、2階が斜めにせりだしている、いい路地だ。細い路地は、段ボールやゴミ箱、さらには自転車なんて置いて、さらに歩くスペースが狭くなる。

      0630_4
写真は真ん中路地の2本目、ここの右側には普通の住居がある、路地上の隙間からインターシティ品川の楕円の超高層がみえる。このエリアの周辺との関係を表すいい景色だ。(住所: 東京都港区港南2丁目2)