夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

0920_DSC08175_1
風が強く、ピンボケ防止とたたかっていた江北ジャンクション。三脚もって撮っていた人もいた。形は堀切ジャンクションと近いが、ガードとの距離が近く、力強い。丁度真ん中から一筋の不思議な光が斜めにおちていた。ガード下の街灯りの映り込みも美しい。

0920_DSC08180_1

   0920_DSC08170_1

   0920_DSC08153_1

0920_DSC08147_1

0920_DSC08186_1

   0920_DSC08165_1
(住所:東京都足立区江北2丁目 4-10近辺)

   0919_DSC08255_1
工事中だった、西新井大師 總持寺の三門。仮囲いを覗いたら、その立ち姿が美しかった。オモシロイことに普段の時よりも、なぜかこの工事中の江戸時代後期の建立の三門、その孤高の立ち姿に惹かれる。(住所:東京都足立区西新井1丁目9−11近辺)

DSC07471_1
雨が降ってきて、雷もなっていた。台地の高いところの雷は怖い。台地からの段差で、向こうの街並みが借景となっている。桜の間から見える世界は美しい。(住所:東京都多摩市桜ケ丘1丁目53−20近辺)

0918_DSC02497_1
モノの姿を変えるのではなく、方向による効果、配置のデザインには興味がある。宗教的な意味はわからないが、ここ普明寺の裏口的な門、右側はお墓。境界、結界の表現がお地蔵さんが向かいあっていた。(住所:東京都昭島市拝島町1丁目16−16近辺)

0918_DSC07454_1
背の高いネットフェンスに比べ、高さの低いガードレールは風景を下で切り取る効果もあって美しい。その先の崖の危なさ、進入しずらさもあるが、少なくなっている。このエリアから見る多摩丘陵の高低差、ヘリ際はなかなかいい景色だ。

0918_DSC07451_1
(住所:東京都多摩市桜ケ丘4丁目46-6近辺)

     0918_DSC07740_1
中町にある大久保墓地の坂、国分寺崖線のこのあたりにはオモシロイ階段が多い。都心化が進みすぎず、不思議なカタチでそのままな感じだ。この大久保墓地の階段坂も、階段の途中にスロープが横切り、不思議な立体になっている。上から眺める国分寺崖線の緑が残る風景もいい。

      0918_DSC07727_1

      0918_DSC07730_1

      0918_DSC07739_1

0918_DSC07714_1
(住所:東京都小金井市中町4丁目16近辺)

      0917_DSC08868_1
夕暮時の浜町川暗渠を南下する。昼頃まで降った雨が真ん中排水溝に溜まっている。その細長い水溜りに背の高いビルが少し見える。高いビルの裏側の暗渠道、真ん中排水溝にも風景が伸びる。

      0917_DSC08870_1
(住所:東京都中央区日本橋大伝馬町17−3近辺)

0917_DSC07447_1
アニメ「耳をすませば」のラストシーンの場所で、ファンが「耳丘」とよんでいたら、グーグル地図にも「耳丘」という表示があるところ。フェンスで入れなくなったとブログ記事もあるが、横からの多摩丘陵のヘリ、緑斜面が美しい。左に広がる聖蹟桜ヶ丘の街やその先の遠景風景もいい。(住所:東京都多摩市桜ケ丘4丁目33近辺)

0916_DSC06710_1
中村川の南側にそそり立つ高低差40m級の平楽の丘にある蛇坂。由来は山道で蛇を多く見かけたことから。現在は住宅が丘にも並びたち、八幡町の谷を囲む。それにしても高低差もあり、住宅斜面地もグッと高く、地形的に面白い景観。

0916_DSC06714_1

0916_DSC06698_1

   0916_DSC06707_1

0916_八幡町の谷01
(住所:神奈川県横浜市南区平楽146−1近辺)

      0915_DSC06591_1
天神坂の下の方、少し階段が新しくなったが、曲がる階段のところの斜面地住宅がカッコいい。使っていないのかもしれないが、階段下からの玄関、階段上からのブリッチ階段と多義的だ。

      0915_DSC06586_1
(住所:神奈川県横浜市西区東ケ丘7近辺)

0914_DSC07675_1
明治中~大正初期まで妙観(貫)といわれる僧が庵を造り住んでいたころからの「妙観(貫)坂・みょうかんざか」という名前。小金井街道の大通り化とかで姿は変わったのだろうが、橋から分かれるここの坂はいい。上から見下げる風景、分かれ道的Y字路、角に立つ細い建物と要素満載。さらに下から見上げると両脇の石張りに街灯の光が流れる。

     0914_DSC07695_1

      0914_DSC07678_1

     0914_DSC07703_1

      0914_DSC07712_1

0914_DSC07673_1
(住所:東京都小金井市中町4丁目13−16近辺)

0912_DSC07385_1
多摩丘陵、高低差のある地形。家があるとこは遠景が見えないが、緑があるところから山間の町の風景がみえる。原峰公園南側の道路からみる、関戸の谷間、先の連光寺方面。(住所:東京都多摩市桜ケ丘2丁目10-2近辺)

0912_DSC07400_1
ラウンアバウト近くから見る、東京中心地方面。(住所:東京都多摩市桜ケ丘1丁目1−1近辺)

0912_DSC07403_1
原峰公園からみる、関戸の谷間、先の連光寺方面。(住所:東京都多摩市桜ケ丘1丁目24-5近辺)

0911_DSC06749_1
山手方向から海岸低地をみる。山手地区の山の北側に沿うように流れる中村川、その上の首都高速神奈川3号狩場線が都市境界となっている。光の漏れ方も美しい。この日は横浜スタジアムから上がった花火のあとで、少し靄っていた。(住所:神奈川県横浜市中区石川町3丁目115−2 近辺)

0911_DSC06645_1
三吉橋の上から見る。高速道路のズレるガードからの光が斜めに入る。かつ水面に映りこみ、連続が倍になって綺麗にみえる。(住所:神奈川県横浜市南区中村町3丁目187-7近辺)

0910_DSC07426_1
いろは坂通りに面する階段、桜ケ丘住宅地を見渡す階段。よくアニメやドラマロケ地に使われるところ。周囲にある階段坂の中で抜群なのは階段とその先の通り、町並みが見渡せるこの風景。バス停留所から階段下りて家路に行く人も多い。

  0910_DSC07421_1

   0910_DSC07423_1

0910_DSC07434_1
(住所:東京都多摩市桜ケ丘1丁目4−9近辺)

0909_DSC06879_1
三鷹八幡大神社の門は新しいがとても美しい。左右の提灯の光がいいのかもしれない。手前にあった木製置き看板の表示板下地(?)が十字の下地だった。神社に十字架模様が不思議とよくあう。

0909_DSC06876_1

0909_DSC06881_1
(住所:東京都三鷹市下連雀4丁目18−23近辺)

      0909_DSC05589_1
川越市内を囲むように流れる新河岸川、美しい水路だ。高澤橋の川と町の風景もいい。中正屋の古い建物がちょうど見えて、信号機や車のライトがいい具合に演出している。(住所:埼玉県川越市石原町1丁目2−1近辺)

0908_DSC05143_1
どんどん変わりゆく渋谷駅周辺再開発。足元よりも遠いほうが良くわかる。ここは原宿駅近くの歩道橋、右に代々木体育館があるところ。どんどんとクレーンが増えてゆく。(住所:東京都渋谷区神南2丁目1近辺)

DSC06893_01
三鷹駅の南側、少しいったところ。下連雀のスッキリした街並みの脇道。角に餃子ハルピンがあるドンツキ通り。もう一つの角の店は植栽に覆われていてあじがある通りに。

DSC06884_1

DSC06894_1

   DSC06888_1

DSC06891_1
(住所:東京都三鷹市下連雀3丁目31−8近辺)

     0907_DSC07991_1
目黒台地のある階段通路、私道ぽい感じだがL字に抜けられる通り。マンフォールと鉄板の寄せ集め(ブリコラージュ)階段。寄せ集めのようだが、階段という機能のためどこか整理された感じがオモシロイ。どこか生き物のような面影もでてくる。

      0907_DSC07996_1

      0907_DSC08000_1

      0907_DSC07994_1
(住所:東京都目黒区中目黒4丁目10−20近辺)

0906_DSC06875_1
太宰のお墓があることで有名な禅林寺。 江戸時代初期の明暦の大火によって移住させらた、神田連雀町の町民が浄土真宗本願寺派の寺院として創建。駐車場があった先に白い山門が、光り過ぎてある。山門裏には緑があって結界をつくっている。

0906_DSC06866_1

0906_DSC06873_1
(住所:東京都三鷹市下連雀4丁目18−20近辺)

↑このページのトップヘ