夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

1123_DSC05880_1
石神井川の向山ケ谷戸支流暗渠、ここからの北側の細道がいい。並列する道、その先は道に面する建物、いい町並みに。路地としてもなかなかいいところ。

      1123_DSC05877_1

      1123_DSC05876_1
(住所:東京都練馬区向山2丁目近辺)

      1123_DSC05449_1
赤羽台の斜面地にある、細くなる路地前の階段。トタン建物は緑色から青色とサビ色でカラフル。階段と細くなる路地の関係がいい。

      1123_DSC05451_1

      1123_DSC05450_1

1123_DSC05448_1
(住所:東京都北区赤羽台3丁目近辺)

DSC07276_1
複合型シェアホテルの「LYURO 東京清澄」、2階に宿泊者以外でも誰もが自由に楽しめるところ、京都川床の東京版「かわてらす」がある。BBQレストランも面しているし、散歩で通り抜け可能がいい。

DSC07273_1

DSC07279_1

DSC07282_1
(住所:東京都江東区清澄1丁目1−7近辺)

プロジェクト「かわてらす」;国や都が管理している河川通路を一定期間だけ民間事業者に託し、水辺空間を人々が集まる憩いの場として活用。

1122_DSC07227_1
隅田川に架かる橋はどれも綺麗にライトアップ。逆に目立つのがライトアップされいない鉄道の橋、総武線隅田川橋梁(昭和7年)。古さもあるが橋脚部分が島のようでいい。上の鋼ランガー橋と橋脚を繋ぐデザインもいい。電車が通ると光が漏れし、屋形船のあかりも拾って美しい。

1122_DSC07228_1

1122_DSC07118_1

1122_DSC07116_1
(東京都墨田区両国1丁目12−2近辺)

1122_DSC05192_1
月島3丁目の街角で、他と一段階低くなっている八百屋さん。すまなさそうに背が低いトタニズム建物。テントやケースがはみ出る感じは逆で面白い。(住所:東京都中央区月島3丁目23−4近辺)

      1121_DSC06288_1
神田川の弥生町支流の暗渠道。暗渠道にかぶさるように緑がはみだしていた。それにしても大きい、風でゆらゆら、街灯も一緒にゆらゆら。夜の暗渠道ながら、どこか南国の風を感じられるのが面白い。

      1121_DSC06286_1

      1121_DSC06290_1

      DSC06291_1

      1121_DSC06294_1
(住所:東京都中野区弥生町4丁目19近辺)

1121_DSC06190_1
環七からも見える立正佼成会大聖堂(1964年)。8つの(八正道を表す)小尖塔が西側5つ、東側3つある。正面よりも5つの小尖塔がみえる側がよく、斜面のスロープが山上にあがる感じの立ち姿がいい。

1121_DSC06192_1

1121_DSC06189_1

1121_DSC06204_1
(住所:東京都杉並区和田2丁目11−1近辺)

1120_DSC07388_1
隅田川に架かる中央大橋。柱脚部分の上流に向かってたつ、オシップ・ザッキン作「メッセンジャー(1937年)」像。もともとはフランスの船の守護神を表現で、後に鋳造され贈呈、設置されたもの。ライトや配置に疑問ものこるが、大河と都市に向かう姿がいい。

      1120_DSC07364_1

1120_DSC07381_1

   1120_DSC07366_1
(住所:東京都中央区新川2丁目27-3近辺)

1120_DSC07313_1
晴海運河のリバーサイド、越中島公園に不思議な庭園、水中石庭がある。環境芸術なのか、彫り込んだ水路に大きな石が配置されている。その向こうは既成アルミサッシのチープな塀。調べると機能的には「一部水際まで距離があって釣りができない場所」とあり、そのスペースに石を作庭したようだ。

1120_DSC07314_1

1120_DSC07309_1

1120_DSC07304_1
(住所:東京都江東区越中島1丁目3−1近辺)

      1119_DSC05875_1
石神井川の向山ケ谷戸支流暗渠、脇に建つ斜塔ならず斜家。5,6年前の昼間にみて再訪。やはり変わらない傾き、こういっては不謹慎かもしれなが、どこか美しい。ピサの斜塔ならず暗渠脇の斜家。

      1119_DSC05873_1

      1119_DSC05879_1
(住所:東京都練馬区向山2丁目近辺)

DSC05566_1
稲付公園北側の約13mの高低差の取り囲まれたスリバチ地形。左手前のグリット擁壁から始まり、台地上の緑をおうと囲まれた地形もみえてくる。

赤羽西3丁目_1
(住所:東京都北区赤羽西3丁目20近辺)

DSC05721_01
京島の曳舟たから通りは文化の香りがする通り。長屋看板建築が両側に向かいあって残っている。どちらもカド、コーナーのデザインもいい。両側あるところ珍しく、通り町並みをつくっている。

DSC05726_1

DSC05724_1

DSC05723_1
(住所:東京都墨田区京島2丁目20−10近辺)

1117_DSC07142_1

1117_DSC07153_1
隅田川の蔵前橋下のライトアップが一番いい。灯りが光るのではなく構造体が間接照明的に浮かび上がる。黄色の橋が黄金になる。バランスとして難しいのが橋上のブルーライト、ないほうがいい場合もある。イベント時はもっとカラフル。

1117_DSC07160_1

1117_DSC07211_1

DSC07171_1

1117_DSC07125_1

1117_DSC07203_1
(住所:東京都台東区蔵前1丁目3-37近辺)

      1116_DSC05272_1
変わりゆく月島。それでもんじゃストリート周辺にまだまだリアル路地と民家は残っている。少しずつ変わりながら電柱に植栽の細路地。

      1116_DSC05295_1

      1116_DSC05296_1

      1116_DSC05302_1
(住所:東京都中央区月島1、3近辺)

DSC07137_1
隅田川に架かる橋のライトアップがそれぞれ変わってきている。何色にもライトアップされすぎるところあるが。ちょうど川の曲がりもあり、蔵前橋の黄色アーチの下に、厩橋の緑色アーチ、駒形橋の青アーチと吾妻橋の赤アーチが入れ子状にはいる。

DSC07132_1
(住所:東京都台東区蔵前1丁目3−37近辺)

DSC07122_1
もう少し下流の隅田川テラス、どんどん綺麗に整備され歩けるところに。ランニングの人や釣り人が多いが、散歩する人もふえてきた。(住所:東京都台東区蔵前1丁目1−8近辺)

      1115_DSC06225_1
中野区にある南台商店街。北側の同じ東西方向の川島商店街は都庁が見え、こちらはドコモタワー(NTTドコモ代々木ビル)がみえる。中野通りとの交差点にある味咲屋さんの隅切り装テンがいい。

1115_DSC06229_1

      1115_DSC06226_1
(住所:東京都中野区南台3丁目1−11近辺)

   1115_DSC06606_1
渋谷再開発、変わりゆく渋谷を見るには、少し離れた方がいい、離れないと見えない。恵比寿側が特に面白い。東急線がクロスしていたより南の跨線橋からは、完全にウラガワで少し寂しさまである。渋谷スクランブルスクエアが渋谷ストリームに隠れて、天への光のみみえる。開発の光が漏れながら存在を表す。(住所:東京都渋谷区東2丁目26−13近辺)

1115_DSC06384_1
一方、原宿側、五輪橋近くの歩道橋からはオモテガワ、高層ビルがそろって顔を向ける。標高39mの高さ(34mプラス歩道橋分高さ約5m)。渋谷駅地面レベル=標高15.5m。恵比寿側跨線橋=標高20mの高さ(15mプラス歩道橋分高さ約5m)によるものか。(住所: 東京都渋谷区神宮前1丁目14−34近辺)

   1115_原宿渋谷恵比寿_01

      1114_DSC06617_1
渋谷再開発、変わりゆく渋谷を見るには、少し離れた方がいい。渋谷スクランブルスクエアを借景に、さまざまな切り取り、フレーミング風景。桜丘町の丘から下がる坂道で切り取る風景。渋谷スクランブルスクエアのプロポーションで丘と谷がある程度、想像できる。
(住所:東京都渋谷区鶯谷町15−10近辺)

1114_DSC06396_01
原宿駅表参道口から下がる坂道、上は道路標示でフレーミング。ひと駅離れた割には大きく見える。(住所: 東京都渋谷区神宮前1丁目14−34近辺)

1114_DSC06544_1
渋谷川暗渠のキャットストリートから。下部は中層の建物で切り取られる。(住所:東京都渋谷区神宮前6丁目1−2近辺)

1114_DSC06596_1
渋谷川の横、東急線跡でレール部分の門型で切り取られる渋谷スクランブルスクエア。(住所:東京都渋谷区東1丁目31-19近辺)

      1114_DSC06600_1
渋谷川の氷川橋から、ここからは左右のビルに切り取られ、さらに下の川に映り込み広がる。(住所:東京都渋谷区東1丁目28−6近辺)

1114_DSC06202_1

1114_DSC06197_1
立正佼成会大聖堂に向かう空中ブリッチ、普門館がなくなった遺跡跡のような敷地向こうに、新宿高層ビル群がみえる。真ん中の都庁から右に新宿パークタワー、東京オペラシティターと等間隔に見え、左は高層ビル連峰に。

1114_DSC06194_1

1114_DSC06205_1
(住所:東京都杉並区和田2丁目6−1近辺)

DSC06020_1
住宅街を歩いていると緑の大木がみえた、行ってみると石神井神社だった。街区の真ん中にあり、奥に大きな木がある。樹木がグニャと曲がっていて不思議な雰囲気を漂わせる。

      DSC06019_1
(住所:東京都練馬区石神井町4丁目14-18近辺)

↑このページのトップヘ