夜散歩のススメ

上野タケシがススメめる夜の散歩。

   0918_DSC09293_01
新宿駅西口広場の立体交差を小田急百貨店のガラス越しにみる。夜の暗さによって見え方はかわるが、立体交差のスロープが美しい。右と左で外側の円弧の違いが上からみて初めて分かる。(住所:東京都新宿区西新宿1-1-3近辺)

   0917_DSC09574_01
京急立会川駅近くの立会川商店街。確か常設だと思ってが、いろんな色の提灯がジグザグで美しく光る。濡れた路面にも美しく反射している。

   0917_DSC09578_1

   0917_DSC09579_1
(住所:東京都品川区東大井2丁目25−21 近辺)

0914_DSC09130_1
西川口駅東口ロータリーに面する、店舗群のウラ側。表側は普通の店舗長屋ですましているが、一皮むくと凄い。表側から見ると長屋でくっついているように見えるが、各店舗ごと隣との間には壁が建っている、表の看板建築の壁がそのまま横にといった感じか。

0914_DSC09141_1
(住所:埼玉県川口市並木3丁目11-7近辺)

0913_DSC09466_1
東京都主導の区画整理と再生化で二丁目も一般人の街になりつつある新宿二丁目。オモシロイ名残がここ新千鳥街。50年以上前の区画整理で千鳥街()の一部が移動してきたところ。立替えられたかもしれないが、中路地と外側の設え、そして周辺に少し名残がある。

0913_DSC08079_1
(住所:東京都新宿区新宿2丁目18-10近辺)

   0912_DSC08693_1
大山駅近くにある大山すずらん通り商店街。駅から遠いほうから入ると、細い路地がだんだん広がって、ハッピーロード大山商店街アーケードに入るところは2つの出口になる。この流れがオモシロイ。

      0912_DSC08665_1

      0912_DSC08679_1

      0912_DSC08663_1

0912_DSC08685_1
(住所:東京都板橋区大山町32−1近辺)

0911_DSC08688_01
大山駅のハッピーロード大山商店街から入る、大山すずらん通り商店街。入口は2つで1本の通りになる。だんだん狭まる、パースペクティブな通りの商店街だ。建物がくっつきそうだ。

0911_DSC08633_1


0911_DSC08637_1


0911_DSC08639_1

      0911_DSC08706_1
(住所:東京都板橋区大山町32−1近辺)

      DSC08528_1
駅のガード下にある八丁畷ショッピングセンター。道が通る架道橋と2つの高架橋からなるが、一つはライトもついていない。ところがその暗い方のガードの陰影がとても美しい。そこからみた明るい方のガードもいい。

      DSC08533_1

DSC08539_1

   DSC08542_1

   DSC08527_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区池田1丁目13-18近辺)

   0908_DSC08615_1
大山ハッピーロードのアーケードにある竹内洋服店の店構え。2階の窓庇、1階シャッター上の店舗看板ギザギザがオモシロイ。真ん中はさらに上がって山のようでもある。

0908_DSC08616_1
(住所:東京都板橋区大山町49-2近辺)

   0907_DSC08507_01
簡易宿泊施設が連続するエリア、日進町のドヤ街。線路と道路で囲まれた地帯に簡易宿泊施設が群生している。その角の行き止まりには、コインランドリーの建物がある、ここだけ色があったそんな町だった。

0907_DSC08504_1

0907_DSC08503_1

0907_DSC08500_1
(住所神奈川県川崎市川崎区日進町10−3近辺)

0906_DSC08520_1
川崎駅の隣駅なのにマイナーな八丁畷駅。その駅前になわて横丁がある。不思議と低い味気ない看板、スナック街と飲屋が続く。通り途中で道が細くなり、雰囲気も少し変わる。

      0906_DSC08551_1

      0906_DSC08544_1

   0906_DSC08516_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区池田1丁目15−10近辺)

0905_DSC07995_1
新宿三丁目の飲屋街エリアは大勢の人だ。そんな中不思議な空地駐車場。そこから並び立つ、背丈も雰囲気もバラバラなビル。裏の顔バリバリで都市の空地だ。抜けた先の横丁路地とここの隙間がこのエリアでは一番いい空間。(住所:東京都新宿区新宿3丁目11−2 近辺)

0904_DSC07968_1
代々木駅近くのエリア、古民家7棟を改築した飲食店群「ほぼ新宿のれん街」。エリアは路地をまたぎ、さらに各店舗の外部空間に路地やテラスがあり、ギラギラの照明ながら、豊かな空間となっている。

0904_DSC07955_1
(住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目20−10近辺)

0903_DSC08314_1
JR西荻窪駅の南口にある飲屋街通り、駅側から1本目の飲食店「戎」がある通り。通りの両側に数店あって、看板が通りを支配している。路地のはみ出して、店も開放されている感じ、これこそ飲屋街の路地だ。

   0903_DSC08313_1

0903_DSC08315_1
(住所:東京都杉並区西荻南3丁目11−5近辺)

0902_DSC03820_1
高尾山口駅(設計:隈研吾)のメイン口と反対の裏出入口、その屋根がなかなかカッコいい。ホームから見えるシャープな形。写真でみてええ、外からだと形が変わってみえる。やはりケチらず外にでるべきだった。(住所:東京都八王子市高尾町2241近辺)

   0901_DSC08930_1
新宿センター街エリアの十字路地にある叙楽苑。3階は繋がった所の下、路地幅からすると階段は後から付けた感じ。知らないと入れないお店ながら、入ると日本人ばかりらしい。右奥の路地へ抜ける感じもいい。(住所:東京都新宿区歌舞伎町1丁目3−10 近辺)

0831_DSC01423_1
蕨駅近くのぶぎん通り商店街。高度成長期にありがちな、とっても華美で饒舌な看板ゲート。対比的に通りの街灯がオレンジ色でいい雰囲気なので、ギラギラが目立つ。(住所:埼玉県蕨市中央1丁目33−1近辺)

   0830_DSC08441_1
JR川崎駅の北東方向線路脇に古い路地裏飲屋街がのこる、その路地がY字路になっている。真ん中の伸び放題の植栽の下に見える、右側路地の照明の色が別世界なトンネルになっている。(住所:神奈川県川崎市川崎区駅前本町14−16近辺)

0829_DSC08487_01
簡易宿泊施設が連続するエリア、日進町のドヤ街。ほぼ3階建てで簡易宿泊施設の特徴の2段窓が続く。1階も2段窓になっていたり、いったどういった内部空間になっているのか? ぬけた空地の両側に建つ、二重窓建物群、とってもカッコいい。

0829_DSC08491_1

0829_DSC08490_1
(住所:神奈川県川崎市川崎区日進町9−17近辺)

   0827_DSC08308_1
JR西荻窪駅の南口にある飲屋街通り、駅側から2本目の通り「柳小路」。多国籍料理屋がならび路地飲みが良く似合う。その通りと横道、以前はこの横道に店はなかったような気がするが、活気あるエリアでもある。

      0828_DSC08304_1
路地に机が出ていて飲んでいる界隈空間に。歩いている人と対比もオモシロイ。(住所:東京都杉並区西荻南3丁目11-10辺)

↑このページのトップヘ