夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

0918_DSC04233_1
蛇行する善福寺川、橋近くの高低差もあって手摺の曲面が強くなる。白い手摺の動きが川の蛇行を表し、流れも表す。

      0918_DSC04231_1

      0918_DSC04232_1
(住所:東京都杉並区善福寺2丁目32−21近辺)

      0918_DSC02467_1
住宅なのか倉庫なのかわからないトタニズム建物。一階壁が一直線に伸びる。少ない開口部も配置デザイン、バランスデザインが面白い。

0918_DSC02463_1
(住所:東京都荒川区南千住6丁目近辺)

DSC03670_1
中央5丁目のスリバチ地形を望む坂道。両側に部分的に階段が残る、どこか不思議な一直線の坂道。手摺の線も一直線に下る視線を強調していて、美しい。(住所:東京都大田区中央5丁目26−4近辺)

      0917_DSC02301_1
荒川4丁目の蛇行路地。2階がはね出し、バルコニー、外階段、植栽ボックスがでていたりと、いろいろな要素で路地空間が形成されている。その先のTの字に面するトタン長屋がアイストップになる。

0917_DSC02302_1
(住所:東京都荒川区荒川4丁目近辺)

  0916_DSC03771_1
西神田に残る古い看板建築、開口部が面白い。2階は雨戸タイプの水平窓、1階は1.5層な高さで欄間部分の開口部が珍しい。コの字型で袖壁と庇が出ているのも美しい。

  0916_DSC03769_1
(住所:東京都千代田区西神田2丁目1近辺)

      0916_DSC02905_1
成増の菅原神社、南側にある階段参道。道路で参道が分断され、さらに両側にあった大樹がバッサリ切られ雰囲気が変わった。それでも雨の階段参道はすっきりいい感じ。上がった先からの景色も見通せる。

0916_DSC02904_1

0916_DSC02906_1
(住所:東京都板橋区成増5丁目1−11近辺)

      DSC04449_1
ゆうろーど仲町商店街、アーケードおヨコガオから見る。横からのほうがアーケードの大きさや包まれる雰囲気がわかることがあるから面白い。

      DSC04455_1

      DSC04446_1
(住所:東京都葛飾区亀有3丁目32−4近辺)

0915_DSC04471_1
亀有ゆうろーど(亀有銀座商店街)の脇アーケードのゆうろーど仲町商店街。程よいスケールのアーケードに古いテントの店舗もあり、新しい店舗とうまく調和している。

      0915_DSC04447_1

0915_DSC04457_1

0915_DSC04451_1

0915_DSC04442_1
(住所:東京都葛飾区亀有3丁目31−10近辺)

   DSC02341_1
荒川密集地の空地隙間。路地をぬけて裏庭感ばりばりの空地。空地になったことで路地もよくみえる。

DSC02358_1

      DSC02344_1
(住所:東京都荒川区荒川近辺)

0914_DSC04538_1
亀有駅南口ロータリー近くのY字路部分建物。目立つやきとり屋さん、左右奥の建物のほうが輝いていて、浮かびあがる。(住所:東京都葛飾区亀有3丁目9−6近辺)

DSC04553_1
亀有駅から少し東にいったところ、常磐線の環七ガード。ガードの少し剥がれた塗装表情が凄い。東側は自転車置き場の灯り、西側はピザのお店の黄色柱、下の方が軽い雰囲気なのも面白い。両方の真ん中に登り梯子がある、どこにあがるのか。

DSC04548_1

DSC04557_1

DSC04549_1
(住所:東京都葛飾区亀有5丁目45−8近辺)

  0913_DSC02476_1
南千住6丁目にのこる、街角トタニズム建物。少し壊れはじめているが、通りから見るその表情が凄い。

0913_DSC02481_1
(住所:東京都荒川区南千住6丁目近辺)

0912_DSC04325_01
潮見運動公園の先端、水路Y字路部分で視界も広がる。右側は枝川のマンション、左側は辰巳の倉庫と高層マンション。真ん中は水路で遠景がみえる。釣り人と自転車できた近隣住民の酒盛り、そんなところ。

0912_DSC04329_1

0912_DSC04331_1
(住所:東京都江東区潮見1丁目1近辺)

      0911_DSC03359_1
前野町6丁目の高低差、法面で片側は三方法の立体的な擁壁。擁壁法面で下に行くほど階段が狭まるはずなのに、実際は平面的に広がっている。

      0911_DSC03355_1

      0911_DSC03354_1

      0911_DSC03357_1
(住所:東京都板橋区前野町6丁目62−11近辺)

DSC04330_01
運河沿いにみえるマンション、コの字型シンメトリ、エレベーターコアだけ少しズレる。連続と灯りが美しい。よく見るとエレべコアに外階段の影が映り込みで階段が透けているようにも見える。(住所:東京都江東区辰巳1丁目近辺)

      DSC02432_01
荒川1丁目の通りから入った街区なかの路地。この街区には古い路地と建物が残っている。路地に上のパーゴラのようなフレームに、路地に面して物干し場があったりと。路地に生活の一部があったころの街区。

DSC02428_1

DSC02424_1

      DSC02423_1
(住所:東京都荒川区荒川1丁目近辺)

DSC03676_1
荏原台の先端で斜面がみえる太田神社境内。右側はずっと低地が広がる。参道階段は緑が多くみえずらい、隙間から見える広大な景色。

DSC03678_1

      DSC03677_1

      DSC03686_1

太田神社_01
(住所:東京都大田区中央6丁目3−24近辺)

0908_DSC02866_1
川越街道の白子宿、ここは少し外れるかもしれない。白子川近くの牛房通りに建つ蔵のある古民家。美しい木塀に大きい建物なのに低い瓦屋根、ポイントになる立派な蔵。通りに対して完璧な立ち姿。

0908_DSC02868_1

0908_DSC02865_1
(住所:埼玉県和光市白子1丁目近辺)

      0908_DSC02916_1
百々向川(すずむきがわ)緑道、地形的に段差が迫り、昔の橋にあたる道が結構高く、両側で緑道に階段で降りる。コンパクトながら囲まれた谷間風景が見られる。

0908_DSC02915_1
(住所:東京都板橋区成増3丁目19−3近辺)

DSC04297_1
調べると豊洲エリアでは唯一の銭湯、白山湯。何時改築したかわららないが、看板建築的な看板玄関がタイル張り、水や泡の模様か海近くに多い雰囲気デザイン。青テントもうまい具合にあう。夜は一層美しく、街の灯りになっている。

DSC04298_1

DSC04299_1
(住所:東京都江東区枝川1丁目6-15近辺)

↑このページのトップヘ