夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

      DSC09754_1
汐入町3丁目の上町1丁目の境にある向い合う絶壁階段。南側は途中のくの字で曲がる階段。壁に囲まれた感じが凄い。上からは遠方も見えて見え方も変わる。

      DSC09747_1

      DSC09749_1

      DSC09759_1

      DSC09764_1
(住所:神奈川県横須賀市汐入町3丁目30-1近辺)

      0117_DSC00782_1
外側から見ると今流行りのライトアップの勝鬨橋。近づくと照明の色の混ざり具合が面白い。青と紫色、黄とオレンジ色、そして緑色が混ざり実に豊かな表情になっている。

0117_DSC00795_1

0117_DSC00807_1

0117_DSC00798_1

      0117_DSC00815_1
(住所:東京都中央区勝どき1丁目13−1近辺)

0116_DSC09644_1
汐入町3丁目、尾根筋に近い車の通る抜け道。対岸の斜面地形が美しく見える。丘陵地の複雑な地形だけど住宅と斜面地で囲まれた地形が見えてくる。

     0116_DSC09639_1

   0116_汐入町斜面都市_1
(住所:神奈川県横須賀市汐入町3丁目27-22近辺)

DSC00759_1
風が吹くと寒くて、夜散歩を後悔しつつ、豊洲島から晴海島へ。こちら側からくると見える晴海ふ頭の倉庫群の一角。鈴江コーポレーション㈱ 晴海埠頭営業所の建物の凸凹と外部階段がいい。小さな窓の連続で要塞建築にも見えてくる。

      DSC00757_01

DSC00756_01
(住所:東京都中央区晴海4丁目5−16近辺)

      0114_DSC09872_1
汐入町3丁目の谷間下道路に降りるS字蛇行補修階段。絶妙な蛇行で道路、交差点に繋がる。スロープ状の補修跡が、いい感じに使い込んだ生活感を表わしている。

      0114_DSC09871_1
(住所:神奈川県横須賀市汐入町3丁目75−33近辺)

      DSC09440_1
銀座6丁目、表通りから裏路地にぬける脇路地。天井の配管があり、お店の看板もありいい感じの抜け道路地に。

      DSC09449_1

      DSC09448_1

      DSC09444_1
(住所:東京都中央区銀座6丁目4−16近辺)

      0112_DSC09461_1
銀座6丁目、曲がる裏路地。店も面しているけどビルウラガワの配管も長く伸びて美しい通り。そこからさらに脇路地に入る。裏路地から脇路地の表通りに。この通りから脇路地へは最近よくテレビのロケ地で使われている。

      0112_DSC09453_1

      0112_DSC09456_1
(住所:東京都中央区銀座6丁目4−7近辺)

DSC09842_1
汐入町3丁目の北斜面の谷戸、片側が斜面地で開けているとこりにあるK字路階段。抜け道道路と個人宅階段の違いがなく、絡む姿がいい階段交差点。階段の接合部が面白い造形に。上から眺める景色もいい。

   DSC09840_1

      DSC09859_1

      DSC09823_1
(住所:神奈川県横須賀市汐入町3丁目47−24近辺)

      DSC08685_1
数年前まではもっと暗かった根津神社。数が少なめで遠目からのライトアップで、建物が綺麗だ。他方向から影が重なって面白いことに。光と影の共演がいい。

      DSC08697_1

      DSC08704_01

DSC08713_1
(住所:東京都文京区根津1丁目28近辺)

   0109_DSC08702_1
根津神社の境内西側にある駒込稲荷神社と乙女稲荷神社を結ぶところ。街灯照明が低いこともあり、鳥居や塀の影が不思議な美しさだ。階段もあり不思議な三又で、なお不思議なカタチに。

   0109_DSC08680_1
(住所:東京都文京区根津1丁目28−9近辺)

     0108_DSC08589_1
菊坂とその下の水路跡道を繋ぐ幾つかの階段。その中でも美しいのが「菊坂・下見板町屋わきの階段」。片側の建物はなくなっているが、下見板の町屋の姿とやや幅広い階段の姿がいい。

      0108_DSC08594_1
(住所:東京都文京区本郷4丁目29-1近辺)

      0107_DSC09700_1
汐入町の車の通らない抜け道階段。いがいと歩きやすい、使い込んだ蛇行道の階段。曲がってその先の緩やかなうねり階段、先の高層ビル借景もいい。

      0107_DSC09709_1

     0107_DSC09701_1

     0107_DSC09692_1
(住所:神奈川県横須賀市汐入町2丁目56-9近辺)

DSC09249_1
緑から白色に変わったこともあるが印象がかわった平永橋架道橋。山の手線ガードを支える三重の列柱群。戦後の補強で柱がツギハギ、コラージュアートのようでもある。街灯りを拾って美しい。

DSC09241_1

DSC09247_1
(住所:東京都千代田区神田須田町2丁目2-2近辺)

   0105_DSC09138_1

   0105_DSC09129_1
神田須田町1丁目の老舗建物がのこる街角。竹むらといせ源の建物角。角は対面というよりもズレて位置しているが、歩いて出会うカドがエリアの雰囲気を作る。

DSC09136_1

DSC09127_1
(住所:東京都千代田区神田須田町1丁目11−1近辺)

DSC09815_01
汐入町3丁目の尾根筋道から入った脇道、その先にもう一つの広がる北斜面の谷戸。丘陵地で幾つかの囲われた世界が見える。左側の遠方の高層ビルが汐入駅近郊、右側遠方の高層ビルが横須賀中央駅近郊と海近くの低地。

      DSC09809_1

      DSC09824_1

DSC09817_1

0104_DSC09820_1
(住所:神奈川県横須賀市汐入町3丁目46近辺)

      DSC07531_1
白金5丁目7にのこる古川(渋谷川)の白金三光町支流。このエリアは緩やかな蛇行細道で、水路跡の形態を残す。コンクリ平版の暗渠路地。雨に濡れて路面も流れる感じで美しい路地空間に。

      DSC07533_1

      DSC07526_1

      DSC07529_1
(住所:東京都港区白金5丁目7近辺)

0102_DSC09740_1
汐入町3丁目の谷間の立体Y字路。実際はもう一つ細かい路地があるのでψ字路。象徴的に建つ、三方向から見え方が変わる一階ピロティの建物。手前の電柱と信号が妙に猥雑さも生んでいる。

0102_DSC09734_1

0102_DSC09732_1

0102_DSC09741_1
(住所:神奈川県横須賀市汐入町3丁目26−13近辺)

   0102_DSC00414_1
あけましておめでとうございます。なんだかんだ、コロナ禍も含めて様々なことを「継続」ですな。今年も夜散歩のススメよろしくお願いします。

DSC00414_01
駅周辺は整備中の渋谷駅東口交差点、渋谷署前交差点。新しい東口デッキはだいぶ出来たが周辺はまだ工事中。一番上を高速道路が通り、東口デッキ、車道と3つの新しいスクランブルはスッキリしながら渋谷駅らしい色んな灯りが交差する。

DSC00395_001
(住所:東京都渋谷区渋谷3丁目8−15近辺)

1230_DSC09782_1
汐入町3丁目の尾根筋道から脇道をぬけた少し行ったところ。一番高い所から少しさがるが北斜面の緑地帯で綺麗なヌケ、スリバチ地形が見える。斜面のアール階段がいい感じで囲まれた地形を補足する。丘陵先の低地にある高層ビル遠景でその先の世界もわかる。

   1230_DSC09789_1

1230_DSC09776_1

1230_汐入町階段とスリバチ地形_1
(住所:神奈川県横須賀市汐入町3丁目40近辺)

   1229_DSC09799_1
汐入町3丁目の尾根筋道から階段脇道で入る。知らないと通り過ぎるくらい、蛇行した道の先に北斜面の景観が広がる。擁壁横道、蛇行階段へ、上から見る前庭の置石が庭園のようにも見える。

      1229_DSC09806_1

   1229_DSC09797_1
(住所:神奈川県横須賀市汐入町3丁目31近辺)

↑このページのトップヘ