夜散歩のススメ

【夜散歩のススメ5ヶ条 :上野タケシ】         01、心の余裕、頭の整理ために歩くべし。         02、なるべく距離を長く歩くべし。            03、昼間と違う世界を見るべし。              04、光を見て、影を見るべし。              05、少しわからない異空間を歩くべし。

DSC06579_1
医療崩壊でお勧めできないので、仕事帰りの夜散歩。2009年頃に新しくなった大正寺の竜宮門。スケールもいいが白い漆喰塗りの袴腰壁が美しく光る。扉との間に仁王像もあり、手前の空間につくばいや地蔵の配置もいい。
     DSC06580_1

     DSC06582_1
(住所:東京都調布市調布ケ丘1丁目22−1近辺)

     0920_DSC02279_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。UR大島七丁目団地、内部のツインコリダー連続の吹き抜けがいい。その構成がそのままでる繋ぎ通路側のデザインは、シャフトのような縦線と横線の構造体。バルコニー面のギザギザだけちがうデザインのようだ。

0920_DSC02295_1

      0920_DSC02275_1

0920_DSC02289_1
(住所:東京都江東区大島7丁目28−1近辺)

   DSC06627_01
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。渋谷駅井の頭線西口改札から近い第2大番ビル。立体的なキューブブロック看板が階段と階段壁と絡む。建物と看板の一体化がいい。

      DSC06627_1
(住所:東京都渋谷区道玄坂1丁目11−1近辺)

0918_DSC09445_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。賑やかな大久保駅のガード下と入口。都心の駅の良さは、綺麗で計画された駅というよりも、えっ、ここが駅という出会いがいい。

0918_DSC09453_1
(住所:東京都新宿区百人町2丁目27-1近辺)

      DSC01348_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。烏山川の若林支流暗渠に降りる階段。擁壁の斜めもあり上りながら広がる階段、電柱位置も不思議で、進入禁止ポールと対になる。

      DSC01354_1

DSC01350_1

      DSC01352_1
(住所:東京都世田谷区若林3丁目3−8近辺)

DSC06591_01
医療崩壊でお勧めできない、仕事打ち合わせ後の夜散歩。調布駅少し北の旧甲州街道から、天神通り商店街を通って布多天神社。商店街の灯り、鳥居という境界、光る手水舎、本殿手間の風鈴棚。妖しい音に惹かれて。

DSC06598_1

DSC06586_1

      DSC06593_1

DSC06601_1
(住所:東京都調布市調布ケ丘1丁目8−1近辺)

0915_DSC06228_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。連続長屋のウラガオと思っていたら、一軒長屋のヨコガオだった。集落のような要素の形態、多種多様な色トタンで凄い。

   0915_DSC06241_1

0915_DSC06246_1

  0915_DSC06225_1
(住所:東京都港区東麻布2丁目近辺)

0914_DSC05324_01
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。消防署は夜のほうが美しい。FRPのシャッターのおりたところ、少し乳白ぽい素材の向こうの透ける色合いが美しい。(住所:東京都江戸川区中葛西1丁目29−1近辺)

DSC04757_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。数軒の家への行き止まり道路の曲がり階段。曲がった先が見えない。古い階段で路地から見る姿もいいが、曲がり角が膨らみ残余地がある。中間レベルのその残余地から面白いカットに。
      DSC04736_1

      DSC04773_1

      DSC04755_1

      DSC04740_1
(住所:東京都品川区西品川1丁目22−7近辺)

0912_DSC03830_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。川の手通りと平行しながら蛇行する西井堀跡の道。残るトタン工場や木造建物と塀の様相も堀跡に向かって顔をむけているエリア、なかなかいい川景観。

0912_DSC03833_1

0912_DSC03832_1

0912_DSC03836_1
(住所:東京都葛飾区堀切5丁目24−11近辺)

      0911_DSC03381_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。谷戸前川暗渠の中町2丁目の細道。細いので隣地との境界が面白い。ネットフェンスがギリギリで出窓が出ているところ、テントが細道を覆うところもある。ほぼ直線ながら面白いとエリア。

      0911_DSC03373_1

      0911_DSC03375_1

      0911_DSC03395_1
(住所:東京都目黒区中町2丁目38−16近辺)

      0910_DSC06147_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。日吉本町2丁目と6丁目の窪地に降りる曲がり階段。曲がって景色も動いてゆく。階段上駐車場から覗くと地形もみえてくる。

      0910_DSC06148_1

0910_DSC06149_1

0910_日吉本町_1
(住所:神奈川県横浜市港北区日吉本町2丁目58−12近辺)

0909_DSC09074_1
階段坂道と側溝道路のY字路。階段坂道の路面も3種類に分かれ、どっちが側溝だかわからないくらい豊かな路面。

      0909_DSC08889_1

0909_DSC09075_1
(住所:埼玉県和光市白子3丁目40−21近辺)

     0908_DSC06189_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。六本木のフランス坂階、もともと坂スロープに階段をつけたような細抜け道な階段。階段左右が面白い、段差ありで鉄骨階段でアプローチする側と、店舗共用部の階段が繋がりそうな側。明暗の灯りの違いもあり三層構造が面白い。

      0908_DSC06166_1

     0908_DSC06183_1

     0908_DSC06192_1

      0908_DSC06172_1

     0908_DSC06200_1

DSC06170_1

     0908_DSC06194_1
(住所:東京都港区六本木3丁目8−2近辺)

      DSC09040_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。途中に大きな曲がりやY字路がある長い白子蛇行階段。下り口と上がり口の直線部分。直線ながら両側の雰囲気や低地遠景など綺麗にみえる。上り風景もいい。両側の家並みや小階段の雰囲気が面白い。

   DSC08843_1

      DSC09036_1

      DSC08944_1

DSC09027_1
(住所:埼玉県和光市白子3丁目34−25近辺)

      0906_DSC04807_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。抜けられると思わなかった狭い路地。暗渠の人達が古戸越川跡めぐりであげていた抜け道路地。擁壁が迫りさらに狭くなるところ、抜けたさきに暗渠道と路地が絡む。

      0906_DSC04813_1

      0906_DSC04815_1

   0906_DSC04824_1
(住所:東京都品川区西品川1丁目11−5近辺)

      0905_DSC04804_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。抜けられると思わなかった狭い路地。暗渠の人達が古戸越川跡めぐりであげていた抜け道路地。途中のジグザグ路地、コンクリ平版にタイルばらまき路面に勝手口階段が絡む。

   0905_DSC04802_1

      0905_DSC04805_1
(住所:東京都品川区西品川1丁目11−5近辺)

DSC08929_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。白子川に架かる寺前橋、その上に東武東上線と東京メトロ線のガードが通る。地形的にも面白いところ、ガード天井に映る街灯り、ガード下から見える街も美しい。

DSC08905_1
(住所:埼玉県和光市白子2丁目19−1近辺)

DSC06430_1
医療崩壊でお勧めできないので、近所の夜散歩。代々木JCTから曲がる高速ガードの参宮橋交差点。地下を小田急小田原線が新宿にむけて走る。左にみえる橋は天王橋。電車と歩道車と高速道路の豪快な立体交差、いろいろな流れが交差する。(住所:東京都渋谷区代々木3丁目42−2近辺)

0902_DSC08856_1
医療崩壊でお勧めできないので、過去の夜散歩。長い白子蛇行階段の大曲り。高低差もある白子の崖線で、蛇行しながら民家にアプローチする階段。この2枚、4枚の合成写真で曲がりから高低の世界が見える。

     0902_DSC09057_1

0902_DSC09061_1

0902_白子階段_1
(住所:埼玉県和光市白子3丁目34−17近辺)

↑このページのトップヘ